2014年3月23日

「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話・叶精二氏 Hayao MIYAZAKI and John Lasseter

「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話
2
論座 @webronza

知と言説のウェブメディア、良質で前向きな言論のプラットフォームを目指しています。2010年6月に誕生しました。

webronza.asahi.com

「宮崎駿とジョン・ラセター」

RT.スタジオジブリとピクサー・アニメーション・スタジオ。この両スタジオが日本と世界のアニメーション界を牽引していると言っていいだろう。スタジオジブリの宮崎駿と、ディズニー/ピクサーのジョン・ラセターは33年間に及ぶ友情関係があり、会社同士もいいライバル関係を維持してきた。この新連載「宮崎駿とジョン・ラセター」では、二人の友情関係によってアメリカのアニメーションに何が起きてきたのか、アニメーシ..

リンク Wikipedia 宮崎駿 宮﨑 駿(みやざき はやお、1941年1月5日 - )は、日本の映画監督、アニメーター、漫画家。別名として秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)がある。映画などのクレジットタイトルでは宮崎 駿(みやざき はやお)と表記されることもある。 株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)館主。 東京府東京市出身(出生地は現在の墨田区、文京区という説もある)。学習院大学政経学部卒業。東京都小金井市、三鷹市名誉市民
リンク Wikipedia ジョン・ラセター ジョン・アラン・ラセター(John Alan Lasseter, 1957年1月12日 - )は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ハリウッド生まれの映画監督、兼アニメーション作家。かつてウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ両スタジオの元チーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)であり、またディズニーパーク等の企画開発を行うウォルト・ディズニー・イマジニアリングのプリンシパル・クリエイティブ・アドバイザーだった。 2019年よりスカイダンス・アニメーションのト
リンク IMDb John Lasseter John Lasseter, Director: Toy Story. John Lasseter was born on January 12, 1957 in Hollywood, Los Angeles, California, USA as John Alan Lasseter. He is a producer and director, known for Toy Story (1995), Cars (2006) and Toy Story 2 (1999). He is married t
リンク シネマトゥデイ トトロに宮崎駿のサイン!ジョン・ラセターの仕事部屋を公開! 映画『トイ・ストーリー』などを生み出したジョン・ラセター監督の仕事部屋には、スタジオジブリの宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーのサインや絵が飾られている。
Pixar @Pixar

The official Twitter for Pixar.

pixar.com

論座 @webronza

新連載「宮崎駿とジョン・ラセター」 http://t.co/44tijQQ9LR

2014-03-01 11:30:08
論座 @webronza

新連載【宮崎駿とジョン・ラセター】 日本一のスタジオジブリ、世界一のピクサー http://t.co/QOEgZYF6Pj

2014-03-01 11:30:14
論座 @webronza

【宮崎駿とジョン・ラセター(2)】 『風立ちぬ』はノミネートされただけで快挙だった――米アカデミー賞・長編アニメーション賞の統計から http://t.co/iE2nfuyKqo

2014-03-22 11:30:17
論座 @webronza

【宮崎駿とジョン・ラセター(3)】 2Dにあらずば、アニメーションにあらず?――日本アカデミー賞・アニメーション映画賞の統計から http://t.co/zdoiInwLqj

2014-03-26 11:30:23
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

映像研究家。 亜細亜大・大正大・女子美術大・東京造形大・東京工学院講師。 「高畑勲展」企画アドバイザー・図録執筆担当。 『ルパン三世PART1絵コンテ集』『日本のアニメーションを築いた人々』発売中。 webronza.asahi.com/authors/201402…

yk.rim.or.jp/~rst/index.sht…

リンク www.yk.rim.or.jp 高畑勲・宮崎駿作品研究所
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇連載裏話(1)◇連載「宮崎駿とジョン・ラセター」は、以前お世話になった編集者の方の強い勧めで始めることになりました。3年程前から執筆を打診されていたのですが、不明瞭な事項が多過ぎる、国内や渡米取材の条件も困難、ジブリさん取材記事と講義で時間が取れない等の理由で棚上げ状態でした。

2014-03-02 13:33:57
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇連載裏話(2)◇当初単行本という案でしたが、編集の方が打開策として連載先を探して下さり、WEBRONZAさんが応じて下さいました。将来的に連載の傍らで取材も出来る可能性がある、取り急ぎ現状の情報整理やまとめを提起すべきではないか等の御提案を頂き、重い腰を上げたという次第です。

2014-03-02 13:38:18
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇連載裏話(3)◇また、昨年1月末〜2月にジョン・カース監督『Paperman』について、Twitterで主に究極映像研究所さんとやり取りをさせて頂いたのですが、その内容で進められるのではないかというお話も頂きました。まとめは下記。 http://t.co/6Y0hzrxyVd

2014-03-02 13:44:18
まとめ ジョン・カース監督「Paperman」 & カルアーツ ラセターとアニメ作家たち 映像研究家 叶精二さんによるカリフォルニア芸術大学を巡るアニメ作家たちの系譜 CalArts : California Institute of the Arts 15912 pv 92 4 users 15
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(4)◇昨日公開の第2回(下記) http://t.co/xuj4WPJXuQ 隔週目標が早速の1週遅れ。サボっていたわけではなく、期日通り「第2回」用を入稿したのですが、ある事情でこの内容が「第4回」以降になってしまい、急遽書き直しに。

2014-03-23 00:26:49
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(5)◇編集さんと先のアカデミー賞について「賞の分析もなく、宝くじの運・不運のような、受賞→万歳・祝賀・天国/無冠→残念・自粛・地獄のような報道の姿勢はおかしい」と話したところ、「タイムリーだから是非それを」となってしまいました。藪蛇です。

2014-03-23 00:33:44
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(6)◇『ハウル』『ポニョ』のヴェネチア映画祭やアカデミー授賞式直前に、複数の新聞・テレビなどから「結果にコメントを」と何度か依頼されましたが、無冠と判ると例外なく「やっぱり不要」と態度は豹変。結果以前に賞の吟味が必要ではと感じていました。

2014-03-23 00:43:25
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(7)◇しかし、本文とデータベース作成と作表に1週間以上かかってしまい、テキストも1回分の目安量の3倍以上になってしまいました。実は「第2回」は前半部「米アカデミー賞」で、「第3回」が後半部「日本アカデミー賞」となります。早めのアップを予定。

2014-03-23 00:48:22
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(8)◇開始時に著者画像(写真か似顔絵)が不可欠と言われ困惑。友人のわたなべさちよさんが以前描いて下さったラフの切抜を使わせてもらうことに致しました。感謝です。 わたなべさんのサイトは下記です。 http://t.co/igSvwnEjBF

2014-03-23 12:58:10
リンク t.co Crow Animation
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

◇「宮崎駿とジョン・ラセター」連載裏話(9)◇元々1回分なので、異例の1週間に2回分配信となりました。今後もアクシデントが色々ありそうなので、不定期になるかも知れませんが、よろしくお願い致します。 【宮崎駿とジョン・ラセター(3)】http://t.co/kvvALAGgSD

2014-03-26 14:05:34
リンク アニメ!アニメ! 宮崎駿とジョン・ラセター アニメーション映画の2大巨匠の友情満載の「風立ちぬ」プロモーション | アニメ!アニメ! 宮崎駿、ジョン・ラセターの両監督は、20数年来の友人であることは、よく知られている。そんな二人の友情が、この6月から様々なメディアに登場することになる。
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?