10周年のSPコンテンツ!

リベラルフェミニズムとラディカルフェミニズムについての徒然

 この @hyodoshinji 氏が纏めた「強敵! ストロッセン現る! http://togetter.com/li/595371  」が面白いので、ちょっと久々に連続ツイートしましたので、まとめておきます。  リベラルフェミニズムとラディカルフェミニズムの対立構造に話を限定しておいた方がよかったかも。
メモ フェミニズム 平等とは非情なもの フェミニスト
72
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 この @hyodoshinji 氏が纏めた「強敵! ストロッセン現る! http://t.co/cMrBJKRIK7  」が面白いので、ちょっと久々に連続ツイートします。TL汚し、失礼します。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 話の前に、言葉を定義しよう。  リベラルフェミニスト:文字通りリベラル=自由を重んじ、性別を理由にした差別をなくしたい一派。  ラディカルフェミニスト:文字通りラディカル=根本的に、女性は男性中心社会に苦しめられてきたので、これを正そうとする一派。  とここでは定義する。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 自由権と社会権の対立構造が理解できるなら、リベラルフェミとラディカルフェミが理念レベルでまず相容れない、トレードオフの関係にある事は推察できるだろう。具体的には、国会議員における女性比率の低さへの対応で意見が割れるはずだ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 リベラルフェミなら、女性議員比率が少なくとも、それが女性の自由意思の選択なので、これを肯定する。で、あるが故に(例えば、選挙権や被選挙権で)男女に法的な差をつける事に反対するだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 ラディカルフェミなら、女性議員比率が少なければ、それは根本的に男性中心社会の弊害なのでこれを否定する。で、あるが故に(例えば、選挙権や被選挙権で)男女に法的な差をつける事に賛成するだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 ちなみに、私はリベラルフェミとラディカルフェミの区別自体を知らなかった。大学でも他の講義を優先していたので、フェミニズム系の講義は出席しなかったし、何より、フェミニズム=当然リベラル(自由主義)と思い込んでいたからだ(多分、昔見た『G.I.ジェーン』とかの影響)。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 で、何が面白いのかと言うと、私は『ごく凡庸で平均的なフェミニスト』のつもりだったのだが、実は『リベラル・フェミニスト』で、しかもこれが日本では少数派――らしいのだ。  この声にまず驚いた。  ……ただし、事実か否かは怪しんでいる。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 何しろ、ここ http://t.co/cMrBJKRIK7 に書かれたリベラルフェミニスト:ストロッセン史の主張は、それこそ平凡妥当な男女同権の論理で、日本のサイレントマジョリティとも親和性が高いと思われるからだ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 例えば、私の父(そこそこ高齢な日本人男性)も財布は夫婦別で、職場でも「(男女を問わず)俺にいくら儲けさせてくれる?」かを重視する。ストロッセン史型のリベラル・フェミに相当するだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 そも理詰めで考えれば、今後の日本ではストロッセン史型のリベラル・フェミが主流にならざるを得ない。技術の進歩が性差の意味を薄める事は多いが、その逆は少ない。なら、工業化の過程で奴隷制が不経済になったのと同様に、封建的な性別役割分業も不経済になる事は不可避だろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 そして、ここ http://t.co/cMrBJKRIK7 で紹介されたのストロッセン史の論理の通り、封建的性別役割分業とラディカル・フェミは近似だ(だから、私はそもラディカル・フェミをフェミと認めたくない)。つまり、ラディカル・フェミも不経済なのだ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 勿論、封建的な男女差別の撤廃=(リベラル)フェミの推進が、奴隷制度廃止の時と同様、犠牲を生むのは間違いない。  男女差別の撤廃によって、会社社長だった男性が平社員になることもあるし、専業主婦だった女性がホームレスになる事もある。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 ただ、奴隷制廃止の結果、餓死する黒人元奴隷がいたとしても、奴隷制を復活させるのが難しいように、男女差別を復活させるのは難しい。  実際、上記の例の通り、現代日本人のサイレントマジョリティは無自覚なリベラル・フェミニストであり、経済的にも一定正しい選択をしていると私は思うからだ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 逆に、上野千鶴子氏のようなラディカルフェミニストは、炎上マーケティングもあって、目立っているだけの少数派――典型的なノイジーマイノリティではなかろうか?(この手のノイジーマイノリティも一定の政治権力を握っているのが厄介なのだが)。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 ただし、そもそも、文中で挙げられている上野千鶴子氏などが本当にラディカル・フェミなのかは怪しいと思う。何しろ、ラディカル・フェミの政治的原理的無謀さは他の追随を許さない。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 単純に(自由主義的に)『男女差別』を撤廃しようとするリベラル・フェミなら、男性も賛同しやすい。男性のみに圧し掛かっていた負担を女性にも負担してもらえるなら、『男性特権』など喜んで渡す男性は少なくない。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 現実に西欧では、女性も兵役をはじめとするリスクを負担しつつある。こういうと、兵役の是非に話をすりかえる人がいるが、今まで男性におしつけられていたリスクを自ら背負った事実が重要だ。これにより、封建女性特有の平均寿命の長さなどの特権を手放す事で、男女同権先進国を成立させている。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 マクロなデータとは言い難いが、NHKの『母親は兵士になった』は面白かった。銃弾で死ぬリスクを女性が負担してくれるなら、男性は兵士になる特権など喜んで手放すという好例である。日本では銃弾のリスクは低いが、他のリスクを負担してくれるなら、やはり男性は喜んで特権を手放すだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 ところが、階級闘争的に『女性差別』を撤廃しようとするラディカル・フェミでは男性が賛同できない。男性にのみ圧し掛かっている負担はそのままで、女性にだけ権利を寄越せ――という政治的無謀さは言うまでもない。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 さらに「女性にも活躍するチャンスを与えるべき」「ただし、女性はリスクからは保護されるべき」というラディカル・フェミ(繰り返すが、これをフェミとは認めたくない)の主張は、政治的にだけでなく、原理的にも無謀だ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 権利と義務は必ずしも表裏一体ではない。人権は特にそうだ。とはいえ、人権以外の権利はかなりの部分が義務と表裏一体である。何故なら、リスクとチャンスの多くが表裏一体だからだ。リスクから保護されている人間は、必然的にチャンスを掴む能力を身に着けにくい。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 例えば、私が教育実習の頃(当時は気付かなかったが)、女性実習生は『常習暴行犯である生徒』から遠ざけるという差別を受けていた。結果、「酷い目にあう」リスクからは守られていたが、同時にその手の経験を積むチャンスを奪われていた。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 これと好対照なのは女子校出身者の実社会で活躍する比率の高さだ。この原因は(女子校自身が宣伝文句によく使う通り)女子のみの世界なので、性別を理由に保護されるという差別がないゆえだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 勿論『そんなリスク≒チャンスは要らない』と言う女性もいる。元々、男性も多くは積極的に欲しがっているわけではない。何しろ、現実に若死にする確率は圧倒的に男性の方が高いのだから。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro
 そのため、「女性に『そんなリスク≒チャンスは要らない』から、《ハーレム/聖域》にでも保護すべき。結果、無能になるけど、女の子は馬鹿な方が可愛い」という主張にも一理ある。
残りを読む(23)

コメント

兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月18日
採り上げていただけたことは嬉しいのですが、ラディ/リベフェミの言葉の定義が、ぼくの指し示したものと最初っからまるっきり違いますw (ただしぼくも付け焼き刃なので、正しい理解をしているとは限りません。また別なところで勉強されて、書かれているような認識に至ったと言うことであれば、ご教示ください)
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月18日
リベラルフェミニストは乱暴に言えば「均等法以降、役割を果たして消えたフェミ」です。事実、フェミニズム事典の類を何冊か調べましたが、ラディフェミの例として現役選手の名が挙がるのに比べ、リベフェミは「昔の人」扱いでした。 藤本由香里師匠などが「リベフェミ」であると称されていますが、これは彼女らをオタクの味方として持ち上げようとしている人々の「デマ」であると想像できます。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月18日
ラディフェミは「公的領域のみならず私的領域までをも変革しようとするヤツら」、乱暴に言えば「ジェンダーフリーとか言ってるヤツら」です。 一般的な男女こそが「リベフェミ」であり、「ラディフェミ」とは相容れないという指摘はその意味ではまさにその通りで、「男女平等が実現した社会でまだ尚ごね得を目指す人々」、つまり「現代のフェミニスト」こそがラディフェミなのです。 (現代を男女平等だとぼくは考えませんが、そこはひとまず置きます)
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
hyodoshinji まずはコメント感謝です。レスはこっちのトゥゲッター http://togetter.com/li/641906 につけますね。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
まず、『定義が、ぼくの指し示したものと最初っからまるっきり違いますw』についてはご指摘の通りです。違うから、最初に定義を示しました。私は http://togetter.com/li/595371 で語られたストロッセン氏の主張を基にしました。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 あとは中学社会科教科書レベルの自由権と社会権の対立構造です。「自由放任にすれば、野垂れ死にする奴が出るけど、じゃあ、社会が強制介入するとして、でもそれって自由の侵害だよね?」というやつ。これはフェミの対立にも当てはまるので、使いました。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 リベフェミ「女性を自由にしろ」→世間「すると、女性にも負担がかかるよ?」→リベフェミ「自由とは元々過酷なもの。女をなめるな! 子供扱いするな!」→ラディフェミ「待って。女性には保護が必要」→リベフェミ+世間「それ男女差別」
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 ていう一連の流れが自由権と社会権にそっくりだったので、定義に盛り込んだのです。 で、「それは八重代の論理で、現代日本のフェミニストの実情とは乖離している」と言われれば、その通りです。 @hyodoshinji 氏の方が実情に詳しいでしょうし。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 ただし、認識が一致している部分も多いと思います。例えば、『リベラルフェミニストは乱暴に言えば「均等法以降、役割を果たして消えたフェミ」です』『一般的な男女こそが「リベフェミ」であり、「ラディフェミ」とは相容れない』には同意します。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 何故、一般化した≒消えたフェミであるリべフェミ概念を持ち出したかというと、そも、私の連続ツイートが思考実験的である事が一点。もう一点は、ラディフェミがリべと対照的に消えるべき時に消える事が出来なかった組織の末路に思えるからです。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 問題解決のために作られた組織が、実際に問題が解決しそうになると、組織の自己保存本能から、老害化し、マッチポンプとして問題を発生させるようになる――というのはよくある話です(893の一部とか)。で、ラディフェミはこのフェミ版だろうと。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
(あるいは女性の平均寿命が著しく低いとか、女性の乳児死亡率、若年死亡率、自殺率、ホームレス率が著しく高いとか、そういう国なら、ラディカルフェミニストの出番もあるでしょうが、日本ではむしろ逆ですし)
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 そして、この辺りの認識は @hyodoshinji 氏とも一致する気がします。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
 むしろ、「(主に弱者)女性が不幸になったのは男女同権のせいだ。男女差別の復活を!」という風潮に対し、私のようなリべフェミが「(貴重な『産む機械』への支援はともかく)男女差別はよくない」と切り捨てる点で、意見が割れるかと。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月19日
yaesiro なるほど。まず「ストロッセン=リベフェミ」説はぼくが何となく書いちゃったことで、あんまりアテにしないでくださいw  正直、彼女のフェミニストとしての主張がよくわからんので(あそこでご教示いただいた限り、「フェミ批判をしている人」でしかない!)。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月19日
yaesiro これは面白い着眼ですね。ただ、現代の感覚では「社会権」を尊重せざるを得ないところを、ラディフェミというのは「ポルノに出演する自由」を「橋の下に寝る自由」と同一に捉えちゃってるんですね。その過度な歪みこそがあの人たちの厄介さです。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月19日
yaesiro これはまさにその通りだと思います。それでもツイッターを見ていると一定層の需要があるのだなあ、困ったことだ、とも。 それにしてもhttp://togetter.com/li/641906#c1418537http://togetter.com/li/641906ってどう違うんでしょう?
