2014年4月10日

80年代後半から90年代にかけて起こったファンタジーブームについて

68
まとめ hatikadukiさんによる『ライトノベル史』 47440 pv 244 111 users 4
mizunotori @mizunotori

「80年代後半から90年代にかけて起こったファンタジーブーム」というやつがぜんぜんイメージできない。それ以前はどんな状況で、ブームはどのくらいの規模で起こり、それ以降はどう変わったのか、とか。

2014-04-10 21:24:12
isaji★mosshm @isaji

ファンタジーブームだったかどうかは分からんけど、あの頃って学校でT&Tのテーブルトークやったり、その延長でその頃に創刊されたドラゴンマガジンを読んだり、そのうちソードワールドが登場してたり、ファンタジーRPG的な魔法辞典とかモンスター辞典とか参考にしてシナリオ作ったりしてたな。

2014-04-10 21:32:29
isaji★mosshm @isaji

んで気付いたら飽きてた。

2014-04-10 21:32:51
isaji★mosshm @isaji

ファンタジー(小説)ブームというより、ファンタジーRPG(非電源含む)だった印象。

2014-04-10 21:34:15
isaji★mosshm @isaji

ドラゴンマガジンはガメル連邦共和国とか読者投稿コーナーまでファンタジーちっくであった。

2014-04-10 21:37:47
isaji★mosshm @isaji

あの頃のファンタジーを語るなら創元推理文庫のゲームブックを忘れちゃいかんだろうな。

2014-04-10 21:41:10
isaji★mosshm @isaji

ファンタジーCRPG方面だと1991年にWizardry生誕10周年でいろいろと展開があった覚えがある。アニメ化やドラマCD、ノベライズがたくさん出てきたのもこの頃だったはず。

2014-04-10 21:45:21
mizunotori @mizunotori

「1. 誰もがTRPGをやってる」「2. 誰もがTRPGを知ってる(やってるとは限らない)」「3. オタクっぽい奴ならやってる」「4. オタクっぽい奴なら知ってる」「5. オタクっぽい奴でも知ってるとは限らない」「6. その他」 どのくらいの流行だったんでしょう?

2014-04-10 21:42:27
isaji★mosshm @isaji

テーブルトークRPGってその頃はあんまりオタクっぽいイメージはなかったですね。クラスのみんながファミコン持っててドラクエやっていてファンタジーRPGに慣れていた頃なので、その延長で学校でも出来るドラクエくらいの位置付けだったような。

2014-04-10 21:52:52
isaji★mosshm @isaji

ちなみにロードス島はやってもいないし読んでもいません。

2014-04-10 21:53:36
佐藤葵@ラノベ嫌い😡ライト文芸好き😘 @srpglove

ジェネレーションギャップなのか地方格差なのか分からないけど、それはさすがにビビる。どんなオタクエリート校だ。>テーブルトークRPGってその頃はあんまりオタクっぽいイメージはなかったですね。クラスのみんながファミコン持っててドラクエやっていてファンタジーRPGに慣れていた

2014-04-10 22:02:33
isaji★mosshm @isaji

学校でのT&Tブームは確かに地域差というか、一般化できない特殊な偶然が重なった結果だったとは思うけどさ。

2014-04-10 22:07:55
gurgur717 @golgol888

@mizunotori 「3. オタクっぽい奴ならやってる」「4. オタクっぽい奴なら知ってる」の間くらいなんじゃないですかね? 個人的には「TRPGを知ってて、やってる奴もけっこういた」くらいの感じ。 確実に言えるのは、麻雀できるやつよりは少なかった。

2014-04-10 21:53:33
mizunotori @mizunotori

「TRPGではロードスから始めた人が多かった」あるいは「ロードスからTRPGブームが始まった」という記述を見かけたんですが、つまりファンタジーブームの一環としてスニーカーや富士見Fが始まり、そのあとロードスのヒットからTRPGブームが広がった、と考えればいいんでしょうか。

2014-04-10 21:52:37
はるぱん @springfrill

@mizunotori ロードスのリプレイが好評だったから小説になったわけで、ロードスリプレイ1986年初出ですので、着火時代はTRPGの方が早いのかなーと思ってます

2014-04-10 21:55:09
連邦の黒い悪魔 @kurohitode

@mizunotori スレイヤーズやオーフェンの方が人気はあったと思いますが、おおむねそんなカンジです。

2014-04-10 21:55:33
連邦の黒い悪魔 @kurohitode

@mizunotori 地続きではありますが、傍流です。もっとファンタジーを味わいたい層が、先行してTRPGをプレイしていたコア層に合流した形です。(コア層は、その前のSLGからの流れを汲んでいます)

2014-04-10 21:57:33
連邦の黒い悪魔 @kurohitode

テーブルトーク自体はD&Dとか前からやってた連中がいるわけで、そこに後からソードとかが乗っかってきたんだもの。便乗よね。ソードだってT&Tを元にしてるんだし。

2014-04-10 21:58:59
我乱堂 @SagamiNoriaki

んー、ファンタジーブームと一口にいっても、TRPGは幻想文学だの海外ファンタジーと言われていたものともややずれてた感はある。

2014-04-10 21:56:10
mizunotori @mizunotori

@SagamiNoriaki ファンタジーブームの主流はどっちだったんです?

2014-04-10 22:00:06
我乱堂 @SagamiNoriaki

@mizunotori 主流をどうこう言えるほど客観視できるデータはないですねえ…東雅夫先生のやってた『幻想文学』の方にゲームやラノベでのファンタジーについての質問したことがありますが、ほとんど関心はなかったようですし…早い頃には分岐断絶している感じでした

2014-04-10 22:03:48
我乱堂 @SagamiNoriaki

ぶっちゃけTRPGって言葉知ってたかどうかは、コンプティーク読んでたかどうかの差だったと思うぞw当時でコンプがどれくらい読まれてたかは知らんが、PC9001がフルセットで20万円くらいしてて、当時のオタクには憧れではあったが、なかなか入手できるものではなかったと思う。

2014-04-10 21:57:51
我乱堂 @SagamiNoriaki

コンピュータ関係の「飢え」みたいなのはあって、それを満たすためにコンプは購買されていたのではないか的な…当時はドラクエは知ってても、たいていのオタクはTRPGを知ってたかどうかはちょっとわかんない…けど、多分、そんなに知られてなかったとは思う。私も友人に教えてもらった

2014-04-10 22:00:10
残りを読む(66)

コメント

我乱堂 @SagamiNoriaki 2014年4月10日
ファンタジーブームのおまけってのは言い得て妙だなあ
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年4月11日
とりあえず記憶に頼ってないで、書くんだったらちゃんと資料みないといけないですね。まぁツイートなんで資料なしはしかたないか。
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月11日
ハヤカワ文庫FTの流れを追えば何か見えてきそう。妖女サイベルから魔法の国ザンスの間にどんなのが出てたか思い出せないけど。
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月11日
そんで火吹き山からのゲームブックが読書してなかった人を取り込んでたりしたのかな。ファンタジーもゲームブックもいろんなレーベルがありましたね。D&Dは高かったのでファイティング・ファンタジーのルールブックに飛びついたりしてました
1
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
ゲームブックといえば、80年代後半のファミコンゲームってすごい勢いでゲームブック化してませんでしたか。ファイナルファンタジーのゲームブック、マップがファイナルファンタジー1のと海と陸が反転してたんですよ(だから陸と湖になってた)
0
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
テーブルトークから派生したのかどうかは分からないんですが、男子がよく鉛筆をサイコロにして遊ぶゲームやってましたねぇ…
0
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
あれで一度も遊んだことないので未だにどんなものかは知らないのですが、『ぽいもの』で遊びたかったのですごろくで進んで鉛筆サイコロで出た目でダメージ与える、FFのガーランドの城を元にした簡易ゲーム作ってました。男子にマネすんなと言われて1日でやめましたがw
0
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
ゲームブックは学研の学習科学でも出てきたくらいなんですよ。海底2万マイルと、オリジナルの地獄巡りモノをやったことがあります。流星少年ペルセウスっていうラノベ風読み物もあったなぁ…
1
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
女子向け(主に薄い本売買する層)だと神話もの当時流行ってましたね。ギリシャ神話だと星矢、仏教・インド神話だとシュラト、聖伝、宇宙皇子辺り。
0
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
時にファンタジー、90年代前半、ファンタジア文庫ときて風の大陸が出てこないのなんで。あれも女子向けやったんでしょうか
1
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
資料性、薄いなぁ。ラノベ、ゲーム、その他が乱立してて関連性について論じて無いし総括もない。社会思想社のドラゴンマガジン(何回かタイトル改訂)やタクテクス誌増刊(後のRPGマガジン)の話も出てこない。D&D以前がメタルフィギュアを使ってのウォーゲームだったことも論じられてない。D&Dに影響を与えたWizardryもさらりと流されている。
0
ばいたん @byetang 2014年4月11日
↑是非、その辺まとめてツイートして下さい ( ´▽`)ノシ
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
文学史においてSFがファンタジーの一ジャンルという説があること(マキャフリィ)「エンデのはてしない物語」や「モモ」映画「Return to Oz」「ネバーエンディングストーリー」、「指輪物語」の成功によるエピックファンタジーの隆盛、数々の海外ファンタジーの邦訳などなど。D&Dなんて、知ってる人間は邦訳される前に個人輸入してたし。結局、何が知りたいかもよく判らん。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
byetang すんまっせん、データ量多すぎて(苦笑 後、資料が古く手に入らんものも多いのですよ。んー、富士見ドラゴンブックスのあれやこれや、は少し参考になるかな? 海外SFではファファード&グレイ・マウザーとか人気があって熱狂的なファンもいたんですよね。「ファンタジーブーム」の定義をしっかりして分けて話さないと結論出ない話だと思いますね。ロードスってスニーカーだったかなぁ? 当時ザ・スニーカー無くて野生時代の増刊だったと思うんだけど。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
「ファンタジーブーム以前はファンタジーという呼称は一般的じゃなかった」ともありますが指輪物語の頃にはハイファンタジーて用語あったんじゃなかったかなぁ? ハイファンタジー、ローファンタジー、エピックファンタジーなんて区分けもあるし。デイリイマジックはどうなんだっけ? あ、資料本として名高い新紀元社も出てきてないか? まぁ、記憶で語ってるので間違いもあるでしょうけれど。
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月11日
SFがファンタジーの1ジャンルってのは逆に感じてました.多分ハヤカワSFで買ったら中身がファンタジーだったという経験のせい.70から80年代の文庫出版数とか知りたいけど、データがないなー
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月11日
SFがファンタジーの1ジャンルってのは逆に感じてました.多分ハヤカワSFで買ったら中身がファンタジーだったという経験のせい.70から80年代の文庫出版数とか知りたいけど、データがないなー
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ItDoreikun 飽くまで「文学史」でのお話ですので。早川はコミックも出してますし、ラノベを早川レーベルで出し直していたりするのでその辺りには寛容かと。
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
あの頃のハヤカワはSFなら青背でナンバーに「SF」と付き、ファンタジーなら白背でナンバーに「FA」と付いていたので、一目で区別できたはずですが……
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
あと、細かい文句つけ。社会思想社が「ドラゴンマガジン」を発行したことはありません。誌名が変わったというのなら、おそらく新和のD&Dサポート誌「ドラゴン」でしょう。なお、富士見のドラゴンマガジンは一度として誌名を変えたことはありません。
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
ウィザードリーがD&Dに影響を与えた、というのは逆です。D&Dが先にあって、それを模して作られたのがウィザードリーです。それと、「デイリイマジック」という言葉は聞いたことがありません。「エブリディマジック」の間違いでは?
1
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
fnord_jp 富士見書房のドラゴンマガジンについては創刊二号から見ていたので存じています。βのソードワールドのルール等を載せ、TRPGブームの一役者ではありましたね。社会思想社はウォーロックでしたか。こちらの記憶違いです。私の言いたかったのは新和のD&Dサポート誌です。最終的にはD&Dマガジンに落ち着いたんでしたか。
1
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
あ、返信先を間違えました。 orz
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
早川のナンバーについても、飽くまで「早川がどのジャンルか」判断しただけで wtpgjmwtpgjm さんがそれをSFでなくファンタジーと感じたのとは別問題です。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
fnord_jp 仰る通りです。エブリデイマジックの誤りです。また、D&DとWizの関係も取り違えております。これはTypoというか単純ミスです。かつて読んだ記事では「D&DをPCで作れないか?」が発端と聞いております。 それにしても、他人のミスについては指摘なさるのにご自分のミスについては何もないのですね。失礼に感じるので以降、相手にはいたしません。
0
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2014年4月11日
失敬。ラノベ年表の中での話でしたね。とはいえどういう経緯でファンタジーブームが広がったかというのはあっていいと思います。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
飽くまで私見としてお聞きください。規模は判りませんが、フィギュア使ったウォーゲームやボードゲームがある程度の層に浸透していました。ツクダホビーのガンダムなんかが有名かと。キャンパスライフというゲームがあったそうですが、これをマクロスを舞台にしたマクロスキャンパスライフなどと言うゲームもあったそうです。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
その辺りからD&Dへ進化していき、最初のロードスはD&Dでプレイされました。余談ですがエルフがロバ耳なのはイラストレータである出渕氏のせいとか。世界ではあんなロバ耳ではないとの事。その後は小説版ロードス人気などはみなさんの仰る通りですね。そして富士見のドラマガ。当初よりSNEが参加しておりソードワールドのβルールを公開していました。この時すでに無の砂漠、アトン、ファーラムの剣などの設定は存在しています。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ゲーム方面から進化を語ってみましたがラノベ方面を少し。これはスレイヤーズに大きな功があるのではないでしょうか? 「あ、こういうのもアリなんだ!」と思わせるエポックメイキングな作品でした。一方で「なんでぇ、これなら俺にも書ける」と駄作も多かったですが……
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
そして、先の話にも出ていたドラマガのガメル連邦などプッシュがありましたね。野生時代の増刊からザ・スニーカーの創刊、ロードス続巻の発売、などなど後押しがありホビージャパンも力を入れていました。タクテクス増刊から独立したRPGマガジンにて多数の作品を打ち出し、この頃が一番TRPG人気のあった頃じゃないでしょうか? 余談ながら中国嫁日記の井上純弌氏もイラストを描いておりました。たしか、弘司さんも描いてなかったかな?
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
D&DはTSR社の製品でしたが後のもにょもにょあって、HJが買い取っています。それだけ力を入れていたんですね。当時人気のあったイラストレータに絵を描かせたカードゲームなども出してましたね。余談ですが。ダイナマイトナースとかやったなぁ。聖刻1042などのルールも出し、勢いは凄い物でした。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
あ、聖刻1042は未だ続巻です。スピンオフ作品も続巻です。プレイバイメールというメールを媒体としたファンタジー……なのかなぁ? 学園物だけど普通の学園じゃないのでファンタジーとさせてください。蓬莱学園など人気作もありました。
0
天たくる @ten_tacle 2014年4月11日
しっかり読んでないけど、ドラゴンランス戦記の名前が検索で引っかからないので多分踏み込みが甘い。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
一方でコンピュータゲームの方でも負けてはおらずWizardryやドラゴンクエストなどファンタジー作品は売れに売れました。DQ3の発売については様々な事件になっており、メディアを賑わわせました。この辺は調べればすぐ判るかと。私の知っている範囲ではこんな感じかなぁ。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
Wizはかなりのエポックメイキングな作品で様々な人を虜にしました。作家さんも(VZ Editorなどワープロソフトを利用するためにPCを持っている人が多かった)嵌った人が多そうです。火浦功氏など作中で「ロバートウッドヘッドの馬鹿野郎」と言わせてます。また、その主人公が失踪した理由が、ええと、カシナートソードだったかな?ムラサマブレードだったかな?が、ロストしたことが理由です。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
火浦功氏はかなり嵌っていたと見え、ログアウト(……ああ、無くなっちゃたなぁ)で出した「ひと夏の経験値」ではWiz由来のネタが随所に見られます。これはスニーカーと朝日ノベルズで復刊されているので上手くするとまだ手に入るかもしれません。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
長々と失礼しました。推敲もせずに脳内の記憶だけで思い出せる限りの経緯を語ってみました。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ラノベ方面の補完が薄いかな? ドラマガと重なる時期にソノラマでは師子王(後にグリフォン。一時期話題になった、あさりよしとお氏の「ラジオマン」掲載誌)新潮ではファンタジー大賞を開催し、単行本を出版。早川ですらハィ!ブックスというラノベ層を狙ったレーベルを出しています。無論、ファンタジー作品も含んでいます。正確な年代を申し上げられないのは心苦しいですがこんな感じです。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
聖刻1092でした…… orz こんな有様なので鵜呑みにはしないでください。いや、本当に。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ten_tacle ランス? 読みましたよ。戦記も伝説も。その後のAD&Dベースの小説も粗方読みましたがね。ランスが今復刊されていることも知ってますし。なんなら、ソーントーンサイクルとかマザーとか新潮のファンタジーについても語りましょうか? 講談社X文庫は女子向けのレーベルじゃなかったこと話しましょうか?
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ten_tacle スニーカーが無かった頃、角川がファンタジーを出していた時の藩士しましょうか? エイリアン・スピードウェイとか読んでますけど。あ、これSFだ。これだけの時間に専門家でも無い人間が一つも漏らさずに書き切る事なんてできるもんですか。個人が読める本の量、知らないうちに出てる本、いくらあると思ってんですか。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
エルリックサーガも読みましたし先にも行ったAD&Dベースの話、フォーゴットンレルムシリーズも読んでますがね。私の読書歴、披露してもしょうがないでしょうが。記憶だけで大まかな流れ書いただけですよ。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
ten_tacle 神月摩由璃さん、ご存じです? ウォーロック誌で執筆していた方ですが。早川小説ハイ!で小説を上梓してますよ? イラストは吾妻ひでおさん。あなたがどう思おうと勝手ですが、それを口に出されるのは不快ですね。
1
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
ちゃんと新和の「ドラゴン」誌について言及してるんですけど、どこが間違いだったんですか?
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
fnord_jp >創刊から4号までは『ドラゴンマガジン』という名前であったが 日本ではドラゴン誌など出ていませんが? 新和と社会思想社の取り違えがあったとは言え富士見ではない「ドラゴンマガジン」誌はあったのですが?
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月11日
fnord_jp >あの頃のハヤカワはSFなら青背でナンバーに「SF」と付き、ファンタジーなら >白背でナンバーに「FA」と付いていたので、一目で区別できたはずですが…… >>早川のナンバーについても、飽くまで「早川がどのジャンルか」判断しただけで >> wtpgjmwtpgjm さんがそれをSFでなくファンタジーと感じたのとは別問題です。 不快なのでもう話しかけないでください。
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
正式名称が「ドラゴンマガジン」だったことはあっても「ドラゴン」だったことはない、ということでしょうか。私は新和が出していたサポート誌は買ったことがなくて、TSRのDragon誌を何度か買っただけですので、混同していたかもしれませんね。
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
ハヤカワ文庫の背の色については、検索してみたところ、私のうろ覚えでかなり事実と違っていました。FAじゃなくてFTだし(JAと混ざったか)。wtpgjmwtpgjmさんがおっしゃる「ハヤカワSFで買ったら中身がファンタジーだった」というのも『FTでなくSFだった』ということなのかな。そうだとしたら確かに余計なお世話でしたね。申し訳ない。
0
NiKe @fnord_jp 2014年4月11日
しかし、不快にさせたいとも争いたいとも思ってはいないのですが、間違いを見つけてしまうと落ち着きませんなー。いくつかあるんだけど……
0
聖夜 @say_ya 2014年4月11日
ハヤカワSF文庫のファンタジーものと言ったらエルリックサーガはじめ著名どころ揃ってますし、富士見ファンタジア文庫もスペオペやロボット物のほうが多いような気がします。
0
聖夜 @say_ya 2014年4月11日
ナウシカやスクラップド・プリンセスみたいな古代文明=実は現代文明からみた近未来みたいなのもかなり多いですし、Ultimaやスターオーシャンなど高度文明人が未開の惑星に降り立つ的なのもあって境界は曖昧です
0
あんとに庵 @antonianjp 2014年4月11日
ファンタジーブームかぁ。自分的にゲーム系だとゲームブックの「火吹き山の魔法使い」とPCゲームの「ウイザードリィ」がはじめの出会いかなぁ?とか思うんだけど、視覚世界だと異形の者達の存在を描くフランク・オズの存在が大きかったかな。
0
あんとに庵 @antonianjp 2014年4月11日
「ダーククリスタル」って映画があってな。スターウォーズのヨーダの声をやってたフランク・オズが監督していた。この「ダーククリスタル」はブライアン・フロウドというイラストレーターがコンセプトデザインを担当していたんだが、彼は指輪物語的な世界観の精霊をモチーフにしたイラストで有名。
0
あんとに庵 @antonianjp 2014年4月11日
でまぁ、その元ネタの指輪物語と、D&D的な世界に(*´д`*)ハァハァって妄想を広げていたのが80年代の頭。そのあと「ドラゴンクエスト」が出て来て「これだよこれ」みたいな。
0
あんとに庵 @antonianjp 2014年4月11日
物語としては栗本薫なんかも影響してそうだけど、わたしゃ、未読なのでよく知りません。中島梓名義で書かれたエッセイがすごく嫌いだったんで。友人は「グインサーガ」が出た時に(*´д`*)ハァハァしてた記憶がありますが。
0
あんとに庵 @antonianjp 2014年4月11日
剣と魔法の王道ファンタジーというと「アーサー王伝説」なんだろーけど、わたくしのそれとの出会いはモンティパイソンだしな。。。
0
りそーすななじゅう @resources70 2014年4月11日
ドラゴンマガジン創刊時には日本に本格ファンタジー雑誌を作ると言って、作家を集めていましたね(これには騙されたと嵩峰龍二氏が言っています)。あと表紙のファンタジーコスプレをさせられてかわいそうだと明星に読者投稿されていました。まだ、一般的にコスプレもファンタジー衣装もゲテモノの時代でした。
1
catspeeder @catspeeder 2014年4月12日
【ソード以降のTRPGも、ファンタジーノベル群も、ファンタジーブームのおまけ。】こういうSWを過大評価してる連中がプレイもせずに「ラクシアとかねーわwフォーセリアに戻せよwww」とか言ってるんだろうな。
0
catspeeder @catspeeder 2014年4月12日
ところでGrayruとかいう人は何にキレてんの。
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月12日
fnord_jp ハヤカワ文庫SFで買ったけど中身ファンタジーでした。という意味で使いました。例えばバロウズの多くは舞台設定がSFで中身は全力ファンタジーだったし。ハインラインはわざと混ぜてたと思うし、ムアコックは何でSFで出てるんだろう? って感じてましたが面白いので気にならなくなりました
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月12日
Grayru ハヤカワのレーベルに縛られない選定力のおかげでSF好きのままでファンタジーにも読書の幅が広がった気がします。SFの皮を被った何かというわけでもなく別ジャンルが出てたのは今思えばけっこうすごかったんだなぁ
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月12日
当時はインターネットはなく、草の根BBSはハードルが高かったので専ら近所の書店や図書館の品揃えが流れを作ってましたよね。コンプティークは良く見かけたけど社会思想社の本は置いてないところが多かったように思うし、ドラゴンマガジンもあまり置いてなかった気がする
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月12日
各社の刊行リスト見てると記憶があいまいなのがわかって苦笑い。記憶の中の時期と出版されていた時期が咬み合わないなー。検索してみたらライトノベル雑誌ってカテゴリがあったり自分があまり知らないことがわかりました(文芸雑誌というカテゴリの認識)
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月12日
んごぉぉぉ、SFとファンタジーのグラフィカルな歴史年表ないかー。文芸(系)雑誌の歴史年表でもいいー。無いと作りたくなるじゃんかー。やめてー
0
聖夜 @say_ya 2014年4月12日
【ソード以降のTRPGも、ファンタジーノベル群も、ファンタジーブームのおまけ。】は別にSWを過大評価してないというか逆なのでは・・・ぶっちゃけファンタジーっていうかドラクエブームのおまけだと思います
0
聖夜 @say_ya 2014年4月12日
ぶっちゃけついでに言うと、いわゆる黄金期はSW,GURPS,T&Tといった文庫系TRPGの登場に由るところ大なのですが、ロードス島RPGもD&Dも文庫版コケてるんですよね。変形ダイスというハードルのせいもあるでしょうけど
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
変形ダイスではないのにこけたHT&Tも忘れないで上げてください。……そら、6面体100個振れとか言われたらこけますわな。文庫版D&DはHJのせいもある気がします。元々、下火になっていた時期に出た物なので当たり前と言えば当たり前ですがルール改版とかやってますし、古参は認めがたかったんじゃないですかね? 赤箱、青箱、緑箱は良かった……
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
富士見は時代によって違うからなぁ。覚えている作品と言うと、雷の娘シェクティ(嵩峰さんですね)、ユミナ戦記、エクウス、不死朝伝奇ZEQU、黄金の鹿の闘騎士、トリシア先生シリーズ、海賊船ガルフストリーム、風の大陸シリーズ、卵王子カイルロッドをはじめとする冴木忍さんの作品。東北呪言道士、出雲凶星神話、東京蛇神戦争(この2冊はシリーズ)、封仙娘追宝録、サーラの冒険、
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
スレイヤーズ、SWのノベル諸々、ねこたま、はどうかなぁ? バセット英雄伝エルヴァーズ、百星聖戦紀、オーフェン、魔法戦士リウイ、夕凪の街シリーズは微妙か? 異形三国志 NORIEが将軍!?は入れても良いのかなぁ? という具合に結構ありますよ。読んだ事あって、覚えているものだけですけど。タイトル端折ったり、シリーズと明記してない物もありますが。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
あ、夢龍戦士アインレオンを忘れていた。げらげら。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
ファンタジー論じゃなくてTRPG論になるとリプレイ小説は外せませんね。文庫ではなかったと思いますが女神転生はカルトなファンが多かった。DQも小説や四コマで更に人気を底上げしましたし。あ、DQ小説は先にあげたMOTERと同じ作者で久美沙織さんです。……DQ小説、網羅してないので他の方も書いてらっしゃるとは思います。
0
catspeeder @catspeeder 2014年4月12日
自分のブログでやれば?
3
聖夜 @say_ya 2014年4月12日
Grayru T&Tは無印の時点で2~30個はザラでしたのでその辺は問題ではなかったと思います。T&Tは豊富なソロシナリオと自由度、ルールの単純さが命のゲームなので、HT&Tはその辺を生かせなかったのが敗因じゃないかと
0
聖夜 @say_ya 2014年4月12日
少なくとも個人的にはShadowrunのダイスプールやD&Dの高レベル魔法、GURPS妖魔夜行の妖力で「豆腐20丁おまち!」とか言いながら白い麻雀用ダイスぶちまけるのは日常的でした。
0
Gray-ru @Grayru 2014年4月12日
say_ya ダイス100個は半分冗談です。記憶では中々ルールが完成しなかった事と社会思想社がアップアップな時期でしたのでその辺が理由じゃないでしょうか。その後、SNEが色々と手を加えたバージョンを完成させたはずですが時すでに遅し、と言った感じで記憶しております。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年4月12日
日本のヒロイック・ファンタジーの起源というと、ランサー・ブックス版のコナン(ハワードのほう)やリン・カーターのアダルト・ファンタジーを読んでた鏡明を中心にした「一の日会」組から話をはじめるべき。
1
旅にゃんころファイザード(にゃんにゃん旅行道の修行中) @goldencat222 2014年4月14日
ネクロスの要塞を知っている人はどのくらいいるのだろう・・?
0
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2014年4月16日
goldencat222 握って色変えるやつですね。あれはいいものだ。再販してほしい
0
Toshio Hanai @toshi_hana 2014年4月16日
ドンピシャ世代だ。83年頃に朝日ソノラマ(菊地秀行、夢枕獏)やコバルト(新井素子、火浦功)でラノベに入り、早川JA(大原まり子、岬兄悟)を読んでたら86年頃の角川のSF、ファンタジーフェアで大喜び出来たなぁ。それもこれもDQやFFのヒット有ってかと…。
0
moheji @mohejinosuke 2015年8月24日
DQ FFの存在は大きいにせよ、その影響を過大に評価しすぎと思うのさ。
0
endersgame @endersgame3 2015年8月24日
ほんまに一人ブログでやれって人がいるな。
0
うずら(uzu:lʌ) @vitalsine 2016年9月18日
チッ!ファンタジー警察だ!
0