2014年5月22日

刑事弁護人の責務(義務)、そして倫理

弁護士ドットコムにもありますが、 説明するやり取りの方が分かりやすいので、まとめました。 櫻井弁護士が語る、刑事弁護人の責務(義務)、そして倫理
54
櫻井光政 @okinahimeji

凶悪犯罪の被告人から、「真実の犯人は自分だが無罪を主張してくれ」と言われたときに、無罪主張に最善を尽くさなければならないのが刑事弁護の倫理です。有罪主張したら懲戒を受けます。その場合に残された道は辞任しかないけれど、いずれにせよ誰かがこの被告人を弁護しなければなりません。

2014-05-20 11:44:52
櫻井光政 @okinahimeji

だから、自分は無実と言われた佐藤弁護士が被告人の無罪獲得のために全力を尽したことは、刑事弁護人として「見込み違い」「軽率」等と批判や揶揄されたりする理由は何もありません。的外れな批判・非難や嘲笑をする人は、刑事裁判のルールを知らない人です。もちろんそういう人でも批評は自由ですが。

2014-05-20 11:55:08
kai @kaien_law

そういうレベルを超えて肩入れしすぎだとも感じましたが。RT @okinahimeji 凶悪犯罪の被告人から、「真実の犯人は自分だが無罪を主張してくれ」と言われたときに、無罪主張に最善を尽くさなければならないのが刑事弁護の倫理です。有罪主張したら懲戒を受けます。その場合に残された…

2014-05-20 12:14:02
櫻井光政 @okinahimeji

@kaien_law それは弁護のスタイルだと思います。スタイルは弁護士によってまちまちで、高名な弁護士もそれぞれ独自のものを持っていますね。武道や芸事の流派みたいだと思うこともあります。

2014-05-20 12:16:26
櫻井光政 @okinahimeji

いいえ。もし解任されなかったら弁護団から辞任したかというと、必ずしもそうでもないように思います。弁護人にとってはよくあることで、佐藤弁護士にとってもこの展開が全くの予想外というわけでもないように思います。

2014-05-20 12:24:37
櫻井光政 @okinahimeji

@154Fanson 法律は、「ばれなきゃ罪にならない」と定めているのではなく、「証拠がないと有罪にできない」と定めています。そこの区別を正しく子どもに教えるのが大人の役目だと思っています。

2014-05-20 12:36:28
櫻井光政 @okinahimeji

@154Fanson 弁護人の進退としては、辞任は可能です。受ける以上は無罪主張をしなければなりません。けれど、被告人の供述によらずに有罪にできる証拠が揃うことを求める刑訴法の理念からは、客観的な証拠があれば被告人・弁護人の無罪主張は恐れるに足りないということになります。

2014-05-20 13:27:31
ゆなゆな@どんどん亭部 @yunayuna64

@okinahimeji 突然すみません。後学の為にお教え頂きたいのですが、法律では裁判において、嘘(平たく言って)をついてはいけないという定めは無いという事でしょうか?

2014-05-20 13:32:54
櫻井光政 @okinahimeji

@yunayuna64 民事と刑事で異なります。刑事では、自身の罪について否認したり証拠を隠滅することは罪になりません。他人に対しては、嘘をついて金品を騙し取れば詐欺罪が成立します。

2014-05-20 13:38:36
Aprildiamond(坂山) @Poker_April

@okinahimeji 真実義務との兼ね合いから、公判での主張で弁護人に制限はかかりませんか?

2014-05-20 13:56:16
櫻井光政 @okinahimeji

@Poker_April 偽証教唆や証拠の捏造などは当然できませんが、被告人の主張を代弁する限りでは(それが虚偽であっても)、真実義務違反に問われないと思います。確かにギリギリのところでは難しい問題ではあります。

2014-05-20 14:38:03
櫻井光政 @okinahimeji

弁護士ドットコムが私のツイッターを記事に掲載してくれました。…「佐藤弁護士が批判される理由はない」 ベテラン弁護士が語る「刑事弁護人」の心得|弁護士ドットコムトピックス bengo4.com/topics/1540/ #bengo4topics @bengo4topicsさんから

2014-05-20 15:15:58
リンク 弁護士ドットコム 「佐藤弁護士が批判される理由はない」 ベテラン弁護士が語る「刑事弁護人」の心得 PC遠隔操作事件で公判中の片山祐輔被告人は5月20日、これまで続けてきた「無罪」の主張を一転させ、「私が真犯人です」と弁護人に認めた。主任弁護人の佐藤博史弁護士は記者会見で「裏切られたという感情はない...
櫻井光政 @okinahimeji

同感ですRT@1961kumachin国選弁護人は、そんなに簡単に解任してくれません。被告人が「実はやってました」と言ったときにも被告人の前で怒り狂うなど下の下。虚偽自白の可能性がないか確認した上で「君もウソをついていて辛かったろう」と言えるくらいでないと、やっていけません

2014-05-20 15:52:18
櫻井光政 @okinahimeji

@okamotonobuo 証拠の隠滅や偽造を行わず、被告人の言いたいことを最大限意を尽して主張することが弁護人の使命。それを、偽造や捏造によらぬ証拠で有罪立証するのが警察検察の使命です。そうして刑事裁判はシステムとして機能します。それで有罪にできないなら証拠が不十分なのです。

2014-05-20 15:58:27
櫻井光政 @okinahimeji

よく解りますRT@amneris84会見で「裏切られた、という思いはあるか」との質問に佐藤弁護士は「当初は否認していた人が、後から『実は…』ということは、刑事事件の弁護では常にあること。こういうことで『裏切られた』とか言うのでは、刑事弁護をやる資格がないと思っています」ときっぱり

2014-05-20 17:56:59
櫻井光政 @okinahimeji

自分の評価は自分がすれば良いのですRT@samayoeruhito 一生懸命やったからと言って努力が実を結ばないこともあるし、被告人に裏切られることもある。弁護人として一生懸命やるのは当然のことで、良い結果にならなかったとしてもそこは踏ん張ってまた頑張らなくてはいけないのだろうな

2014-05-20 18:02:49
櫻井光政 @okinahimeji

佐藤先生らしいなRT@amneris84今後の弁護人について「解任して国選でも」と言う片山氏に対して、佐藤弁護士は「私は君を見捨てることはしない」と

2014-05-20 18:08:05
櫻井光政 @okinahimeji

同感ですRT@yjochi解任、という話が報じられていたが、佐藤弁護士に聞いたら、弁護体制は今後も従前同様で続ける、とのことだった。そうであればそのほうがベスト。

2014-05-20 18:16:08
櫻井光政 @okinahimeji

私は「私の意見」ではでなく、現実の弁護人の倫理規範を述べているのですRT@tundocそうは思いませんね。公正な裁きの手助けをするのが法曹人の務めではありませんか? RT @okinahimeji:無罪主張に最善を尽くさなければならないのが刑事弁護の倫理(略)

2014-05-20 22:30:26
櫻井光政 @okinahimeji

勿論、「俺は真犯人だが無罪を主張してくれ」と言われて何の議論もなく唯々諾々と従うわけではありません。しかし、議論を尽くした末に被告人がそのような弁護を望んだときには、それに反する弁護はできないということです。

2014-05-20 22:32:00
櫻井光政 @okinahimeji

刑事裁判の公正さは、有能な弁護人が被告人の立場に立ちきって検察の立証を突き崩そうとしてなおその立証を崩せないときに有罪を言い渡すシステムによって担保されているのだと思います。弁護人が漠然と公正を考えて反証を加減するなどということがあれば、却って公正が害されるのです。

2014-05-20 22:35:24
山田三男 @mitsuoya

@okamotonobuo @okinahimeji 証拠から犯行事実が明らかな場合、無罪を主張することが却って被告人の不利益になる場合はどうするのだろう。 例えば「被害者の自業自得」のような考えを元に自分は無罪と主張して聞かない場合、それを代弁しなければならないのだろうか。

2014-05-20 16:26:45
櫻井光政 @okinahimeji

@mitsuoya @okamotonobuo 説得しても容れられない場合はそうなります。まれに弁護人が有罪意見を述べて懲戒されるのはそういうケースです。

2014-05-21 00:45:04
櫻井光政 @okinahimeji

@amneris84 @BEMAYBE2 江川さんの報道は警察批判が目的でなく、警察・検察の立証が十分かどうかの反証を試みていたと思います。「まあ最後まで言い分を聞いてみようよ。」「この発言は一理あるかも。」と言う態度で、刑事裁判を見る視点としては中立だったのではないでしょうか。

2014-05-21 21:56:46
残りを読む(1)

コメント

luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年5月22日
まとめを更新しました。(無関係のツイートを削除)
0