10周年のSPコンテンツ!
570
NHK@首都圏 @nhk_shutoken
【ニュース】佐村河内氏が診断を受けた「感音性難聴」という障害について、日本耳鼻咽喉科学会の八木聰明理事長はNHKの取材に対し「内耳に伝わった音が情報として神経を通して脳にうまく伝わらない障害で、先天性のものもあるがほとんどの場合、原因が不明だ」と話しています。(続く) #nhk
NHK@首都圏 @nhk_shutoken
【ニュース】(続き)また一般的な症状については「難聴の程度にもよるが音が聞こえたとしてもひずんでしまったり、音がしているのは分かるものの、相手が何を言っているのか分からないといった症状は起こりうる」と話しています。 http://t.co/KcniGYNlqv #nhk
NHK@首都圏 @nhk_shutoken
【ニュース】(続き)一方で、佐村河内氏が会見で公表した新たな診断書の結果については「この程度の難聴であれば比較的静かな場所で質問者がマイクを使って尋ねたのであれば、本人には聞こえていたと思う」と話しました。 http://t.co/KcniGYNlqv #nhk
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
誤解1:50デシベルは聴覚障害ではないのか? A.立 派 に 聴 覚 障 害 で す
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
では、なぜ50デシベルは聴覚障害に該当しないという記事が溢れてるかというと、「(日本では)聴覚障害者手帳が取れない」のです。しかし、ここに大きな誤解があり、「身体障害者手帳を取得できない」=障害がない、ということでは全くないのです。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
ちょうど、良いサイトがあったので紹介する。 >50dBの世界 難聴とは?http://t.co/JI4wNJ6NAi
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
>50dBの世界について説明されているのは――「ささやき声が聞こえにくくなり、会話にある程度の声量を必要とする」とある。これを読んだ限りでは、そんなもんか、といった印象を受ける事だろう。補聴器必要ないんじゃない?と思う人も居るだろうか。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
>だが、実際に50dBの世界を経験している人間ははっきりと言うだろう――「間違ってる」と。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
>ここまで自分で振り返ってみると、耳が全く聞こえてないのと一緒ではないか!とも思う。だが、こんな状態でも軽度難聴とも中等度難聴とも言われているのだ。もう一度言おう――「ささやき声が聞こえにくくなり、会話にある程度の声量を必要とする」――間違ってる。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
なお、ウキペディアですが、聴覚障害のdB区分という表を見てください。立派に50dbは「中度難聴」って書いてますよね。 http://t.co/8QkmG3jPCU なお、日本で手帳取得できるのは、両耳が高度難聴の場合のみなのです。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
たんに手帳が取れないから障害ではない、よって支援は必要ない、という考え方は、足を骨折して松葉杖をついていても「障害者手帳が出てないから」、積を譲ったり配慮する必要はないというのと全く同じ話です。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
では、ろうが100dbなのに対して、50dbもあれば補聴器をつけてれば問題ないんじゃないか、という意見も目にしましたが、それもまた大きな誤解です。感音性難聴とは、「音が小さく聞こえる」障害ではないのです。「音が歪んだり、部分部分しか聞こえない」障害である、と言い切っていいでしょう
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
先ほどのページからの引用ですが「>補聴器をすれば聞こえるのか?と良く誤解されがちだが、そう単純な事ではない。補聴器をすれば音は普通に届くのだが、もごもご聞こえ、何を言っているのかわからない場合が多い。」
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
重度障害出ないと公的な支援に届かないというのがねぇ(´・ω・`) RT @zgmf_x13a: .@kurage313book 枠組みが二択なのがいけないよね手帳制度。手帳の下に認定ランクとか、あってもいいのかも。ちょっとだけ手助けしてほしい障害者もいると思うの。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
感音性難聴は「耳をふさぐ」というより、耳に水を詰め込んだ状態で話を聞いている、という例えが一番しっくりきますね、私は。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
一方、補聴器とはどういう機械かといえば、単純に言ってしまえば、「音を増幅する機械」であって、「音の歪みを解消してくれる」機械ではないのです。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
もちろん、補聴器があれば普通に会話が困らない人がいます。しかし、逆に「(一般的に想像する)聴力検査では普通に聞こえていても、語音明瞭度は低い」というケースではさほど有効ではありません。なお、語音明瞭度のテスト方法はこちらを参照。 http://t.co/CaCmLJFbSI
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
なお、人工内耳をつけた状態での私の語音明瞭度は60%程度です。すなわち、相手の発音した全部の言葉に対して、6割しか聞こえていません。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
「音」を発してるのはわかる、「言葉」として完全に理解するのは難しい RT @TamaT_yu: @kurage313book 相手が何かを伝えようとしている。だけどそれが何なのか具体的なとこが見えてこない。みたいな感じですかね。そこで勘違いとか色々害が生じる。という。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
ですので、佐村河内が「補聴器を付けないこと」はべつにおかしくもなんともなく、同時に手話通訳をつけていることも説明できるのです。補聴器がさほど効果を発揮しない、しかし、50dbでは全てを理解するのは困難である。となれば、手話通訳を介することは不思議でもなんでもないのです。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
えーと、たぶん普通にありすぎて意識できてないと思うw RT @ChromeTzahal: .@kurage313book ある音が別の音に聞こえることはありますか?
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
で、同時に「手話通訳を見てないのでは」「手話通訳とのタイムラグが非常に短い、実は聞こえている」というツイートも目にしましたが、可能性としては「聞こえるところは聞いて、聞こえないところは手話通訳を見ている」という手話通訳の使い方をしてるということです。
くらげ@耳の悪いADHDのオッサン @kurage313book
ここでも、聴覚障害=全く聞こえない、という勘違いが強く働いているのですね。私も時々手話通訳や要約筆記を利用しますが、ずっとそれを見ているかというと、見てないです。わからないところの確認のために見る、ということがほとんどです。そういう使い方もあるのです。
残りを読む(15)

コメント

ななし~ず(普通免許取得、二年経過♪) @nonames74 2014年3月7日
佐村河内さんが行ってきた「ペテンの部分」と、彼の難聴の部分とは切り離して考えるべきだろう。脳波測定による検査結果の値が今日示された。この値すら嘘だというなら話は別だが、そうでないのであれば、この値はしっかり見つめていくべきだと思う。私は、日常生活で「デシベル」という語を時々目にするので(例えば、掃除機の音の説明とかで)50デシベルの音量というのも「大まか」ではあるが想像できた。会見の場にいた「聞こえてるだろ?」という態度を取った複数人の記者は、多分デシベルという単位を今日初めて知ったのだろう。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年3月7日
こういうブログ記事もあるのだね http://s.ameblo.jp/ayamisasaki/entry-10955199862.html そもそも聴覚障害という点については個人的にはあまり疑ってないのだけど。
松下 響 @hibiki2s 2014年3月7日
難聴(0.5)を指して「聞こえている」(1)と表現するのも軽率ですが、それを咎めて白か黒で分けるのは危険だと言いながら「聞こえにくい、聞き取りにくい」(0.5)という状態を「聞こえない」(0)と言いきってしまうのは逆方向の誤解を招き、佐村河内さんが難聴(0.5)を全聾(0)と偽ったのと同じ部類の問題になりかねないと思うわけですが、そのあたりどうなんでしょうか。
ushi897ushi @ushi897ushi 2014年3月7日
http://togetter.com/li/526663 感音性難聴についてはここも分かりやすい。正直聴こえすぎかなと会見見て思ったけど、「ごく一部の音域」が50db近くになっても明瞭な聴こえは奪われ、会話は不自由し、音楽の喜びなど全くなくなり、なにより頭部の不快感がとんでもない。(「耳」レベルじゃない、「頭部」)ワイドショー的話題で今回世間に与えた印象は分かりませんが、中度難聴は一般的にも医学的にもいつまでも置いてけぼりだなーと思いました。
松下 響 @hibiki2s 2014年3月7日
なお、ポイントを明確にするために便宜的に数字をつけましたが、勿論一次元的な聞き取り可能音量の問題と別に音の識別の問題もあることは承知しています。
そっクリどんぐり @Geda_2 2014年3月7日
中軽度難聴や変動難聴の人たちがモニョってるの分かる気がする。彼の疾患もそれなりに大変なものだからです。人をだますのとはもちろん次元の違う話。少なくとも、おまえマモルごーち並みだろキャハハだけはなさらないで下さいまし。。。
こぷやんとぬこと、時々アロエ⋈ @coprolite 2014年3月7日
同じように「見えない障害(内臓疾患とか)」を抱えている人がいることについても併せて知ってもらえるといいな。そのきっかけになれば。
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2014年3月7日
父も「片方の耳しかまともに聞こえない苦しみが分かるか」って言ってます。ちょっと横向いてるだけで会話が困難になるようで。 あ、横を向くのはどちらがではなくどっちかが、みたいですね。
ウラオモテクロネコ @tonkosama 2014年3月7日
片耳だけでも声が届かない経験あるなー。難聴の方なんだけど…聞こえにくいみたい。それから気を付けるようになった
Rick=TKN @RickTKN 2014年3月7日
自分は目が悪くて、メガネをはずすと70cm先にある3cm角のカレンダーの文字が両目でも読めない。見えていても役には立たないレベルと言うのは確かにある。
空弁者 @scavenger0519 2014年3月7日
佐々木あやみさんayamminの「医師が判断できるのは聴力であり、本人の聞こえ方などの「聞こえの状態」は本人にしか分かりません。」 http://togetter.com/li/626287
千暁 @1000dawn 2014年3月7日
英語がまだらにわかっても、日本語字幕はほしいよね。世の中にいるのは「英語が完全にわかる人」か「英語がまったくわからない人」だけじゃない。
TomOne@PARALLEL ACT @tomone_pact 2014年3月8日
眼鏡無しで風呂くらいは入れるが、町中を歩くのは非常に恐い。それをさらに酷くしたくらいか?
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2014年3月8日
強度の近視だからそこんとこ分かるわ。てかとかくこの世はS/N比だぬ
マルンボーリ @tandaji 2014年3月8日
佐村河内氏のせいで聴覚障害者が詐欺師扱いされる事例が既に発生し出して、ごめんじゃ済まなくなってますよね。
naoko @konahiyo 2014年3月8日
……うーん、これだと、18年間一度も佐村河内氏が耳が聞こえないと思ったことはなかった。普通に音楽を聴いていた、という新垣氏が嘘をついていたということになるのだろうか。 
野良猫に襲われる @damaten 2014年3月8日
単純な難聴が機械的に判別出来るのは分かるんですが、音がひずんだり明瞭に聞こえなかったりと言う感音性の部分に関しても本人の申告とは無関係に機械だけで判定出来るものなんでしょうか?
富 ユタカ @lkj777 2014年3月8日
普通に音楽を聴いていた、という新垣氏が嘘をついていたということになるのだろうか。<聞こえはしても鮮明ではない。このsoonの女性ボーカルがはっきり聞こえるか? https://www.youtube.com/watch?v=ft56il9bGMk
富 ユタカ @lkj777 2014年3月8日
音がひずんだり明瞭に聞こえなかったりと言う感音性の部分に関しても本人の申告とは無関係に機械だけで判定出来るものなんでしょうか? http://www.kamio.org/examine-treatment/examine/sound/ 聴性脳幹反応検査とかな。でも費用がかかるので障害者手帳がもらえないとかなりそう。
富 ユタカ @lkj777 2014年3月8日
それは佐村ではなく、自分の偏見との戦いかなあ。>佐村河内氏のせいで聴覚障害者が詐欺師扱いされる事例が既に発生し出して、ごめんじゃ済まなくなってますよね
野良猫に襲われる @damaten 2014年3月8日
ABRは”ABR検査(聴性脳幹反応)とは、乳幼児や高齢者など、音が聞こえたかどうかを返事できない人に行なう聴力検査(他覚的聴力検査)のことです。また、感音性難聴であることがわかったときに、障害の場所を明らかにするためにも行なわれます。”みたいですね。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年3月8日
konahiyo 正確には、佐村河内氏の障害の状況を理解せずに臆測だけで喋っていた、んでしょうね。恐らく多少は「意味不明な部分も多い何かの音」として聞こえていたはずで、それを見た新垣氏が「健常者同様に聞き取れている」と解釈したのが実情だと思います。
野良猫に襲われる @damaten 2014年3月8日
"感音性難聴であることがわかったとき"どのようにしてわかるのかが問題で、ここが自己申告に結構頼ってるなら、この人に関してはあんまり信用出来ないなあと思ったり。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
他人の検査結果を自分のものだってことにして公表するか、もしくは脳波を自在に変化させる能力でもない限り、脳波検査の結果をごまかすことは出来ませんがな…(´・ω・`)
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
佐村河内氏のことで可視化されただけで、障害者手帳もらえない程度に心身の問題がある人への健康な人の認識ってこんなもんなんだろうな。残念なことだけど。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年3月8日
強度近視なので何となく分かる。裸眼でも見えているし日常生活を送れなくもないのだが、自動車の運転は不可能だし刃物を扱うことはできない。
なっかわ @yaemon_the_tank 2014年3月8日
四十代わたしの子供のころは「音は聴こえるけれどときどき言語として理解できない」と健康診断などで訴えてもスルーされていたが、最近は検査して数値化できるということをこのまとめで初めて知り、しみじみしました。医学の進歩だなぁ
てけすた @tekesuta 2014年3月8日
片耳が感音性難聴。あれはチューニングされてないラジオだと思っていただければよい。声がまともに聞き取れないでしょう。私は低音部40db高音部70dbだけど、その耳だけだと会話できない。もう片方も同じようになったら、確かに手話通訳が必要になってくるだろうな、とは思った。それとごまかしが聞く様なコメントもあったけど、最近は自己申告じゃない検査があるので、それは考えにくいと思う。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2014年3月8日
障害を持った人が親から強く「世間から心ないこと、酷いことを言われるだろうけど、決して負けるな!心を強くしろ!」教わるものだと思っていたが、そうでもないらしいな。
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2014年3月8日
「50デシベルは聴覚障害である」は解ったけど、測定方法については言及してないね。視力検査で、本当は見えづらいのに頑張っちゃう人とか勘で答えて度の弱い眼鏡をかけて苦しんでしまった小学生時代の私。
竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2014年3月8日
つらいよな。目や耳がよくないと、一番つらいのが、通りがかりで自分から知り合いに挨拶が出来ない事!○○さ~ん!と呼びかけても無視された!あいつは失礼だ!と思われたり(耳)、すれ違っても親しい○○さんだと分からないため、こちらから挨拶できない、失礼だ!と思われたり(目)
七七四未満六四以上 @zy773 2014年3月8日
え~、皆さーん。『デシベル』は『マグニチュード』と同じ対数指標値なので、数値とエネルギーが直線ではありません。50dBと100dBでの差は「2」倍では無いのです。◇ざっくり『300』倍エネルギーが違います。(ここ自信が無いです。間違ってたら訂正お願いします) 
naoko @konahiyo 2014年3月8日
Kamimura_Maki 昨日の会見も含めメディアで散見する限り、常に手話通訳を介さなければ会話が聞き取れない状況(しかも数年前に劇的に回復してあの状態)です。あの方と18年間つきあって一度も違和感を感じなかった新垣さんは、失礼ながら私の想像を超える鈍感な方、ということでしょうか。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年3月8日
佐村河内氏の場合は言葉が聞き取れるかどうかより音楽が聞き取れるかどうかの方が重要なんじゃないだろうか。人々が彼に感心したのは「音楽が」聞こえないのに作曲したと言う所なんだろうから
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
konahiyo 佐村河内氏が障害を盛っていたのと同様に、新垣氏が話を盛っていても不思議はないでしょう。
naoko @konahiyo 2014年3月8日
qoonyan 確かにその可能性はあるかもしれませんね。ただ二人の話に矛盾があった場合どちらを信用するか選べと言われれば、私は躊躇なく新垣氏を信用します。
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
konahiyo (´-`).。oO(実体験を伴った色々なコメントが並んでいてもまだ、ウサンクセー的なコメントも絶えない程度には、人間ってのは他人に対して鈍感なのでしょう。想像が現実に追いついていかない程度には、貴方もまた鈍感なのだということを自覚できたらいいですね。)
ヨド @takuya_maiyuki 2014年3月8日
佐村河内氏のニュースを見ていると聞こえているのか、聞こえていないのかの0か100でしか語られていないように感じた。このまとめではその中間(というと語弊がありそうだけど)だと、どうなのか?ということが分かり易く説明されていたのでとても参考になりました。
鉄馬のふとっちょGO @karaagesuki 2014年3月8日
良いまとめ。聞こえない世界の幅広いグラデーションを教えていただいた。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
konahiyo 私はどちらも信用しません。新垣氏が暴露したとしても、彼自身が長年佐村河内氏のペテンに加担してきた事に違いが出るわけでもありませんし、どちら信用するに値しない人物だと思っていますので。
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
「それ、私の感覚と違う」って当たり前のことでしょう。同一人物であってもシチュエーションが変われば違う反応を示すというのに。なぜ、それをおかしいと疑うのか。まぁ疑って他の可能性を探るのはまだいい。どうして、おかしいと否定するのか。嘘だと決めつけ断罪したがるのか。
naoko @konahiyo 2014年3月8日
namihei_twit ここで連続ツイートされている方の意見はとても勉強になり、佐村河内氏の主張する状況にある難聴者の方がおられることはよくわかります。でも、新垣氏とは18年間手話通訳なしで問題無く会話が成立していたのが事実なら、客観的にすごくおかしいと思いませんか。
しぇりりん(令和の次はがんばる) @m_sheririn 2014年3月8日
耳はただ治療である薬飲むだけで聞こえかたが変わったりするもんで…他人には状態がわかりづらいので新垣氏が「聞こえないと思ったことはない」と言うのはあるかと。まぁ自分で曲書いてなかったのは事実なんですが
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
konahiyo 一緒に居る時間が長いから目と目で通じ合ってた、だとか(茶化してるようですが大真面目に言ってます)二人の間の問題ですから、『第三者が(失礼な憶測を並べて)とやかく言うことじゃない』と思います。貴方がそのような感想を抱いていること自体に賛否はありませんが、「私は~と思います」で完結をせず、「おかしいと思いませんか」と同意を求めることに対しては強く反発や抵抗を感じます。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年3月8日
konahiyo 新垣氏は、何らかの思い込みか、耳が聞こえないのに音楽が分かるはずがないという先入観で、佐村河内氏の筆談やリピートのお願いを「聞こえないふりをしている」と思い込んでいたと見ています。こうなると佐村河内氏のあらゆる行為が演技にしか見えなくなる。実はそういう関係だったんでないのかなと思ってます。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年3月8日
芸能的な話で言えばぶっちゃけどうでもいい。俳優だ演歌歌手だといったのがプロフィールに苦労話を載せて事実と違っててもみんな怒らないだろw
nekosencho @Neko_Sencho 2014年3月8日
ただ、これを機会にと障害者叩きしたがる連中が顕在化してるようなのがどうもね
naoko @konahiyo 2014年3月8日
namihei_twit 佐村河内さんの謝罪文には「三年前くらいから、耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していました」と。その前の15年間は、耳元でゆっくりはっきりしゃべって「さえ」も、言葉は聞き取れなかったということです。それで違和感なく会話が成立することもあるのですね。私はおかしいと考えます。
naoko @konahiyo 2014年3月8日
Kamimura_Maki そういう可能性は絶対にない、とは思いません。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
konahiyo 言葉を音として聞き取れないことと、言葉がわからないということは全く違う。ゆっくり喋る人で口数も少なければ口話で会話が出来る。いい加減その偏見はやめてもらえませんか?
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
konahiyo はい、そうですか。私は興味ありません。(佐村河内氏にとっての事実と新垣氏にとっての事実、佐村河内氏から見た事実と新垣氏から見た事実、その食い違いも含めたモヤモヤの中間に、真実はあると思う(その意味では両氏どちらにも真実は無いとも思っている)ので、それ以上のことは白黒つかないし、追求のしようがないし、裁判官気取るのは無駄な労力にしか思えません。)
naoko @konahiyo 2014年3月8日
qoonyan おっしゃる状況はよく理解できます。そういう方がいても全く不思議ではありません。佐村河内さんがそうなのか、ということを疑っています。疑う理由はこれまでの彼の言動です。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
konahiyo 佐村河内氏「だけ」が当てはまらないと考えるのも充分に偏見です。少なくとも公表された診断結果上の現在の氏は、中度難聴であることは間違いないですから。
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
konahiyo …佐村河内氏を追及し責め立てる行為によって、貴方は貴方の内の何を発散しようとしているのでしょうか?(素朴な疑問)
naoko @konahiyo 2014年3月8日
qoonyan そうですね。診断書まで疑い出すと、難聴者にとっては大迷惑ですよね。でも佐村河内氏は3年前まで全く聞こえなかった。それが真実です、と、謝罪文に書いています。全聾だったと。新垣さんは15年間その人と何ら問題無く会話できていた、ということもありえるということでしょうか。
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2014年3月8日
konahiyo 2レスほど前に「ゆっくり喋る人で口数も少なければ口話で会話が出来る。」と書きました。むしろ佐村河内氏「だけ」その例から除外するのは、偏見じゃなければなんと申し上げれば良いのでしょうか?
nekotama @nekotama00 2014年3月8日
konahiyo ありえるのでしょうかと言われましても、そもそも新垣氏の主張が100%正しいという根拠は何もないし、客観的に見て新垣氏の主張よりも診断書の内容の方が正しい可能性が高いと思われますが、いかがでしょうか。
naoko @konahiyo 2014年3月8日
了解しました。不快に感じた方はごめんなさい。
秋丸(四十肩)( =﹏=)サムイ @akimaruworks 2014年3月8日
近視や乱視はメガネである程度矯正できちゃうからな…感音性難聴なら視野欠損とか頭痛の時の閃輝暗点の方が近い気がする
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年3月8日
聴覚障害は視覚で言う近視と全盲しかないと健常者に思われてて、技術的に補聴器っていう近視用のメガネしかないってことだと思ってる。間違ってたらごめんなさい。視力検査にはひっかからないけど看板とかちょっと遠くの文字はほぼぼやけてなんじゃこりゃ状態。いや、輪郭から推測して読めるんだけどさ。
寿命 @hisa_ino 2014年3月8日
別に「佐村河内氏のせいで」じゃないよね。障害の重篤度のグラデーションに対する無理解は。むしろ、この件をきっかけにして知識を広めればいいじゃん。
長峯明子 @xshochanx 2014年3月8日
新垣さんが作曲した曲をラジカセで聞いて、変更点を指示してたって言うんだから、聞こえてたに決まってるでしょう。新垣さんにはそのことで嘘をつく理由がないですから。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年3月8日
xshochanx 「全ろうは嘘だったが聴覚障害は嘘ではない」と仮定してもそれは成り立つ、と思います。それを根拠に「聞こえてたに決まってる」は少し無理があるかと。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年3月8日
xshochanx 問題はラジカセで「どれくらいの音量で」聞いていたかですよ。音楽だから大音量で聞いていたとしたら、それなりには「聞こえた」でしょう。ただし普段の会話で、相手の言っていることをまともに「聞き取れた」かどうかは全く別問題で、多分ここの部分で障害はあると思います。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年3月8日
「聞こえる」は「完全に聞こえる」しか許されないのに、「聞こえない」には「段階があるんだ」と言うのが、ちょっとわからない。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年3月8日
視覚障害だと、矯正視力で0.1だと4級。物を視認したりは出来るけど、視界はぼやけてるし、文字を読むのは困難で、細かいことは把握できない。これを「見える」とするか、「見えない」とするかは、定義によるよね。
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
ネットだとこうやってキチンと問題が切り分けられることも多いんだけどさ、昼間のワイドショーはどうしようもないね。ましてや、そういうの観てる層と佐村河内の嘘物語に引っ掛かった層がモロ被りってのがなぁ…
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
hibiki2s 数学ではなく一般言語において、それも聴覚の文脈において「聞こえない」と言ったら私は「聞こえにくい」の意味に解します。もっともこれは感性の問題ですので、あなたがそう言うならそうかもしれません。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年3月8日
新垣さんの主張は【「全聾」は偽り】だったと思うんだけども。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年3月8日
実際どうだったかは知らんけど、本人の弁によると音楽かけてみたのは自分が聞いてたというより周りの反応を見てたとかって話だな。計算のできる馬の話じゃないが、人の反応で出来ばえを測るってのは考え方としてはあり
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
ちょっと気になっているのは、中度難聴の方々の音楽の聴き方。新垣氏は言われたとおり作曲して、善し悪しの判断は佐村河内氏が出すわけです。言語が明瞭に聴き取れない聴力の方がどのように微細な音楽表現を聴いて判断するのだろう?
松下 響 @hibiki2s 2014年3月8日
.KAMON_Yammani 一般言語の話をするなら、むしろ難聴を聞こえる部類に入れても別に間違いではありませんね。 しかしこれは「聞こえる聞こえないの二元論にしないでその中間があることを認識しよう」という話ではなかったのでしょうか。 その話をしていながら、ある程度は聞こえる状態を「聞こえない」の側に引っ張り込んで二元論に戻すのはどういう意図でしょうかと申しております。
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
ここはこうしてああして、というやり取りの中で、新垣氏が「聞こえていました」と確信するのも無理はないのかな、と思ったりもするし、
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
言語は不明瞭でも音楽の聴こえ方はまた別で、いいな、ダメだな、と判断できるのかもしれないし。 その辺のところを伺って見たい感じはします
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
hibiki2s そう、聞こえる部類にも入るのです。ですので「聞こえる、かつ、聞こえない」なのですが、文脈を見るに今回は支援の必要性(つまり聞こえない度合い)の話をしているので、そちらの話をしているのです。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
hibiki2s 当然、佐村河内氏の罪を擁護する文脈で言っているならそれは誤りですが、くらげ氏はその話はしていません。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
hibiki2s (訂正)当然、佐村河内氏の罪を擁護する文脈で言っているならそれは誤りですが、くらげ氏はその件については擁護していません。
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
一つ言えるのは、特にクラシック音楽はダイナミクス(音量変化、抑揚)が命で、100%聴こえる健常者でも耳をすまさないと聴こえない超ピアニッシモから耳をつんざく極大音量まで幅がえげつないんです。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
「聞こえる」「聞こえない」というと「二元論だ!」って言ってくる人がいるので俺は、二元論にする場合は「全く」を語頭に加えてるけど、それが出来る状況ばかりではない。というか、二値論理なんて数学以外ではそうそう扱わない。
少☆年 @syouhosinen 2014年3月8日
補聴器をつけても母音や子音の違いが判別し難い、視覚でいうと眼鏡を掛けても「め・ぬ」や「ね・れ」、「は・ほ」が判別し難いor不可能なくらいぼやけてる感じ?
北大 輝@忌中 @honda_sado 2014年3月8日
内臓疾患障害1級(心臓弁膜症)で身体障害者手帳持ってますが、持っているだけに『実生活で出来ることは率先してやる』んですよね。そこを他者は『障害者って言ってても普通に行動できるんだ』と解釈して嘘と定義するギャップ。
松下 響 @hibiki2s 2014年3月8日
.KAMON_Yammani いや、佐村河内さんを擁護しているかどうかは全然関係なくて、中間があるという説明をした後の以下の発言で自ら二元論的で誤解をはらむ表現に差し戻してしまっていると思うのですが。 http://twitter.com/kurage313book/status/441894336251195392
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年3月8日
KaedekoSakura どちらに定義するか、と言うことでしたら「見えるけどハッキリとは見えない(全盲ではないが健常でもない)」を定義するべきかと私は考えます。
松下 響 @hibiki2s 2014年3月8日
.KAMON_Yammani あと二元論にするなと主張してるのは私ではなくてくらげさんですね。別に数学や論理学の話もしてません。 http://twitter.com/kurage313book/status/441892892768878592
松下 響 @hibiki2s 2014年3月8日
.KAMON_Yammani で、今のそちらの発言を見て気付いたんですが、「聞こえる=平常、聞こえない=難聴、全く聞こえない=全聾」と解釈せよということですか? 「耳が聞こえない」と言われるとイメージするのは全聾なので、通じにくくて誤解のもとになると思うのですが。 「大きな音でないと聞こえない」「音の聞き分けに難があるために言葉としては聞き取れない」なら分かります。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
hibiki2s 第一文に関しては、「支援が必要かどうか」という文脈においてのみそうです。第二文については、そう感じる人が多いというのもわかりますので、その旨のTwを追加してもらえばいいと思います。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年3月8日
というわけで注釈を代筆。「聞こえない」は「大きな音でないと聞こえない」に各自読み替えられたし。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年3月8日
lute_the_fool そういう意味ではありませんよ。運転免許などの「標識などの識別が行えるか」という状況でなら「見えない」となりますし、歩行する際の「人や車、障害物を視認できるか」という状況なら「見える」といえるでしょう。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年3月8日
lute_the_fool そして新聞を信頼するなら、新垣さんの「耳が聞こえないと感じたことは一度もない」は、「全聾」が偽りだと指摘するものです。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年3月8日
KaedekoSakura 私は割りとこの騒動の初期からずっと「全ろうは嘘だったんだろうど聴覚障害は嘘じゃない」だと思ってますよ。あと視力に関してはメガネなしで歩行する際の人や車、障害物の認知は距離や視力程度にもよりますが私の場合「ただのいろのかたまり」なので何なのかわからないこともあります。毎朝メガネを探すのに一苦労です。
なっかわ @yaemon_the_tank 2014年3月8日
連続ツイートをされたかたも、このまとめを作られた方も「あなたの周りに難聴のひとがいるかもしれません、気づいてあげてください」が主たる趣旨と思います。コメント欄で自分と関係のない世界の自称音楽家を断罪するか・しないかのはなしをされている方は的外れじゃないでしょうか。そのかたの話は発端であるかもしれませんが、裁判官でもなければ音楽の仕事を頼むあてもないひとにとってはどうでもよい話
長峯明子 @xshochanx 2014年3月8日
Kamimura_Maki 新垣さんとはある意味仕事の話をしていたのに、新垣さんが佐村河内と会話が成り立たなければ「聞こえていなかった」というでしょう。その認識が18年間なかったというのは、普通に会話出来ていたってことですね。本当なら筆談の必要もあったはずです。
空弁者 @scavenger0519 2014年3月8日
「8年間手話通訳なしで問題無く会話が成立していた」ってことで、「佐村河内氏の難聴」に疑問を呈している人がいるが。長年連れ添った夫婦は「おい!」で新聞なのかお茶なのか判るようになる人達もいるけれどね。(^_^)
空弁者 @scavenger0519 2014年3月8日
「新垣さんが作曲した曲をラジカセで聞いて、変更点を指示してたって言うんだから、聞こえてたに決まってるでしょう。」を言っている人がいるが。 音の種類によっても理解でき安い・でき難いもあるんだけれど。通常ボーカル曲をインストルメンタルアレンジした時に「歌詞は聞こえるかい?」(^_^)
空弁者 @scavenger0519 2014年3月8日
「クラシック音楽はダイナミクス(音量変化、抑揚)が命」って、それは「あなたの聴き方」でしょう。
小山範之 @nongun 2014年3月8日
@kurage313book 聴覚のねただけど、公的支援の制度ってなんでこういう基準なんだといつも思う。0か100か。あるいは縦割り。20の障害が6つあれば120の不便なのにまったく支援対象にならないetc.
空弁者 @scavenger0519 2014年3月8日
視覚で説明を試みている人がいる。それに倣うと「視野の中心が見えない人もいる。」「視野の周囲が見えない人もいる」「視野の左下1/4が見えない人もいる。(6時から9時の範囲)」「視野の右上1/4が見えない人もいる。(0時から3時の範囲)」「視野の…」(以下略)(^_^)
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2014年3月8日
中等度難聴のお姉さんは、後ろから来る自転車は、ほぼ解らない。母音は聞こえるけど子音がはっきりしないから、「三浦」と「木村」の区別がなかなかつかない。同じ不明瞭さが言葉全般にかぶるので、けっこう大変。( ´H`)y-~~
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2014年3月8日
お姉さんの場合、空気中を流れてくる音楽については高音部が聞こえず、低音の楽器(ドラムとかバスとか)しか聞こえないので、メロディーが解らないことがある。ただし、ヘッドホンで無理矢理耳に音を押し込むと普通に聞こえる。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2014年3月8日
講堂とかでマイクを通した、少しくぐもった人の声になると、音がしているのは認識しても、それが大きな音量でも、言葉の意味はほとんどとれない。他の病気とかと違って、耳が聞こえないのは外から見たら解らないから、この感覚は理解しにくいのではないかと思う。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2014年3月8日
ただし、佐村河内某がどういう状態なのかは知らないので、「聞こえてるじゃん」と責めることもしないし、「聞こえてない」と擁護することもしない。「全聾の作曲家」を騙った「ペテン師」という評価には変化はないのだから。
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
scavenger0519 言いたいことがあるなら直接メンションして下さいね。佐村河内氏の楽曲(新垣氏作曲)も、当たり前ですがpppからfffまでダイナミクスに富んでますよ。佐村河内氏の指示書通りに。グラフ表示までしてるじゃない。
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
だから、どう判断したのかな?と思うわけ。感音性難聴って事で、音が歪んだり籠ったりするわけでしょ?
ゴイスー @goisup 2014年3月8日
何もクラシック音楽がダイナミクスが全てとは言ってないよ。音楽表現において音量変化は重要で、作曲家でそれを考えない人はいないと思うよ。
鉄⋈液タブ練習中なうマン⋈早矢斗[デレステID:994240190] @cu6gane 2014年3月8日
このまとめに関して言えば、件の音楽家()がどの程度の聴覚障害なのかゴーストライターとの認識の差はどうだったのかはどうでもよくて聴覚障害にも段階的な面がありそれを無視して0か1かで判断しないでくれって事だと思うんだけど、なんでコメ欄がこういう展開になってるんだ?
ぉざせぃ @hijirhy 2014年3月8日
ここしばらくモヤモヤしていたことが、このまとめ読んで(ある程度)スッキリした。
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
『私は氏を罪人に仕立てあげたいから、氏の言ってることは全て嘘と見なす』まで読んだ。
なみへい @namihei_twit 2014年3月8日
嘘なんてついてないのに嘘つき呼ばわりされた恨みを晴らすために、嘘ついてないヤツを嘘つき呼ばわりしてやったら、恨み恨まれぐるっと回って、嘘なんてついてないのに嘘つき呼ばわりされた。恨んでやる! ってオマエらどんだけアホやねん! とか空に向かって叫んでみる。
なみへい @namihei_twit 2014年3月9日
何かしらが劣っている或いは欠けているという否応なしに突きつけらた現実があって、それと「向き合っている」人は、その隙間を、他の何かで埋めて補う努力を、何かしらやっているわけで。その人にとってはそれが生きるということだから、そうせざるを得ないわけで。
なみへい @namihei_twit 2014年3月9日
っていうか、むしろ、耳に届き目にも入っているにも関わらず、『理解できないことを理由にして否定をする』人こそが普通じゃない、そんなもの当たり前にされてたまるか、と思ってしまう。それが普通だ、健常者だ、といってはばからない人達ばかりならば、聴覚障碍者であることすらも自分の持てる武器として利用したことだって生きるための努力をしているに過ぎない。
なみへい @namihei_twit 2014年3月9日
裸眼じゃピントが合わないからメガネをかけて補正し、耳だけでは聞き取り不十分だから通訳や手話を併用して補おうとする。どんな形であれ自分の作品が世に出て人の耳に入り心動かすなら手を貸そうと思ったことも、手伝ってくれる人が手伝ってくれる限りはその手を借りようと思ったことも、その時の選択。聞いてくれている人を欺いているという事実に心が耐えられなくなり、生き残るために心を死なせないために白状し暴露することもまた、生きるための選択。
なみへい @namihei_twit 2014年3月9日
(ねぇねぇ、反省を強いる人、って、強いられないと反省できない人?反省はさせられるもの、って思うのは、自ら己を悔いたことがない、ってこと?)
なみへい @namihei_twit 2014年3月9日
(悪いことをした人を責め立てる、ってのが日常茶飯事、習慣だから、っていう脊髄反射? それとも、悪人をでっち上げ、罪人に仕立て上げて吊し上げて、正義の味方ごっこをして日頃の憂さを晴らしてご満悦っていう、悪しき伝統?)
そら豆 @solamame_k 2014年3月9日
古くてセリフが聞き取りにくい邦画を字幕付きで観るのと同じ感じなのかな。
空弁者 @scavenger0519 2014年3月9日
大きな怪我・病気をしたときにそれをきっかけとして神経的な病気を併発する人もいるね。神経症、統合失調症、うつ病。かの日とが最も聴こえていない時に心因性の難聴も併発していたのかもしれない。あくまでも可能性。
空弁者 @scavenger0519 2014年3月9日
「言いたいことがあるなら直接メンションして下さいね。」<やなこった!(^_^;)
空弁者 @scavenger0519 2014年3月10日
ほほう、そうかい、聴くのは自由だけれど、聴覚に何らかの障害があるとクラシックミュージックの「本来の良さ」とか「醍醐味」とかを感じることは出来ない!と。(毒)どうせわからないよ!と。(毒)加齢によっても可聴帯域は狭くなっていくんだが、歳を経るとクラシックミュージックを聴くには向かない耳になっていくんだな!<`ヘ´>(毒)
空弁者 @scavenger0519 2014年3月10日
冗談じゃないぜ!<`ヘ´> 聴覚に障害があっても音楽を聴きたいぜ!<`ヘ´>
trycatch777 @trycatch777 2014年3月10日
コメント欄が予想通りの展開でびっくりした。結局佐村河内氏と新垣氏の食い違いっていうのがこういう事なんじゃないかって話だよね?と思えば、本まとめの内容には頷けることしかないのだけれども。あと、佐村河内氏が恣意的に誰かを騙そうとして嘘をついたかどうかなんて判るはずもないし、こんなところのコメントでやり取りするだけ無駄ですよね。
infogain_bot @infogain_bot 2014年3月10日
他人から理解されない障害……これはキツイよな 俺も統失で精神障害者なわけだが、外見じゃわからないし、症状で苦しんでいても周りには理解されないし、下手したら怠けてるとか、異常を装ってるとか言われるわけだからな
菌象(牛歩堂) @giwhodaw 2014年3月10日
たぶん人並みに音の高低強弱も楽器(音色)の違いも人の声色の違いも聞き分けられるけれども、周囲の状況によっては声は聞こえるのに五十音を聞き分けられなくて言葉を聞き取れないことがある自分には、音・音楽の聴き取りと言葉の聞き取りは別物と感じられる。
北大 輝@忌中 @honda_sado 2014年3月11日
とりあえずベートーベンの第九でも聞こう。
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2014年3月15日
ベートーベンの不幸、それは交響曲の第5と第9しか知られていないこと。6か7が皇帝だっけ?
そっクリどんぐり @Geda_2 2014年6月25日
感音性難聴についてもうひとつ。小さい頃、なにかで「突発性難聴後、聴こえづらいのに新聞などのガサガサ音が耳に刺さると訴える母に困る…」などという一文を読み、こんなことあるのと妙に引っかかって覚えてました。まさか自分が体験するとは。聴こえないのに静かにしてくれと訴え周囲を困らせる、これも感音性難聴です。ビニルの音・茶碗の音・自分の咀嚼音、響く音・周波数は人それぞれなのがまたやっかい・・・。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする