10周年のSPコンテンツ!

日本自治創造学会研究大会2014 初日

5月22日明大アカデミーコモンで開催された日本自治創造学会研究大会の1日目    〈会長講演〉:「見える議会、分かる議会―参加型議会への展望―」中邨 章(日本自治創造学会会長・明治大学名誉教授)    〈講演〉:「消費税アップと地方財政の行方」宮脇 淳(北海道大学大学院教授・前地方分権改革推進委員会事務局長)/「国家戦略特区による地域経済の再生へ」藤原 豊(内閣官房地域活性化統合事務局統括参事官)/「公有財産老朽化への対応―自治体(首長・議会)に求められる課題―」 根本祐二(東洋大学大学院教授)    〈パネルディスカッション〉:「変わる地方・変わる地方議会」    パネリスト 海老原功一(流山市議会議長)/清水聖義(太田市長・元太田市議会議員・元群馬県議会議員)/曽根泰教(慶應義塾大学教授)/谷 隆徳(日本経済新聞編集委員兼論説委員) コーディネーター 佐々木信夫(中央大学教授)
政治 議会改革 山中 地方政治
2
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
第6回014年度日本自治創造学会 研究会 「変わる地域社会、変わる自治体●地方議会」~自治、自立、分権~ に参加するためにお茶の水の明治大学アカデミーコモンに来ています。 p.twipple.jp/NSd15
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
開会挨拶 穂坂邦夫 日本自治創造学会理事長 この方は、元志木市長さんですね。 p.twipple.jp/ZFZVD
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
会長講演 見える議会、分かる議会ー参加型議会への展望ー 中邨章 明治大学名誉教授 この方の話しは変わらない。議員報酬低い、人材集まらない。アメリカ行政のサービス低い、ごみの事、税金の事、しか決めてない 。もう十分だなぁ。 p.twipple.jp/RDCzq
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
消費税増税と地方財政の行方 宮脇淳 北海道大学公共政策大学院教授 p.twipple.jp/WTomY 景気は、消費、住宅、そして企業の設備投資が、好調で1-3月期伸びている。機械受注指標は、不安定で、駆け込みかどうかは判断できていない。
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
宮脇淳教授 地域元気創造事業、地方交付税に政策誘導的なもの、成果指標のようなものを導入していいのかという議論がないまま。中央集権が強化されている。消費税増税により、社会保障の充実(地方に軸足)に振り分けられるのか、財政再建に振り分けれれるのか(中央に軸足)。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
国家戦略特区について 藤原豊 内閣官房地域活性化統合事務局次長。2002年構造改革特区で農業改革、株式会社参入の道開き、6次産業化などにつながる、指定管理者制度、スマートシティ、北九州では新日鉄系の会社が発電業務を行っているところがある。 そして、今回、国家戦略特区。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
国家戦略特区、ワンストップということが大切。 p.twipple.jp/p6C5X 滞在施設、ウイークリーマンションもホテルの許可を得ているのをなくす。公設民営学校の設置、病床規定の特例、農地に流動化を狙った農業委員会と市町村の事務分担、農業レストラン農業地域内に設置など
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
当面、指定された6地域でスピード間をもって固めて行く。 p.twipple.jp/Mw7la
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
公有財産老朽化への対応ー自治体(首長、議会)に求められる課題ー 根本祐二東洋大学経済学部教授 p.twipple.jp/SlYMK かつて作った公共施設を長寿命化、低予算化する必要。
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
広域化、多機能化、ソフト化。南魚沼市の議場が、クロネコヤマトのコールセンターに。しかも東京の営業所用。建築物ならいろいろ処方せんあるが、大変な道路、橋梁、水道、下水などインフラは難しい。インフラこそ対策必要。 p.twipple.jp/ypjgf
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
パネルディスカッション 変わる地方、変わる議会 パネリスト海老原功一流山市議会議長、清水聖義太田市長、曽根泰教慶應義塾大学教授、谷 隆徳日本経済新聞編集委員兼論説委員 コーディネーター佐々木信夫中央大学教授 p.twipple.jp/ECmur
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
流山市議会議長さんから議会改革の取り組みについて。流山市議会の議会改革なら僕の方がうまく紹介できそう。なんせ議会改革度ランキング1位、勉強させていただいてます。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
清水太田市長、市長になって20年、選挙強い。議員から首長になって、忙しさ10倍、楽しさ100倍。昔からノー原稿。議員、原稿書いてもらって、操作されている。そんなんじゃ、楽しくない。自民党だったけど、反骨な質問をした。そして首長になって、庁舎の計画を縮小、トラックを家に突こまれた。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
太田市、群馬県に頼らず、工業団地も売り切った。こういう元気な自治体ならより楽しい。皆さんも議員などやらずに首長になったらどうですか?と清水太田市長。 p.twipple.jp/kXB8c
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
谷隆徳日本経済新聞編集委員、不都合な真実目をつぶりがち、人口半減社会のビジョン作るべき、長期計画大切。2040年今からそれを考えるべき。議会改革について、3つの問題、地方議員見えない、誰に投票していいのか分からない、地域の固有の争点が分からない。議員の問題提起大切な仕事に。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
曽根泰教慶應義塾大学教授 2元代表制と言わない方がいい。議会の持つ力、議決権。でも、それを行使できない。日本は政党政治と言いながら、地方は大選挙制で、個人選挙している。議会内での合意とること大変。政党政治と違う面多い。議会の力は、情報公開、何が問題かを住民に示すこと。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議員は、財政指標で云々言うよりも、今ある地域資源をいかす提案してほしい。清水市長。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする