7
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
発表資料を読めば読むほど、この話しはナンバープレートの写真を撮られること、データから一部でも登録データが、関係のない相手にながれること、さらに流れるデータの中身がユーザー本人にわからないこと、データの管理保管と消去の実態など不明です。 http://t.co/6L2jlJr5ls
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
@CyberMagazineX 午前中には、駐車場綜合研究所への取材が終わります。速報しますね。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
一見で入ったお店の駐車場で、ナンバープレートをドライバーが知らぬ間に、撮影され、そこから登録情報を照会されてしまう。国から公開されたデータの中身も使い道も、撮られた本人はわからない。これは極めて危ういことだと思います。 こうした事実を写真を撮る側は、やはり事前に告知すべきでしょう
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
駐車場綜合研究所の前まできました。なんと、ボッシュの隣のビルでした。 http://t.co/XCpLcJSZYD
拡大
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
個人情報に抵触する心配はないか、の疑問を当事者の駐車場綜合研究所に訊いた。車名、車種コード、年式等までの情報開示、情報はアクセスコードを取得してPCから入手できる、入手した登録情報は地図上で数値化して提供する。 続く http://t.co/hp1fbxFm2X
拡大
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
入手した情報は自社サーバーで加入者ごとに分けて保管、暗号化を実施予定、撮影はナンバーのみ、撮影することはとくに標示予定はないが、(店側の)要望があれば設置する。登録情報のうち個人情報が漏洩したり、悪意の第三者に利用される心配はなさそう http://t.co/GQe67hZdPH
拡大
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
駐車場綜合研究所の取組み自体は説明どおりなら問題はなさそうだ。 ビジネスの発展加速や生活が便利になるのと引き換えに危険にさらされる個人情報の保護問題は、今後、折にふれ話題になることと思う。消費者は注意を怠らないようにしなければならない http://t.co/IOXYc1FrDs
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
登録情報照会については、自検協に火曜日に取材に行きます。 申請者に対する情報開示の承認作業はあくまでも国交省自動車情報課(軽自動車は軽自動車検査協会)です。 そこでよもや個人情報に抵触する内容は開示されていないと思います。問題は開示された内容の保管と使い方ですね。ここは性善説です
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
自動車登録情報の企業への地図データ提供 説明通りなら問題なさそうだが、将来の課題も見えた 個人情報に抵触する心配はないか、との疑問を当事者の駐車場綜合研究所に訊いた。ポイントは以下のような事柄だ。●住所は「大字」まで、 http://t.co/9Shebw0N1G
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
駐車場綜合研究所のホームページです。皆様も良くご存知の大規模駐車場の管理をしているんですね。 http://t.co/KqCxm1jv1g
ふむ (主に山と図書館) @fmht7
@CyberMagazineX http://t.co/kP2z46Zu0H 「個人情報が漏洩したり、悪意の第三者に利用される心配はなさそう」とのことですが、プライバシー保護の観点で少数利用者の秘匿処理やオプトアウトは必要ではないかと考えます。
ふむ (主に山と図書館) @fmht7
@CyberMagazineX 秘匿処理とは、例えば http://t.co/KUlb7okVs7 の1台、2台といった少数利用者の情報を削除する処理です。利用者からすると当該日時の利用者が少なすぎる場合特定される可能性が高くなります。
ふむ (主に山と図書館) @fmht7
@CyberMagazineX また、氏名、住所を削除しただけでは十分とは言えず、位置情報や使用履歴情報も個人情報として取り扱うべきという議論も昨今高まっています。 http://t.co/d5jFjq2dc2 ここまでのツイートを取材の参考にしていただければ幸いです。以上です。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
明日は自動車登録情報提供窓口の自動車検査登録情報協会を直撃します。 取材で、提供されるデータは大字までの住所と、車種コード、メーカー名程度であることがわかりました。データの駐車場側への提供は、地図上に数値化されたデータだけです。ただし確認できませんが。注視はしなければなりません。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
ただし、先日の駐車場綜合研究所の取材の後にも書きましたが、すでにクルマ全体を撮影するカメラを設置している駐車場が、このシステムを導入すると、クルマ自体も、登録証票も、運転者もわかってしまいます。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
今後さらにイノベーションが進んで、顔認証されたり、クルマの室内が暗くても同乗者が特定されてしまうようになると、プライバシーが本当に保てるのかどうか不安です。 ソフト購入者が、本当に悪意のない方たちばかりかを駐車場綜合研究所が審査するわけでもありません。パチンコ屋さんがどう使うか
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
気になるのは、データの中身もやり取りも、その後の使い道も、保管方法も全てが当事者の説明以外、ブラックボックスであることです。少なくともカメラ撮影していることを駐車場進入前に明らかにし、個人の選択のチャンスを与えておくことです。商売にマイナスのことを、業者は進んではやらないかな。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
自動車情報課は、カメラで撮影していること、そこで得た個人情報をビジネスに活用していることを駐車場会社に告知するよう、行政指導した方が良いかもしれませんね。 大臣質問してみようかな。
ふむ (主に山と図書館) @fmht7
@CyberMagazineX 「データの駐車場側への提供は、地図上に数値化されたデータだけ」←これだけで「どこ(町名字名)から来た車がいつ時点にどこの駐車場にいたか」が分かります。ある地区から来る車が少数かつ何度か訪問し長期記録など条件重なるとプライバシー侵害の恐れがあります。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
@fmht7 偶然ですね。ナイスな指摘です。駐車場綜合研究所は渋谷、自動車検査登録情報協会は、秋葉原です。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
取材が終わりました。後ほどつぶやきますね。 自動車検査登録情報協会には、審査における 当事者能力はありません。 取材に対応してくれた方は、個人としては、 気持ち悪いと言ってくださいました。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
知らぬ間撮影ナンバー情報 現状は使う側の良識に委ねられる 自動車情報課と話した 企業側から提案があれば、駐車場進入時にナンバープレートをカメラ撮影していることを告知した方が良いとアドバイスする。現状では、車種コード、メーカー名、大字までの住所情報は、法律に違反していないとの判断
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
自動車情報課は、個人情報保護について、国もパーソナルデータ、行動履歴の扱いについて、議論が行われているところ。現状では、企業のプライバシーポリシーに則ってやってもらうしかないと、 情報入手後の扱いは、データを利用する企業側の判断、良識に委ねられる状況であることがわかった。
MagX(ニューモデルマガジンX) @CyberMagazineX
自動車検査登録情報協会にも取材した。 出しているのは車種コード、メーカー名、大字までの住所のみ。一件あたり国の手数料含めて10円弱。専用サイトアクセス用のログインコードを発行している。駐車場綜合研究所が、問い合わせのためにアップロードした照会一覧に対して、上記のデータを送っている
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする