編集可能
2014年4月5日

Build 2014 - Bringing Kinect into Your Windows Store Appのまとめ #bldwin

Build 2014のKinectセッションのまとめ "Bringing Kinect into Your Windows Store App"(Day 2, April 3, 2014 from 4:00PM to 5:00PM)
1

セッションの動画とスライドはこちらから閲覧、ダウンロードできます。

ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Build 2014 Day 2のKinectのSession録画が公開されました。 > Bringing Kinect into Your Windows Store App http://t.co/kcspfySKt7

2014-04-05 00:28:47

Kinect v2の概要

ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Kinect v2の概要 Color、Depth、Infrared、Body、BodyIndex、Audio、Speech、Interactionといったデータを扱える。 Audio、Speech、Interactionはもうすぐ利用できるようになる。

2014-04-05 00:39:12
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Kinect v2のアーキテクチャ Sensor > Driver > Runtime > API > Apps 複数のKinect Appを同時に動かすことができる。

2014-04-05 00:42:07
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Kinect v2の設計デザイン ・フレームのアロケーションの最小化 ・低遅延、高スループット ・低レベルデータと高レベルデータの公開

2014-04-05 00:48:08

Windows Store Appの開発について
実際にソースコードを示しながら解説しています。

ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Kinect v2のWindows Store Appの作り方 ・新しいプロジェクトでWindows Store Appを作成 ・マイクとカメラの機能を有効に設定 ・WindowsPreview.Kinectを参照に追加 ・WindowsPreview.Kinect名前空間を使う

2014-04-05 00:53:13
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

WindowsPreview.Kinectの"Preview"はDeveloper Previewだからですね。

2014-04-05 00:54:20
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

KinectSensorクラス ・1台のKinectを示す ・常に有効になっています Kinectが接続されていない場合、アプリはフレームを受信しません。 KinectSensor.IsAvailableでKinectの接続の有無を確認可能。

2014-04-05 01:02:48
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Source ・Sensorはデータの種類ごとに1つのSourceを持つ。 ・Sourceはメタデータを公開する。また、Readerにアクセス権を与える。

2014-04-05 01:05:30
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Readers ・Frameへのアクセスを提供する。(Event型、Pauling型) ・1つのSourceから複数のReaderを作ることができる。これはより良いコンポーネント化を可能にする。 ・Readerは停止することができる。

2014-04-05 01:10:39
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Frame参照 ・AcquireFrameでFrameへのアクセスを提供する。ただしFrameが有効であるかは確認が必要。

2014-04-05 01:15:10
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Frame ・Frameはデータにアクセスすることができる。データのローカルコピーを作成するか直接データのバッファにアクセスする。 ・Frameはメタデータ(フォーマット、幅、高さ、…) ・Frameを保持する時間は最小にすることで多くのFrameを取得できます。

2014-04-05 01:19:51
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

このあたりは実際のプログラミングのお話ですね。 Kinect SDK v2のプログラミングモデルはSensor>Source>Reader>Frame>Dataのようになっています。 私の連載を読むと雰囲気がつかめると思います。 http://t.co/m4tZtRBnvy

2014-04-05 01:24:53
リンク Build Insider Kinect for Windows v2 Developer Preview入門 ― C++プログラマー向け連載 Kinect for Windowsの現行版と、次世代型の開発者プレビュー版を比較しながら、進化したハードウェア&ソフトウェアをC++開発者向けに紹介する連載。

Kienct v2で取得できるデータについて

ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Infrared ・512×424、30 FPS、2 byte/pixel ・16 bitのIR強度値 ・周辺光は減光している ・InfraredはDepthと同じセンサーから取得

2014-04-05 01:42:50
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Depth ・512×424、30 FPS ・検出範囲は0.5~4.0 m ・16 bitのセンサの焦点面からの距離

2014-04-05 01:43:08
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

実はlibfreenect2では10mくらいまでDepthデータを取得できているようです。 Kinect SDKでは精度が確保できる範囲のみ提供しています。 Kinect v1ではのちに制限していないデータを取得できるようになったのでKinect v2でも期待したいですね。

2014-04-05 01:46:37
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Color ・1920×1080、30 FPS ・Depthとは違うセンサーから取得 ・低照度の環境では15 FPSに落として明るさや画質を維持する

2014-04-05 01:49:36
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

BodyIndex ・512×424、30 FPS ・ピクセル値が-1:非人物領域、0~5:人物領域 ・解像度はDepthと同じ

2014-04-05 01:51:57
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Body ・1人あたり25Jointの節を持つ ・各Jointは3次元位置と向きを持つ ・最大6人まで取得できる ・30 FPS ・うち2人までHand Stateを取得できる ・Lean(傾き)を取得できる(たぶんまだ未実装)

2014-04-05 01:56:08
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Audio ・特定の時間間隔で取得されたデータ ・Audio Beam(焦点を自動または手動で操作できる)により取得されたデータ

2014-04-05 01:59:57
ゆるふわUnaさん@いぬぴょい @UnaNancyOwen

Coordinate Mapping ・ColorSpace(Color)、DepthSpace(Depth, Infrared, BodyIndex)、CameraSpace(Body)の3座標系間の変換を提供する。 ・ピクセルまたはフレーム単位での変換を行う。

2014-04-05 02:03:38
残りを読む(9)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?