PET検診に科学的根拠があるのか?

「全てのがんに、早期発見早期治療が有効というわけではない。検診が有効ながんは一部のみ。PET検診は勧められない。」という腫瘍内科医の勝俣範之医師の検証に対して、ゲーマー放射線科医PKA先生の考察。 読みづらいかもしれませんが、あえて色付けや拡大文字にはしません。
健康 医療 pkanzug pet ガン検診 pet検診
43
勝俣先生のお考え
勝俣範之 @Katsumata_Nori
TBS駆け込みドクターでがん特集をやっていた。この手の番組で、緩和ケア、がん患者の就労問題を取り上げたのは大変良かったことと思う。しかし、相変わらず、PET検診、免疫療法である。PET検診も、免疫療法も現在有効とするエビデンスがない。このあたりはいい加減にやめてほしい。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
大竹先生、ありがとうございます。TBSがきちんと検証もせずに出したということですね。RT @athrun777: PET健診は無意味ということはTBSに伝えてますし、私の著書でも述べています。しかし最終的にオンエアの内容を決めるのはTBSですので、力不足ですいません。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
出演している医師がPET検診に意味ないと伝えているのに、それをきちんと検証もせずにオンエアしたTBSの罪はかなり重いと思います。視聴率稼ぎのためでしょうか? @athrun777:
勝俣範之 @Katsumata_Nori
免疫療法はどうお考えでしょうか?RT @athrun777: PET健診は無意味ということはTBSに伝えてますし、私の著書でも述べています。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
大竹先生、お返事ありがとうございます。RT @athrun777: 自分の患者には勧めません。やりたい方には強くは止めませんが。 RT @Katsumata_Nori 免疫療法はどうお考えでしょうか?
勝俣範之 @Katsumata_Nori
そうなんですね。江戸川病院を取り上げた理由もよく理解できます。RT @athrun777: 今回のネタは基本的に東大の某先生が主導に作られたのでTBS的にも拒否れんかったみたいですけど。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
PET検診に科学的根拠があるのか?検証してみました。 http://t.co/pb4Jx7Tps1
リンク nkatsuma.blog.fc2.com 腫瘍内科医 勝俣範之のブログ | PET検診は勧められない 腫瘍内科医とは、がん患者のあらゆる問題に対応する「がん」の総合内科医です。抗がん剤や緩和療法、適切な治療のナビゲーターの役割もします。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
科学的根拠がないということは、患者さんに対してメリットがないということです。それなのに何故医療機関は、PET検診や免疫療法を推奨するのでしょうか?PET検診も免疫療法も保険適用外ですから、自由診療として値段も自由につけることができます。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
患者さんのメリットよりも、お金儲け?としか考えられないのではないでしょうか?科学的根拠がないということは、実際にはよくわけがわからずやっている施設も多いです。「他がやっているから、うちも」というところも多いと思います。誰も間違った医療と指摘しないので、蔓延してしまうものと思います
勝俣範之 @Katsumata_Nori
自由診療で医者がやりたい放題やっているので、厚生労働省も混合診療にいまいち踏み切れないのだと思います。RT @bulebon: 保険診療と自由診療の違いはエビデンスレベルにあり、保険診療にならないということは、エビデンスが確立されていないということですよね。
勝俣範之 @Katsumata_Nori
以下は、TBSの駆け込みドクターに出演している大竹真一郎先生のツイッター上のコメントです。RT @athrun777: PET健診は無意味ということはTBSに伝えてますし、私の著書でも述べています。しかし最終的にオンエアの内容を決めるのはTBSですので、力不足ですいません。
PKA先生のお考え
PKA @PKAnzug
これはPET検診もやってる施設の人間としては一言申しておかないといかんですな。ということで長文投げます。
PKA @PKAnzug
まず、「PET検診は意味がない」つーのは暴論だと私は思います。そもそも検診は有益性のエビデンスを出すのが難しい(健康とされる集団の寿命が延びるか、だからそりゃ大変)ので、「エビデンスがない」で蹴ると多くの検診が無意味扱いになる上に、実際は有益でも結果が出る前に終わらされちゃう。
PKA @PKAnzug
あと、今のブログの最後で引用されている「国立がん研究センターの研究」は、研究自体は真っ当なんですけど、重要な情報をマスクして扱われがちで、その結果として大変悪名高いものになってるんですよ。それは何かというと、国立がん研究センターの検診は普通の検診ではなく、全身精密検査であること。
PKA @PKAnzug
そりゃ検索可能な範囲を片っ端から調べて微小癌まで拾えば、微小癌は拾えないPETでの偽陰性率はうなぎ登りですよ。ただ、微小癌まで見つける過剰診療の問題を指摘する文脈の中で、微小癌を必死で探した結果出た偽陰性率を無意味さの根拠にするのって真っ当なの?という疑問は投げさせてもらいます。
PKA @PKAnzug
(つかこの先生、国立がん研究センターに当時努めていたなら、国立がん研究センターの検診と通常の癌検診の違いも、そこが伏せられた状態で報道されたせいでPET検査関係者がかなり迷惑したことも全部知ってそうなものですが、それでも伏せて書いちゃいますか。)
PKA @PKAnzug
こういう反論があることも知った上で、それに対する反論というのなら大いに結構ですんで、重要情報を伏せた状態で叩くという三流メディアみたいなことはしないでいただきたいところ。(わざとじゃないかもですが、知ってることを期待される経歴ですよ) http://t.co/ykCEqdzQ9I
PKA @PKAnzug
PETに欠点があるのは確かですし、延命のエビデンスが出てないことも含めて受診者に説明して存分にガッカリさせた上で、その上での希望者のみ受けてるのが今のPET検診ですよ。これは訴訟対策の意味もあるので、余程迂闊な施設でもない限り徹底してるはず。
PKA @PKAnzug
あと、PET検診って儲かるように勘違いされがちですが、ツアー客を誘致したりして大々的にやってるところならともかく、サイトを見て自ら希望してくる人たちだけを対象にするような施設では、強気な価格設定もできませんから、利益など言うほど出ません。FDG(サイクロ運営費)は高いんです。
PKA @PKAnzug
それと、PETに限らず検診って、医師による画像などの診断に、異常所見があった場合のフォロー、疑問が生じた場合の直接相談なども込みですし、万一見逃すとでかい訴訟も喰らうので、検査やって終了じゃないんですよ。ボロ儲けみたいに言う時に、見えない部分の対価が考慮されてるかは正直疑問です。
PKA @PKAnzug
あとですね、PET検査ってできる施設がそんなに多くないので、「うちは検診はやりません」って言うと、これが受診希望者からのクレームに繋がりうるんですよ。うちは被曝量を考慮して敢えてPET/CTでの検診は受け付けてないんですが、それに対してもクレームはしょっちゅう。
残りを読む(23)

コメント

luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年4月2日
医療情報には、それぞれ前提条件があるので、そこら辺をちゃんとみないと有益なエビデンス評価もできないという事ですね。 評価視点がどうなっているかは、明確にすべき。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年4月2日
今回は PET検査の「一般の健康な人対象の検診」としての評価で、それの根拠データにも評価に注意深くなるべき視点がある、という話ですね。(がん治療の三年後検診とかの話とは違います)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年4月2日
補足:「それの根拠データ」←正確には偽陰性の評価によっての、検診の有効性を疑う、国立がん研究センターの検診の 根拠データ、ね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする