毎日新聞2014年3月25日「内閣府被ばく線量公表せず」「『帰還ありき』露呈」に関するツイートまとめ

予めお断りしておきますが、 記事に肯定的な意見を中心にまとめています。 否定的な意見を中心に読みたい方は、他のまとめに当たってください。
原発 震災 毎日新聞
45
iPatrioticmom @iPatrioticmom
ガラスバッジから違う自然放射線量引いて、個人線量は1/3ですからあ みたいな子供だましも意味ねーですからっ。
白石草 @hamemen
あの帰還に向けての安心安全検討会をめぐり毎日新聞の大スクープ。→福島第1原発事故被ばく線量、公表せず 想定外、数値高く 福島の3カ所−−内閣府 - 毎日新聞 http://t.co/hKvp3JR7aC
スっチー @kotoetomomioto
「野外8時間」ですら都合が悪く「NHKの6時間」を持ち出したらしい⇨:クローズアップ2014:内閣府、被ばく線量公表せず 「帰還ありき」露呈 - 毎日新聞 http://t.co/nk9vrhyzY1「持ち出したのは、NHKが5年に1回実施している「国民生活時間調査」」
スっチー @kotoetomomioto
「安全・安心チーム」アゲイン、、、
水無月 @minadukiG
【被ばく線量、公表せず 想定外、数値高く 福島の3カ所−−内閣府】 http://t.co/IdggYRifsf 「避難指示の解除予定地域で昨年実施された個人線量計による被ばく線量調査について、内閣府生活支援チームが当初予定していた結果の公表を見送っていたことが24日、分かった」
白石草 @hamemen
毎日新聞。一面だけでなく解説面も読んだ方がいいです。☞クローズアップ2014 内閣府、被ばく線量公表せず 「帰還ありき」露呈 - 毎日新聞 http://t.co/UO23aVQCBP
水無月 @minadukiG
「当初の想定より高い数値が出たため、住民の帰還を妨げかねないとの意見が強まったという。調査結果は、住民が通常屋外にいる時間を短く見積もることなどで線量を低く推計し直され、近く福島県の関係自治体に示す見込み。調査結果を隠したうえ、操作した疑い」←ひどすぎる。 @minadukiG
水無月 @minadukiG
「支援チームが昨年11月に作成した公表用資料(現在も未公表)…原子力機構と放医研が昨年9月、田村市都路地区▽川内村▽飯舘村の3カ所で実施」「『帰還に向けた安全・安心…チーム』が昨年9〜11月に開いた会合で結果を公表し、被ばく線量の低さを強調する方針だった」 @minadukiG
水無月 @minadukiG
「しかし…大半が1ミリシーベルト台になると想定していた川内村の推計値が2・6〜6・6ミリシーベルトと高かったため、関係者間で『インパクトが大きい』『自治体への十分な説明が必要』などの意見が交わされ、検討チームでの公表を見送ったという」←決定権は関係者にある? @minadukiG
水無月 @minadukiG
「その後、機構と放医研は支援チームの再要請を受けて、屋外8時間・屋内16時間の条件を変え…屋外時間を農業や林業なら1日約6時間に短縮するなどして推計をやり直し、被ばく推計値を低く抑えた最終報告書を作成、支援チームに今月提出…支援チームは近く3市村に示す予定」 @minadukiG
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy
(苛立ちはわからなくもないが、報道をコントロールできるという考え方は捨てた方がいいと思います。その考えが善意から発したものであれ、報道をコントロールできると思ってしまうと嵌ってしまう落とし穴があると思いますので。もちろん、報道関係者に正確に伝えようとする努力には敬意を表します)
水無月 @minadukiG
支援チーム田村参事官「推計値が高かったから公表しなかったのではなく、生活パターンの条件が実態に合っているか精査が必要だったからだ」  木村真三准教授「屋外8時間・屋内16時間の条件は一般的なもので、それを変えること自体がおかしい」 @minadukiG
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy
末尾の木村真三氏の指摘の通りだと思う。個人線量計を被曝回避のためではなく、帰還促進の道具としてしまったのが問題。机上の計算で問題を解決しようとする官僚らしい考え→内閣府、被ばく線量公表せず 「帰還ありき」露呈 - 毎日新聞 http://t.co/RcTHW3dFck
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy
個人線量計も内部被曝測定も食品の放射能測定も、被曝回避の行動につながらなかったら意味がない。むしろ安全・安心の材料に使われてしまうだけ。行政や早野教授のやっていることはまさにそれ。ALARAの原則を無視している。
水無月 @minadukiG
あまりのことにほとんど全文引用してしまった。 「安全・安心…チーム」に調査結果が提出されてなかったというのも驚きだし、こういう(つまり結論ありきの)国のやり方には本当に怒りがわく。情報そのものを隠すって最低だ。 徹頭徹尾、自分で考えて決める権利・主体性が無視されている。
水無月 @minadukiG
「インパクトが大きい」のは調査結果じゃなくて原発事故そのものなんだよ。いい加減直視して欲しい。インパクトの大きかった原発事故の影響をなんとかしてあの手この手で少しでも「小さく」見せかけたいと望むから、情報隠しなんてことに手を染めねばならなくなるのだよ。 @minadukiG
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy
被曝回避の行動なんてできることは限られているわけであって、むしろ難しいことはない。線量の高いところに行かないようにする、風の強い日はマスクをする、家の中にチリ・ホコリを持ち込まないよう清潔にする、汚染の可能性のある食品は避ける、くらいだ。
水無月 @minadukiG
【内閣府、被ばく線量公表せず 「帰還ありき」露呈】 http://t.co/Ptlpwq40WA 「支援チームが…結果の公表を見送っていた問題…調査結果の隠蔽は、線量が低くなるように調査の条件を変える『データ操作』にまで至り、専門家は『『帰還ありき』では』と疑問を呈している」
水無月 @minadukiG
森口教授「…会議でも個人線量計で被ばくを低く見せたいという意図を感じたが、懸念した通りだった」  川内村の井出課長「…調査で自宅を使わせてもらった村民もいるし、ちゃんと知らせてほしい。仮に線量が高かったから出さないというなら心外だ」 @minadukiG
水無月 @minadukiG
「避難者の女性(72)…調査結果の公表を見送ったことについて…『あちこちで線量調査をしている。でも結果を見ることは少ない。都合良いものだけ見せるのでしょう。少なくとも私たちを守るためとは思えない』と、あきらめた様子で話した」 @minadukiG
白石草 @hamemen
毎日新聞の一面スクープがナイスなのは、見出し下に「内閣府原子力被災者支援チーム」の説明があること。住民の避難政策を担っている支援チ―ムが、事故原因を作った経産省の別働隊で、事務方トップが菅原郁郎経済産業政策局長と日下部聡官房長であることを解説している。ウェブ版にないののが残念。
水無月 @minadukiG
https://t.co/bzs2cSPdZL 「告発調だけでなく、どう改善に結びつけるのかも論じてほしかった」 https://t.co/4CWaXOUSX2 「あのトーンで報じると、どうせ日野記者の記事だから、というリアクション」 情報隠しの事実を報じずに何をどう改善するの?
白石草 @hamemen
住民の「避難政策」と書いたけど、「帰還促進策」と書くべきだったかも。菅原局長は自らチェルノブイリに出向いてヒヤリングを実施。「低線量被曝は影響なし」「移住政策は失敗だった」と結論づけるて報告書を作成してる。(続く)
@tigercatver2
いつもいつも弱者たる公害被害者救済は、内部告発やリーク、メディアのスクープなどがトリガーだったりすることに想いが至らない。規律権力が内面化しパターナリズムに人生が支配されているので、体制に対する信認が人生そのものにまで昇華されてしまっていて、権力勾配が全く理解できないでいる。
@tigercatver2
ああ、向こう岸の見ざる言わざる聞かざる共は、ま~た日野記者かと言うしかないだろうな。でもな、国会で爆弾男と言われたスキャンダル掘り起し議員には、やはりその手の情報が集まるように、そういう記者には、やはりその筋の情報が集まるんだよ。
残りを読む(26)

コメント

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする