10周年のSPコンテンツ!

勘定系のOSの話。

最近のWindowsでコケるのは大抵ビデオかネットワークのドライバが腐っている場合だと思うのですが。
銀行 UNIX 勘定系 Windows
13
あかさたな @emesh
@tsuchie88 ちょっと質問なのですが、最近Windows勘定系ってのが増えてますけど、UNIXとかLinuxならわかるのですが、あえてWinにするメリットって何かあるんですか?
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh そんなに多いんですっけ? 本にゃんの知ってる限りでは日本国内で使われているパッケージとしては日本UnisysのBankVistionとBankStar、OracleのFlexCubeくらいしか知らないんですけど。逆にLinux勘定系って富士通のW-Bank2くらい?
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh 勘定系に使ってるところに限定すると、FlexcubeをWindowsで使ってるのは新生銀行だけ(というか元々Solarisで動かしてる例が大半)、BankStar使ってるのも1行だけなので、他のWindows勘定系の使用例は全てBankVisionだと思います
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh BankVisionは稼働行7行、構築中2行で勘定系パッケージとしては成功した方なんですが、トップシェアのNTTデータのBeSTA系をはじめとしてほぼメインフレームですし、UNIX使ってるところといったらシェアはほとんどないけどNECくらいしかないですね。
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh じゃあ海外は、って言われると勘定系パッケージのトップシェアがOracle Flexcubeなんですから、はっきり言えばUNIX(SolarisかHP-UX)ですね。パッケージを使わない大銀行ではメインフレームが主流ですから、ここはIBMが圧倒的なシェアを持ってます
あかさたな @emesh
@tsuchie88 じわじわってのは大げさでも10行くらいはご指摘の通りBankVisionにしてますよね。BVってそんなにメリットあるんですか?
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh 新興国ではちょっと事情が違ってて、大銀行でもメインフレームを使ってない場合があります。例えば韓国とかは00年代にメインフレームベースのシステムを廃止して、大銀行でもオープン系システムで構築してます。中国の四大銀なんかも先進的なシステムを自前で作ってます
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh WindowsServerそのものというよりも、BankVisionのパッケージの優秀性が評価されてるってのが大きいのはその通りです。というのは、メインフレームにせよ、UNIXにせよ、OSだけでは勘定系を構成することはできないので、ミドルウェアとパッケージの話に
あかさたな @emesh
@tsuchie88 Winであることが評価されてるってよりも、オープンである事に重きを置いてて選択され、UNIX系ベースのオープンはあまりなく、BV自体も比較的優秀ってことですか。
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh 例えば、NECのメインフレーム向けのミドルウェアというと、住銀と日本総研、NECが共同開発したDIOSAというミドルウェアがあります。他の大手銀行ではこういうミドルウェアを開発してないので、自前でミドルウェアに相当するシステムを構築してるわけですが、汎用性がない訳で
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh DIOSAは、汎用性が高いのでUNIXにも移植できているので、NECのオープン勘定系はACOS4ではなくHP-UXで稼働させてますし、DBもOracleを使ってます。今SMBCが構築中の次期基幹系システムも、ACOS6からACOS4へOSを変更しつつ移植してますけど
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh メインフレームベースである点と、オープン系である点、自前で構築したシステムと、パッケージの間ではかなり大きな差異があります。ミドルウェアの点でいえば、パッケージのほとんどがCOBOLやJavaのような環境で構築されていますし、オープン系だとRDBMSを使ってます
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh Windows勘定系を使う最大のメリットは、MSSQLSVが使えるって点です。が、ミドルウェアという点で見ると別にUNIXだとOracleが使えるし、アプリケーションはどっちみちJavaなんですから、別にUNIDXでもWindowsでも大した違いはないと思いますね。
あかさたな @emesh
@tsuchie88 個人的にはWinは割高で安定性良くないってイメージがあるんですよねえ。
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh 一つ言うと、Windowsといっても使ってるバージョンはDataCenter版という特殊なバージョンで、MS本社の開発部隊のサポートががっつり受けられるので、Oracleからがっつりサポートが受けられるFlexCubeと大した違いはないんじゃないかと思いますね
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh といっても、オープン系は圧倒的に安いですよ。メインフレームのライフサイクルコスト考えてみると、100億の本体買って20年動かすのか、10年をライフサイクルで前提にして、10億ちょいのハード買うって考えりゃ安い訳です。問題はそういう基盤のコストって大した話じゃない
あかさたな @emesh
@tsuchie88 まあそうなんですけど。Winベースって、変な話どちらかと言えば中小企業の止まっても許されるようなシステム向けって印象が個人的にはあるんですよね。実際はそうじゃないってのは解ってるんですけど。
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh まったく新しく銀行を立ち上げるということを考えると、オープン系で最小限のシステムを構築してマッシュアップしていくという考え方が正統です。セブン銀行は立ち上げ時はメインフレーム使ってましたが、今はBankStarに乗り換えて運用コスト減らしています
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh JNBやソニー銀行なんかも、W-BANK(富士通のSolaris系オープン勘定系)でシステム構築してますが、業容の拡大でいろいろな周辺システムを追加開発してます。パッケージ使ってるといっても、開業当初のシステムからはだいぶん変わってると思いますね
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@emesh ファイルサーバとかその辺の分散的な部門システムって、Netappとかに置き換えられてWAN経由で集約化されたり、クラウドで統合化される流れにあると思うので、Windowsの優位性ってそこまでないと思うんですけどね。Domainコントローラとか必須なもんはあるにせよ
あかさたな @emesh
@tsuchie88 逆に言えば優位性も無いって事はWinの短所も無いと。
(๑╹◡╹๑) @tsuchie88
@ytkumasan @emesh マタタビ吸いすぎたんで、続きは明日にします

コメント

NO NAME @ytkumasan 2014年4月10日
まとめを更新しました。
まどちん● @madscient 2014年4月11日
勘定系(に限らず堅牢性が要求される用途)のOSとしてWindows使う場合は、Server Core(コンソールGUIを持たないインストール形態)モード一択。ローカルGUIが無いだけでリモートデスクトップではGUI使えるので管理にも困らない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする