『エネルギーについて学び、よりよいまちづくりを追い求める』内部勉強会 ~地域でエネルギーをつくる社会の実現に向けて~

2014年7月12日、特定非営利活動法人国際青年環境団体A SEED JAPAN事務局で開催された「『エネルギーについて学び、よりよいまちづくりを追い求める』内部勉強会~地域でエネルギーをつくる社会の実現に向けて~」に関するツイートをまとめました。
環境 反原発 エネルギー 市民発電所 脱原発
GJ_j24 1685view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
ログインして広告を非表示にする
  • *********************************
    『エネルギーについて学び、よりよいまちづくりを追い求める』内部勉強会
    ~地域でエネルギーをつくる社会の実現に向けて~

    A SEED JAPANでは、今年の春にエネルギーとまちづくりプロジェクトが生まれました。

    今回はチーム名でもある、まさにエネルギーとまちづくりについてみなさんとじっくり
    考える機会をもつため、ぷち勉強会を開催します。

    なぜまちづくりなのか----------------------------------------

    日本に住む私たちが使っているエネルギー資源ついて考えてみると、石炭・石油・天然ガスなどは海外に依存しています。また、都市のエネルギー供給は都市から離れた地域に
    依存しています。

    こうしたエネルギーは、私たちの生活に欠かせないものですが、それを本当にどこかの誰かに依存したままでいいのでしょうか。

    必要なものであるからこそ、
    「自分たちの身近なところにあるものをエネルギーとして
     自分たちで利用していくこと」
    =「まちづくりのひとつとしてエネルギーについても考えていくこと」
    が持続可能な生き方を考える上で重要なのではないかと話してきました。


    ぜひれからのエネルギーとまちづくりについて話しみませんか?

    *************************

    主催:A SEED JAPANエネルギーとまちづくりプロジェクト
    日時:7月12日(土)17時から19時まで(開場16時45分)
    費用:無料
    場所:A SEED JAPAN事務所
    アクセス:東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅より徒歩5分
    http://www.aseed.org/about/map/

    *************************
    ・お申し込みはこちらから
    info@aseed.org(担当:宮腰・浜田)
    に以下のお申し込みフォーマットを記入し送信してください。

    ▢▢お申し込みフォーマット▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢
    1.お名前
    2.ご所属
    3.ご連絡先
    4.当日知りたいこと・期待することなど

    ▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢
    ・主なプログラム内容
    1、 エネルギーの今を知る映像上映(予定)
    2、 日本の国内のエネルギー事情〜六ヶ所ツアーから見えた再処理工場の今〜
    3、 市民電力発電所とは?
       〜市民が地域で電力をつくるということ:国内外の事例から〜
    4、 意見交換

    ◎終了後、参加メンバーで懇親会を予定しています。
    ◎A SEED JAPANでは、エネルギー問題について活動するメンバーを大募集中です。
    学業や仕事の合間の時間を使い、得意なスキルを活かして参加でき、素敵な仲間と出会い、多くの経験を得られます。ぜひ懇親会にご参加ください。

