編集可能
2014年6月19日

シャーマン戦車の話

(ヽ´゜ω゜)ノ<観測範囲内のみ ※編集自由です
67
えすだぶ @FHSWman

パンターと76mm砲シャーマンの関係って、だいたいパンターとT-34-85のそれと同じっぽい気がするの

2014-06-18 12:32:39
えすだぶ @FHSWman

やめろ! パンターとシャーマンの交換比率がいくつとか言いうのはやめるんだ! お化けが出るぞ!

2014-06-18 12:46:44
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

76mm砲ってタングステン弾芯のHVAPあるだろって思うじゃん?(僕もそう思ってた) 「戦車兵達はたちまち新型弾薬の示す高貫徹力の虜となったが、十分な数が供給されることは一度も無く、せいぜい毎月1両あたり1発というのがやっとであった」 …つかえねー

2014-06-18 12:57:24
えすだぶ @FHSWman

赤軍では硬芯徹甲弾の配備率は最終的に1両あたり8発くらいまで改善した、なんて話もあり。ひょっとしたら米軍より状況はマシだったのか、あるいは重点の置き方が違ったのか

2014-06-18 13:07:52
ブリキヲ @burikio

虎だ!豹だ!畜生、弾が効かなぇ!   _人人 人人人人_     > 航空支援要請<     ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄ 

2014-06-18 13:16:09
えすだぶ @FHSWman

ある量のタングステンがあったとして、それを何発の硬芯徹甲弾にするかってのも国によって結構違ったりします。例えば米軍76mo戦車砲の硬芯徹甲弾は内部の弾芯の重さが1.6kgほどあったのに対し、赤軍76mm砲の硬芯徹甲弾では確か480gがとこくらいで、相当に小さい

2014-06-18 13:18:23
えすだぶ @FHSWman

弾芯の大きさは貫通力と資源のトレードオフな所があって、赤軍の場合はギリギリの所を見極めて、あえて小さくしてる感があります。他にもタングステン鋼を前半分だけに使った弾芯なんてのも試作してたり、資源節約にはかなり工夫していた様子

2014-06-18 13:22:14
えすだぶ @FHSWman

それに比べると米軍の硬芯徹甲弾は確かに強力ではあれど、目標とする威力が不明確でちょっと贅沢に過ぎるような気がしないでもなく……や、ちょっと偏った見方かしらね

2014-06-18 13:26:48
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

んあ!?M1スーパーシャーマンのM1ってどっから来たのよ?って不思議に思っていたのだが純粋に76mm砲 M1から取ってるだけだと?(ズコー ついでに言うなら、スーパーは75mm砲に比べてスーパーだからだそうです…。

2014-06-18 13:37:30
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

(ということはあれか、M50スーパーシャーマンはCN-75-50からとってM50ってこと?と思ったらそうらしい…じゃあM51(105mmシャーマン)は適当に1足したとかかw

2014-06-18 13:43:33
ブリキヲ @burikio

@Geroko 戦後はHVAPが潤沢に使えるようになったから、特に76mmM1砲積んだM4(76)がスーパーになったんでしょうね。

2014-06-18 13:45:50
なつき @Hikasuke333

スティーブン・ザロガはアメリカ陸軍の研究を引用して、アメリカ軍とドイツ軍の戦車戦における重要な要素をこのように述べている。「先に発見し、先に攻撃し、先に命中弾を与える」

2014-06-18 20:25:22
なつき @Hikasuke333

「パンターがシャーマンに対して5:1の損害比率を確保していたとか、パンター1両を葬るためには、シャーマンが5両は必要であると言ったような、人口に膾炙した伝説を裏付ける歴史的事実は存在しない。戦車戦の結果は技術的な比較よりも戦術的環境によって決定される」 『パンターvsシャーマン』

2014-06-18 20:29:49
なつき @Hikasuke333

シャーマン兄貴を必要以上にけなすのはやめろ!! チハタンの立場がなくなってしまうじゃないか!!

2014-06-18 20:32:06
てすら @Teslamk2t

ひかすけさんパンター戦車についてザロガのを引用して述べてたけど、ザロガはパンター戦車の戦後のエピソードをあまり取り上げてないのがアレ。パンター戦車は「パンター型遊び場」と言われたくらい、子どもたちの遊び場になったんだよ pic.twitter.com/iY93fkVfyK

2014-06-18 21:37:02
拡大
なつき @Hikasuke333

ザロガ先生はシャーマン狂だからしょうがない

2014-06-18 21:42:52
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

【シャーマン中戦車 1942‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド)/スティーヴ ザロガ 他】を読んでる本に追加 →book.akahoshitakuya.com/b/4499227291 #bookmeter

2014-06-19 09:34:21
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

1943/9月の米機甲軍見解 "戦車砲としての76mm砲M1は次に挙げる特性においてのみ75mm砲M3より優れている。すなわち装甲貫通能力である。(中略)76mm砲の砲外弾道特性は、汎用中戦車兵器としては、75mm砲のそれに比べて概して満足なものとは言いがたい。"(続

2014-06-19 09:44:15
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

続)"また76mm砲のマズルブラストは極めて強烈であり、地面が乾いている場合などそれによる土埃や粉じんで発射速度が左右される(中略)この土埃がおさまるまで8秒から30秒を要する。かくも強烈なマズルブラストは車長および砲手にとって(次の)砲撃の判断を甚だしく困難にするものである"

2014-06-19 09:45:01
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

続)"76mm砲搭載の場合、その使用弾の特徴により、M4中戦車内部に収容できる砲弾数は75mm砲の場合のほぼ7割止まりである。76mm砲の長い砲弾は、装填手の動き、ひいては発射速度を多少鈍らせる……"

2014-06-19 09:48:00
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

続)"師団の中戦車全てに76mm砲を搭載すると、あらゆる襲撃―敵装甲部隊が関与する場合を除く―において中戦車部隊はハンディキャップを背負う事になる…76mm砲は中戦車部隊がそれによって得られる新たな装甲貫通能力を十分に享受できる程度に適切なパーセンテージで配備されるのが望ましい"

2014-06-19 09:49:48
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko

ルーズベルト「1年間で60個機甲師団、45000両の戦車を生産してやんよ」→エンジン(R-975)は陸軍航空隊・海軍と奪い合い、鉄鋼は造船業界と奪い合いという事で現実的な路線に…<シャーマン量産芸

2014-06-19 09:53:40
bj 🐈 @BJ246

@Geroko まさに怪物の生産力ですよね…こんな国と戦争してたのか…

2014-06-19 09:54:26
bj 🐈 @BJ246

@Geroko 本当に羨ましいのは、その後方支援・兵站能力ですがw

2014-06-19 09:56:15
残りを読む(151)

コメント

ミカミ @9ball3k3 2016年2月28日
伊達に主力戦車じゃないよなぁシャーマン戦車も。
0