2010年2月22日

日銀券と国債

やはり、日銀券はあらゆるものと交換できることが価値になるようにデザインされているし、国債は政府紙幣というべき性格をもってはいるが長期保有を前提にデザインされていることを教えていただいた。
1
ひでき @hidekih

ライトニングトークの資料作りました。って、お見せできる時間があるのでしょうか? http://d.hatena.ne.jp/hihi01/files/defration100212.pdf  #hppj

2010-02-13 09:36:48
大木 慎也 @Shinya_Ooki

高信頼社会は窮屈だけど安全なんですよね。そして、安全と安心は、非常に高い関係性を有している。窮屈さは、人を律する作用もあります。低信頼社会を求める気持ちというのは、実は、人として安易な考えに過ぎないのでは?と思うんですよね‥。 RT @hidekih

2010-02-17 22:44:53
ひでき @hidekih

@Shinya_Ooki 年寄りはどこかで若者に道をあけてやり(隠居する)、若者は年寄りを敬うというのが、高信頼社会を保ちながら、スムーズに世代交代する手段なのでしょうけどね。この超高齢社会でそのサイクルが機能していないのが現状でしょう。 #hppj

2010-02-18 06:13:34
ひでき @hidekih

@takaro 日銀券は利子をはらわなくてよくて、国債は利払いがあるってなぜなんでしょうね、ほんとうに。 http://d.hatena.ne.jp/hihi01/20080615/12 #hppj #bijp

2010-02-18 06:26:00
Toru Takahashi @torux

@hidekih ただし、共同幻想を生み出す人間社会は物理的な身体より形成されており、地球上の自然環境との対話を通した進化・適応で、「情報」という名の人類経験との差異を処理する能力を身につけている訳で、つまりは「幻想」も何らかの「実態」に基づいた情報から構成されている訳です。

2010-02-18 18:49:07
Toru Takahashi @torux

@hidekih 景気や経済力という幻想も、それが膨張したがっているときは止めることは出来ないし、幻想が崩れるときには止めることは出来ない。個々の人間にできることと言えば、流れに逆らわずに先読みし、一瞬の機微を待ち構え流れの変化の先を取ること、ぐらいです。一生が波乗りの練習です。

2010-02-18 19:04:42
大木 慎也 @Shinya_Ooki

日銀券と同じ価値しか無くて、通貨として利用出来ないものであれば、誰も買わないからでは? RT @hidekih @takaro 日銀券は利子をはらわなくてよくて、国債は利払いがあるってなぜなんでしょう #hppj #bijp

2010-02-19 00:20:52
ひでき @hidekih

@Shinya_Ooki 日銀券といつでも変換可能なら貨幣と同じ価値ですよね?同じ価値で、同じ政府が保証しているなら、日銀券を持つより利子のつく国債で決済する方が得と言うことになりますよね。

2010-02-19 08:22:17
ひでき @hidekih

@torux ほんとうにそうですね。 RT 景気や経済力という幻想も、それが膨張したがっているときは止めることは出来ないし、幻想が崩れるときには止めることは出来ない。個々の人間にできることと言えば、流れに逆らわずに先読みし、一瞬の機微を待ち構え流れの変化の先を取ること、ぐらいです

2010-02-19 09:49:30
大木 慎也 @Shinya_Ooki

だから利払いがある、という話ですよね? RT @hidekih @Shinya_Ooki 日銀券といつでも変換可能なら貨幣と同じ価値ですよね?同じ価値で、同じ政府が保証しているなら、日銀券を持つより利子のつく国債で決済する方が得と言うことになりますよね。

2010-02-19 15:42:38
ひでき @hidekih

@tyobisuke 「FREE!」でトレードオフを説明するのに、「女(男)とはとても一緒に生活できない。しかし、女(男)がいないといけない」という比ゆが出ていました。女(男)を公務員と読み替えるとトレードオフの恐ろしさがわかりすよね。

2010-02-19 23:07:16
ひでき @hidekih

@Shinya_Ooki えっと、いや、もし、みんなが利子が付く分、国債のが日銀券より有利だと思い、決済手段として認め始めたら、日銀券ではなく、国債が貨幣になるのではないでしょうか?

2010-02-19 23:08:02
ひでき @hidekih

@gaytown_2chome 社会が末端から麻痺していくとすると、だんだんいまのクオリティーや量でものが作れなくなるわけですから、貨幣価値は超高齢社会では下がると思うんですけどねぇ。貨幣を選択する人が多いのが納得いきません。

2010-02-20 00:06:50
大木 慎也 @Shinya_Ooki

そういう事でしたか。しかし、それは無いんじゃないですか?国債が日銀券より有利だと皆が思ったとしたら、わざわざ日銀券より価値のあるものを手放そうとする物好きは、居ないかと。 RT @hidekih えっと、いや、もし、みんなが利子が付く分、国債のが日銀券より有利だと思い、決済手段

2010-02-20 00:21:47
ひでき @hidekih

@Shinya_Ooki つまりは、まだみんなが日銀券の方が国債より価値が高いと思っているだけだと。その理由は、みんながまだそうお持っていないからだという理由なわけです。ここにトートロジーがあり、安富先生の「貨幣の複雑性」があります。貨幣とは本来生成し、消滅する商品なのです。

2010-02-20 08:16:13
ひでき @hidekih

[B!] @HYamaguchi 三面等価からいえば国債を買った時点では実質的に市中に出回るお金の量が増えたわけではなく、借入が行われた時点でお金の量が増えるのだと思っていました。 http://bit.ly/bOGB2F Twitter / Hiroshi Yamaguc...

2010-02-20 12:32:08
ひでき @hidekih

[B!] #hppj これは結構みていらっしゃいますよね? http://bit.ly/dd3vPa Money As Debt(日本語字幕版)

2010-02-20 12:33:49
ひでき @hidekih

国の借金が増えすぎて信用がなくなってもどっかで爆発的にインフレ、国債の日銀買取でもインフレ、少子高齢化で年寄りがお金を溜め込んでもインフレ、ベーシックインカムで税金をみんなに配っても財政赤字でインフレ、どうころんでもインフレという理解でよいのだろうか? #hppj #bijp

2010-02-20 12:39:28
KONDO,Daisuke(近藤大介)ケイゾクエナジー @kondai_j

多謝です。将来、貨幣経済がうまく回らなくなることもあるでしょう。そこで過去の成功にこだわらなければいいのですが、個人の性格で分かれると思います。 QT @hidekih MoneyAsDebt インパクトありました。 http://bit.ly/9o4foi #hppj

2010-02-20 12:43:40
ひでき @hidekih

@kondai_j 安富先生のシミュレーションによると、貨幣ももともとひとつの商品にすぎないと。ただ、多くの人がその交換価値を認めると貨幣としての性質を持つということです。そして、複雑系的構造変化によりいつしか他の商品にとってかわれ、貨幣としては消滅すると。 #hppj

2010-02-20 14:36:30
KONDO,Daisuke(近藤大介)ケイゾクエナジー @kondai_j

同意。貨幣とは、ある条件下でのみ通用する商品交換券。実際、財布にはクレカだけの人もいるわけですし。 QT @hidekih 安富先生…によると、貨幣ももともとひとつの商品にすぎないと。…複雑系的構造変化によりいつしか他の商品にとってかわられ…消滅すると。 #hppj

2010-02-20 18:03:41
ひでき @hidekih

[B!] 「金の切れ目が縁の切れ目」ってのがより容易に現実化する → アメリカの同様の政策の過去の失敗 グレート・ソサエティー http://bit.ly/aWNjG7 #hppj #bijp http://bit.ly/a9xpFS ベーシックインカムの世界 - Chik...

2010-02-21 04:44:38
ひでき @hidekih

そぼくにベーシックインカムって、お金の価値を切り下げるだけのことで、全員にお金をくばっても、貨幣価値がさがって生活の水準はあがらないのではないだろうか? http://bit.ly/9EFPEo #hppj #bijp

2010-02-21 04:48:40
ひでき @hidekih

15分で読む「貨幣の複雑性」 - HPO:機密日誌 http://bit.ly/9SMnr8 #hppj #bijp #asanico

2010-02-21 04:50:20
ひでき @hidekih

[B!] #asanico #hppj #bijp http://twitter.com/kondai_j/status/9377028499 Twitter / KONDO,Daisuke(近藤大介): 同意。貨幣とは、ある条件下でのみ通用する商品交換券。 ...

2010-02-21 04:53:52
残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?