ゲンロン友の会についてのゲンロン社員・大脇幸志郎氏のつぶやき(2014.06.29) #genroncafe

(省略) 本題とまったく関係ありませんが、大脇氏の連載『東洋古美術名品紹介』 http://www.n11books.com/archives/cat_1214918.html
1
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

毎年この季節になると胸が苦しくなります。ゲンロンが次の1年も倒れずに走り続けられるかどうかは、友の会に懸かっています。友の会が縮小すればゲンロンはたちまち危機に瀕するのです。

2014-06-29 16:04:11
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

ゲンロンはベンチャー企業です。少人数の創始者がわずかなポケットマネーで始め、ノウハウもコネクションも何もないなかで、知恵を頼りにやってこられたのは友の会の支えあってのことです。

2014-06-29 16:06:04
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

僕自身が友の会発足後まもなく会員になりました。ゲンロンの人になったのはそれから半年ぐらい後です。いまでも当時の『思想地図β』に賭けた期待は忘れていませんし、『福島第一原発観光地化計画』まで脈々と続くプロジェクトは少なくとも僕の期待にはずっと答えてきてくれたと思います。

2014-06-29 16:07:33
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

いま思想は冬の時代を迎えています。新刊の営業に行っても書店員の反応は3年前と比べてずいぶん違います。思想だけでなく出版全体が構造不況のただなかにあるいま、読者の少ない難しい本を作り続けるのはとても大変なことです。

2014-06-29 16:09:28
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

僕も仲間たちも薄給で毎日死にもの狂いで働いています。それでも新刊のためには取材・謝礼・編集・資料集め・外注作業・印刷・配送・税金そのほか、お金はどんどん出ていきます。本が売れたとしてもお金が入るのは数か月後、それも売れなかったら経費の請求書だけが残って、投資は返ってこないのです。

2014-06-29 16:11:30
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

ゲンロンのモデルは実は経営的にはたいへんリスキーです。大手出版社のように多品種少量生産をして、どれかひとつが売れてカバーしてくれるモデルを組むのが常識的なやり方でしょう。でもゲンロンはそれをしません。

2014-06-29 16:12:59
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

『思想地図β』にすべてのリソースを投入しなければ、誰も見たことのない、刺激的な本は作れないからです。そしてそのために社員一同は誰のまねもできない、誰にも助けてもらえない苦しい仕事を続けています。そうする価値があると思うからです。

2014-06-29 16:14:02
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

ごく少数の人にだけ支持される難しい本にしか知性は担えません。僕はこの国に知性を絶やさないためにゲンロンで働いています。ゲンロンカフェに一見畑違いのゲストを招くのも、実はそういった他分野との遭遇こそが本当の知性を生み出すと信じているからです。

2014-06-29 16:17:52
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

僕は東大医学部を出て、東大と医者の世界に絶望してゲンロンに入りました。ここでなら古い・官僚的な・タテ社会に抑圧されずに、知的にものを考えることができると思ったからです。

2014-06-29 16:19:09
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

しかし高い理想を実現するのは難しいのです。ゲンロンの仕事は知的に価値があっても、そのままお金には結びつかない。知的であるとはそういうことです。けれどもそれを続けるにはどうしてもお金がかかります。

2014-06-29 16:21:24
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

そんな無謀な挑戦を面白がってくれる方は、どうか友の会に入ってください。いまのゲンロンはみなさんの期待に応える力を持っています。必死にやっても、世の中からは受け入れられないかもしれない。それでも「知恵の及ぶ限りやった」と思っていただけるだけのものを次の一年でお見せします。

2014-06-29 16:24:23
大脇幸志郎@『健康禍』『「健康」から生活をまもる』 @0waki

僕たちを信じて、力を貸してください。ゲンロンは、夢と希望を作る会社です。genron-tomonokai.com

2014-06-29 16:26:15

コメント

河村書店 @consaba 2014年6月29日
8/7 (木) 19:00 - 21:00上昌広(聞き手:大脇幸志郎)「ノバルティス事件から考える医学研究のガバナンス(仮)」 @KamiMasahiro @0waki 五反田ゲンロンカフェ http://ptix.co/1pwkUSo
0
幸福太郎 @koufukutarou9 2014年6月30日
薄給でもがんばるよ、そして僕達にお金を払う人は他の大多数とは違う選ばれた人間なんだよ、ってこと?
1
magius@MLPS @magius776 2014年6月30日
出版やプロレスのような古い商品に"知性的"という値札をつけて売ってるだけだな。いかにも旧態依然としてありふれた商売なんだが、知性の使い道はそれでいいのかね
0