UTAU 大貫妙子&坂本龍一

牧村憲一さんと吉村栄一さんによる、大貫妙子&坂本龍一の11/10発売の新譜「UTAU」全曲レビュー。
6
牧村マキジイ憲一 @makiji
11月10日発売の大貫妙子さんと坂本龍一さんの新譜「UTAU」について吉村さん( @E_Yoshimura ) たちとハシュタグ#utau2010でツイートをはじめました。どうぞ参加してください。
吉村栄一 @E_Yoshimura
『UTAU』を、1枚組にしようか2枚組のほうにしようか悩んでいる人もいるかと思いますが、2枚組が絶対のおすすめ。DISC 2は単に大貫さんの歌を省いたカラオケ・ディスクではありません。 #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
DISC 1である『UTAU』の方向性に合わせて、教授が新たに弾いて録音したもの、あるいはバック・トラックに新たにエレピなど加えたものが収録されています。 #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
そして「アクア」のようにアルバム収録予定がボツになった曲を、もし収録されたらこういう方向になったと仮定しての新録なども。「geimori」は音によるドキュメンタリーで、YMOファンへのボーナスも! #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
今回のアルバムはピアノと歌だけのこれ以上に引き算のしようがないシンプルな形での演奏の作品です。(坂本龍一) #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
あるとき私がなんの気なしに「坂本さんの時間があるときを見つけて、何年かかけてでいいから、坂本さんの曲に私が詞をつけて歌うアルバムを作りませんか?」と持ちかけた。(大貫妙子) #utau2010
牧村マキジイ憲一 @makiji
「眼差しの♪」、、「UTAU」の1曲目『美貌の青空』はうたい出した瞬間、二人の醸し出した宇宙へと誘い込みます。身体が震えます。声、ピアノ、空気、振動のひとつひとつが、一言一言が、一音一音がやわらかく精密に、日本のスタジオとNYを行き交いながら創られたそうです。 #utau2010
@UTAU2010
ミックスがあがってきて、それを聞いた瞬間、私にとっての美貌の青空が何であったのかが、見えたのです。それは予期せぬ驚きでした。坂本さんの魔法ですね。(大貫妙子)#UTAU2010 http://twaud.io/zjY
牧村マキジイ憲一 @makiji
多分「UTAU」の契機となった『TANGO』。オリジナルSmoochyでは南米的な、LUCYではストリングスの奏でる美しいボッサに、昨年春の教授のツアー・バージョンはピアノの和声なしのオクターブユニゾン、そして暮れのジョイントから約1年、新たな感動があります。 #utau2010
@UTAU2010
Tango:この曲が『UTAU』というアルバムの原点となったのかもしれません。(坂本龍一) #UTAU2010 http://twaud.io/zC5
牧村マキジイ憲一 @makiji
「UTAU」は「日本の心、その響き」と呼びたくなる楽曲に出会えます。シーメンスのCMに使用されている『3びきのくま』は坂本さん曲『koko』に大貫さんが詩を書いたものです。ピアノの響きはうたを得てさらに輝きます。今アルバム中「美貌の青空」と対を成す美しさです。 #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「3びきのくま」「3びきのくま」というのはゴルディロックスという女の子が出てくるイギリスの童話です。ある家にくまが3びき住んでいて、ゴルディロックスちゃんはお散歩しているうちにその家に辿り着く。(大貫妙子) #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「3びきのくま」ぼくがまったく想像しえなかった言葉〜詞の世界が拡がっていて、驚きながらレコーディングしました。(坂本龍一) #utau2010
@UTAU2010
大貫妙子&坂本龍一『UTAU』先行試聴 第3弾!「夏色の服」「赤とんぼ」「Flower」をアップしました! 試聴はコチラから→ http://twaud.io/users/UTAU2010/ #UTAU2010
牧村マキジイ憲一 @makiji
うたを伝える大貫妙子、詩とうたに寄り添う坂本ピアノはジョビンのような響きです。『赤とんぼ』は、「言葉が音楽をつくる」と明言した山田耕筰作品。詩と音楽の融合という願いはここに結実しました。『赤とんぼ』にまつわる逸話は→http://bit.ly/awDU2X #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「赤とんぼ」ちょっとフランス歌曲っぽい雰囲気にして、ぼくたちはとても気に入っています。(坂本龍一) #utau2010
@UTAU2010
赤とんぼ:レコーディングしながら手探りで作り上げていったアレンジで、ちょっとフランス歌曲っぽい雰囲気にして、ぼくたちはとても気に入っています。(坂本龍一) #UTAU2010 http://twaud.io/qpcx
牧村マキジイ憲一 @makiji
80年代、大貫妙子さん曲の編曲中に坂本龍一さんが考え込むことがありました。二つのアイデアの狭間でどちらを採用しようかと。大貫さんのメロディーは時に器楽的で4度反復跳躍が出てくるのも特徴のひとつです。『夏色の服』を聴くと、そんな時代の出来事を思い出すのです。 #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「夏色の服」私のラヴ・ソングは去っていったものや残してきた思いなどのテーマのラヴ・ソングが多くなります。(大貫妙子) #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「夏色の服」この曲もとても器楽っぽい、インスト的なメロディ・ラインを持っています。一見してとても親しみやすいメロディであると同時に、実は歌うには非常に難しい曲でもあります。(坂本龍一) #utau2010
@UTAU2010
夏色の服:ひとつの恋愛が終わったとしても、その人と出会ったということの意味というものを大事にしよう。(大貫妙子) #UTAU2010 http://twaud.io/qpcv
牧村マキジイ憲一 @makiji
映画「ファム・ファタール」に坂本さんの書いた『Lost Theme』。大貫さんが詩を書き下ろしたのがAntinomy(二律排反.という意)です。テーマ=大貫さんが"運命と戦う女"ということではありません。w この曲には救いというかバッハを感じる箇所があります。 #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「Antinomy」私が作った歌詞は、運命のようなもので繋がりながらも何度も何度もすれちがっていく男女の関係を描いたものでした。曲の前半はメロディがそれほど動かないので、ピアノの間奏も多くしてもらって、映画仕立ての構成にしてみました。(大貫妙子) #utau2010
吉村栄一 @E_Yoshimura
「Antiomy」は映画『ファム・ファタール』を観てから詞を観賞すると、きっとグッときます。大手レンタル店にDVDがあるはず。 #utau2010
@UTAU2010
Antinomy:「二律背反」という意味。歌詞を聴いていただくと、なぜ大貫さんがこのようなタイトルにしたかがわかると思います。(坂本龍一) #UTAU2010 http://twaud.io/qp8q
残りを読む(51)

コメント

西田彩ゾンビ(Saya Nishida) @zonbi 2010年11月11日
曲順にツイートを整理しました。また一部抜けていたところを補完しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする