プロの作家がアマチュア劇団にタダで台本執筆を依頼され、完成したらボツにされた顛末

2012年6月上演の朗読劇「二人の采女」(寮美千子作、新居達也演出)にまつわる波瀾万丈、紆余曲折。
57
寮美千子 @ryomichico

奈良少年刑務所ツアーに来ていた福島の方々から、現地の状況の説明があった。地元新聞を何紙も持ってきてくれた。ずらっと放射線測定値が毎日表になって掲載されている。ひどく高いスポットもあるが、中央の新聞では報道されていないと嘆いていた。現地の緊迫感が伝わってきた。

2011-11-12 01:05:57
寮美千子 @ryomichico

奈良と福島の郡山に「采女伝説」があり、両方に「采女神社」があって「采女祭り」をしている。元は同じ話だが、内容がずれている。奈良版は采女が恋に破れた相手は帝。それで身投げ。しかし郡山版では采女の思い人は郡山の男。会いたさに逃亡する。中央と地方では見え方が違う。遠い昔から。

2011-11-12 01:15:42
寮美千子 @ryomichico

その采女伝説を、奈良の「劇団高円」が来年芝居にして上演する。わたしが脚本を書く予定。原発を押しつけられた福島の悲劇。中央の物の見方と、地方からの見え方の違い。遠い昔と現在とが重なるような物語を書きたい。

2011-11-12 01:18:06
寮美千子 @ryomichico

奈良の市民劇団「劇団高円」で来年上演予定の「采女」の脚本を書きます。演出は拙著『ノスタルギガンテス』 bit.ly/nostal をろう学校の子どもたちによるお芝居にしてくれた綿井朋子さん web1.kcn.jp/gekidan-takama…

2011-11-19 13:53:08
寮美千子 @ryomichico

采女の脚本、だいぶ進んだぞ。だんだん佳境に。奈良の采女とバトルする郡山の采女が登場した。その人は、まさかのあの人! しかし、胸が痛い。物理的に。逆流性食道炎かもしれない。狭心症でなければいいけど。これが書き上がるまでは、死にたくない。原稿を書いていると、いつもそう思う。

2011-11-20 01:48:55
寮美千子 @ryomichico

劇団高円公演「采女物語 安積の春姫」web1.kcn.jp/gekidan-takama…  脚本第1稿、送稿。上演は来年6/31と7/1 なら100年会館大ホールにて。みなみなさま、乞うご期待のほどを〜♪

2011-11-23 01:50:39
寮美千子 @ryomichico

奈良で6回目の誕生日。たくさんの友人に「おめでとう」と言ってもらい、来年は奈良の市民劇団高円が、わたしの脚本で「采女物語」を演じてくれる。奈良少年刑務所とのご縁も結ばせてもらい、信貴山縁起絵巻の絵本も制作中。ああ、奈良に来てよかった!みんな、ありがとう!

2011-11-23 22:53:25
寮美千子 @ryomichico

速報/劇団高円からボランティアで依頼された「采女物語」の脚本を提出。「先生の作品があまりにも理解できない」「作品に対する自信からなのか、威圧的な態度を感じとても不愉快」「我々の希望する考えをとても理解していただけるとは思えません」「よってお断りします」「今後の連絡は無用」と没に

2011-11-29 00:00:43
寮美千子 @ryomichico

アマチュアから依頼され、ボランティアで受けて書いたら没とは、世の中すごいことがあるものだ。劇団員はわたしの作品をまだ読んでもいない。「制作委員会」の意向。劇団員の方々があまりに熱心なので、それならやりがいのある作品を、と張り切ったのだが。劇団員の方々に届けられなくて残念。

2011-11-29 00:05:20
寮美千子 @ryomichico

全身全霊をかけて書いた作品を、劇団高円の劇団員の方に届けることも叶いませんでした。「制作委員」の方々の段階で没に。役者さんたちのモチベーション絶対あがる作品なんだけどなあ RT @kuroganejinza なんというか、酷すぎますね…。

2011-11-29 00:16:59
寮美千子 @ryomichico

やさしいお言葉、ありがとうございます。奈良のため、采女のご縁の郡山のため、役者さんと観客のためにと思って書きました。原発事故後の福島も重ねながら。届けられないのが残念 RT @kyounoowari それは本当におつれ様でした。地元の失礼に対して、変わってお詫びします。

2011-11-29 00:19:31
寮美千子 @ryomichico

奈良市と福島県郡山市に伝わる二つの采女伝説と現代とをクロスさせた戯曲「二人の采女」。福島の中通りの言葉をしゃべる登場人物の台詞の監修を、東日本大震災で福島から奈良に避難してきた山川憲子さんにお願いした。きょう、奈良NPOセンターでお目にかかってご指導いただいた。

2012-02-04 22:28:02
寮美千子 @ryomichico

宮澤賢治の童話、花巻の言葉のままに書かれた作品は、わたしにはとても読みにくかった。東北に行って花巻弁や遠野弁に触れるようになってから、やっと作品が自分に近づいてきた。そうなると、この作品はこのように書かれる必然があり、これでなければ表現できないのだと感じるようになった。

2012-02-04 22:52:47
寮美千子 @ryomichico

昨年、ボランティアで脚本を書いてほしいと熱烈に依頼してきて、書いたら「お断りします」といってきた劇団高円。当時、わたしが推薦して演出に決まった方がいたのだが、その方の作・演出とHPにあった。わたしの作品「ノスタルギガンテス」を演劇にして上演したろう学校の先生。

2012-02-10 00:04:20
寮美千子 @ryomichico

しかし、劇団員にわたしの書いた脚本さえ読んでもらう機会もなく、劇団上層部にボツにされたのは、無念。せめて読むだけでも読んでもらいたかった。団員たちは、きっと気に入ってくれたはず。と、いまでも思っている。ま、そういうこともあるさ。

2012-02-10 00:14:21
寮美千子 @ryomichico

戯曲「二人の采女」読み合わせを丹下一氏のお力を借りてならまち通信社オフィスで実行。奈良の劇団ユニットcross rope life のみなさんも来てくださり参加。女優あかるさんも特別出演。実に楽しい読み合わせとなった。朗読劇実現への第一歩となった夕べ。感謝!

2012-04-19 00:46:39
寮美千子 @ryomichico

それにしても、生身の人間がひとりひとり台詞を読むことの力強さ、存在感。紙の上の文字に命が宿り、何倍もの力になって世界に放たれる。演劇の喜びを知った人が離れられなくなる気持ちが、わかる。

2012-04-19 00:48:34
寮美千子 @ryomichico

【采女伝説が朗読劇に 奈良・福島の物語交差】 ac.auone-net.jp/~nara-koe/news… @naranokoeさんから 6/23大乗院庭園で公演! 奈良の若き演劇人たちにより甦る采女物語を見よ! 来てね!

2012-06-08 14:06:59
寮美千子 @ryomichico

6/23 大乗院庭園文化館の畳の広間で公演。予約受付中!ryomichico.net/bbs/planets002… RT @narapress 23日上演の朗読劇「二人の采女」けさの毎日新聞奈良版で大きく紹介 photozou.jp/photo/show/895…

2012-06-17 12:34:12
拡大
寮美千子 @ryomichico

特別出演だけでなく、東北弁の指導も含めて、朗読家の菅原哲夫さんにお願いしています。菅原さんの牽引力、すごい。若い人たちにもいい刺激に!感謝 RT @xavier2299 最近、寮美千子さんの脚本「二人の采女」で若い人たちと朗読劇の練習をして若者たちと交流、なかなか面白い

2012-06-21 15:02:22
寮美千子 @ryomichico

本日、朗読劇「二人の采女」の公演。午後2時から大乗院庭園文化館で。narapress.jp/event2012.html… 収益は「奈良県被災者の会」に寄付。

2012-06-23 09:49:25
寮美千子 @ryomichico

【朗読劇「二人の采女」、観客楽しむ】 ac.auone-net.jp/~nara-koe/news… @naranokoeさんから 50人の観客で満席。収益と義捐金31650円を「奈良被災者の会」の代表に手渡すことができました。みなさんに、感謝!

2012-06-26 23:36:32
寮美千子 @ryomichico

演出家・新居達也氏の演劇の先輩というご夫婦が、いらしてくださり、茶話会に参加。「原発に切り込む物語を演じるのは大変な勇気がいったと思う。すばらしい。これからも、おじけずにどんどんチャレンジしてほしい」と激励のお言葉。ありがたかった。

2012-06-24 00:36:38
寮美千子 @ryomichico

「帰(けえ)ろ、ふるさとへ。あの山、あの田畑、きれいな水の流れるふるさとを取り返すまで、何度でも死に、何度でも生まれ変わるっぺ」「おれたづは民草。踏みづけられでも踏みづけられでも、生まれ直すて生ぎていぐんだ」朗読劇「二人の采女」より narapress.jp/event2012.html…

2012-06-23 10:04:06

朗読劇「二人の采女」台本PDF(寮美千子 2012)
http://ryomichico.net/text/uneme2012.pdf

残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?