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年3月19日
hyodoshinji あ、すみません。トゥゲッターへの同一リンクが無意味に二つ張られていたのは、私がシステムに不理解であったがゆえのミスです。両方とも同じです。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
ちょっと参考までに。以下は「フェミニストはオタクの味方」論者のまとめです。 「ラディカル・フェミニズムとポルノグラフィー(http://togetter.com/li/518986)」 むろん彼の言っていることは全てウソであり、何度かツッコミを入れたのですが、全てあっという間に削除されてしまいました。 以下に並べてみます。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 3月20日 まさにラディカルフェミニズムはカルト。 そして(少なくとも日本においては)今のフェミニストはそのほぼ100%がラディカルフェミニストなんですよね。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 3月20日 すごいな。学術的間違いを指摘されると消しちゃうんだ。さすが左翼汚い。 http://togetter.com/li/518986#c1419641
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 3月21日 うわまた消した。さすが左翼汚い。 http://togetter.com/li/518965#c1419864
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 3月21日 何度書いても消すってことはラディカルフェミニズムに関するデマは意図的に流している、ってことだよね。そしてまた上野千鶴子師匠がオタクの味方だというデマも。 こうなると彼ら(表現の自由クラスタ)は完全に.. http://togetter.com/li/518965#c1420483
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 3月21日 ラディカルフェミニズムについてのデマを流し、上野千鶴子師匠が反ポルノ派とのウソを信じ込ませるため、ひたすら書き込みを消し続ける@kuroitumi。彼らの言う「表現の自由」とは一体何なのだろうか? http://togetter.com/li/518965#c1420758
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
兵頭新児 ‏@hyodoshinji · 22時間 @kuroitumiさんさあ、本当に自分の言っていることが正しくて俺が間違ってるんなら、ちゃんと反論しないと。ライヒがどうとかちゃんと説明してよ。そんなやり方で周囲の賛同を得られると思う? http://togetter.com/li/518965#c1421158
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
ちなみにこの方は別の方のつくったまとめ、「「館長、その”芸術”は性暴力です!」 についてのまとめ(http://togetter.com/li/642996)」ではぼくにウソを指摘されて自分側の書き込みを消しています。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
この方含め、「表現の自由を守る」と自称しているオタク左派は、「司令塔」からの命令に服従し、ネットで暴れているだけで、「自分の頭でモノを考える」能力は持っていらっしゃらないように思います。 「司令塔」側が本当にオタクの味方かどうか、ぼくには非常に疑問なのですが。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
ウィキで「フェミニズム」を見ると「フェミニズムは、近年、リベラル・フェミニズムと、ラディカル・フェミニズムとが対立している。」とありますが、何度か書くように、リベラル・フェミニズムとは「古いフェミニズム」であり、ある意味ではリベフェミが芋虫、ラディフェミが蛾です。併存するものではありません。完全なウソとは言えないまでも、あまり性格な表記ではないでしょう。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
「リベラル・フェミニズム」の項ではリベフェミの例としてメアリ・ウルストンクラフト、ジョン・スチュアート・ミルといった大昔の人物、後はやはり古い人物であるベティ・フリーダンとナディーン・ストロッセンの名前が挙がっており、彼らの頼みの綱がストロッセンのみであることがよくわかります。 ウィキでは藤本由香里もまたリベフェミと紹介されていますが、これは明確にウソですね。 事実、ネットでは最近、「リベフェミ」についての言及が減ってきているように感じます。
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2014年3月23日
一方、ラディフェミは「ポルノを敵視するフェミニスト」とのイメージで(断言するわけでなく巧みににイメージ誘導する形で)記述されており、極めて恣意的です。この人たち、そのうちフェミニスト全体から「われわれについてのウソを広めた」と吊し上げられるんじゃないでしょうか。 事実、「ラディフェミはオタクの、いや一般社会の敵」「ラディフェミは反ポルノ派」という指摘自体は正しいのですから。
照ZO(厨2助詞) @terzoterzo 2016年7月24日
おっと!コレは良纏めだ!是非とも皆さんには読んで貰いたい!
体を表さない名 @shirokia 2017年2月12日
これはフェミニズムにおける話だが、反レイシズムにも同じことが言えるのではないか。 反レイシズムの主張する非対称性は、ここでいうラディフェミと同じ思考。目指すべきはリベフェミのほうではないのか?
兵頭新児@『女災』10th years! @hyodoshinji 2017年4月15日
リベフェミは「ない」ので目指しようがないかと。
eternal horce @forcasthsi 2017年4月15日
ギリ子に同調するキモオタが増えてるな。まとなオタクのほうは迫害されてったのかな?
まぐにゃ @magu_magu_nya 2018年12月14日
実に鋭い考察。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。此の流れの上で優しい家父長制が顕現することになる訳でつるなあ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
モン九郎 @hiryu_xxxx 2019年4月17日
自由を求めるようで女性優遇という差別を要求するフェミの不合理さはこういう事なのか 勉強になるなぁ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする