Glolea![グローリア]Mama’s アカデミー vol.2『第二の黒船到来!? 本当の「グローバル教育&英語教育」  × 話題沸騰!「フィリピン親子留学」の魅力に迫る』

第2回:Glolea![グローリア]Mama's アカデミー@新宿 6月29日(日)14:00-16:00 "第二の黒船到来!? 本当の「グローバル教育&英語教育」× 話題沸騰!「フィリピン親子留学」の魅力に迫る!" が開催されました。 続きを読む
イベント
1082view 3コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】今日はこちらに来ています。『第二の黒船到来!? 本当の「グローバル教育&英語教育」× 話題沸騰!「フィリピン親子留学」の魅力に迫る』 ow.ly/yz236
リンク Peatix 第二の黒船到来!? 本当の「グローバル教育&英語教育」 × 話題沸騰!「フィリピン親子留学」の魅力に迫る ▲Glolea![グローリア]Mama's アカデミー vol.2に登壇いただく豪華ゲスト&ホスト   豪華ゲスト登壇者を迎え、6月29日(日)14:0... powered by Peatix : More than a ticket.
イベント開始
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】Glolea!は『ちょっとグローバル志向な ママ&キッズのための情報サイト』glolea.com 今日はその代表を務める内海裕子さんの進行で3名のゲストとともにお話が続きます。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】内海「世界の話をする前に今の日本の現状について少し考えてみると、今後どんどん人口の減っていく日本があります。そんな日本でどんなことを過去から未来に渡していけるのか、それについてグローバル教育と共に取り組まれている。。。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】内海「GiFTの辰野まどかさんにまずはお話いただきます」
辰野まどか氏/一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト(GiFT) 専務理事・事務局長
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「高校生時代からずっとグローバル教育をテーマにしてきました。内海さんとも学生時代からこのトピックについての話をたくさんしてきました。今日は今世界で起きているグローバル教育、地球市民育成についてお話したいと思います。」
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「まずお話を始める前に、お隣の方と今日はどうしてここにきたのか、についてちょっとだけシェアしていただきたいと思います。」
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】(会場から)「こどもには、英語教育ではなくグローバル教育という、英語の習得ではなくグローバルの感覚を身につけてもらいたいという思いがあって、今回興味をもった」
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「大学教員で地球市民がどう学生の成長に関わるかということ、そして娘がいることから子どもの教育についても興味があった」「親子留学も興味があり、今後子どもと一緒に留学することを考えていたので」などさまざまなご意見も。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「GiFTは1年半前に団体として立ち上げ、地球市民育成を目指した活動をしている。もっているのは「70年度の地球社会へ私たちは今、何を贈ること(GiFT)ができるだろうか?」という問いをもって活動している。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「なぜ70年後なのかー140年前に岩倉使節団が近代国家の礎をつくり、70年前に戦争が終わって平和国家に向けて歩み始めた。それを考えたときに、今私たちは70年度に向けてどんなものを残せるのだろうか、という思いがある
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「私自身は高校生のころに平和教育、グローバル教育に目覚めてからずっと地球市民育成を目指して活動してきた。これまではあまり一般的でなかったこの「地球市民」という考え方も、今では国連が地球市民教育へイニシアチブを始めたり
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「近年世界が教育で繋がり始める新たな動きも始まっている。その代表的なもの2つが「ESD=持続可能な開発のための教育」と「国際バカロレア」。ESDは地球規模の問題を解決するために活動できる人材を育てようというもの。
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「ESDが大切にしているのは関わりやつながり。この教育を導入しているスクールを「ユネスコスクール」と呼び、日本でも導入校が出てきている。(世界で現在180カ国で導入され、日本では705校)
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「一方国際バカロレアは学校のカリキュラム全体を国際的な教育プログラムに変え、グローバル人材を育成することを目指すもの。147カ国で導入されている。また大学についてもグローバルにむけた取り組みが増えてきている
はりなたる (Miho FUKUDA) @harinatal
#Glolea! Mama’s アカデミー vol.2】辰野「トビタテ!留学JAPANの取り組みなども含め、文科省の方もこれまでこれほどグローバルというものに力を入れてきたことはない、とおっしゃるほど日本の取り組みも積極的になっている。
残りを読む(49)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする