2014年6月10日

お姉ちゃんは数学ガール

突発的な連ツイのまとめです。タイトルのまま。
34
結城浩 @hyuki

結城の話。自分が高校生のとき、数学の参考書を買うのにお姉ちゃんについてきてもらいました。「お姉ちゃん、どんな本がいいの?」「最近疑問に思ったところを読み比べて、最もわかりやすかった本を選びなさい」「はい!」#お姉ちゃんは頼りになる数学ガール

2014-06-10 17:44:12
結城浩 @hyuki

ちなみに結城のお姉ちゃんは私より三つ上で普通の主婦をしていますが、高校生の数学の問題レベルはサクサク解きます。それ以上も、用語の定義を聞けば解きます。用語の定義を聞いても解けない問題は「こういう定理があるんじゃない?」と言い出します。私はかないません…

2014-06-10 17:47:19
結城浩 @hyuki

もう少し書こう。ちょうど結城がゲーデル巻を出したころ。実家に帰ったときに、嫁いだお姉ちゃんがたまたま来てたので「数学ガール」シリーズ読んでね!と宣伝した。お姉ちゃんはオイラー巻は既に読んでいて、フェルマー巻とゲーデル巻が出てるのも知ってた。そして、

2014-06-10 17:57:41
結城浩 @hyuki

「浩ちゃんが書いたなら、面白くてぶっ続けで読んじゃうから次の日つらいんだよね」と笑いながら言われた。私はそれがすごくうれしかった。いまでも覚えている。数学ガールにして、弟を励ますのがうまいお姉ちゃん。

2014-06-10 17:59:29
結城浩 @hyuki

ねえ、お姉ちゃん。私ははいまでも自慢しているよ。私に数IIIを教えたのはお姉ちゃんだって。特に、定積分。お父さんは言った。現役でバリバリ解いてるお前の姉に聞きなさいって。数学を教えていた父にそう言わせるあなたって何者?

2014-06-10 18:03:06
結城浩 @hyuki

ここ数年、あまりゆっくり話できてないけど(お互い忙しい)、私はお姉ちゃんには頭が上がらない。数学がどうこうではなく、私が個人的に悩んでいたときに、何も言わずにずうっと話を聞いてくれて、聞き続けてくれて、最後にひとこと「大変だったんだね…」と言ってくれた。それが、私の姉。

2014-06-10 18:07:30
結城浩 @hyuki

私は、自分はもちろんつらかったんだけど、私の話をずうっと聞いてくれた姉の目に涙が浮かんでいたのに気づいていた。人生は、どうにもしょうがないことが起きる。起こる。でもそんなときに、ずっとずううっと話を聞いてくれる家族がいたなら、どれだけ大きな慰めだろう。

2014-06-10 18:10:27
結城浩 @hyuki

アドバイスも説教もなく、ひたすら聞き続け、ただ「大変だったんだね…」という一言を、涙とともに言ってくれる家族がいたなら。それはどれほど大きな力となるだろう。

2014-06-10 18:12:29
結城浩 @hyuki

お姉ちゃん、ありがとう。

2014-06-10 18:12:47

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?