Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年11月3日

大学の世代間格差に関する議論

ILO(国際労働機関)から散々批判されている、同一労働同一賃金原則を踏襲しない日本の正規非正規の待遇格差の問題。中でも格差が著しく大きい大学の常勤・非常勤講師の待遇格差を「私は自らの利益を主張することしか興味が無い」と学者としてあるまじき態度で肯定しようとする大学教員が立命館大学にいたようです。このように院生の育成の問題には口を出すにもかかわらず、全体の構造をどうするかという問題には、全体の厚生を無視して自分の高い給料を下げたくないという感情論一辺倒と馬脚を現されました。何か御主張が偏ってませんか?大学関係者はどちらが正当性あるかよーく判断してください。そしてご自分の胸に手を当ててよーく考えてください。 「常勤・非常勤の待遇格差」 http://www.j-cast.com/2009/05/06040504.html?p=all 「日本の大学の非常勤をカナダの非常勤と比較して。」http://togetter.com/li/61407 「日本の大学問題」        続きを読む
8
masuda minoru @mimimasumasu

ある職業につくことを目指して厳しい条件で訓練に耐え適性ありと判断された人びとの出来るだけ多くに訓練の成果を発揮してもらうには職業の数に合わせて訓練をうける人を絞るしかないわなあ。どうやっていつ絞るかが、時代と共に変わってきただけか。

2010-10-31 15:23:47
masuda minoru @mimimasumasu

例えばパイロットの養成とかになるとまず適性を見て、訓練を初めて何度かの中間的セレクションを経て最終的に一部が当初の目標にたどり着く。中間段階で振り落とされた人には別の進路が示される。それを受け入れるか全く違う道に進むか、いずれにしても不本意な選択を強いられる。

2010-11-01 00:10:24
masuda minoru @mimimasumasu

研究者要請では昔は最初の段階でギリギリに近い人数に絞っていた(それでも30%くらいは途中脱落したと思うが)。今は最初の段階のゆるいセレクションを通過した人たちのかなり多くを最終選考段階まで進ませる。そうなると30代半ば以降に、不本意な進路への転換を強いられる人が多く出る。

2010-11-01 00:11:59
masuda minoru @mimimasumasu

昔のやり方も今のやり方も極端である。最初の間口も絞る必要があるが、その後も、M1からM2、M2からD1、D1からD2、D2からD3から、D3から論文提出資格取得へ、といった各段階でセレクションをして早い段階ほど多めに振り落としをして別進路へ向かっていただくしかないのかなと思う。

2010-11-01 00:15:45
masuda minoru @mimimasumasu

各種公募の倍率から見て常時1ポストに数十倍の希望者がいる。仮に30人の研究者志望院進学者がいれば、例えばM修了で10人に、D1からD2で5人に、D2からD3で3人にといった形で絞り込みをするのがいいのかどうか。研究者以外の高度専門職養成ではこういうのが制度化されている分野もある。

2010-11-01 00:21:52
masuda minoru @mimimasumasu

段階的選抜をして途中で振り落とされた人はどうなるの?ということになるが、軍隊なら同組織内で不本意な職務に付くかやめるかになる。研究者候補の早期転進はもの凄く大変だろうと想像がつく。それでも最終段階で30人から1人に一気に絞るよりは進路変更の容易性は増すことも想像できる。

2010-11-01 00:27:20
masuda minoru @mimimasumasu

誰も将来に自分や他人が備えうる能力、なし得る仕事を正確に予想はできないから、万人に最適な進路を用意することもできない。ただし30歳程度で全く進路を変えなくてはならない人というのは軍人さんや運動選手など沢山いるのも事実だ。若さが求められたり組織構成上トップヘビーにできなかったり。

2010-11-01 00:32:57
masuda minoru @mimimasumasu

そういう意味で大学院のあり方というのは納税者一般、社会全体の考えるべき問題なのだが、そんな問題が有ることすら知らない人の方が間違いなく多い。

2010-11-01 00:45:02
masuda minoru @mimimasumasu

文科省と財務省の間の議論は社会的コストの視点から問題意識を教習してなされるべきだと思うが、文科省は時によって種々予算を増やすこと自体を成果と見なし時によって種々予算を減らすこと自体を成果と見なす。財務省はかかる金額が問題で制度構築の背景の理念にはあまり頓着しないように見える。

2010-11-01 00:53:12
masuda minoru @mimimasumasu

問題意識を教習×→問題意識を共有○

2010-11-01 00:55:09
masuda minoru @mimimasumasu

誤記訂正:色々なところで段階的セレクションが行われるのは、選ぶ側選ばれる側に説明しやすいからかもしれない。各段階で要求される基準を乗越え段々高くなるハードルを越える(少なくともそのように見える)から最終的にセレクトされた者は結果的により多くの実績を残す(かのように見える)

2010-11-01 01:15:35
asumigasekik @asumigasekik

@mimimasumasu 一連の投稿に対して連投させていただくと、何故大学院の定員を絞ることだけに焦点が行くのか不思議になります。では先進国で1000人辺りとりわけ少ない日本の院生の数に関してはどう御考えですか?もっと絞ればさらに低学歴国家などと揶揄されますが。

2010-11-01 01:58:26
asumigasekik @asumigasekik

@mimimasumasu 諸外国に比べとりわけ多いテニュア教員の数に関してはどう御考えですか?諸外国は一部の教授しかテニュアはないのに、専任講師なれば煙突式に皆教授まで上がれる歪んだ人事システムに関してはどう思われますか?

2010-11-01 01:58:50
asumigasekik @asumigasekik

@mimimasumasu 私大教員・職員の給与が既得権になってるというご批判についてはどう御考えですか?非常勤講師との待遇格差は公平なものですか?フルで働いて保険なしで年収180万しかいかないのは公平なシステムですか?彼らがそれについて発言したら大学内で健全なキャリアを積めなく

2010-11-01 01:59:18
asumigasekik @asumigasekik

@mimimasumasu (続き)ことについてはどうですか?連投失礼しましたが、最近は全体のシステム変わったのに常勤側の構造をほとんど変えなかったことへの批判が強くなってきている気がします。

2010-11-01 02:00:09
masuda minoru @mimimasumasu

何かよくわからないなあ。全然現実的じゃない話だ。業績に問題のない事業体で職務を充分にこなしている現職労働者に待遇の悪化を自ら申し出ろなんて言われても聞くわけないよ。自らの労働の価値を自己否定しろというのかね。

2010-11-02 01:04:02
asumigasekik @asumigasekik

全然状況の捉え方がなってないと思います。全体の厚生を給与が正しく配分されるべきという話がなぜ労働価値を否定するということになるのでしょう?RT @mimimasumasu: 待遇の悪化を自ら申し出ろなんて言われても聞くわけないよ。自らの労働の価値を自己否定しろというのかね。

2010-11-02 03:35:07
asumigasekik @asumigasekik

それにも関わらず院生側の政策論に関して口出しされるのであれば、甚だポジショントークに過ぎないと思います。RT @mimimasumasu 現職労働者に待遇の悪化を自ら申し出ろなんて言われても聞くわけないよ。自らの労働の価値を自己否定しろというのかね。

2010-11-02 03:37:31
masuda minoru @mimimasumasu

私大で下宿入学までに240万円か。これだけかかる、というよりも、これだけかけることができる、だろう。

2010-11-02 19:19:12
masuda minoru @mimimasumasu

じぶんの場合、子どもにそんなお金をかけることはできないだろうというのも、子どもを持たない理由の一つだ。そんなものにお金を使っていたら研究生活が続けられない。

2010-11-02 19:25:53
masuda minoru @mimimasumasu

研究と教育のための投資を自腹でして、被扶養配偶者が一人いたら、暮らしていくのがかつかつです。

2010-11-02 19:31:39
asumigasekik @asumigasekik

@mimimasumasu 民間企業世帯主の平均年収470万円です。何故年収1300万も貰っててかつかつなのでしょうか?年収180万の非常勤も自腹で研究費、教育費用を出しています。>研究と教育のための投資を自腹でして、被扶養配偶者が一人いたら、暮らしていくのがかつかつです。

2010-11-02 20:47:54
masuda minoru @mimimasumasu

あなたよりも厳しい条件の人がいるのに何を贅沢を言うのですか、と言われて、はいはいとうなずいていたらみんなが低い条件に収斂するだけじゃないか。貧しい社会を目指すならそれでもいいだろうが。

2010-11-03 01:18:43
chaco @chikaue

同感。ただこの条件とか貧しさってdataベースで捉えたくない。mindが牽引して欲しいと思う RT @kuslnequ @mimimasumasu より厳しい条件の人がいる、何を贅沢を言うのかと言われ、はいはいとうなずいていたらみな低い条件に収斂する。貧しい社会を目指すならいいが

2010-11-03 03:02:57
kaigaidehatarak @kaigaidehatarak

決められたパイをどうやって分け合うかの問題ですから、低いほうに収斂しないと思いますよ。問題は適切な分配が成されているかの一点。RT @mimimasumasu あなたよりも厳しい条件の人がいるのに何を贅沢を言うのですか、と言われて、はいはいとうなずいていたらみんなが低い条件に収斂

2010-11-03 13:22:05
残りを読む(127)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?