限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

怪傑教師列伝ダンゲロス

『ハイキュー』と『鈴木先生』に影響を受けた教師物ダンゲロス。発表直後、フォロワーが7人減りました。
Twitter小説 文学 書籍 ダンゲロス ド正義
6919view 0コメント
8
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
夏休み明けの厳しい残暑に晒される私立希望崎学園ーー。1
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
放課後のうだるような熱気の中、広大な学園敷地を横断し帰路に着く魔人学生たちは、死んだマグロのようにまなこを濁らせ、あーだのうーだのと唸り声を発していたが、職員校舎地下に存在する秘密職員室。ここでもまた、居並ぶ教職員たちが難問を前に頭を抱えて唸っていた。2
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
人ならぬ特異な能力に目覚めし者ーー魔人。だが、数多の魔人が在籍する、いわゆる魔人学園たる希望崎においても、いま彼らを悩ませている問題は、全国津々浦々の学園に見られるごくありきたりな代物であった。魔人学園特有の問題は既にあらかた解決済みである。3
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
暴力による圧政を敷き学園を恐怖で縛り上げていた旧番長グループは、二年前、現生徒会長であるド正義卓也の手により壊滅。その後、邪賢王ヒロシマによる番長グループが発足し、現生徒会との間で一触即発の危機にまで陥ったが、これは夏休み中に校長黒川メイによる働きかけでデタントへと至った。4
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
魔人学生同士の暴力的対決や恐怖支配は終焉を迎え、一般的高校と同程度の安全性を希望崎は手にしたのだが、すると、これまで凶悪事件の影に隠れて見過ごされがちであった諸問題が、にわかに顕在化することとなったのである。彼らの直面した問題とは、すわなち学内でのイジメ問題であった……。
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「皆さんもご承知の通り、我が校においてもこの問題とは無関係ではいられません」校長の黒川メイが口火を切った。「この問題はペーパーテストではありません。シンプルで汎用的な答えは得られないでしょう。結局はケースバイケースでの対応が求められます。ですが、それでも」と黒川校長は言う。6
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
それでもこうして集まって基本スタンスを確認し、情報共有することには意味があると彼女は考え、ゲストに生徒会長のド正義卓也を加え、この問題を論じ合うことにしたのである。「皆さんの活発な議論に期待します」と校長は開会の辞を締めくくった。直後、即座に挙手したのは生徒会長のド正義である。7
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「本来はこういった問題こそ我々生徒会が率先して取り組むべきことと思いますが」ハキハキした声音で言う。「現実問題として、我々は治安維持業務に人数を割かれており後手後手に回っているのが現状です。今日の会議を通じて先生方と見解を一致させ、協力して問題に取り組んで行ければと思います」 8
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
と、優等生的な発言をする。居並ぶ教師たちは頷いたが、一人、これに「チッ」と舌打ちしたのが数学教師の長谷部である。彼は極端な魔人差別主義者であり、学園に秩序を取り戻したド正義たち生徒会さえも彼らが魔人というだけで毛嫌いしている。そんな態度を見かねて魔人体育教師の山岡が口を開いた。9
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「長谷部先生には一度お尋ねしたいと思っておりましたが、先生はこの問題に関してどのようにお考えですかね?」と、やや意地悪く尋ねる。長谷部は日頃、同僚の魔人体育教師に対してさえも侮蔑的視線を隠さないからだ。だが、差別主義者は当たり前のように言った。10
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「決まってるでしょう? いじめられる側が悪い。いじめられるようなことをしている本人に問題があるんですよ」これには校長を始め列席者一同、鼻白んで彼を睨んだが、長谷部本人はまるで意に介する様子もない。「あー……。まァ、長谷部先生の言も一面の真理ではあると思いますが……」11
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
白けかけた一座の中、禿かかった教頭が何とか言葉を継いだ。「しかし、いじめ被害者の側に、もっとしっかりしろなどと言っても実際効果は上がらないわけです。やはり加害者側の意識改革というかですねェ……」「うーん、でもそれが難しいんですよねえ」教師たちが次第に議論に加わり始める。12
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「強く叱り飛ばしても効果は一過性に過ぎないですし」「かといってイジメの不毛さをこんこんと諭しても、彼らも不毛なことは百も承知でやってるわけでしょう」「いじめる側にも鬱屈した想いがあるのでは?」「しかしスポーツで発散……というのはよく言われますが部活内イジメも現実にありますし」13
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「生徒会が罰則を強化しては?」「生徒会にばかり汚れ仕事を押し付けるのも……」「僕たちが泥を被るのは構いませんが、後手でしか対応できない状況は変わりません」「やはりシステムではなくメンタルに働きかけないと……」など侃々諤々の議論が交わされるが快刀乱麻を断つ意見は現れない。14
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
やはり簡単に答えの出る問題ではないのだ。だからこその議論なのだが、場の混沌状況を前に、数学教師の長谷部はフンと馬鹿にしたように鼻で笑った。「ほらね、巧いやり方なんてないんですよ。いじめられる側が自助努力する。我々はそれを励まし手助けする。結局そのくらいしかないんですよ」15
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
ムウーーと、これには一同も瞬時押し黙ってしまった。だが、この時、場の片隅からおずおずと挙手する者の姿があった。その男の顔を見て「チッ」と長谷部はまた舌打ちする。「今の議論を聞いていて思ったことがあるのですが」穏やかな物腰の男が静かに立ち上がった。男は現国教師のチェン・スズキ!16
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
スズキは三十代に差し掛かったばかりの若い教師で、演劇部の顧問も務めている。魔人ならぬ人間の身の優男であるが、その性根は座っており教育のためなら命をも賭する覚悟を秘めている。旧番長グループ恐怖政治時代にあっても毅然とした態度を貫き、不良魔人たちからも一目置かれていた程である。17
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
無論、生徒人気も高く人気教師ランキングでは常にトップに立っている。だからといってあまりしゃしゃり出る性質でもなく、普段は他の教師たちの議論にほんの一言付け加える程度の奥ゆかしさを持つ彼であったが、この時は居並ぶ教師たちを前にして、己の体験談をとつとつと語り始めたのであった。18
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「ご存知の方もおられるかと思いますが……僕の演劇部でもこの問題とは無縁ではいられませんでした」「へえ……じゃあ、演劇部内でのイジメ問題を、スズキ先生が愛情溢れる指導で巧みにご解決されたと、そういう有り難いお話ですかね?」皮肉たっぷりに長谷部がちゃちゃを入れる。19
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
人気ランキング不動のワースト一位である彼は個人的にスズキを憎んでいた。だが、スズキは長谷部の煽りに自嘲的な笑いで答えた。「いえ、とてもじゃありませんがそんなカッコイイ話ではありません。むしろ僕も生徒たちから教えられたんです。皆さんのさっきの議論でそのことを思い出しまして……」20
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「確か……教頭先生が先ほど仰られましたよね、いじめる側の生徒にも鬱屈した想いがあるのではないか、と。そうだと思うんです。本当に、元気で爽やかに、心の底からの喜びをもってイジメをしている生徒なんて一人もいないと思うのです」長谷部を除く一同が神妙な面持ちで頷いた。21
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「皆さんはウチの雁木という女子生徒をご存知ですか」「演劇部部長の雁木さんですね」ド正義が答える。彼女はド正義のクラスメートでもある。「では、彼女が部内で一種のアイドルでありカリスマであることは知っていましたか?」生徒会長は驚いた顔で首を横に振った。22
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
どちらかと言えば地味な女子だとド正義などは思っていたからだ。「驚くのも無理ないですが、実際、彼女は部内での、特に後輩からの人気は凄いのです。普段の姿からは想像も付かないと思いますが、一度演技に入った時の彼女は神がかっています。心ここにあらずといった感じで役にのめり込むのです」23
架神恭介(ダンゲロス1969連載中) @cagamiincage
「彼女は喜劇を演じている時には花畑が、悲劇を演じている時には荒涼とした砂地が"視える"のだと言います。一種の演劇的天才なのでしょう。その神々しい演技と、普段の影のある、やや不健康ささえ感じさせる面影のギャップに下級生たちはクラッと来てしまうようです」24
残りを読む(63)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする