「まだ終わっていない」と「郡山もんもんライフ」

まとめました。
9
リンク 東京新聞 TOKYO Web 原発事故終わっていない 郡山住民の日常 漫画で描く 福島県郡山市に住む漫画家、芳賀由香さん(52)は週刊誌「週刊金曜日」の連載漫画「郡山もんもんライフ」で、原発事故後の日常生活や住民の気持ちをユーモラスに描く。
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

東京新聞:原発事故終わっていない 郡山住民の日常 漫画で描く:井上能行のふくしま便り:東日本大震災(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/featur…【芳賀由香さん「郡山もんもんライフ」週刊金曜日最終回」によせて】

2014-06-14 01:01:19
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

@packraty 「郡山もんもんライフ」は、被曝をあまく見すぎでは?と考える読者もいるようですが、同じ作者の「まだ終わっていない」という短編連作シリーズがweb公開中で、それを読むと、郡山市に住む、色々な年齢の色々な人が主人公なので、批判するのはちょっと待って読んでみてと思う

2014-06-14 01:32:17
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

@packraty 芳賀由香さんの漫画「まだ終わってない」1話「母子避難」~4話まで て読めますhttp://t.co/JwU27YEaQR2話目は東京に住んでいて郡山の実家に帰ってくる女性。3話目は小学生の娘とお母さんが避難し、お父さんと息子で生活する。4話は小学校の先生の話

2014-06-14 01:41:01
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

@packraty 「美味しんぼ」も「郡山もんもんライフ」もできるだけ全体を読んでから、感想を言った方が公平だと思います。最初から最後まで読んで、それでも意見が変わらなかったとしても。さらに同じテーマのものがあるなら、著者の他の作品も読んだ方がいい。一部だけ見て批判はアンフェア。

2014-06-14 01:43:45
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

@packraty 芳賀由香さんの作品のタイトル「まだ終わってない」→「まだ終わらない」の間違えでしたお詫びして訂正します。「まだ終わらない」第1話「母子避難」houden.net/post/543313179… 5話「フクシマ・レジェンド」houden.net/post/600728473…

2014-06-14 02:20:53
永添泰子(まっとうな人を議会に送ろう!) @packraty

@packraty芳賀由香 「まだ終わらない」 第2話「帰省」houden.net/post/543315152…第3話「父奮迅」houden.net/post/543316798…第4話「小学校教師」

2014-06-14 02:24:43
リンク houden.net まだ終わらない 第一話「母子避難」 / 芳賀由香 福島県郡山市在住の作者が自身の体験を元に綴る一話完結シリーズの第一回。 [[MORE]] まだ終わらない 第一話「母子避難」 「私たちは本当に放射線のことなんて忘れて生活したい。 でも、そこに在るのに忘れるわけにいかないし、日本中の人々に忘れてほしくないのです」
リンク houden.net まだ終わらない 第二話「帰省」 / 芳賀由香 福島県郡山市在住の作者が自身の体験を元に綴る一話完結シリーズの第二回。 [[MORE]] まだ終わらない 第二話「帰省」 / 芳賀由香 「私たちは本当に放射線のことなんて忘れて生活したい。 でも、そこに在るのに忘れるわけにいかないし、日本中の人々に忘れてほしくないのです」
リンク houden.net まだ終わらない 第三話「父 奮迅」 福島県郡山市在住の作者が自身の体験を元に綴る一話完結シリーズの第三回。 [[MORE]] まだ終わらない 第三話「父 奮迅」 / 芳賀由香 「私たちは本当に放射線のことなんて忘れて生活したい。 でも、そこに在るのに忘れるわけにいかないし、日本中の人々に忘れてほしくないのです」
リンク houden.net まだ終わらない 第四話「小学校教師」 福島県郡山市在住の作者が自身の体験を元に綴る一話完結シリーズの第四回。 [[MORE]] まだ終わらない 第四話「小学校教師」 「私たちは本当に放射線のことなんて忘れて生活したい。 でも、そこに在るのに忘れるわけにいかないし、日本中の人々に忘れてほしくないのです」
リンク houden.net まだ終わらない 第五話「フクシマ・レジェンド」 福島県郡山市在住の作者が自身の体験を元に綴る一話完結シリーズの第五回。 [[MORE]] まだ終わらない 第五話「フクシマ・レジェンド -安達ヶ原伝説とフクシマ原発-」 「私たちは本当に放射線のことなんて忘れて生活したい。 でも、そこに在るのに忘れるわけにいかないし、日本中の人々に忘れてほしくないのです」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?