2014年5月13日

悲しきかなや身は籠鳥 感想まとめ

サークル「折葉坂三番地」例大祭11の新刊、「悲しきかなや身は籠鳥」の感想ツイートまとめです。 本についてはこちら。http://oruhazaka.jimdo.com/
4
まえ一 @Maei_UX0091

ぬえちゃん本四分の三読んだんですが慢心創痍です もうぬえ書きたいです

2014-05-13 00:36:32
まえ一 @Maei_UX0091

「折葉坂三番地」 銅折葉さんの「悲しきかなや身は籠鳥」読了 源頼政の生涯に影を落とした「鵺退治」とは何だったのかについて「恨弓」や彼女が少女の姿をしている理由などに触れながら彼の視点から描かれていました。相当な分量もあり読み応えのある作品だったと思います。#例大祭11同人感想

2014-05-13 00:58:34
まえ一 @Maei_UX0091

上品な言い方でツイートしましたが、ぶっちゃけ表紙見た段階でイきかけました ぬえと頼政の本は元々大好きな部類で、おまけにマミさんまでセットとか台パンしながら喜んでました 今回一番楽しみにしてた本の一つ

2014-05-13 01:00:18
高坂流@ @takasaka393

移動中に一冊新刊の小説読み終えたんだけど、上手すぎて半ばしてやられた感にうちひしがれてるのがこちらのたかさかになります。

2014-05-13 12:32:09
高坂流@ @takasaka393

不満点が「この時代で私が好きな人物に出番がない」くらいしかない。と言うかもはやそれただの言いがかり感ある。

2014-05-13 12:33:27
高坂流@ @takasaka393

いや、うん。折葉さんすげえ。マジで。

2014-05-13 12:36:48
高坂流@ @takasaka393

何せ、個人的に「アレが欲しかった」と言う要素が「池大納言頼盛見たかった!」だけであり、挙げ句に確かに絡みが少ないから出なくていいと言うね。

2014-05-13 12:47:09
高坂流@ @takasaka393

そんな作品です、「悲しきかなや身は籠鳥」は。

2014-05-13 12:48:05
高坂流@ @takasaka393

「悲しきかなや身は籠鳥」/折葉坂三番地 源頼政とぬえとマミゾウの歴史小説。本当にがっつり歴史小説なので、実際に頼政が作った歌とかそういったものを知っていると色々にやりと出来るところも。後、「摂津源氏の氏長者」と言う頼政の視点や立ち位置は非常に新鮮(続 #例大祭11同人感想

2014-05-13 21:11:10
高坂流@ @takasaka393

承前)保元の乱、そして平治の乱を生き抜いた源頼政の政治的才覚がかいま見えるのもポイント。そして、出てくるまで長いけどぬえが可愛い。それが一番大事。あと、もう本当にぞくっと来たのは平宗盛絡みの場所。「そうくるか!!!」と叫ぶレベルであの流れの作り方は上手いです。マジで。(続

2014-05-13 21:13:13
高坂流@ @takasaka393

承前)個人的には池大納言頼盛っていうあの時代で一番好きな人物が出なかったのが心残りくらいですが、一般的なラインで見ると多分「登場人物多すぎて誰が誰だか分からなくなる」ってのがあるかもしれないなーと。でもそんなことを抜きにして面白く読めたので良い作品でした。(了

2014-05-13 21:14:51
あらたに @alatani

おりはさんの新刊、イントロでびりびり来たので数年来の当たりを引いた予感

2014-05-13 21:17:33
木戸 @kidokinoko

折葉さんの新刊、遅読ゆえまだ触りまでしか読めてませんがこれほんと東方の同人誌としてというか歴史小説としてすごく面白いのですごくおすすめです

2014-05-14 19:12:14
あらたに @alatani

折葉さんの新刊をちょっとずつ読んでるけどずっと舌を巻いている

2014-05-14 23:17:34
ひそな @Hisona_

折葉坂三番地さんの『悲しきかなや身は籠鳥』すごくよかった! 割とこの辺りの歴史は元々(少しは)齧ってたのもあり、そこをそう来るか~って感嘆しまくってしまいましたぬえちゃんかわいい。440pの長編だけど熱中して1日で読んでしまった……闇 http://t.co/Zkmpu38ZQy

2014-05-15 21:14:12
ひそな @Hisona_

参考文献にうちの紅炉上一点雪が載ってるのが嬉しすぎて珍しく短い感想なぞ述べてしまいました

2014-05-15 21:15:01
高坂流@ @takasaka393

あれなあ、本当に上手かった。宗盛との話は有名なんだが、ああ使うか、と。

2014-05-15 21:29:18
enclosed0@想悟彼我交信作成中 @kusamakurabunko

ぱらっと見た感じだと和紀さんと旅合同、折葉さんあたりが面白そうだな

2014-05-15 22:27:56
ハサマリスト @ThatZ_orz

『悲しきかなや身は籠鳥を』を読みながら、現実逃避待機。

2014-05-16 21:30:33
@sokojanai

帰りも順調に遅延する中央線で「悲しきかなや身は籠鳥」(折葉坂三番地)読了。帰ってから感想を書くにしても、やはり興奮を抑え切れない読後感だなぁ……。

2014-05-16 22:32:48
@sokojanai

「悲しきかなや身は籠鳥」(折葉坂三番地)厚い、濃い、おっさんかっこいい、ぬえかわいい、じいさんかっこいい、ぬえかわいい。そも源平合戦の何たるかさえ怪しい歴史小説が苦手な身上でも、物語の八割を占める摂津源氏一族郎党の歴史を存分に楽しめるエンタテイメント性が毎々素晴らしい。→

2014-05-17 00:06:12
@sokojanai

→細かな所作情景は毎度、大局の起結に至る説話まで兎角話のツボを捉えているので要らない疑問を挟む余地が無い。また対比するように現れるぬえの無邪気さが悲喜の彩りを添え、やがて鮮やかに映る顛末は電車の中で読んでしまった事を後悔するくらいに揺さぶられた。→

2014-05-17 00:06:16
@sokojanai

→手掛ける切っ掛けとツイートされた「なんでぬえは自分を射殺した頼政の弓なんてーものをわざわざラストスペルに持ってくるんだろう」というアンサーとしてこれ以上の作品はないと思う。 http://t.co/Df9A8hYLae

2014-05-17 00:06:27
@sokojanai

ちなみに歴史に疎い自分が「悲しきかなや~」で脳内に描くみやこのイメージは最近読んだこの辺の漫画が大体ベースになった。|夢源氏剣祭文 http://t.co/6n2JmBPbEZ 応天の門 http://t.co/NmB9Ckbf3O

2014-05-17 00:13:48
ハサマリスト @ThatZ_orz

折葉坂三番地 御中、『悲しきかなや身は籠鳥』読了、、、凄い、本当はただ凄いとしか言えません。しかしそれですと文字打ちとしてどうかというのもありますので、通り一遍の感想を述べさせて頂きます。 #例大祭11同人感想

2014-05-17 23:00:43
残りを読む(283)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?