柔道並みに死亡事故が多い? ラグビー部活動の安全対策は向上したのか?

「柔道事故」については、数年前から中学校の武道必修化に関連して危険性の指摘があり、まがりなりにも対策強化が行われました。 しかし「授業」でなく部活動、それも「高校部活動」で見ると、ラグビーが柔道と並んで、ダントツで死亡率が高いことをご存知でしょうか?(中学にラグビー部は基本無い)。 調査の草分けであった内田良氏(名古屋大学大学院准教授,教育社会学)@RyoUchida_RIRIS も当初から指摘したのですが「リアクションは殆ど無い」「これから世間の関心を高めるのが目標」とし、英国の事例を研究しているそうです。この問題に関してまとめました。
政治 部活動 事故 スポーツ 学校 球技 教育 政策 柔道 ラグビー 格闘技
15

  イントロ「柔道事故」

おりた @toronei
健康管理や安全に気を使ってるつもりでも、日本の小学生、中学生のスポーツ指導は、海外の専門家から見たら基本的にほとんどが「練習させすぎ」だからな。 / “沖縄 柔道稽古で小3重体 豊見城市の柔道場 - 47NEWS(よんななニュース)” http://t.co/0PvlOvITFP
Judospace @Judospace
Latest Judospace Newsletter 10 is out. Hope you enjoy. Subscribe from the button on our fb page, or via our... http://t.co/TapqPsR3UA
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
Judospace訪問記です "Dr Ryo Uchida visits Judospace" http://t.co/mmOyPMOeky RT @judospace: Latest Judospace Newsletter 10 is out. Hope you enjoy…
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
柔道やラグビーが危険なのではない。日本の学校部活動全体に染み渡っている過酷なトレーニング文化があり,その歪みが,激しいコンタクトを伴うスポーツで顕在化しただけ。 社会の歪みが社会的弱者に顕在化するのと同じ仕組み。
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
東京では2020年の夏季オリンピックに向けて,スポーツ熱が高まっているらしい。 一部の先生たちは,過酷なスポーツ文化が強化されることを恐れています。
りす鉄@やぶナース @risutetsu
@RyoUchida_RIRIS そのぶん怪我や事故のリスクが高まるということにもなりますね。恐れる前に、現場の人間は身体の解剖学・生理学・応急手当・心肺蘇生くらいは身に付けるべき。自分も教え子も守れるRT
Yukie OTA @yukiecoco
@RyoUchida_RIRIS 私もそれを懸念しています。オリンピックや甲子園を頂点とする構造の前に、心身の安全が脅かされることがあってはなりません。オリンピックも甲子園もひとつの通過点、何より大切なのは選手の心身であることを指導者、選手、社会の共通認識にしなければと思います。

 本題はここから。

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
街道場での事故。少し前にも書いたけど、間もなく2013年度の中学武道授業での事故統計もまとまるはずなので注視を(減った可能性も含めて)。 / “沖縄 柔道稽古で小3重体 豊見城市の柔道場 - 47NEWS(よんななニュース)” http://t.co/lLjyp5AeDL
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
そういえば柔道事故は、武道必修化への反発(しかも第1次安倍政権が推進)もあり報道が増えましたが、高校の事故数はこれも多かったラグビー部活動は事故減への改革や反省、結果的な改善はありましたか?/ダンスも必修化で事故増はなかったでしょうか? @RyoUchida_RIRIS
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
@gryphonjapan @SagamiNoriaki ラグビー事故へのリアクションはほとんどないと思います。オリンピック東京大会直前の2019年にアジア初のラグビーW杯が日本で開催され,協会は普及活動に力を入れています。その前に,死亡事故が起きぬよう対策していただきたいです。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetter用資料 もともと「高校の部活動」の話では、ラグビー柔道と肩を並べるほど死亡事故が多かったのである。/基本、中学ではラグビー部がなく授業でも必修でないので、ニュースとしては目立たないという。 / “ラグビー事故 of…” http://t.co/l9LZ7IprVG
リンク 学校リスク研究所 RIRIS: Research Institute for Risk In School ラグビー事故 of 学校リスク研究所 RIRIS: Research Institute for Risk In School 学校リスク研究所(RIRIS)へようこそ。ここは,学校管理下における子どもの事故(事件を含む)に関する研究情報を提供するサイトです。各種事故の発生件数・発生率を明らかにし,また事故対策についても考えます。管理者は内田良(名古屋大学・准教授)です。
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
@gryphonjapan @SagamiNoriaki 私の2014年度の目標は,ラグビー事故に対する世間の関心を高めること,ラグビー事故の安全対策を喚起することです。今日午後にラグビー事故の遺族Peter Robinson(@peterrobinson86)さんにお会いします
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
ああ、それは確かにやっていただけるとありがたい。柔道は曲がりなりにも対策をやり始めたのだから。 QT @RyoUchida_RIRIS 私の2014年度は,ラグビー事故に対する世間の関心を高めること,すなわちラグビー事故の安全対策を喚起する
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
@gryphonjapan 励ましの言葉,ありがとうございます。これから情報発信をしていくので,今後ともご協力のほどよろしくお願いいたします。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
「アベシンゾー第1次政権が打ち出した『武道必修化』への批判になったから柔道事故は騒いだり批判したけど、ラグビー事故は安倍批判にならんから関心無いけんね」・・・、というような人は、どこにもいないと信じる。
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
激しく同感!リベラルな教育学者にとって柔道事故は安倍氏批判のよい材料になりました RT @gryphonjapan:...
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
セカンド・インパクト・シンドロームの重大事故は防げる! What makes any death from second impact syndrome so tragic is that it is so preventable. http://t.co/b0cSVbk3kO
リンク The Score Opinion: Until rugby changes its attitude to concussion, I won’t let my son play Sport is not a matter of life or death, it’s much less important than that argues Steven O’Rourke.
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
マジメにそのように期待します。ただその前に,世間の関心を高める手立てをとらないといけないです。 RT @kobayashi_masa: 近未来予想 内田良『ラグビー事故』(河出書房新社)の出版。
マルコ22 @sudnader898
@RyoUchida_RIRIS イギリスでもラグビー事故は日本のそれと同じように多かったのでしょうか?
内田良/部活動・教職を持続可能に! @RyoUchida_RIRIS
@sudnader898 Robinsonさん関連の記事では,セカンド・インパクト・シンドロームによる死亡としては初めてのケースとのこと。頭部外傷全体ではさらにケースがあると仰っていました。が,具体的な数字はありません。私自身もまだちゃんと調べたわけではありません。
マルコ22 @sudnader898
@RyoUchida_RIRIS イギリスに被害者の会とかあれば、情報を共有できるのかなとも思ったのですが(検索しただけですが、日本には柔道被害者の会があるだけでラグビーのそれはないみたいですね)。やはりリスク情報を共有するためにも、被害者の会の存在は大きいですね。
残りを読む(31)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年3月26日
内田良氏 @RyoUchida_RIRIS のツイートを青色にしました
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年3月26日
本題からは外れますが、季節柄、これから増えていくであろう熱中症について追加。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2014年3月26日
上の不健康で不安全な指導に加えて指導の名の下に暴力パワハラセクハラ上等で日本で体育会に入って運動なんてする奴はサドでマゾの変態で他者への感受性が決定的に欠けてるバカだけだよね。一言で言うと脳筋。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2014年3月26日
手っ取り早いのはアメリカ式に「明白な不始末があれば訴訟で人生が破滅する」じゃないかと思うんだけどな。それで衰退するスポーツならば「衰退した方が社会のためになる」とさえ思うが。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年3月26日
ちょっと確認できないのだが、今情報として「東京都内の高校サッカーでは、脳震盪を防ぐために『ヘディングはしないように』と指導されている」というのを聞いた。東京のサッカー経験者、体験としてそうでしたか?
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年3月26日
上コメントの補足「サッカーの【高校の体育の授業では】」という意味だそうです。
name @unagi_anago 2014年3月26日
gryphonjapan そもそも、夏休みって、「夏は暑いから、勉強もはかどらないんで休みましょう」って趣旨でしょ?なのに、甲子園だ総体だって、激しい運動をさせるのか全く意味が分からない。休みなんだから、ちゃんと休ませろよw
伊達要一@とうきょうDD954 @Yohichi_Date 2014年3月26日
これ、体育会に限った話じゃなくて文化系でもそれどうよって話は山のようにあるんだよね
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2014年3月28日
素人に指導させるな。ちゃんとクラブチームにでも所属させるか、トレーナーを雇え。
匣河豚工房 @hakofuguf 2014年5月18日
元々危険性の高い種目なればこそ、指導者にも厳しい安全教育が求められて然るべきかと
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする