2014年3月11日

派遣労働の不安定さと、法改正による常用代替の危険性(佐々木亮弁護士)

派遣労働はなぜ不安定か、そして、労働者派遣法の改正の動きは何を意味しているのか。佐々木亮弁護士による、わかりやすい解説。 ★その後、佐々木弁護士により、ヤフー個人ニュースにまとめられました。 →派遣労働の不安定さの理由と派遣法改正案が持つ危険性(佐々木亮) - Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/sasakiryo/20140314-00033545/ 続きを読む
31
ささきりょう @ssk_ryo

閣議決定されてしまったか。:労働者派遣法改正案を閣議決定 派遣固定化に懸念の声も - 朝日新聞デジタル (http://t.co/curTZ2zXdC) http://t.co/qNt7Okrkbh

2014-03-11 20:45:23
ささきりょう @ssk_ryo

永久派遣になってしまう制度。これが通ってしまうと、日本の雇用の風景は激変するかもしれない。

2014-03-11 20:47:11
ささきりょう @ssk_ryo

言うまでもなく、派遣労働は極めて不安定です。派遣労働者の労働契約は派遣元と結ばれていますが、労務の提供は派遣先に行い、指揮命令を派遣先から受けます。しかし、派遣先とは労働契約関係にありません。派遣労働者が派遣先で働いている根拠は、派遣元と派遣先との労働者供給契約に基づきます。

2014-03-11 20:49:30
上西充子 @mu0283

厚生労働省「派遣で働くときに知っておきたいこと」より http://t.co/j7r2g6LMRv

2014-03-11 21:36:02
拡大
ささきりょう @ssk_ryo

この労働者供給契約は、当然ながら企業間の契約ですから、その解除については解雇のような規制はありません。ですので、景気が悪くなったー、ということで、派遣先は派遣元との間の労働者供給契約をバッサリ切ることができます。となると、たちまち働く先を失うのが派遣労働者です。

2014-03-11 20:51:30
ささきりょう @ssk_ryo

もちろん、労働契約は派遣元との間に残ってますので、派遣労働者が「雇用を失った」とは言えないかもしれません。しかし、派遣する先がなければ派遣元も派遣労働者を雇い続けることは難しくなります。

2014-03-11 20:53:42
ささきりょう @ssk_ryo

そうなると、派遣労働者と派遣元との労働契約が有期契約であったならば、派遣元は期間満了で雇止めします。無期契約であっても整理解雇になります。結局、派遣労働者は雇用を失うことになります。大きな景気変動のときに派遣労働者が雇用を真っ先に失うのは、単純に言えばこの構造に由来します。

2014-03-11 20:54:34
ささきりょう @ssk_ryo

忘れていないと思いますが、リーマンショック後に雇用を失った派遣社員があふれました。この時は、派遣社員は雇用だけでなく、住居も失ったのです。それは、派遣元もしくは派遣先が「寮」を提供していたからです。この寮が、「派遣終了」とともに奪われて、大変な事態になったのでした。

2014-03-11 20:57:54
ささきりょう @ssk_ryo

現行法は派遣の利用には期間制限があり、基本的に3年までしか派遣社員を利用できません。この3年も「業務」が単位となっています。たとえば、Aという業務に1年間青木さんを、1年半本田さんを派遣社員として雇った場合、Aという業務にあと半年だけ派遣社員を利用できるということになります。

2014-03-11 21:01:23
ささきりょう @ssk_ryo

このように永遠に派遣社員を使い続けることができないところで「常用代替」を防いでいたのです。常用代替とは、正規社員を派遣社員に置き換えることを指します。これは「よろしくない」というのが派遣法の発想でした。しかし、今回の改正法案は「よろしくない」が著しく弱まっているのです。

2014-03-11 21:04:52
ささきりょう @ssk_ryo

たとえば、先の例では、Aという業務について派遣社員を3年利用しても、人を変えれば、また3年可能ということになります。このとき過半数組合からの意見聴取が必要となっています。しかし、意見を聴くだけなので、何の歯止めにもなっていません。

2014-03-11 21:13:06
上西充子 @mu0283

第205回労働力需給制度部会 資料 平成26年2月21日(金) 参考2 新たな期間制限の在り方(イメージ) http://t.co/ygq222PL6p http://t.co/191kLuTmBb

2014-03-13 11:40:11
拡大
ささきりょう @ssk_ryo

派遣労働者は、派遣先企業にとって、とても「使い勝手」のいい存在です。給与計算もしないでいいし、労務管理も基本は派遣元がやるわけだし、賞与や退職金なんて考える必要もなく、何よりも、景気が悪くなったら切りやすいのが最大の魅力です。

2014-03-11 21:15:20
ささきりょう @ssk_ryo

こういった派遣労働者を期間制限に関係なく使い続けられるなんて、派遣先企業にとってはこれ以上ないありがたさとなるでしょう。そうなると、どうなるか。企業はできるだけ派遣社員を雇い、正規社員は極々少なく雇うことになるでしょう。整理解雇規制に関係なく人減らしができるのです。

2014-03-11 21:17:20
ささきりょう @ssk_ryo

我が国の雇用形態の主流が派遣労働になりかねません。政府はおそらく「派遣元との間で雇用の安定がはかれる!」とか言うのでしょうが、んなもんは安定でもなんてもありません。さっき述べたとおり、景気変動時に派遣社員はいとも簡単に企業から放り出されたことは歴史的事実が証明していますからね。

2014-03-11 21:22:05
友弘 克幸 @ktyk_TOMOHIRO

不安定雇用を増やさない視点での労働9者派遣法改正を!(連合ホームページ) http://t.co/fFwRveRxlv (続く)

2014-03-14 15:22:59
友弘 克幸 @ktyk_TOMOHIRO

(続き)「リーマンショックをきっかけとする雇止め・違法な解雇が社会で大問題となったのは、わずか5年前・・・。しかも雇用が継続したのはわずか10.9%。 離職理由を見ても、派遣元で無期雇用の労働者の94%が解雇による離職であったなど、解雇が頻発しました。 」

2014-03-14 15:23:39
\ Tgから毎日100名様にお好きなポイントプレゼント /

コメント

うにら @riafeed 2014年3月12日
仕事量に応じた柔軟性を求めてるんだからそうなるでしょうね、しかしそれをシャットアウトすれば最低限の人数でピークを回そうとしてブラック化する。妙案あるんですかね?
1
Hideo Kinoshita @yamatomegami 2014年3月12日
非正規で働くすべての皆さん、非正規にも企業側が医療や年金などの社会保険料を負担し、各種諸手当を支払うことを義務化するよう政府に強く要求しましょう。
1
zetumu @zetumu 2014年3月12日
riafeed 簡単。柔軟性がある=付加価値があるということだから、非正規の方にを正規と同待遇+その付加価値分の賃金割増を法律で義務付ければ良いだけ。それなら本当のクッション部分以外は正規にするでしょ。
5
zetumu @zetumu 2014年3月12日
ていうかまだこの深刻さに気付かずにそれを支持している日本国民がバカとしか思えない。行くとこまで行かなければ気付かないのかもね。予告しておくけど、遠くない未来に非正規雇用が半数を超えるでしょう、このままだと。
3
zetumu @zetumu 2014年3月12日
ついでにそれがそのまま年寄りにスライドしていって社会は崩壊。勿論結婚すらままならないので少子化のまま。で、移民受け入れで詰み。団塊世代は逃げきれるから後はどうでも良いと思ってるのかねー。
3
えすぴー💉💉🇺🇦💉 @espilab 2014年3月12日
ここまでの御説明は正論と思うがでは、その先は? かわいそうな非正規労働者は雇用形態として異常だから…とを心配する振りをして、正規雇用の旨みは温存しつつ、内部留保を出せとか言う →http://blogos.com/article/80531/ みたいな主張に持って行くのだろうか?
2
えすぴー💉💉🇺🇦💉 @espilab 2014年3月12日
正社員になる代わりに滅私奉公、長時間残業するか、派遣で低待遇に甘んじるかという2極端しかないのが問題。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1311/29/news047_2.html ここに「時間帯や職種を限定したいといって断る派遣社員も少なくない」とあるように、勤務地や職種を固定すべく、あえて派遣を選ぶ人もいる。低い待遇で使い続けるという、労働条件の悪化は防止しつつも、多様な働き方を選べるようにすべき。
2
えすぴー💉💉🇺🇦💉 @espilab 2014年3月12日
基本は「同一労働・同一賃金」。企業側の原資が限られるならば、閑職で戦力外となったら、正社員の方でも減給または退場頂くようなルール作りも必要では。
2
zetumu @zetumu 2014年3月12日
>多様な働き方を選べる<というのは其の選択肢そのもののバランスが取れてるから成り立つのであって、「不安定で賃金が低く待遇が悪い」と「安定していて賃金が高く待遇が良い」というのは選択肢とは言わない。
2
zetumu @zetumu 2014年3月12日
元々のメンバーシップ型雇用が更に進んで身分型雇用になっていっているだけ。身分制と言うのは構造の硬直化を生むから本当意味での産業構造の転換は進まない。不安定化と流動化は違うのだが。
2
zetumu @zetumu 2014年3月12日
結局この日本に於ける非正規の問題にしても残業にしても(サービス残業はそもそも現在でも法令違反だから論外、まあそれをホワイトカラーエグゼンプションで更にやらせようとしているが)それを行う方が企業にとって収益が上がるからやっているのであって。
2
zetumu @zetumu 2014年3月12日
法律で賃金割増を大幅に増やすことを義務付けたら、本当に必要な場合以外は企業はその様にはしないでしょう。つまり現在の状態はそもそも本来評価されるべきものに対して正当な評価がされていない事による。
2
えすぴー💉💉🇺🇦💉 @espilab 2014年3月12日
正当に評価されるべきがされていない、というのは正に。派遣就業者には教育も評価も昇級も無い。 (ある所もあるかも知れんが)
1
とげとげ @togetoge10 2014年3月12日
正直、何が問題なのか全然わかりません。そのうち、コンピュータやらロボットに置き換えられて行くだけな気もしますし。
0
_ふたば_ @Hutaba_M 2014年3月12日
(年齢、障害、履歴、家庭環境などで)正社員になるのが難しい方々に法改正しないことによる利点が説明できないと説得は難しいと思う
0
うにら @riafeed 2014年3月12日
zetumu よくわからないのですが、とりあえず俺が言ってる柔軟性は従業員自身の柔軟性ではないです。
0
zetumu @zetumu 2014年3月13日
@riafeed >従業員自身の柔軟性ではない<分かってるよ。企業は固定費を増やしたくないから忙しい時だけ人を雇いたい。それが付加価値だと言っている。これって遥か昔の傭兵の時代から当たり前の事(傭兵を雇うのは高い)なんだけどね。
1
zetumu @zetumu 2014年3月13日
現在は忙しい時だけではなく同じ仕事を非正規に置き換える方が寧ろ人件費が抑えられるから、本当に正規でなければならない所以外でドンドン置き換えが進んでいる。
1
zetumu @zetumu 2014年3月13日
非正規に割増を義務付ければ置き換える意味が無くなるから(割増率を大幅に増やせば寧ろその期間は正規よりも人件費が掛かる)、本当の一時雇いが必要な時以外は正規雇いの方が企業としては良くなる。
1
zetumu @zetumu 2014年3月13日
元々非正規雇いは一時雇いと位置付けられているから当たり前の考え方なんだけど。何故かそのような法制や制度になっていない。寧ろそれを更に壊すのがこのまとめで言われている内容。
1
うにら @riafeed 2014年3月13日
なるほど、そういうことですか。参考になります。でもそうなるとやっぱり企業は最小限の正規でピーク回そうとすると思いますが・・・
0
Megatherium(メガテリウム) @Dairanju 2014年3月13日
雇用の安定を損なう方向に政策が動く、それを経済界が支持しているように見える、という事は、労働力が過剰という事を示しているように見える。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
riafeed それは割増率に拠る。私は言うのは同じ仕事なら正規よりも割増すべきと言うものだから。現在の水準からの割増ではない。そうなるとほぼ常用の雇用は非正規を雇う方が人件費が掛かる。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
しかも正規なら強大な人事権で使い回しが効くが、非正規雇用は其のレベルでの使い回しが出来ない。メリットは首にし易いというだけで、人件費が正規よりも掛かり使い回しも効かないとなるとほぼ常用の雇用を非正規で雇うメリットがない。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
常用でなくても割増率が大きければ調整のしやすさを取るか、正規で非正規よりも低い賃金水準で雇続けるのが良いのかといういう経営判断になる。つまりそこで経営側としても初めて正規と非正規を天秤に載せることが出来る訳であって、現在の状態は選択以前の状態。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
働く側としても安定はしているけど賃金水準は低い方が良いか、不安定だけど賃金水準が高い方が良いかという選択になり選択上でのバランスが取れる。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
まあこれは特殊な例だが、局アナで給料貰い続ける方が良いか、フリーで稼ぐかみたいなものだな。本当は以前はだからスキルのある本当の専門職のみがその対象だったわけだが。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
だが現在は労働の流動化そのものは必要だから、それを法律で義務付けることにより、経営側にとっても労働側にとってもフラットなバランスを作る事がポイント。フラットなバランスでなければ選択とはなり得ないから。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
この様な状態ならスキルのある非正規が一番稼げることになる。同じ時間だけ働くとスキルのない正規が一番稼げないことになるが、そうなると雇う側も固定費を抑えられる。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
その一番稼げない状態からスキルのない非正規は単位時間当たりではスキルの割に稼げる。また流動的に動く(本当に必要な時以外そういった人材を企業が雇い続けるメリットはない)ので様々な経験を積むことが出来る。流動的に経験を積みながらややスキルが付けば正規で雇って貰えば(同レベルのスキルで常用なら正規の方を雇う方が安く使い回せてメリットが高い)そこでスキルを高めて行くことが出来る。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
その様な状態ならブラック状態で働き続ける意味がない。正規にとっても非正規にとっても。そうなれば自然とブラック企業は淘汰される。流動化と不安定化は全く別の考え方。それがキチンと社会で認識されていないことが問題。
0
zetumu @zetumu 2014年3月14日
Dairanju 労働力が過剰、ではないよ。だから移民を入れたいと言っている。単に社会を食いつぶす事を無視して自企業の利益しか考えていないだけ。本当は移民もそれ自体が悪い訳では無いよ、労働力がやって来るのではなく人間がやってくる事の意味を本当に理解しているのならば。
1
zetumu @zetumu 2014年3月14日
異なる文化の考え方の人間がやってくるということは社会の幅を広げることになるが、その受入の社会的コストは膨大。それを考えずに単に安い労働力がやってくると考えているのが本当に目先の事しか見ずに浅はか。もしそうしたいならもっと法人税を払ってその社会的コストの金銭的な所は引き受けるからと企業側が申し出るべきだな。
1
zetumu @zetumu 2014年3月14日
どちらにしてもその前に上に書いたようにフラットな本当の意味で選択出来る状態を作って置かなければ、社会はドンドン潰れていくだけ。現在はローマ帝国末期のような状態に突入する寸前。
1
えすぴー💉💉🇺🇦💉 @espilab 2014年3月14日
法学者「派遣は不安定でイケナイのです(キリッ」  労働組合「そうだそうだ、もっと規制を!(…俺たちの立場が脅かされたら困るし)」  大企業「雇ってやってるんだ有難いだろゴルァ(しめしめコストが浮いた)」  安倍 「雇用の安定のために派遣法を改正します!」  派遣(専門26業務) 「結局 10年も安定して続いた今の職場も,改正で3年後はクビか・・・(´・ω・`)」
1