北丸雄二 @quitamarco さんの、カリフォルニアの大量殺人事件に関するジェンダー問題の説明

短いけどまとめました
国際
7
北丸雄二 @quitamarco
1)カリフォルニア州サンタバーバラで、大学生エリオット・ロジャー(22)がYouTubeに事前の犯行予告を揚げて6人の大学生を殺害した事件。これが全米の女性たちに異例の反応を惹き起こしています。なにせ犯人は「自分のような完璧な紳士を相手にしない女性たちすべてに罰を与える(続く)
北丸雄二 @quitamarco
2)ぼくを相手にしないのは女たちの不正義であり犯罪だ。罰してやるのがぼくの喜びだ」と発言しているのです。これは大変な女性嫌悪に基づく犯罪です。そこでアメリカの女性たちが「#YesAllWomen(すべての女性にイエスを)」というハッシュタグをつけて何万件もツイートを始めている。
北丸雄二 @quitamarco
3)何をツイートしているかというと、自分の経験した性暴力、性的嫌がらせ、性的脅しなどの話、経験談を語っているんですね。つまりこれは男性による女性嫌悪、女性侮蔑に基づいた暴力事件なのだというわけです。つまり、ここにあるのはジェンダーの不均衡なのです。
北丸雄二 @quitamarco
4)しかも、この犯人は、メンズライツ運動(男性の権利を取り戻す運動)に関わっていたとも言われています。これはフェミニズムの台頭に恐れを為した男性側が、男性性の優位を訴えて権利運動を行うという、とても短絡的で倒錯的な運動なんです。
北丸雄二 @quitamarco
5)つまりフェミニズムに出遭ったときにそれを取り込んで男性が柔軟かつ大らかに変わってゆくという運動ではなくて、フェミニズムに対抗して競争して女性に勝つ、というなんとも子供染みた運動なんですね。
北丸雄二 @quitamarco
6)世界中で女性に対する性暴力が溢れています。なのにそれはあまり人権の問題として考えられない。暴力には人種や階級、宗教などの別はないがジェンダーの別はあります。男性からの暴力の方が圧倒的に多い事実をもう一度男たちに考えてもらいたい。その呼びかけがこの事件で喚起されているのです。
北丸雄二 @quitamarco
以上、時間が足りずにラジオでは説明できなかったカリフォルニアの大量殺人事件に関する女性蔑視、ジェンダー問題の説明でした。#daycatch

コメント

八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 +私のフォロワーはミミタコだろうけど、繰り返す。  私はこの手のアパルトヘイト的主張には賛同できない。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 アパルトヘイト国家で白人にクビにされた有色人種の銃乱射事件があって「これは白人憎悪に基づく犯罪です」とか「有色人種の加害者率が高い事実を、有色人種たちに考えてもらいたい」とか言われたらどう思う?
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 大半の日本人は「知るか!」と怒るだろう。心優しい人でも「まず、被害者に哀悼の意を。しかし、それを有色人種か否かに結びつけるのは間違いです」とやはり怒るだろう。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 なるほど、犯人は有色人種かもしれない。しかし、地球の裏側にいて、事件に関与もせず、善良勤勉に生きている日本の有色人種には何の責任もない。当然の話だ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 それに『有色人種の加害者率が高い事実』についても、裁判の公正さに疑いが残るし、そも貧困率やホームレス率が高く、過酷で危険な肉体労働を強いられれば、有色人種でなくとも犯罪は増える。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 それをあたかも有色人種固有の問題のように言われ、しかも連帯責任まで仄めかされれば、『人間として』怒るべきだ。差別には立ち向かうべきだ。そして、これは有色人種を男性に置換しても同じ事だ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2014年6月19日
 暴力に人種や階級、宗教が関係ないという意見には賛成だ。しかし、暴力にジェンダーがあるという意見には反対だ。犯罪加害者は取り締まるべきだ。暴力には人種や階級、宗教だけでなくジェンダーも関係ない。
hamptall @hamptall 2014年8月12日
私にはこの被まとめ主のコメントが、「YesAllWomenを題材にしつつNotAllMenをやってしまっている」ように思われます。