今日のホモ本(227〜250冊目)

「ホモ本」とは、ホモについて書かれている本、ホモが書いた本、ホモ(のキャラクター)が登場する本のことです。 私のやっている(やろうとしているというべきか)「オカマとオカルトの古本屋 オカマルト」の蔵書データベース作成のために、ぽつぽつ更新。新旧硬軟玉石とり混ぜてリストアップ。名著名作から(ホモからしたら)噴飯ものといった作品まで取り上げています。 *レズビアン、バイセクシュアル、TG・TS、女装、少年愛あたりまで、範囲はゆる〜く取り扱います。選択は、非常に個人的、恣意的で偏っています。 なお、一部の作品について、ネタバレもあるのでご注意下さい。
3
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

1989年8月号『BURRN!』 表紙を見てお分かりと思うが、HR/HMファンのための音楽雑誌。なんでまたホモ本なのか?といえば、林洋子『アメリカにおけるゲイの現実〈Part1〉』が掲載されているのだ。この記事がなかなかなのである。 http://t.co/2ngNm7cNM1

2014-03-06 18:47:48
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 『BURRN!』らしくGUNS N' ROSESがエイズチャリティ・イベントの出演を断られた話からはじまり、この時代のアメリカのゲイシーン……VILLAGE PEOPLE、真夜中のパーティ、ゲイパレードまでを筆者の実体験を交えながらレポートしている。Part2は、未読。

2014-03-06 18:47:52
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】森栄喜『intimacy』 森栄喜君、木村伊兵衛賞おめでとう!  このところ、マクドナルドのゴッホ今泉、サエボーグの岡本敏子賞と、友人たちの活躍めざましい。それに引きかえアタシ、なんにも出来てないじゃんと反省。 http://t.co/dU7K9JzjEr

2014-03-07 18:51:11
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

セルジュ・ルタンス『L'Esprit Serge Lutens』 日本では1970年代末に資生堂INOUのイメージ・クリエイターとして知られるようになったメイクアップアーティスト、セルジュ・ルタンスの作品集。 http://t.co/URe9wy2MU2

2014-03-08 19:36:35
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

西垣通『麗人伝説〜セルジュ・ルタンスと幻の女たち』 パルファン・クリスチャン・ディオールのティエンと並んで、アタシが敬愛するメイクアップアーティストであるセルジュ・ルタンス。 彼の人と作品を評論したのが、この本。 http://t.co/pOkm7q9r8Q

2014-03-08 19:36:48
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】山本直英『さわやかに親が子に語る性〜山本直英の語り方マニュアル』 “人間と性”教育研究協議会代表理事の山本直英による、子どもに性を伝えるための文例を多く掲載。 「ホモってなんだろう?」と題し、3頁強が同性愛の説明。 http://t.co/wHGfpP3Ixf

2014-03-08 21:02:34
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 「(男の子が女の子のことが気になってしょうがない。)なぜそんな具合になるんだ、なっちゃいけないって言ってもしょうがないでしょ。自然にそういう気持ちになっていくんだから。それと同じでこれ(ホモ)は理由は分からないの。とにかくそういう人がいるの。」本文より。()は、筆者。

2014-03-08 21:02:53
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】アンドリュー・モートン『アンジェリーナ・ジョリー〜暴かれた秘密』 「いままでキスした誰よりもアンジェリーナ・ジョリーは大きなくちびるをしていた。(略)大きなウォーターベッドがふたつ並んでいるみたいだと思った」とは…… http://t.co/ZV7wFYR8tZ

2014-03-09 14:47:47
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 オープンリィなレズビアンでモデルの、ジェニー・シミズがアンジェリーナ・ジョリーと初めてキスした時の感想なんですって。 この本の第6章「ジェニーとジョニー」では、ジェニーとの関係があれやこれや暴露されています。

2014-03-09 14:47:52
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】古沢和宏『痕跡本のすすめ』 まえに古本で買ったホモポルノ本に赤線がぎっしり引かれていて、以前の持ち主の「思い」というか興奮のポイントが分かって面白かった…というようなことを書いた。そんな痕跡のある古本の愉しみを語る。 http://t.co/whOyB7VM2n

2014-03-09 15:00:09
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 この本の中には、筆者が古本に残された痕跡から勝手に以前の持ち主を妄想したショートストーリーが掲載されている。そのひとつに、母親から結婚を勧められる隠れホモが持ち主だった(と筆者が妄想した)本、ベンクト・ダニエルソンの『愛の島々』が紹介されている。

2014-03-09 15:00:10
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】1971年4月号『映画評論』 特集Ⅲ「ホモの夜明け〜アヌスの時代の文明論」は市川雅『肛門の扉を開いて論じよう〜アヌスとスカトロジイの考現学』、今野雄二『引き締まった偉大なおしりをがっちりひき受けるサドル』の二本立て。 http://t.co/OhlSMlQ5Kg

2014-03-09 15:11:21
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

映画『真夜中のカウボーイ』『トマトケチャップ皇帝』『アラビアのロレンス』『恋する女たち』などを引き合いに論じられる。 それにしても「アヌスの時代」なんていつやって来てたんだ?(笑)

2014-03-09 15:11:24
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】2006年10〜11月号『NHK 知るを楽しむ 〜私のこだわり人物伝』 同名番組のテキスト。三波春夫に折口信夫って取り合わせが素晴らしい! 「ザ・日本」って感じです(笑)。 http://t.co/pg87mXiRmy

2014-03-09 15:16:36
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

グループ・ロビン 編訳『愛するひとがエイズになったとき』 『Living with AIDS - Four Women/Men Speak Out』と『Caring For A Loved One with AIDS』の抄訳。 http://t.co/eMVmtPMUcF

2014-03-09 15:29:14
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】ベルトラン・ドラノエ『リベルテに生きる〜パリ市長ドラノエ自叙伝』 今年の3月末にフランスでは市町村長・市町村議会選挙が行われる予定だが、現パリ市長ベルトラン・ドラノエは再出馬はしないとのこと。 〈続く〉 http://t.co/7rpxKVmMHy

2014-03-10 18:17:11
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 ドラノエは上院議員であった1998年にテレビ会見でカミングアウト。その2年後、社会党支持者に加えて多くのLGBTの票を集めパリ市長に就任という経歴を持つ政治家。この本は、彼の自叙伝。

2014-03-10 18:17:12
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】ウィリアム・バロウズ『トルネイド・アレイ』 朗読のために書き下ろされた7本のテキスト集。ウェブで、ある人物が「バロウズ特有のイメージ世界をひとふでがきでスケッチ」したようだと評していた。うなずける。うなずける。 http://t.co/ZfDegapQ5m

2014-03-10 18:18:01
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】奈良林祥『快楽のために〜PLAY SEX FOR YOU』 40代以上にとって、奈良林センセの『HOW TO SEX』シリーズは性のバイブルであり、オカズ本でもあったはずだ。これは、その続編とでもいう本。 〈続く〉 http://t.co/CderMrXHHO

2014-03-10 18:22:07
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 この本には『ホモの男性との結婚を悔やむ』と題し、見合いで結婚した相手がホモであったことを知った女性の「同性愛という異常な趣味は、どうしたら治るのでしょう」という質問に答えている。 〈続く〉

2014-03-10 18:22:15
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

それが痛快!「条件が揃っているというだけで(略)見合い結婚を承諾した以上、相手がホモだからといって、いまになって“どうしてくれるんだ”もないもんだ」と、まずは愛が不在まま結婚してしまう見合い結婚を批判。そして「この奥さん、同性愛ということが、まるでわかってない」と一喝。 〈続く〉

2014-03-10 18:22:23
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

〈続き〉 「同性愛を性の異常とみるのではなく、性の少数者の一例というふうにみる傾向が、欧米では顕著」と説明。その後、同性愛になる原因があれこれと紹介される。この本が出版された1975年では革新的な内容だった。

2014-03-10 18:22:30
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

【今日のホモ本】工藤美代子『炎情〜熟年離婚と性』 ホモ本に呼ばれる、ということがある。つい先程、【今日のホモ本】で「ホモの男性との結婚を悔やむ」女性の相談に答えた奈良林祥の『快楽のために』という本を紹介したが、 〈続く〉 http://t.co/fqNXEr58VH

2014-03-10 22:14:04
拡大
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

その後、夕飯を食べに出たついでに立ち寄った古本屋で、ふと気になって手にしたのがこの本。 これがびっくり。「まさか三十年連れ添った夫がホモセクシャルだったとは」「女装癖の夫と別れたことは正しかったのか」のふたつの章があったのだ。どうやら、またホモ本に呼ばれたようである。 〈続く〉

2014-03-10 22:14:08
DQ MARGARETTE @DQ_MARGARETTE

さて、三十年も一緒に生活していて相手のことを分からなかったなんて、そりゃ、鈍感すぎるだろ。こういう女は、この世に同性愛者が存在しているという事実さえ理解することが出来ないにちがいない。しかも、この女、鈍感なだけでなく浅ましかった。 〈続く〉

2014-03-10 22:14:12
残りを読む(25)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?