10周年のSPコンテンツ!

原発事故による過剰甲状腺癌の推計から、スクリーニング検査の意味を考える。

甲状腺等価線量の集団線量がチェルノブイリの1/30なら、チェルノブイリの1/30の規模で過剰甲状腺癌が発生すると考えるのが合理的でしょう。「検査してはいけない」「治療してはいけない」というスタンスは非常に危ういと考えます。 ※UNSCEARの集団線量評価に関するマキリンさんの検証を追加しました。
原発 震災 甲状腺がん 予後 被曝 UNSCEAR 小児 生存率 スクリーニング 福島
68
2012年7月時点での過剰甲状腺癌の推計
ツイートまとめ 事故直後のI131大気浮遊塵・ガスによる甲状腺癌発症リスクの推計 福島を除きICRP準拠で約150人(30歳以下対象)の追加発症という推計になりました。 チェルノブイリスケールがその10倍だとすると1500人の水準かもしれません。 (いずれも野外に居た場合を仮定) 牛乳と野菜の見積もりはこちら⇨「事故直後のI131経口および吸入摂取による甲状腺癌発症リスク」牛乳で4.4人、野菜で40人(いずれもICRP準拠) http://togetter.com/li/305866 10908 pv 294 3 users 8
ツイートまとめ 事故直後のI131経口および吸入摂取による甲状腺癌発症リスク ・今日は牛乳までしかできませんでした。2012年5月19日 ・やっと野菜(のごく一部からの推定)までやりました。5月20日 ・やっと呼吸までやりました(福島を除く)7月6日http://togetter.com/li/333225 5763 pv 122 2 users
スカルライド @skull_ride
(1)データが不十分な中、studyさんが妥当な仮定や近似を用いて被曝線量評価をし、ICRPの名目リスク係数を用いて過剰甲状腺癌の推計を行っています。ヨウ素131吸入および経口摂取で約200人の過剰甲状腺癌が見積られています。
スカルライド @skull_ride
(2)当時リスク係数の理解が不十分だった私がイマイチなコメントを入れてますが、今になって振り返ると改めてstudyさんのまとめの凄さが分かります。そして2013年にUNSCEARから日本人の甲状腺等価線量の集団線量予測が発表されました。
UNSCEAR2013年報告とICRP名目リスク係数から過剰甲状腺癌を推計
スカルライド @skull_ride
(3)UNSCEAR2013年報告では福島原発事故による日本人の甲状腺等価線量の集団線量はチェルノブイリの1/30である99000人・Svと推計されています。(朝日新聞の医療記事より抜粋) http://t.co/Kt3Ijx1M24
拡大
スカルライド @skull_ride
(4)ICRPの名目リスク係数では1万人・Svあたり33人の甲状腺癌の発生が推計されています。つまり303Svあたり1人の過剰甲状腺癌が発生する計算です。 http://t.co/Ogyxnk9oc4
拡大
スカルライド @skull_ride
(5)99000人・Svを303Svで割ると327人。もちろん不確実性は伴うものの、福島原発事故により日本では300人程度の過剰甲状腺癌の発生が予想されると言ってよいのではないでしょうか。
スカルライド @skull_ride
(6)チェルノブイリ事故では甲状腺癌は20年以上に渡って増加し続けているので、先ほど見積った約300人の甲状腺癌も長期に渡って徐々に発生してくると考えられます。
CAVU @cavu311
[再掲]チェルノブイリ原発事故後の健康問題 表2ベラルーシゴメリにおける小児甲状腺がん登録数(H12山下俊一)グラフ化。事故1年後から(特に事故時10歳以上が)増加し始めてるようにも見える http://t.co/J181U7my http://t.co/yKEhguJQ
拡大
スカルライド @skull_ride
(7)↑cavu311さんのグラフを見ると甲状腺癌は4年目から顕著に増加していますが、チェルノブイリ事故後1年目からわずかな増加を認めており、現在福島で見つかっている甲状腺癌の中に被曝由来のものが含まれる可能性も考えておいた方が良さそうです。
スカルライド @skull_ride
(8)チェルノブイリでは過去の疫学データをもとに事故後9年まで甲状腺癌は出ないと言われながら4年目から顕著に増加しました。今回はエコーによるスクリーニング開始が早かったので、被曝由来の甲状腺癌がチェルノブイリより前倒しで見つかることも有り得るでしょう。
成人の甲状腺癌と小児の甲状腺癌を混同する危険性
sivad @sivad
小児甲状腺ガンは以下のように成人の甲状腺ガンと所見に大きな違いがあり、同様に扱うべきものではない。論文や医学書でも通常、別項目で扱います。このように18年以下の期間で、成人の2~3倍大きな成長と進行を見せるのが小児甲状腺ガン。 http://t.co/Dq8s6BUzWx
スカルライド @skull_ride
(9)↑sivadさんのツイートにある表と、関連する小児甲状腺癌の資料はお勧めです。重要なポイントを、参考文献を添えて分かりやすく解説して下さっています。以下このまとめに関連した4点をツイートします。
スカルライド @skull_ride
(10)小児甲状腺癌は成人と比較して成長速度が早く、リンパ節転移や肺転移や腺外浸潤を起こしやすい。5mm程度の乳頭癌でもリンパ節転移の見られる症例がある。
スカルライド @skull_ride
(11)1歳未満の小児で分化型乳頭癌が見つかった例もある。(成人の甲状腺癌の成長速度を小児に当てはめるのには慎重になった方が良さそうです)
スカルライド @skull_ride
(12)ミシガン大学の1936-1970年と1970-1990年のデータ比較すると、早期発見技術の進歩を反映し最近の方がリンパ節転移は少なく(63%→36%)、局所浸潤も少なく(31%→6%)、肺転移も少ない(19%→6%)。また10年後の予後も改善している。
スカルライド @skull_ride
(13)リンパ節転移や肺転移が多いにもかかわらず、小児甲状腺癌の生命予後は成人よりも良く5年生存率は99.3%、10年生存率は98.5%とされている。この成績はもちろん治療した場合の話
スカルライド @skull_ride
(14)↑チェルノブイリでは約5000人の過剰甲状腺癌のうち死亡した人は19人と言われています。拾えていない死亡例もあるでしょうが、被曝由来の甲状腺癌の長期生存率は99%程度で上記と類似しています。これも治療をした場合の話
スカルライド @skull_ride
(15)※少し逸れますが「甲状腺癌は探せば多い」も成人の話です。14歳以下の小児ではそのようなデータはどこにもないはずなので注意が必要です。潜在癌の1つの目安として病理学会の剖検データを見てみると、14歳以下での甲状腺癌はゼロです。 http://t.co/5zTsK6SFed
拡大
スカルライド @skull_ride
(16)【補足】BEIRⅦ Phase2 表12D-1を見ると、成人より小児の方が放射線による甲状腺癌の発癌リスクが高いことが一目瞭然。 http://t.co/OYgvWCSiBv
拡大
被曝の既往がある人にスクリーニング検査を勧める理由
ツイートまとめ 小児甲状腺がんをどう考えるか スクリーニングを行うことの利点と悩ましさ 1403 pv 18
残りを読む(22)

コメント

森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
良いまとめをありがとうございます。私も@study2007さんらと情報交換しながら、2012年5月のまとめで、『福島原発事故によって100~数百名以上の子供に癌が発症することが懸念されます。』と書きましたが http://togetter.com/li/301034
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
今になってそのまとめがよくRTされるようになりました。私は決して予想通りと主張する気はないし、むしろとても悔しい思いです。
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon 2012年前半のまとめ、懐かしいです。データが不十分な中todaidonさんやstudyさんがこのような見積もりをしていたのは驚異的です。僕はとてもそのレベルではないので、今回WHOの集団線量予測に乗っかる形で過剰発癌予測をしてみました。
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon まあ一番複雑で不確実な部分の計算をWHOとICRPが行ってくれている訳です。科学的知見に基づくと300人程度の過剰甲状腺癌が予想されるとして良いのではないでしょうか。
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon 「被曝線量が少ない→甲状腺癌はない」みたいないい加減な見積もりでは、数の概念がない原始人と一緒なんですよね。もう少しデータに基づいた論考をするべきだと思います。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
skull_ride 過分な御言葉を頂き大変恐縮です。福島原発事故後3年で、現在七十余名の小児甲状腺癌患者さんが報告されていますが、それらは全てスクリーニング効果というのが検査実施側の見解のようです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
skull_ride 勿論科学的にはそう断定するには無理があり、全てスクリーニング効果による自然発生と考えるのなら、小児癌で最多である小児白血病よりはるかに多いので、国を挙げて全国スクリーニングを行うことが筋です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
skull_ride いずれにしても3年後に七十余名ということは、今後@skull_rideさんが推測された数にも達する可能性もあると思います。今回の論争に決着をつけるには地図上に小児甲状腺癌発生のプロットを公表することが最もシンプルで近道でしょう。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2014年3月24日
Todaidon 小児甲状腺癌の発生を日本地図上にプロットしたものを公開することはプライバシーの侵害にならないし、すべての公衆衛生学の基本のはずですが、なぜか公表されないですね。。。
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon どの都道府県までスクリーニング検査の範囲を広げるかは議論もあるかと思いますが、studyさんの推計では福島県よりむしろ周辺県の方が過剰甲状腺癌は多くなってますので、理想的には周辺県までスクリーニングは拡大するべきなんでしょうけどね・・
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon もちろん過剰な治療は慎むべきなので、まずはエコーで結節の形や大きさを厳重にチェックしていくというのが基本なんでしょうね。不自然に大きくなるものや形がいびつなものはタイミングを逃さず細胞の検査にまわして、癌の診断がつけば治療という感じになるのでしょう。
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@todaidon sushikuboさんも仰る通り非常に悩ましい状況ではあると思いますが。慎重に、かつ必要な検査は行わなければならないわけで、まあこんな大規模核災害は二度と起こって欲しくないなと切に願いますね。
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月24日
また被害が出て欲しい人達が盛り上がってますか…Orz 『報告書案は、福島第一原発の健康影響について「(がんが増加しても非常に少ないため)見つけるのは難しい」「福島はチェルノブイリではない」と結論付けた。』 http://togetter.com/li/509164 となってませんでしたか?
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月24日
「名目リスク係数では1万人・Svあたり33人の甲状腺癌の発生する」のなら、チェルノブイリ事故では何人予測され、実際に何人が甲状腺がんになったのか出さないのでしょうか? 超微量の被ばくを大人数に掛けると集団線量も大きくなりませんか?人口比率の違いも是非!
スカルライド @skull_ride 2014年3月24日
@kazooooya どこをどう読んだら「被害が出て欲しい」と読めるんだよw
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月24日
.skull_ride エッ?そうなんですか?そう考えているとしか思えなくて…(・_・?) 都合の良いところだけでなく、ここもきちんと引用してみては如何?→ kazooooya
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月24日
.[c1422918] 田母神閣下、既に書いたでしょ。 はい、次行ってみよう!
Seiichi Ushikubo @sushikubo 2014年3月24日
発症者数の時間変化ついては "Jacob (2014) に関連して" http://togetter.com/li/616352 のツイート https://twitter.com/sushikubo/status/423228742094168064 で引用したFig 4 を参考にしてください。
Seiichi Ushikubo @sushikubo 2014年3月24日
Jacob (2014) 論文中には "less than 1 % of the attributable risk cumulated during 50 years after exposure (for 100 mSv: 1.4 %) is contributed by the first 10 years (0.013 %)"
Seiichi Ushikubo @sushikubo 2014年3月24日
甲状腺スクリーニングについては "NCRP 159 甲状腺スクリーニングについて" http://togetter.com/li/578449 も読んでみてください。
Seiichi Ushikubo @sushikubo 2014年3月24日
米国での核実験後の話が中心ですが、Making Choices: Screening for Thyroid Disease http://www.cancer.gov/cancertopics/causes/i131/makingchoices は非常に参考になると思います。
Seiichi Ushikubo @sushikubo 2014年3月24日
Making Choices: Screening for Thyroid Disease 4ページ目の http://www.cancer.gov/cancertopics/causes/i131/makingchoices/page4 "Your options are:" 以下に述べられていることを各人が考えていくことが重要なのではないでしょうか。
shun @shun148 2014年3月24日
@skull_ride 癌健診の有効性の評価は、集団の当該癌死亡率が低下するかどうかで評価され、死亡率が低下しない場合は経済効率以外に合併症や精神的負担などのデメリットが問題になる、という考え方の裏返しですね。
CAVU @cavu311 2014年3月25日
「チェルノブイリ事故では何人予測され、実際に何人が甲状腺がんになったのか出さないのでしょうか?」→チェルノブイリ事故での推定集団線量=300万人・Sv→名目リスク係数による甲状腺がん過剰発症予測数=1万人。 実際の発症数=事故20年で推定約4〜5,000人。 参考→ http://togetter.com/li/578876
CAVU @cavu311 2014年3月25日
「超微量の被ばくを大人数に掛けると集団線量も大きくなりませんか?」← いや、それが集団線量なので、としか…(´・_・`)
CAVU @cavu311 2014年3月25日
チェルノブイリ事故による甲状腺被曝集団線量の推定と発症数予測は、様々な不確定要素、当初の甚だしい楽観論や被害者の苦しみの中、長年の調査・研究でかなり明らかになりつつあり、また、確度も高まってきていると言っていいのでは。 http://togetter.com/li/578876
CAVU @cavu311 2014年3月25日
また、低線量被曝の晩発性影響や時間経過とともに発症リスクが高まるという指摘からも、チェルノブイリ事故による甲状腺ガン過剰発生予測が約1万件、事故20年で約5,000件というのも、オーダー的に概ね予測が正しい可能性が高く、また、チェルノブイリ事故がまだ全く終わっていないことを強く再認識させられます。 http://togetter.com/li/578876
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@sushikubo コメントありがとうございます。非常に難解な英語の資料ですが読んでみます。理解するのに時間がかかるかも知れませんがしばしお待ち下さい。
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@shun148 コストベネフィットや精神的負担は考慮されるべきだと思いますが、定量的な評価が難しいので今回はあえて触れませんでした。しかし最も大切なのは長期生存率の評価であることは間違いないでしょう。
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@shun148 コストベネフィットは統治者目線では重要なんでしょうが、僕ら一般人からすると自分の子供が10万円だの100万円だの値踏みされるのはたまったものではありません。
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@shun148 逆に言うと、いざ事故が起きた時に人命を一山幾らなどと値踏みしなければならなくなるような発電方式は、根本的に見直していくべきではないかと思うわけです。
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@cavu311 それ、僕も計算してました。チェルノブイリでは甲状腺等価線量の集団線量は296万7000人•Svなので、303Svで割ると9792人になります。
スカルライド @skull_ride 2014年3月25日
@cavu311 現時点で実際の発症は5000人と言われてますが拾えていないものもあるはずですし、今後も発症数は増えると思われるので、こういう比例計算での発癌予測というのは結構妥当なんだなという感じがします。
shun @shun148 2014年3月25日
skull_ride そうですね。コストの問題は同じ気持ちです。それと、長期生存率?が改善されても当該癌死亡率が改善しない場合は、その癌健診は過剰診断や過剰治療をもたらしたという評価になると思います。
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
なんだかチェルノブイリと福島の被ばく量の違いを認めたくない人達がまだいるようですね。 UNSCEAR 2008報告でもチェルノブイリ事故では、1Gy以上の甲状腺被ばくをした子ども達が大勢いた。福島とは3桁(1000倍)違うんですけど…。 http://pic.twitter.com/FFy1ZxyYSN
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
偽デン子ちゃんが反論っぽいこと言ってるようだけど、「相場感」っての知らない? 自然放射線源からの甲状腺への年間平均吸収線量は約1mGyなので、日本総人口約1.3億人に掛けると13万人・Svになるんだけど、これは某朝日新聞がいう9.9万人・Svに比べてどうなのさ? http://www.unscear.org/docs/GAreports/A-68-46_e_V1385727.pdf
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
そんなに福島県民に甲状腺がんになって欲しいのでしょうか? UNSCAR・2013年報告でも、「福島第一原発事故の放射線被ばくによる急性の健康影響はなく、…将来にも被ばくによる健康影響 の増加が認められる見込みはない」 と言われているのだからいい加減に認めたら如何でしょうか? http://pic.twitter.com/vBo8MdP5zG
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
まとめを更新しました。WHOとUNSCEARを勘違いしていたため、該当箇所を修正しました。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
「チェルノブイリと比較して1000倍違う」はちょっと納得できないですね。kazooooya氏が示したデータは避難民、つまり30万人超といわれるチェルノブイリのデータの中で突出して高いものだけを選んだものだからです。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
このまとめ http://togetter.com/li/493776 の後半にあるようにウクライナの高度汚染地域の住民(0-14歳で100mSv、15-18歳で50mSv弱)と比べた方が現実的ではないでしょうか。その方が集団線量1/30というUNSCEAR報告とも合いますし。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
自然放射線による甲状腺の被曝が1mSv/年で、日本人の年間の集団線量が13万人・Svというのはその通りだと思います。自然放射線による甲状腺癌の発生が平衡状態とすると、日本全国で毎年400人程度の自然放射線由来の甲状腺癌が発生している計算になります。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
今回の原発事故で300人、つまり自然放射線由来1年分弱の過剰甲状腺癌が推計されるという事です。それが東北関東の広域で20年以上の長期に渡って発生するとなると、kazooooya氏の言うように影響はほとんど見えないものになるかもしれませんね。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
まとめ内で触れたように甲状腺癌は特に小児では稀なので、そこだけは影響が見えるようになるかも知れませんが、成人の甲状腺癌や他の固形癌の増加は統計学的有意差の範囲内になる可能性が大だと思います。
スカルライド @skull_ride 2014年3月27日
ちなみに原発事故による固形癌の過剰癌死の見積もりはこちら→ http://togetter.com/li/637218 いずれも統計学的有意差の範囲内になると考えています。僕もUNSCEAR報告は妥当だと思いますよ。
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
skull_ride チェルノブイリ事故の避難民と福島の子ども達の甲状腺被曝量との比較に納得出来ないとは、どういう理屈でしょうか?誰かこの理屈を理解出来る方、教えて下さい! なら、福島ではなく東京とか長崎と比較します? やはり捨てD(@study2007)の呪縛か…Orz
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
ベラルーシに比べウクライナの比較的低い被ばく量データを持ち出すのなら、チェルノブイリ事故による甲状腺がん発症数約6000人というデータもウクライナに限定しないといけませんよね?
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
WHOの被ばく量推定は、汚染地域から4ヶ月間避難せず汚染食品を食べて生活し続けた場合でしたけど、UNSCEAR推計による福島の子ども達の甲状腺等価線量の集団線量がチェルノブイリの1/30という推定根拠を示して貰えますか? 
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
ひょっとして、甲状腺がん発症と被ばく量の線量反応も否定するんですか? どうしても福島の子ども達の被ばく量が大きく見えないといけないとか、甲状腺がんにならないと気が済まないのです?
CAVU @cavu311 2014年3月27日
相場観…? 甲状腺被曝の相場観とかあるんですか。
酋長仮免厨 @kazooooya 2014年3月27日
cavu311 分かんないなら無理しなくていいですw
CAVU @cavu311 2014年3月27日
「福島県民に甲状腺がんになって欲しいのでしょうか?」←そんな人は少なくともこのまとめをきちんと読んでいる人にはほとんどいないのではないでしょうか。福島はもちろんですが、関東など周辺県などでも被害ができるだけ起きないことを願いつつ、過去の公害などを念頭に行政などの対応や事態の推移を注視している人は多いでしょうが。
CAVU @cavu311 2014年3月27日
kazoooooyaさんも、いつも何かと戦っていてとても大変そうですが、このまとめでいろいろ書いても、ご自身のコメントが赤く染まる以外の達成感はあまり得られないと思うので、もっとやりがいのある何かが早く見つかるといいですね。心からお祈り申し上げます。
CAVU @cavu311 2014年3月27日
大変申し訳ありません、oが1つ余計でした。 正しくはkazooooyaさんですね。訂正してお詫びいたします。
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2014年3月28日
kazooooooooooooooooooooyaさんは何かが怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて怖くて仕方がなくてやってらっしゃるのかも知れませんね.
スカルライド @skull_ride 2014年3月29日
まとめを更新しました。UNSCEARの集団線量に対するマキリンさんの検証を追加しました。
nagaya @nagaya2013 2017年3月21日
もう一度、過剰診断が言われてなかったこの時点に帰って2巡目を検討したほうがいいようだ。
nagaya @nagaya2013 2017年3月21日
再度、過剰診断が言われてなかったこの時点に帰って2巡目を検討したほうがいいかも。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする