2014年5月24日

初めての外出支援(いわいゆうき編)

無職Fes代表・劇団ほぼ無職主謀のいわいゆうきさんの初めての外出支援の感想まとめ
1
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

今日はこれから、陸の孤島として有名な大田区の上池台に行ってきます。 pic.twitter.com/9Z4yrbyIY0

2014-05-23 14:29:32
拡大
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

障害者の外出支援の仕事です。切符を買ってあげたり、色々、相手に合わせてやります。興味あれば今度一緒にやりましょう。"@Fuyuki_FUJIWARA: ガイドへルパーとはなんぞ"

2014-05-23 22:29:28
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

① 昨日は友人の紹介でガイドヘルパーの仕事の体験見学をさせていただいた。 ※ガイドヘルパーとは障がい者の外出支援の仕事です。切符を買ってあげたり、相手に合わせていろいろします。 亀の子キャンプに参加していた経験もあり、 blog.livedoor.jp/chigusabiz/arc… 大丈夫かなぁと

2014-05-24 06:55:12
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

② は思っていたが、 まぁ、大丈夫そうであった。自分にもできそうな気がした。 (もちろん、相手の障がいの重さや、その時のコンディションにより、 大変なこともあるとは思うが) たぶん大丈夫かなぁとは思っていたのだけど、なんとなく、 劇団ほぼ無職を2年間運営してきた経験が効いている気

2014-05-24 06:56:09
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

③ がした。 ほぼ無職には「障がい者です!」という障がい者は少ないのだが、 どこか「生きづらそう」な人はたくさんいて、 この「生きにくさ」と障がい者の「障がい」には 共通するものがあると思うのだ。 障がいを持つこと自体、それ自体には罪はない。 けど、なぜか、 電車で大きい声を出す

2014-05-24 06:56:39
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

④ と白い目で見られるし、 他なんだかんだで外出はしにくい。 うちの劇団員に目立った悪人は一人もいなくて、 なのに、なぜか、 ほとんどの劇団員は正社員ではなく、 フリーターか、もしくは、無職、生活保護だ。 フリーターだって、 夢を追ってるとは限らない。 演劇に夢を見ている若者はう

2014-05-24 06:57:08
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

⑤ ちの劇団にはあんまり来ない。 悪いことをしていなくても、ひどい目に会うことはある。 こういうことを2年間、いや、自分の経験を含めればもっと長い期間見てきたことが おそらく自分にある種の 諦念だったり(仕方ない仕方ないと言い聞かせ、心を落ち着かせる) 悟り、とまではいかなくても

2014-05-24 06:57:46
いわいゆうき @MUSYOKU_FES

⑥ ある種の「色んな物を受け入れる心」「みんな色々で、それでいい」 「できないやつは本当にどうしようもなくできなくて、ただただどうしようもないけど、それも仕方ない」みたいなものを 身につけさせてくれたのではないかと思ったりもする。 全てのことに感謝して。 今日もいい天気ですね。

2014-05-24 06:58:06

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?