  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:05:05
    ASJ事務所にやってきました。本日はASJの新しいプロジェクト「エネルギーとまちづくり」の内部勉強会です。 #エネまち でつぶやきます。
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:08:17
    自己紹介タイム。今日の内部勉強会は、参加者10人くらいです、#エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:22:05
    自己紹介では読んでいる本の紹介をしたり、俳優の柴田恭兵と同姓同名の人がいたり、新人さんがいたりと、なかなかバラエティーに富んでいます。自己紹介のあと、NHKの「エネルギー奔流」をみんなで見ます。 #エネまち
  • 1 エネルギーの今を知る映像上映
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:30:05
    インドの映像。人口12億人、有権者8億人。インドのモディ新首相は「我々は1日365日間電気を供給します」と有権者に訴えた。電力使用量は世界第3位、盗電も絶えない。人々の需要に供給が追いつかない。工場経営者が頭を抱えるのは停電問題。インドでは毎日停電が発生。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:32:33
    停電から復旧する野路、長い時で10時間かかる。製品の納期が間に合わないことも。先が読めないから、経営も思わしくないと訴える。モディ氏は、インド・クジャラート州首相時代、停電をなくし、10%以上の経済成長を実現させた。インド国民は、その手腕に期待している。経済成長を #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:36:50
    ベトナム・タイ・インドではエネルギー需要が旺盛だが、原油の値段は高値安定。原油の値段が「高値安定」だと、経済的につらい。トルコではエネルギー輸入のために貿易赤字が増え自国でのエネルギー確保が急務。トルコでは400の水力発電所が建設されるが、それでも需要増に応えられない #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:40:08
    必要なエネルギーをどう確保するか?原発建設を計画中。ロシアが建設に動いている。建設費2兆円、運転もメンテナンスもロシアが持つが、電気料金はすべてロシアが回収する。エネルギー確保のため、トルコはロシアの提示する条件を受け入れるしかなかった。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:43:28
    トルコでの原発建設説明会。住民は猛反発。政府はロシア伝統人形・的リュー酒家を使って「原発は安全です」とアピール。結果、住民は政府の説得を受け入れた。ロシア企業はトルコでの成功に味をしめ、原発を作りたい国に売り込みをかけている。トルコは日仏合弁企業で、原発を建設する。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:46:07
    トルコ首相は、日本に対し早期の原発完成を期待している。東日本大震災から3年たち、途上国は資金を調達し、原発をほしがる傾向にある。人口300万人のリトアニアでも、原発を設置する計画がある。建設するのは日本企業。リトアニアの原発は、ラトビアなどに電気を供給 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:48:53
    背景には、リトアニアのエネルギーの7割をロシアに依存しているから。ウクライナとロシアの関係悪化が、リトアニアのエネルギー政策は変更を余儀なくされた。安全保障の観点から、独自のエネルギー源として原発推進を進める。全世界中の原発は480基、さらに181基が計画中。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:51:45
    豊かさを求める人々の欲望が、人々を原発推進に走らせる。ベトナムでは、電気が自由に使えるようになり、電化製品の普及で農村生活も変貌した。「テレビも買った、スピーカーシステムも欲しい」という人。「豊かな生活をしたい」という人々の欲望が、世界中で芽生えている。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 17:53:23
    アメリカ政府にエネルギー政策を助言する人「我々は地球の資源に限界があると認めようとしない。我々は石油・石炭等を使い尽くそうそしている。子や孫から資源を奪っているようなものだ。こんなやり方はうまくいかない」 #エネまち
  • 2 日本の国内のエネルギー事情〜六ヶ所ツアーから見えた再処理工場の今〜
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:10:15
    続いて、5月に青森県六ヶ所村に行ってきたASJメンバーのお話「日本国内のエネルギー事情 六ヶ所村ツアーから見えた再処理工場の今」。1㎜シーベルトは安全を保証されているわけではない。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:12:06
    10分近くのアイスブレイクのあと、再び講演。見ていないことは他人事になる。考えなければいけないことは沢山ある。この瞬間にも危機は進む。考えることは大切だ。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:14:26
    六ヶ所村は当初、1969年に石油コンビナート外計画された。件としても成長できるということで歓んだが、オイルショックで国が原発推進に方針変更。格のゴミ捨て場をどこにしようかということで、土地と借金が残った青森県との利害が一致するが、地元住民の意見は割れた。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:17:49
    しかし国が影で動き、反対派は次第に少なくなった。六ヶ所村の財政は、市町村税の85%以上が固定資産税収入、電源三方の補助金で潤う。’12年、民主党政権が核燃料サイクル計画反対を打ち出した時も、村当局はこれに反発した。「核のゴミ」は人間が近づくと即死するほどの量がある。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:19:19
    日本では「一極集中」が進み、トップダウンの政策決定で、地方は翻弄されてきた。これからどういうまちづくりをしていけばいいかを考えていきたい。 #エネまち
  • 3 市民電力発電所とは?〜市民が地域で電力をつくるということ:国内外の事例から〜
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:23:47
    プログラム3は、市民発電所の紹介。EUには27カ国が加盟、14カ国に135基の原発がある。G8ではイタリアだけが原発がない。ただしフランスから多くを輸入している。日本のエネルギー自給率は18%、一番高いのは大分の22.9%で、地方にエネルギーを依存している。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:26:33
    エネルギーは誰かに依存したままでいいのか?エネルギーのもたらす豊かさとは?集中的電力供給は弊害が多い。ドイツ・シェーナウでは「市民の市民によるしみんのための」でんりょくがいしゃがたんじょう。きっかけはチェルノブイリ原発事故。理想は地産地消。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:29:30
    地域毎に地理に適した発電を行い、その地域で電力を消費する。まちづくりの一つとして「エネルギーについても考えていくこと」は重要。市民電力連絡会が今年誕生。8月に三鷹・武蔵野両市で市民電力会社が誕生。再生可能エネルギーのメリットは、海外や地域に依存しないこと。 #エネまち
  • Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24 2014-07-12 18:31:24
    それが地域自治強化につながる。デメリットは天候に左右され、費用が高く、技術革新の費用がかかり、小規模だと採算性が難しい。これからのエネルギーは、地域分散でまかなうのが理想。2016年から電力自由化が実施され、エネルギーを地域で作ることが重要になる。 #エネまち
残りを読む(8)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「環境」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする