10周年のSPコンテンツ!
0
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
第1巻「ネオサイタマ炎上」より 「レイジ・アゲンスト・トーフ」 エピソード5「エグジスト・イン・ジ・アイ・オブ・ビホルダー」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「5弐ドラゴン・ナリ」「2壱ギョク」「3四ライオン」「詰みました」 黒漆塗りの重役室で二人の男が革張りソファに座し、3Dアドバンスド・ショウギに興じている。18×18のヒノキ板マトリックス上に、ショウギ駒が緑の3Dホログラフで浮かび上がり、声に反応して進んだり裏返ったりするのだ。
アイアム事象ウィズフォース @Masanovski
#NJSLYR 義手やバイオナントカ手術を受けていたとすれば、指が五本とは限らない。ヨタモノのオーナーにも過去があるのだ。「オーナーは親指・人差し指・中指をくっつけ、小指と人差し指を立てて威嚇した」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「お待たせどす」刺激的なボンテージ・キモノに身を包んだ最新式のオイランドロイド2体が、かいがいしくオチョコとトクリ、それからオーガニック・スシを運んできた。「ヒョウロク=サン、お強いどすなあ」
flurry @flurry
そういや気付かなかった。小指を詰める云々って話か!>『小指と人差し指を立てて威嚇した』 #NJSLYR
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「それほどでもないですよ」と、勝利したヒョウロク副課長。「いやいや強いですよ」と言いながら、心の中で「ユウジョウ!」とつぶやくサナダ副課長。二人は将来を嘱望されたサカイエサン・トーフ社の重役であり、どちらもサカイエサン一族の人間である。サカイエサン社は江戸時代からの一族経営だ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
歳はどちらも20代後半。二人のカチグミは各々の革張りソファに座り、オイランドロイドを横にはべらせてサケをお酌させた。「いいオイランドロイドですね」とヒョウロク。「持って帰りますか?」とサナダ。IRC中毒でニューロンをやられ、堅苦しい言葉遣いしかできなくなっているのだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「え? いいんですか?」「いいんですよ」「悪いですよ」「いいんですよ」「じゃあ持って帰ります」「ユウジョウ!」「ユウジョウ!」二人はサケに軽く酔いながらも、高度な政治的駆け引きをくり返す。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
カチグミの世界は過酷だ。十年後、二人のうち課長のランクに昇れるのはどちらか片方だけ。だからといって露骨な派閥争いをすれば、さらに上の人間に目を付けられて制裁を加えられる。ユウジョウを忘れた者は、たちまちムラハチにされてしまう。ムラハチとは、陰湿な社会的リンチのことだ。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「スシも美味しいです。特にトロ」とヒョウロクが褒めると、奥にあるイタマエ・ブースから分厚い眼鏡をかけた老人が顔を出し、ノレンの下で照れ臭そうに一礼する。 ヒョウロクは上機嫌だ。「最近新しい趣味を始めましてね、サナダ=サン。墨絵なんですけど。今度個展をするんですが、見に来ますか?」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「墨絵とは高尚ですね」心の中でハイプと毒づきながらも、サナダ副課長はエビス顔を崩さない「どこでやるんですか?」 「カスミガセキです。一枚数十万円くらいからで売ります」 「すごいじゃないですか。政界の著名人も来ますね。私も是非行きます。ところで、どんなモチーフなんですか?」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ブッダとか……あとはまあ……主にトンボですね」と、ヒョウロクはオイランドロイドの白いシリコン胸を揉みながら言った。「もっとしてください」と、アンドロイドは高度にプログラミングされた電子音声を返す。「トンボいいですね!」と、サナダも自分の横にある肌蹴た胸に手を伸ばす。その時だ。
新角 @sinkaku
まさかこんな昼からニンジャスレイヤーの更新があるとは! #NJSLYR
ヤモ@文アル民 @nr_ymr
オイランドロイドのプログラミングされた言葉とわかっていても欲情した私はマケグミです。 #NJSLYR
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ブガー!ブガー! 非常ランプが回転し、部屋の中が赤く染まる。この音はレベル2警戒態勢だ。 「外ですね、脱走でしょうか」サナダは重い腰を上げてショウジ戸を開く。防弾ガラスごしに数百フィート下のハブエリアを見下ろすと、漢字サーチライトが照らされ、押し寄せる数百人規模の人影が見えた。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「おや暴動ですよ」と、驚く様子もないサナダ=サン。マケグミ風情がどうあがいても、ここまで攻め込めるはずはないからだ。自分たちは絶対安全な場所にいる。 「もうそんな季節ですか」とヒョウロク=サン「そうだ、次はシューティングゲームで反射神経と無慈悲さを競いましょう」 「いいですね」
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ネオサイタマ南部、オハナ・バロウ十七番地。サカイエサン・トーフ社の巨大トーフ工場。 「健康そして安い」「大豆入りトーフ」「支配的な」などの美辞麗句が並べ立てられた大垂れ幕が灰色の壁に並び、その上には無数の煙突の群れがストゥーバのごとく傾き乱立して、黒い煙を吐き出している
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
そして今、マストドンの脚に群がる蟻のように、急性ズバリ中毒の暴徒が押し寄せてきたのだ。始めは二百人弱、しかし新たなトレーラーが次から次へと暗いハブエリアに横付けされ、理性なき猛獣と化した労働者たちを解き放つ。その人数は千を超え、ついに二千人に達しようとしていた。
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
むろん、のっぴきならぬマッポーの世だ。トーフ工場側にも備えはある。数十基の自動監視カメラと漢字サーチライト、そして暴徒鎮圧用の高密度ゴム弾を連射するAI射撃システムが、至る所に設置されているのだ。握りこぶし大のゴム弾が頭部に命中すれば、敵はほぼ確実に失明、もしくは脳挫傷に陥る。
flurry @flurry
すんません、こっちもわりかしマッポーの世な感じです。ぜんぜんそちらほどじゃないんですけど……。 #NJSLYR
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
だだっ広いハブエリアを、ズバリ中毒者たちが目をぎらぎらと輝かせ泡を吹きながら、まるでサバンナを暴走するサイの群れか何かのように突き進んでいた。ズバリ・アドレナリンで痛みと恐怖を感じなくなっている彼らは、ゴム弾が命中して倒れても、すぐにズンビーのように起き上がってまた動き出すのだ。
残りを読む(17)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする