485
ログインして広告を非表示にする
  • 安東量子氏からのみなさんへのお願い
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 16:07:08
    私からのお願いですが。竹野内氏には竹野内氏の言い分がありますし、それに対するご意見を皆さまもお持ちでしょうが、本件に関して、他の方が彼女とやり取りされましても、最終的に、事態を引き受けざるを得なくなるのは、私だけです。ご静観頂けましたら、と思っております。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 16:09:00
    どなたかが竹野内氏を批判し、それに対して彼女が応答し、私への侮辱的発言を繰り出したとしても、告訴において、私にとって有利となることは、なにひとつございません。
  • 起訴猶予に関する見解
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:15:13
    これから、長文連投いたします。お目汚しいたしますこと、あらかじめ、お詫び申し上げます。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:15:49
    (1)竹野内真理氏告訴の件についてご報告申し上げます。 去る5月21日、福島地検いわき支部において、竹野内真理氏侮辱罪捜査の件について、担当検事より経過報告を受けました。 結果、被疑者竹野内真理氏を起訴猶予としたいとの意向で、私は、それを了承いたしました。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:16:14
    (2)担当検事からは、今回は、あくまで「起訴猶予」であり、「嫌疑不十分」による「不起訴」ではない、と強調されています。 私の告訴した本事案について、竹野内氏の発言は犯罪であり、起訴有罪するに値するが、竹野内氏は初犯であるため今回は起訴を猶予する、とのことです。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:16:48
    (3)これは、竹野内氏本人にも警告済みです。検事からは、ふたたび繰り返すようであれば、遠慮なく警察、検察に相談してほしい、再捜査を行うことを検討する、と約束していただいております。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:17:08
    (4)竹野内氏は、今回の私に対する誹謗中傷については、一線を越えていると反省し、また、今後は私に関わらない、との調書にサインしたと聞いております。調書に約束したとおり、今後は、私には一切関わらないでいただくことを、強く希望いたします。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:17:32
    (5)侮辱罪という微罪でありますが、いわき南警察署の刑事課、福島地検担当検事には、沖縄まで取り調べに足を運んで頂き、表面上で終わらせず内実を確認しながら、十分な捜査を尽くして頂いたと思っております。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:18:05
    (6)私としては、起訴有罪に至らなかったのは、不本意ではありますが、捜査を尽くした上で、十分に有罪に値すると認識して頂いたこともあり、「起訴猶予」を了承することといたしました。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:18:24
    (7)担当検事も、竹野内氏に対して、起訴すべきかどうかは判断に迷うところで、今回の「起訴猶予」の決定に関しては、希望に添えなくて申し訳ないと仰っていただきました。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:18:44
    (8)竹野内氏におかれましては、法律的には有罪にすることもできるが、あくまで初犯であるため起訴を猶予しただけという、検察の判断を受け止め、今後は、私が警察・検察に再相談する必要がないような言動をしていただきたいと思います。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:19:14
    (9)さて、今回、私が告訴に至った経緯を説明いたします。竹野内氏が、私と福島のエートスに対する誹謗中傷を始めたのは、2012年の7月からでした。「ツイートひとつで告訴」と言っておりますが、それは、告訴するのにはひとつのツイートで十分であるという法律上の理由に過ぎません。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:20:14
    (10)竹野内氏のtwilogで「エートス」「安東」「安藤」(彼女はしばしば私の名前の表記を間違えます)で検索していただければ、どれほど執拗に彼女が侮辱、中傷をつづけてきたかはご理解いただけるはずです。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:20:42
    (11)その侮辱のすべてが、彼女の思い込みと曲解と悪意に基づくものであり、事実とはまったく異なります。そのことを指摘した方は、数限りなく多くいますが、彼女は耳を傾けませんでした。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:21:05
    (12)なにより私が告訴に踏み切る決意をした直接的な理由は、彼女の誹謗中傷による被害が、私以外の第三者に及んだことにあります。中でも、エートスとはまったく関係のない人に対してまで実名をあげ、挙げ句の果てには、職場などに嫌がらせの電話をかけることなどを呼びかける有様でした。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:21:25
    (13)そして、実際に、竹野内氏本人及び、その追随者が職場に嫌がらせの電話やメールを送っております。何度でも申し上げますが、竹野内氏がエートス関係者として実名をあげた方は、伴信彦先生をはじめ、誰一人として、エートスに加わっておりません。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:21:44
    (14)第三者の方に罵声を浴びせ、あまつさえ嫌がらせの電話を送るような非常識かつ非礼な竹野内氏の振るまいを、私は容認することはできませんでした。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:22:03
    (15)当初、いわき南署に相談に行った際には、ネット上でよくある個人間の係争の応酬の延長との認識のようでしたが、事実関係の経緯の概略の要点を記載しまとめた資料を持参し、再説明したところ、対応がかわり、告訴受理の流れとなりました。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:22:21
    (16)担当してくださった警察、検察ともに、民間の言論の自由に公権力が介入することには、非常に慎重で抑制的な姿勢を示されていました。言論の問題は、言論の世界で決着をつけるのが筋であり、公権力が介入する問題ではない、というのが、彼らの一貫した態度でした。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:22:40
    (17)しかし、その彼らから見ましても、今回の竹野内氏の一連の言動は、一線を越えており、言論の自由を逸脱している、との認識があったため、侮辱罪という微罪で告訴受理、捜査していただくことになりました。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:23:02
    (18)担当検事の言葉を借りれば、客観的な第三者から見ても「これはひどい」という状況であった、ということと思います。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:23:40
    (19)私は、こうした言論の自由、表現の自由を重んじる担当刑事、担当検事の方に、竹野内真理氏の一連の私に対する言動は犯罪に相当する、と判断して対応していただけたことについては、非常に満足しております。
  • 安東量子 @ando_ryoko 2014-05-23 09:24:15
    (20)繰り返しますが、今回は、「起訴猶予」であり、「嫌疑不十分」による「不起訴」ではありません。同じ事を繰り返せば私も同じように対処する所存です。第三者に迷惑をかける行為についても、警告なしに厳正に対処いたします。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「出産・育児」に関連するカテゴリー