Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

2 Nights 2 Remember - Live In Tokyo 2014

瀬上さんのライブの曲目とコメント、グッズなどに関する呟きをまとめました。
2
crush40 @crush40

今回のCrush 40のライブでは全23曲をプレイしました。それでは、1曲づつコメントを交えつつ紹介していこうと思います。

2014-04-12 19:05:11
crush40 @crush40

1. Dangerous Ground:アーケードゲーム、NASCARのために書いたSONS OF ANGELS時代の曲で、いつかはショウのオープニングでプレイしたいなと思っていたこの曲からスタート。もちろんギターは"82"で。実はこのギターソロのアイディアはもっと古いものです。

2014-04-12 19:05:54
crush40 @crush40

2. Into The Wind:SONS OF ANGELSのアルバムの流れに沿って、2曲めはこれ。後にリリースしたCrush 40のベスト盤にも収録していて、単独のショウではずっとプレイしている曲なので、会場のノリも良かったと思います。とても自分らしくて、大好きな曲です。

2014-04-12 19:06:20
crush40 @crush40

3. Free:SONIC FREE RIDERSのテーマ曲のC40バージョン。この曲はショウの前半に持ってくるのが定位置になってきている気がしますが、ライブではとても盛り上がる曲で、中でも掛け合いが楽しいですね。今回は途中で織り交ぜられるKatsujiのツーバスが効果的でした。

2014-04-12 19:08:57
crush40 @crush40

4. Rise Again:前回はリリース前にプレイしたので、今ひとつ反応が良くありませんでしたが、既に浸透している今回は、とても盛り上がりました。(とはいえ、盛り上がらない曲はなかったけど!)レコーディングしたバージョンと違って、ライブではイントロのリフに絡むドラムが素敵です。

2014-04-12 19:11:07
crush40 @crush40

5. Love Leads The Way:ジョニーのバンド、HARDLINEのデビュー作の日本盤のボーナストラック。HARDLINEとしての活動も継続していますが、この曲は日本以外ではリリースされておらず、プレイすることはないと思ったので、今回もセットに残そうと持ち掛けました。

2014-04-12 19:13:44
crush40 @crush40

6. Open Your Heart:原点という意味では重要な曲ですかね。未だに好きだと言ってくれる人が多く、盛り上がるのは嬉しい限りですが、ジョニーは観客に歌わせすぎるので、もっとちゃんと歌え!とも思います。この曲だけは、いつまでもソニックギターで弾く必要がある気がしています。

2014-04-12 19:14:13
crush40 @crush40

7. 2 Nights 2 Remember:今回のショウのために用意した新曲です。ギターソロ明けのKatsujiのドラムのフレーズが最高です。今までは、ワンポイントで効果的な感じでツーバスのフレーズを入れることはありましたが、ここまで全体的にツーバスというのは無かったのでは!?

2014-04-12 19:14:46
crush40 @crush40

8. Sonic Boom:アメリカの同名イベント出演の際にアレンジして用意した曲ですが、今ではどのライブでも欠かせない「定番盛り上がり曲」になった感があります。コンパクトな中に熱さとドライブ感が同居した感じでしょうか。とにかく、ステージ上に届くオーディエンスの声が凄いんですよ。

2014-04-12 19:15:38
crush40 @crush40

9. Down & Dirty:ショウの中でアクセントになるような曲が欲しくて作った曲で、今回のライブで初披露しました。種ちゃん推しの「あからさまなベース曲」ですが、今までのCrush 40の曲にはないようなグルーヴィな感じがお気に入り。プレイしていて楽しい曲が、また増えました。

2014-04-12 19:18:33
crush40 @crush40

10. I Am… All Of Me:Cまでチューニングを落として、ダークかつヘヴィに作ったシャドウ・ザ・ヘッジホッグのメインテーマ。ジョニーも私も大好きな曲ですが、ライブでこの曲の導入部が流れたときの会場のヒートアップ具合は、何度体験してもゾクゾクします。一瞬で空気が変わる!

2014-04-12 19:19:33
crush40 @crush40

11. With Me:今回のメンバーでの演奏で、カッコ良さが増した曲の筆頭格なのでは?と感じています。ボビー・ジャーゾンベクがレコーディングしたスタジオバージョンにおいて、ドラムが圧倒的パワーとフレーズの手数で押していた曲でしたので、それが再現出来たのが、とても良かったです。

2014-04-12 19:20:23
crush40 @crush40

12. Live Life:その昔、ジョニーと東京のスタジオで作り上げた曲。以前、海外のイベントにて、この曲を初めて演奏した際の観客の反応に思わず泣きそうになったことを思い出します。フルバンドでのショウでもプレイしたいと思っていたので、今回はそれが実現出来てとても嬉しかったです。

2014-04-12 19:20:51
crush40 @crush40

13. Knight Of The Wind:思い返せば、このソニックと暗黒の騎士のテーマ曲をお披露目した2008年の東京ゲームショウがジョニーとの初ステージでした。その時点で既に結成から10年が経っていたわけですが、あの時、皆からもらった熱い反応があったから今がある気がします。

2014-04-12 19:22:40
crush40 @crush40

14. Watch Me Fly…:僕が曲とメロディを書いて、それをジョニーが自分が歌いやすいように変えながら歌詞を書いて曲として仕上げるという、今も続くやり方になった記念すべき1曲め。2人で作り上げることの楽しさを分かち合ったこの曲以上に自分にとって大事な曲は出てこないと思う。

2014-04-12 19:23:19
crush40 @crush40

15. One Of Those Days:この曲も、前回のショウではリリース前にプレイしたので、反応がイマイチ薄かった記憶がありますが、今回は大盛り上がり!そうなのよ、その皆の”Hey!”が見たくて作った曲なのです。この曲のリズムギターのフレーズは弾いていてとても楽しいです。

2014-04-12 19:24:26
crush40 @crush40

16. Revvin’ Up:アーケードゲーム、NASCARのために書いたSONS OF ANGELS時代の曲ですが、Crush 40のベスト盤にも収録されていることもあってか、認知度が高く、とても盛り上がる曲のひとつになりました。この曲もプレイしていて、楽しい曲のひとつです。

2014-04-12 19:25:31
crush40 @crush40

17. Sonic Heroes:ライブでプレイする度に「何でこの曲はこんなに盛り上がるんだろう?」といつも不思議に思っていましたが、今まではオープニングで使われているような短い尺としていたので、あっという間に終わっていました。ロングバージョンでプレイしたのは今回が初めてです。

2014-04-12 19:26:22
crush40 @crush40

18. His World:オリジナルよりも重量感を増したこの曲のCrush 40バージョンは、そのダイナミズムが気に入っています。特に前半のズッシリとしたバンドの雰囲気が心地良いのです。ちなみにサビの歌詞は、どのバージョンも共通ですが、その部分は当時、ジョニーが書いたものです。

2014-04-12 19:32:48
crush40 @crush40

19. Never Turn Back:シャドウ・ザ・ヘッジホッグのオリジナルバージョンはピアノのイントロから始まりますが、今回のようなドラムから始まるライブ向けのアレンジも気に入っています。この曲のように、オーディエンスの掛け声が揃う箇所があると、一気にヒートアップしますね。

2014-04-12 19:33:06
crush40 @crush40

20. All Hail Shadow:この曲もSonic Heroes同様、今まではもっと短いバージョンでプレイしていたので、この長さで演奏をするのは初めてのことでした。今までのショウを振り返ってみると、せっかく盛り上がっているのにあっという間に終わって勿体ないと感じたのでね。

2014-04-12 19:34:54
crush40 @crush40

21. Live & Learn:バンドの代表曲であることは、これからも変わらないのでしょうね。上手く説明出来ないのですが、ジョニーと僕にとってのこの曲と、ファンの皆さんにとってのこの曲の立ち位置はきっと違うんだろうな。リリースから10数年が経った今でも、輝きを失わない曲ですね。

2014-04-12 19:45:38
crush40 @crush40

22. Sonic Youth:前回は、リリース前にいきなりオープニングナンバーとして披露しましたが、今回はアンコールの一発め。今までの曲タイトルを歌詞に織り交ぜた、支えてくれたファンへの「応援ありがとう!君たち最高だぜ!」的な曲なので、セットの中で良い場所に配せたかと思います。

2014-04-12 19:50:06
crush40 @crush40

23. What I’m Made Of…:今回は、初めてソニックギターではなく、”82”でプレイしました。単純に自分のギターで、自分が好きな曲をプレイしたかったんです。特に2日めの公演の最後に観客だけが声を揃えて歌った”What I’m Made Of…”には鳥肌が立ちました。

2014-04-12 19:50:50

▼開演前のBGM

残りを読む(21)

コメント