機動戦士ガンダム MS IGLOO視聴感想

MSIGLOOの視聴感想を予定しています。2も含めます。
アニメ 宇宙世紀 一年戦争 00年代アニメ 機動戦士ガンダムシリーズ 今西隆志 サンライズ
1
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
さて、MSイグルーについて一年戦争秘録について視聴した。とりあえず視聴感想を書こうとは思う。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
とりあえず話を元に戻して……イグルーについてはちょうど借りていた弟から「挫折したプロジェクトXなんだってさ」と電話で聞いていたが、実際見た所なんとなく「あぁ、なるほど……」といった印象だった。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
とりあえず第1話についてはちょっと微妙だなぁ……といった印象だったが、第2話のモビルタンク・ヒルトルブの活躍を目にして「おおっ、これがイグルーなのか!」と結構印象が良くなったと思う。第3話もわりかしそれに近い印象だった。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
イグルーは個人的に一年戦争のビックリドッキリメカを楽しむ事が私なりに見つけた見方だった。ただそのビックリドッキリメカがチートじゃん!といった印象は薄く、本編の一年戦争の状況に絡めて上手く空気を読んだ環境を作っているなぁと思えた。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
2話のヒルドルブは一年戦争で物資が不足している状況から、お蔵入りした試作機を持ちこんで戦線を維持させる為に用意された存在だったり、3話のヅダはスピードを出し過ぎると暴走する問題作だったり。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ヅダについては、そんな問題作でもオデッサから撤退するジオン兵を護衛する為にはなくてはならない存在(オデッサから撤退するザクが地上戦用の為、宇宙戦では溺れてしまう)として扱われており、上手く場にあった所でオリジナルMSをはめ込んでいるなぁと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
だからか、「これ持ってきたらジオン勝てたんじゃない?」的な印象はあまりない。いわば裏方の英雄として弁えていて史実を支えている存在なのかなぁとも思えたり。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
個人的には実は最初、新型MSが開発されるまでの物語が展開されるのかと思っていた。ヅダの存在は一応知っていた為、そのヅダを開発するまでの過程を描くつもりだったのかなと思っていたら、毎回単発形式だったのでここはちょっと意外だった。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
個人的には昔ガンダムエースで読んだdevelopersというザク開発までの物語のようなものを期待していたのだが、1話ごとに個性的なMSを見せたくなるスタンスもまたアリではないかと思うので、どちらを取るか難しい所といった感じがある。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ただ、キャラクター面はイマイチパッとしなかった所があり、オリヴァー・マイはそれなりにキャラが分かったが、モニカについてはちょっと嫌な女としての印象以外にあまり残っていない。戦車兵からMS兵になれず自堕落だったデメジエールさんはわりかし良い味を出していたのだが。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
けれど、あくまで主人公が技術者、戦争における第三者として振る舞い、パイロットである当事者を主役として描かなかったスタンスはちょっと面白いなぁと思う。少なくともこのイグルーでやろうとしていた技術者の物語はアリな方向で。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
あとフルCG関係については特に違和感がなかった。もともとリアルな絵柄だったからかこれはCGの方がピッタリだなぁと肯定する事が出来た。メカ描写もグイグイと動いていて第2話のヒルドルブ対ザクのガチンコ勝負はテンションが高まってしまった。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
なので正直言えば第2話でエンジンがかかって私なりに見方が分かってから楽しめた。どうやら0079黙示録という続編が直接つながっているそうなので、これも借りなければいけないようである……。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
第1話……ヨルムンガンドについては正直さほど印象に残っていない。切り札のビーム兵器についても、戦艦ならそう大差ないような……といった印象がありこの中ではピンとこない存在になっていたかもしれない。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ただ、それだけ強いけれどコストが高く、結局MSの方が徴用されていた為、MSのカモフラージュとして扱われる背景設定は良いと思う。ここら辺については2話で見方が分かったのでもう一度見直した方が良いのかもしれない。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
第2話……ドロップと称して精神安定剤を服用するデメジエールさんが妙に印象的だった。そして窮地に追い詰められた時にヒルドルブが変形してザク相手に殴り合いを展開する場面を目にして、「あぁ、そういうことか!」とここでイグルーの見方が分かった http://t.co/MIjLav28mK
拡大
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ここら辺のヒルドルブの動きが軽快で楽しい。ザクの腕がキャタピラに挟まった為、片輪(?)走行で疾走して迎撃するアクションはなかなか戦車の割にムチャクチャやっていていいぞ!って感じになったり。 http://t.co/UtGgCEbNA6
拡大
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
そして、ヒートホークで頭を貫かれるも、最後の1機を背後から撃ち抜くアクションがまたカッコいい。ここら辺で戦車乗りデメジエールの執念が見られベタなりに良い締まり方をしていたかと。 http://t.co/JRPHccFk2e
拡大

どういう訳かザクマシンガンとヒートホークを勘違いしていました。ここで訂正します。

(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ついでに序盤でジオン側のプロバガンダに対し、現実は物資消耗の泥沼に陥っている事にも触れられていて。そこから物資消耗を防ぐ為過去の存在となったヒルドルブが起用され、それを操るデメジエールもまたMS兵になり損ねた過去の人物。ロートルな存在が引っ張り出されていく動機付けも上手い。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
第3話……ジオン側のプロバガンダで「ヅダがパワーアップして帰って来たぞ!」的な事を紹介しているが、連邦側で「ヅダは墜落した恥さらしだ―!」と(当たり前だが)対照的な事を述べている所が面白い。あと、連邦側のプロバガンダが可愛いのですが。 http://t.co/ZDjE6YxRQB
拡大
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
そんなヅダだが、シャドーファイターと本編で呼ばれている通りの活躍をしているかと思う。ジオン側の脱出ポッドから離れた所でジムを引きつけて戦っている姿が見られ、また最終的に暴走して自滅するスピードで相手をおびき寄せる点もまるで影のMSらしい。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
この影のMSヅダは、シールドを展開させて相手を殴るように突き刺すアクションがカッコいい!レイズナーのダルジャンを思い出してしまう。 http://t.co/YRdc6TXqzs
拡大
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
ジャン・リュック・デュバル少佐の「これでヅダは歴史に名が残る!」的な発言で散っていく所は、ジ・オリジンのマ・クベがギャンが歴史に残る存在だと主張するシーンをふと思い出してしまう。印象は随分差があるのだが。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
何れにせよ、ジオンの地球からの撤退を影ながら助けて、そして人知れず高速の中で消えていったヅダはまさしくシャドーファイターなのかもしれない。正直ニクい役割を果たしているMSかと。
残りを読む(30)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする