14
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [01] 拙著『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話事典』をお買い上げの皆様、大変長らくお待たせしました! まずはこちらの刊行スケジュールの下から三番目をご覧ください。 enterbrain.co.jp/schedule
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [02] 前掲書の巻末にて「刊行準備中」となっておりましたリン・カーター/R・M・プライス作品集『クトゥルーの子供たち』、エンターブレイン様より8月末ついに発売! クトゥルーの御子にして『タイタス・クロウの帰還』登場の姫神クティーラの兄、ゾス三神を巡る物語!
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [03] 同時にラヴクラフト(代作も含む)が、そしてヘンリー・カットナーがしばしば題材とした、クトゥルーやシュブ=ニグラス、イオド、ヴォルヴァドスが崇拝された太平洋の喪われた大陸、ムー(=レムリア)大陸がいかにして滅亡したのか、その顛末でもあります。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [04] 収録作品は、リン・カーターの「赤の供物」「墳墓に棲みつくもの」「奈落の底のもの」「時代より」「陳列室の恐怖(旧題・ゾス=オムモグ)」「ウィンフィールドの遺産」「夢でたまたま」、そしてR・M・プライスの「悪魔と結びし者の魂」の8作品。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [05] 「墳墓に棲みつくもの」(『新真ク6』「墳墓の主」)を除き、全て本邦初訳となります。「墳墓~」につきましても、発表後にカーターが手を入れた最終版テキストが底本なので、ある意味初訳と言えるかもしれません。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [06] 翻訳は、『エイボンの書』(新紀元社)にて既にリン・カーター作品の翻訳経験のある立花圭一氏 .@k1Tachibana と、不肖・森瀬繚の共訳です。本文のみならず、プライス氏による作品解題、年表や地図、お馴染み森瀬の執拗な用語解説などが収録されます。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [07] 『クトゥルフ神話への招待 古きものたちの墓』寄稿のエッセイにて、僕は「新来の読者の興味を導いていく道標を如何に設置していくのか--クトゥルー神話のような尖ったジャンルにおいてすら、そういうことを意識して本を出していかねばならない」と書きました。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [08] 『クトゥルーの子供たち』の構成は、僕のこうした考えに基づく、「かゆいところに手の届く」本作りを目指したものとなっております。かくして、ゾス三神についてはお届けすることができますが--
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [09] --アイホート、グロース、ムノムクア、イブ=ツトゥル、バグ=シャース、シアエガ、ヤマンソといった具合に、『クトゥルフ神話TRPG』を介して日本でその名前が知られているにも関わらず、「登場作」が未邦訳のものが多々あります。無論、それ他の作品も。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [10] 向こう10年間ほどで、このあたりを全部日本語に持ってくる--今現在、そんなことを目論んでおります。まずは、1冊めということで『クトゥルーの子供たち』をお届けします。応援していただけますと嬉しいです。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [11] なお、ゾス三神の長兄ガタノソアは、ラヴクラフトがヘイゼル・ヒールドのために代作した「永劫より」がメインです。『クトゥルー7』あるいは『ラヴクラフト全集別巻 下』に収録されていますので、『クトゥルーの子供たち』を待つ間、読んでおくとよろしいかと。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp [12] また、オーガスト・W・ダーレスがラヴクラフトの断章を膨らませた連作「暗黒の儀式」の物語も、『クトゥルーの子供たち』収録の複数作品に小さからぬ関わりを持ってきます。こちらは青心社文庫『クトゥルー6』に入っていますので、予習しておくと良いかもです。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp 以上、ニュースをお報せしました。続報はまた、数時間ほどで--。(-,,,- )ニヤリッ

森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
そんなこんなで、『ナイトランド』さんで短文・ショートショートの翻訳を出したりしておりましたが、ついには(共同作業とはいえ)まるまる一冊やってしまいました。そこそこのスピードが出たので、ちょっと自信がついてしまっていたり。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice
#cthulhujp なお、クトゥルーとイダ=ヤーの間に生まれたゾス三神と呼ばれる子供たちは、ガタノソア、ゾス=オムモグ、イソグサの三柱です。ブライアン・ラムレイがこの更なる妹としてクティーラを加えたわけです。
続きのニュースになります
 

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする