Wisky+ヘルスケア~ゲスト:ケアプロ・川添さん[20140704]

Whisky+(プラス)は、社会起業家のお話を、ウイスキー片手に楽しむプログラム。 第9回となる今回は、革新的なヘルスケアサービスをプロデュースするケアプロ株式会社の川添高志社長にお越しいただき、「ワンコイン検診」の実現や、これからのマクロな社会的課題を解決するためのミクロな取組み、医療ニーズに対応した新しいサービスについてお話いただきました。
経営 ベンチャー 起業 ウイスキー ケアプロ ワンコイン検診 川添高志 社会起業家 ヘルスケア
1
ケアプロ・川添氏のご講演。
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
いつも毎月第3水曜日に開催している、Whisky+(プラス)。本日は「ワンコイン検診」でおなじみのケアプロ株式会社の川添さんがゲストです。ただいまスタート! facebook.com/events/6362613… #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
まずはじめのケアプロの紹介VTRを放映。 #Wiskyプラス 看護師として勤務する川添さんの体験談。なぜ人は病気が進行する前に検診を受けないのか。
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
小学生のとき、健康マニアになった。健康に関する情報を自分で集めて詰め込んだノートを作成して、持っていた。炭酸飲料を飲んだら本当に骨が溶けるのかを実験するためにケンタッキーの食べ後の骨を持って帰ってきて実験してみたり。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
医療行為ではなく、自己検査の仕組みをつくる。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
2007年にケアプロを起業。2008年に第1号店となる中野店をオープン。しかし、お客さんは誰も来なった。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
仲間とあきらめずに事業を展開。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
川添さんの幼少時のお話を。病弱で、体を強くなってほしいと願う親の意向からか、気づいたらレスリングをやっていた。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
中高時代、祖父の死や父の失職などの出来事から、医療ビジネスを志す。 #Whikyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
大学時代、海外研修で、世界的に有名なMayo Clinicや ウォルマーケット内にあるMinite Clinicを存在を知る。Minite Clinicで働いているのは看護師。医師はいなかった。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
東大病院時代。 糖尿病病棟に勤務。病気の進行が進んだ患者さんや抱える問題にショックを受けた。そのなかで、事前に予防する方法として、「ワンコイン献身」をひらめく。1年7カ月で病院を退職。 たった一人で起業を決意。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
川添さん:コンセプトは「ちょっと立ち寄り、ちゃんと健康」 ターゲット:フリーター、主婦などの普段なかなか健康診断を受けないような方。このような"検診弱者"は3300万人いる。企業に勤めていたら健康診断があるけれど、勤めていないと検診の機会がなかなかない。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
川添さん:今まで検診しなかった理由として、①面倒、②費用が高い、③機会がない など。そのため、店舗でのサービスに加え、ショッピングモールやスポーツクラブ、遊興施設などの出張ワンコイン検診を始める。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
Wikipedia情報:採血についての法的な扱いについて。看護師が医師の指示を受けずに採血を行うことは、医師法等の関連法規で禁じられている。しかし、自己が対象の採血は認められているため、同社では採血を利用者本人に行ってもらうことで、この問題を回避している。 #Whikyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
川添さん:検診に人を呼ぶために、自身が白衣を脱いで、ワンコイン検診をしている場所を道行く人に尋ねて、このケアプロって流行ってるんですけどねーと言いながら。5人くらいの人から道尋ねられたら、さすがに流行っていると思うじゃないですか!(会場笑) #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
川添さん:そして、検診に来てみたら僕が白衣を着て待っているという。(会場笑) ケアプロのチラシが警察置かれることもありました。ケアプロのワンコイン検診の場所を警察訪ねて方が多すぎて。。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
遅くなりましたが、ケアプロの特徴をご紹介。 1.安い 1項目500円(税抜)から。気になる項目をお選びください。 2.早い 結果はその場で、お伝えします。 3.安心 血液検査は指先から自己採血。自己採血サービスには、看護師を配置しています。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
(承前) 4.ケータイカルテ パソコン・スマートフォン・フィーチャーフォンで、いつでも、どこでも、検査結果を確認できます。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
「競合をつくる」 ニーズはあるのに、ある意味ではグレーゾーンだったので、大企業は参入しにくかった。中小企業が参入しようとすると保健所がつぶしにこようとしてくる。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
保健所のストップがかかって、針が卸せなかったことも。そんな際に、なぜこの事業をやっているのかという社会的使命を持つことを大事にする。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
日々の業務とポイント。 日々の業務。現場・営業・管理。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
(承前) ポイント 1.社会的使命を持つこと 2.競合優位性のあるビジネススキームを構築 3.品質担保&規模拡大のマニュアル 4.資金調達 5.利害関係調整 6・共感してくれる仲間・支援者集め #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
(承前) 7.プレスリリースとブランディング 社会的価値があるものは共感を呼びやすいので、コストを抑えられるよう応援してもらえることも。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
(承前) 8.失敗を恐れず、挑戦し続ける志 これが一番大事。営業で検診場所がないと言われても、場所はつくるべきでしょ!というスタンスで行く。 #Wiskyプラス
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
ビジョンについて。生まれてから死ぬまでにかかる医療費の平均は1500万円。ほとんどの人は1500万円も使わないが、使う人は1億円以上かかっている。ジャンクフードなど健康によくないことにお金をかけるのではなく、そのお金を家を買うのや、文芸だったりに使ってほしい。 #Wiskyプラス
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする