10周年のSPコンテンツ!
1
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
富の不均衡バブル 2022年までの黄金の投資戦略。相場予測のゴッドハンド1年半ぶりの最新刊。今日届いて、早速読んだ。オカルト的な黄金分割の話は少なく、歴史・経済・金融一辺倒で濃密な内容だった。一般の人にはわかりにくくて難しいかも。amazon.co.jp/gp/product/453…
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
前著、『不連続の日本経済』で、この人ファンダ的なこともばりばりに語れるんだ、とわかったが、今作はその路線を更に踏み込んだ印象。 貧富の格差が拡大する新自由主義、アメリカ型資本主義の行き詰まり論は、ピケティブームもあり広まりつつある。真っ向からその問題を取り上げたのに、逆に驚く。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
面白いのが、ハイパーインフレガーと、FRBやマネープリンティングをディスるのは普通、共和党寄り、ティーパーティー寄りの人なのだが、若林氏は完全なリベラルで、人為的な対処ができないならば、資産価格(株価)が暴落することによって富の不均衡が是正される、という立場。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
それは金(ゴールド)に対する見方でも同じで、インフレで上昇するのではない、デフレで上昇する、という、一見馴染みのない主張。 最近の傾向だと株価と金価格は連動しているから、ダウ暴落で金暴騰、というのは大胆な意見。29年の大恐慌はそうだったのだろうが。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
同じく、日米のデカップリング論も大胆な主張。帯には、日経平均3万2000円、ダウ6000ドル、と書いてある。株価と金が連動するならば、日本株とアメリカ株も連動している昨今、ここまでの乖離は実現したら凄い。 デフレを卒業した日本と、これからデフレ入りするアメリカの違いのようだが。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
最終ページで「ポール・ジョンソンのファンド」とあるのは、一瞬戸惑った。これ、日本だと「ジョン・ポールソン」と呼ばれている人のことだ。 在米の若林氏だから、姓名を逆にして呼んでいるのか?それか、正式な名前と略称の違いみたいなあれ?と思ったが、編集ミスだろう。日本実業出版さん、訂正!
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
全人類必読!と言いたい教祖様の本だが、やはり、前提知識が相当ないと読み進めるのが苦痛になると思うため、安易にすすめられない。 編集者が手腕を発揮して、もっとわかりやすく組み立てれば、名著として読み継がれただろうが…。ただそれでも、既にアマゾンの投資読み物部門ではベストセラー1位。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
ゲスト6月20日ワカバヤシエフエックスアソシエイツ 若林栄四さん: youtu.be/ZrAaFdz6gFU ←『富の不均衡バブル』の著者、本日出演。2015年以降一人勝ちバラ色の日本、という見通し。来週からリスクオフ?
拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする