みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

レイジ・アゲンスト・トーフ」 エピソード6 「ナラク・ウィズイン」 #2

B・ボンド&F・モーゼズ作。ネオサイタマを舞台に繰り広げられるサイバーパンク・ニンジャ活劇「ニンジャスレイヤー」の私家翻訳物のtwitter連載まとめ 第1巻「ネオサイタマ炎上」より 
ニンジャスレイヤー
94076view 2コメント
8
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
第1巻「ネオサイタマ炎上」より 「レイジ・アゲンスト・トーフ」 エピソード6「ナラク・ウィズイン」 #2
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ニンジャ殺すべし!」 ニンジャスレイヤーはチョップの構えを取り、一直線にビホルダーへと駆け込む。だがそれを遮るように、テッコを構えたシガキ・サイゼンが立ちはだかった。さらに、ビホルダーに操られた他のクローンヤクザたちも、ニンジャスレイヤーを四方から取り囲むように動き出す。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーのチョップがシガキのくり出すテクノカラテと真正面から激突し、火花を散らす。戦闘義手がピストン運動し、チョップの腕を後方へと弾き返した。姿勢が崩れる。ウカツ! ニンジャ以外の敵に注意を払わないフジキド・ケンジの未熟さが出てしまったのだ。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
続けざま、這い寄るコブラのようなテクノカラテがニンジャスレイヤーの股間を襲う。ナムサン! だがニンジャスレイヤーは素早い垂直開脚ジャンプで辛うじてこれをかわし、空中パンチでシガキの顔面を強打した。「グワーッ!」シガキの首が後方に180度以上回転し、たまらずもんどりうって倒れる!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーは、重役室の隅に退いたビホルダーに向かって突き進んだ! 床に散らばった札束やマグロ粉末が踏み荒らされて舞い、ボンボリ非常ライトの赤い明滅に照らされる! ビホルダーの投げるスリケンの雨をかいくぐりながら、あと20フィート! 10フィート! 5フィート! その時!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」ビホルダーは両手をこめかみにあて、サイバーサングラスのスモーク透過率を50%にしたのだ。青白いヒトダマをたたえた眼がニンジャスレイヤーの視線と交錯する! 「グワーッ!」カナシバリ・ジツ! フジキドはチョップをくり出す寸前で、ローマ戦士の彫像のように固まってしまった!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「貴様がニンジャスレイヤー=サンか」ビホルダーは涼しい口調で言う「正体を明かしてもらおう。お前の手で、そのメンポと頭巾を外すのだ」。ニンジャスレイヤーの手がバリキ中毒者のようにわなわなと震え始める。フジキドは何が起こっているのか理解できなかった。敵が使ったジツの正体すら判らない。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「……どうした、早くしろ」ビホルダーが次第に苛立ち始める。ジツにかけられたはずのニンジャスレイヤーは、強靭な精神力でビホルダーのジョルリとなることに抗い、手の動きを止めたからだ。フジキドの胸の中では、目の前にいるソウカイニンジャに対して黒い怒りが燃え盛っていた。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
再び、ニンジャスレイヤーの腕がぴくりと動く。だが、それは自らのメンポを外すためではない。大きく振りかぶり、チョップをくり出すためだ! 自らの能力を過信していたビホルダーは、サイバーサングラスに手を伸ばすも間に合わない! ナムアミダブツ! 「グワーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
だが、絶叫とともに弾き飛ばされたのは、ビホルダーではなくニンジャスレイヤーのほうであった! 何故か?! それは首をゴキゴキと回して立ち上がったシガキ・サイゼンが、ジョルリ・マスターであるビホルダーを守るために、ニンジャスレイヤーの側面から痛烈なテクノカラテを食らわせたからだ!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニンジャスレイヤーの体はピンボールのように飛んでゆき、オイランポールで勢い良く三回転してから、その横にあった漆塗りコケシ箪笥に命中してこれを叩き割った。ゴウランガ! 重役たちがコレクションしていたコケシやタヌキや大きいショウギ駒が、雪崩を打ってニンジャスレイヤーの上に崩れ落ちる!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
並の人間なら即死する量のコケシに押しつぶされながらも、ニンジャスレイヤーは麻痺が解けたことに気付いていた。再び正面から攻撃をしかけるべく、ブリッジから体を起こそうとしたその時、地獄の底から響いてくるような声が脳内で木霊する。『愚かなりフジキドよ、それでは奴の思う壺』『何だと!?』
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『奴に憑依したニンジャソウルの正体は、コブラニンジャ・クランのグレーター・ニンジャだ。正攻法のカラテで攻めれば最後、奴は今度こそ裸眼で強力なカナシバリ・ジツを使い、オヌシは即死するであろう』『ではどうする?』『フジキドよ、オヌシの体を俺に預けろ』『断る』『仇を討ちたくないのか?』
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ビホルダーはキコキコと車椅子をこいで位置を取り直し、クローンヤクザたちをコケシ箪笥の残骸の周囲に移動させた。「「「まさか、カナシバリ・ジツを破るとは。ラオモト=サンの機嫌を取るために、ニンジャスレイヤーを生け捕りにしようと思ったのが間違いだったか。次こそは確実に仕留めねば」」」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ん、お前、何を泣いている? ズバリが切れたのか?」ビホルダーはシガキを人差し指で手招きする。ジツに操られたシガキの眼は冷凍マグロのように虚ろだが、その目からは自らの夢が潰えようとする無念の涙がいまだ流れ落ち、口はぴくぴくと引きつっていたのだ。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「死ぬまで戦えるようにしてやろう」ビホルダーは腰に吊ったニンジャ巾着から高濃度ズバリ・アドレナリンのアンプルと細いプラスチック製シリンジを取り出し、跪かせたシガキの首元に手早く注射した。「アイ……アイエエエエエエエ!」シガキの口から、恐怖の絶叫とも雄叫びともつかぬ声が漏れる。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「行け! 奴を粉砕しネギトロに変えろ!」抽象的な命令を受けたシガキは、殺人機械の足取りで動き出す。太い血管が浮き上がった左手でテッコのスターター紐を引くと、戦闘義手の排気口からはシガキの悲鳴のようにけたたましい音をたてて白い圧縮空気が吐き出された。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
それと同時に、コケシ箪笥が天井に向かって垂直に跳ね飛ばされ、ニンジャスレイヤーが姿を現した。「サツバツ!」赤黒い血が霧と化して、彼の周囲に微かに漂った。右目の瞳孔がセンコのように細くなり、真っ赤に光っている。メンポのスリットからは、ナラクの炎のような蒸気が吐き出されていた。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イイヤアアーーーッ!」ニンジャスレイヤーは落下するコケシ箪笥を大車輪のような側転で回避しながら、両手の指の間に三枚ずつスリケンを挟みこみ、猛烈な速度でこれを射出した。タツジン! 「グワーッ!」重役室にいたクローンヤクザは全員即死!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イヤーッ!」シガキが頭部めがけてテクノカラテをくり出す。だが、テッコは虚しく空を切り、圧縮空気だけが白い円弧を描いた。中腰でこれをかわしたニンジャスレイヤーは、敵の突進の勢いを利用して相手の体を両肩に背負い、そのまま自分が突入してきた窓の外へと放り捨てた! 「サツバツ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「アイエエエエエエエ……」シガキの絶叫が遠ざかってゆく。ナムアミダブツ! わずか三秒間のうちに、重役室には二人のニンジャとオイランドロイドしかいなくなっていた! 「次は貴様だ、コブラニンジャ・クランの若造め」ニンジャスレイヤーは殺戮の喜びを鋼鉄メンポで隠しながらじりじりと迫る。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ビホルダーに驚きは無い。ジョルリの戦力など最初から期待していないからだ。 …だが何故だ? その心臓が危険を告げる鐘のように、激しく鳴り始めたのは? こめかみに当てた両手が、じっとりと汗ばむのは? 「慈悲は無いぞ、ここからは真のニンジャの世界だ」ニンジャスレイヤーが不気味に笑った。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ナムアミダブツ」という威圧的な赤色LED文字が流れていた黒いグラス部分が、パカリとブツダンのように左右に開き、ビホルダーの恐るべきイーヴィル・アイがむき出しになった! 「イヤーッ!」 だがそれと同時に、ニンジャスレイヤーは後ろを向いたのだ!! 「イヤーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
カナシバリ・ジツ、破れたり! 眼が背中についている人間はいない! これでは、眼を合わせてジツにかけることなど、永遠にできないではないか! 「ア、アイエエエエエ!」ビホルダーが恐怖におののく。しかもニンジャスレイヤーは後ろを向いたまま、ムーンウォークの姿勢で滑るように近づいてくる!
残りを読む(22)

コメント

かわうそ @VicugnaPacos 2011-09-07 12:15:24
RT @NJSLYR: カナシバリ・ジツ、破れたり! 眼が背中についている人間はいない! これでは、眼を合わせてジツにかけることなど、永遠にできないではないか! 「ア、アイエエエエエ!」ビホルダーが恐怖におののく。しかもニンジャスレイヤーは後ろを向いたまま、ムーンウォークの姿勢で滑るように近づいてくる!
かわうそ @VicugnaPacos 2011-09-07 12:15:32
RT @NJSLYR: カナシバリ・ジツ、破れたり! 眼が背中についている人間はいない! これでは、眼を合わせてジツにかけることなど、永遠にできないではないか! 「ア、アイエエエエエ!」ビホルダーが恐怖におののく。しかもニンジャスレイヤーは後ろを向いたまま、ムーンウォークの姿勢で滑るように近づいてくる!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする