2014.3.14 第10回 放射性廃棄物ワーキンググループ

5
らいあ @Sucha_Para
資料1 放射性廃棄物WG中間とりまとめ(案)について (事務局提出資料) http://t.co/n2yJMj7z0o
らいあ @Sucha_Para
(「日本でも地層処分が可能~」って過去のまとめは、結果あり気ですすめられたものじゃん…)
らいあ @Sucha_Para
P5“高レベル放射性廃棄物の最終処分に道筋が立っていないということを理由に、原子力政策の方向性を議論するのではなく、最終処分に道筋を立てなければ国民に不利益をもたらすことの、現に迫っている現実的な危機に応じるのが責務である”上流を決めずに下流だけ決めようとするから、更に困難に…
らいあ @Sucha_Para
P9“「暫定保管」…当面の保管により将来世代の柔軟性を確保すれば現世代の責務を果たせるわけではなく、現世代は、将来世代が必要なタイミングで最終処分を実施できるよう、最大限努力すべきとの認識である”
fumi. @MinamiYoshifumi
学術会議のフォローアップ検討会、5月末にとりまとめを行う予定だけど現在どういう状況なんだろう。 http://t.co/qZs0Bze1nu ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/n0tECDfPk6 )
らいあ @Sucha_Para
(資料だけ見てると、地層処分以外のこともきちんと議論しました風に見えるな…してない
fumi. @MinamiYoshifumi
「国民世論の後押し」うう… ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/n0tECDfPk6 )
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
段階的社会的合意って、結局合意できん気がするけど。 ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/SMuuaybWmp )
らいあ @Sucha_Para
P21“日本学術会議提言では、最終処分場の立地選定手続きを進展させるためには、原子力政策に対する社会的合意を得ることや廃棄物の発生量の上限を定めること(総量管理)が前提として必要であるとしている”学術会議は、上限を定めることだけを「総量管理」の定義としてはいない。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
諸外国の事例とか言っても事例が少な過ぎですし。 ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/SMuuaybWmp )
らいあ @Sucha_Para
国が前に出るとしつつ、主体を「民間事業者」にしたままという矛盾。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
まあこれだけ決められないんだから、ゴミをこれ以上増やすのやめましょ、という発想で国もエネルギー政策考えてほしいだす。 ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/SMuuaybWmp )
らいあ @Sucha_Para
P31“新・原子力委員会を第三者機関に~”原子力委員会改正案は、見送られたてしまったが。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
この1年で国民お目線がだいぶ変わった、って。どう?? ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/SMuuaybWmp )
らいあ @Sucha_Para
国民の皆さんの中で、この審議会の事を知ってるのは、ごくわずかだと思うぞ。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
ま、小泉君がオンカロに行ったとか、古館伊知郎がビュール村に行ったこととか?w ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/SMuuaybWmp )
らいあ @Sucha_Para
西川知事代理:減容化技術開発にもっと積極的に取り組むように。/エネ計画決定後、中間貯蔵をもっと。/ぬーもだけでなく、国が積極的に取り組むように。

第10回放射性廃棄物ワーキンググループにおける「とりまとめ(案)」に関する意見(寿楽委員提出資料)
http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/denryoku_gas/genshiryoku/houshasei_haikibutsu_wg/pdf/010_s02_00.pdf

らいあ @Sucha_Para
寿楽委員:各委員から出た意見をバランスよくまとめていただいたことには感謝。その上で、いくつか加筆・修正を。はじめにとおわりには、原子力行政に関して~とりわけ福島事故後、社会からの不信ということに触れられているが、本文にももっと加えて頂けたら。
らいあ @Sucha_Para
寿楽:現世代の取組みについて。現在のレポートは将来世代のことも書かれているが、全体ではなく散らばってしまっている。「暫定保管」に関しては、将来世代の柔軟性だけに留まらず、現在の合意形成にも関わってくること。そこがミスリードでは?
らいあ @Sucha_Para
寿楽:「最終処分」と「暫定保管」は、どちらか一方ではなく、平行しうるもの。もう一度学術会議の回答を…(これらの理解に関し?)原子力政策の社会的合意が先行するもの。
らいあ @Sucha_Para
寿楽:科学的な知見からの適地の選定。適しているからといって、ここに決めなくては~のような強い言い方になる事を懸念。/P23。進めることだけではなく、拒否権もあるということを明示。/まとめ。どこか市民を諭すようになってないか。マグナス氏は、「謙虚さ」も大事であると。
らいあ @Sucha_Para
寿楽:東洋町の事例に関しても、もっと踏み込んで。「不都合な真実」も、もっと書いたほうが。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan
寿楽委員:過去の東洋町の件、紛争などあったわけで、これだとさらっとし過ぎ。不都合な真実になってないか。 ( #エネ調 放射性廃棄物WGみらー http://t.co/Mo9KKyuMZ5 )
残りを読む(29)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?