西村幸祐『マスコミ堕落論』全ページ感想ツイートまとめ【完走】

西村幸祐氏の新著『マスコミ堕落論』について、全ページ感想ツイートまとめする予定です。完走したので編集可能に切り替えました。補足や異論のある方は途中で意見を挟んでいただければ幸いです。
安倍総理 z旗新聞 西村幸祐 GHQ
zshinbun 8899view 3コメント
7
ログインして広告を非表示にする
  • 西村幸祐 @kohyu1952 2014-07-10 22:57:40
    是非、来て下さい。東京は台風一過の爽やかな天気のはず 西村幸祐トークライブ with 山村明義 7月12日14:30~ 西村幸祐著『マスコミ堕落論』と山村明義著『GHQの洗脳日本』発売記念 @tax20694887 @ywada6 pic.twitter.com/9BMQai0EJM
     拡大
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:25:27
    新宿のジャズバー・サムライで本日行われた西村幸祐先生と山村明義先生の出版記念対談に参加してきました。途中でテキサス親父も飛び入りして最高に面白かったです。  @kohyu1952 @MR_DIECOCK #マスコミ堕落論 pic.twitter.com/dbzb8PycqF
     拡大
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:29:09
    フライングゲットできた西村幸祐先生 @kohyu1952 のご著書を、これから全ページ感想ツイートさせていただきます。→マスコミ堕落論-反日マスコミが常識知らずで図々しく、愚行を繰り返すのはなぜかamazon.co.jp/dp/4792604931/… #マスコミ堕落論
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:33:13
    ちなみに西村先生のご著書はこれまでも2度、全ページ感想をさせていただいた。①幻の黄金時代→ togetter.com/li/299141 ②トクアノミクスの正体→ togetter.com/li/532808 かつては西村先生に「無謀」とさえ言われた。 #マスコミ堕落論
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:36:39
    ハッシュタグ #マスコミ堕落論 は毎度のこと機能しないので、今後も使うかどうか考え中。この8文字があるとツイートはかなり楽になるし、どうせ拙のツイートなど影響力ないし…。他にもあらかじめ宣言しておきたいことも、いろいろある。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:39:33
    拙はマスコミのはしくれです。Z旗新聞という地下新聞の主筆という顔としてのマスコミのはしくれではなく、テレビマンのはしくれでもあります。マスコミの内側にいながら、このマスコミ批判本を全ページ感想します。GHQや東京裁判史観にまみれていない、日本人としての目線で。 #マスコミ堕落論
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:43:08
    以上で能書き終了。これから西村幸祐 @kohyu1952 著 『マスコミ堕落論』→ amazon.co.jp/dp/4792604931/… の全ページを感想ツイートします。 #マスコミ堕落論
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-12 23:48:29
    これが表紙。西村先生、紺のスーツが決まってますな。ちなみにマスコミの私は、葬儀と謝りに行く以外、ほとんどスーツ着ません。弁護士会館も議員会館もTシャツで行った。既に私が堕落したマスコミの典型かも。 pic.twitter.com/NDtj8ZTh9P
     拡大
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:07:56
    ちなみにサイン本だったりする。西村幸祐 『マスコミ堕落論』青林堂→ amazon.co.jp/dp/4792604931/… #マスコミ堕落論 pic.twitter.com/ovgqY4T9DE
     拡大
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:11:21
    P2 「あらかじめ堕落したマスコミたちよーー前書きに代えて」西村先生の執筆動機がわかる前書き。今のマスコミにおける政治部記者の人気ぶりについて。キーワードは<売国奴>。 #マスコミ堕落論
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:23:04
    P3 2012年12月の衆議院選挙運動最終日、秋葉原で発生したマスコミへの世間のダイレクトな反応について。まったくマスメディアでは報じられなかった事実をぜひ動画でご覧ください。36分から、安倍総裁への賞賛がマスゴミコールに代わる→ youtube.com/watch?v=0lu8uO… 
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:29:45
    P4 朝日新聞のソウル支局特派員・貝瀬秋彦記者が<「竹島の日」の行事中止を要求 韓国政府>という記事で伝えた大問題の文言「日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島<トクト>)」。日本の国土の一部をさも「韓国と争っている」と無駄な両論併記を心がけた貝瀬記者が大問題。アホか。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:35:09
    P5 反日イデオロギーのすべてをたった3行で解説。「(憲法9条信仰に見られる歪な平和主義および敗北主義、本末転倒で極端な人権主義・生命尊重主義・権利主張主義、つまりお花畑状態もこの範疇だ)」南斗水鳥拳なみにバッサリ切りましたな、幸祐先生。気持ちいい、の一言。お見事。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:45:29
    P6 日本兵が人肉を喰うといわくつきのホラー映画を絶賛撮影中の女優、アンジェリーナ・ジョリーに、この映画に関する質問をしなかったマスコミ。そんな気骨のある記者がいなかったのは、配給会社から情報統制でもあったとしか思えん。『マレフィセント』の配給会社って、ディズニー…。従うわな。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:50:33
    P7 目次へ続く白紙ページ。現在(2014年7月13日午前0時)はまだ本書発売前で、極力ネタばらしを避けます。もしも本書の内容が気になったら、本屋で手に取ってみてください。「俺は離島に住んでいる!」という方は、アマゾンへどうぞ。反アマゾン運動家の方は、拙にリプライください。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 00:58:05
    P8 目次。楽しそうな目題が目白押し。「第1章 反日マスコミは今や芸風を競うコメディアンである」。日本は娯楽が消滅したのでしょう。バカ報道でも見なければ笑えないのです。寂しいです。私のフェイバリットはもちろん『元気が出るテレビ』と『ギルガメッシュNight!』です。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:21:21
    P9 目次続き。「第3章 反日マスコミの図々しさが、『進まぬ議論』をかえって許す」…P64から、西村先生による怒濤の新聞社説メッタ斬りが見られるらしい。そういや幸祐先生、サムライっぽい。眼前に飛び交う朝日・毎日を斬鉄剣でバサバサ斬り、一言、「また詰まらぬものを斬ってしまった…」
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:26:20
    P10 「西村的社説批評」の連続。14まである。ここまで真剣に新聞の社説に向かい合った言論人がいたであろうか。否。たぶん西村幸祐ただ一人である。本人も「バカバカしいと切り捨てて無視するのはおかしいと思っていた」という。新聞の社説は世論形成のドミナントの端緒。ここは本編が楽しみ。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:29:22
    P11 第5章「反日マスコミに『わが国日本』が存在しない理由」…続いて「GHQコードをかたくなに守る不思議」きょうの対談の大テーマでした。ここがクライマックスになるのだろう。全225ページ、心して感想ツイートさせていただきます。 amazon.co.jp/dp/4792604931/…
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:36:37
    P12 第1章「反日マスコミは今や芸風を競うコメディアンである」…。二の句も告げないほどの正論。せめて笑ってほしい、という願いさえ無力な、正当なマスコミ批判。だからこの際、思い切り笑いましょう! マスコミはコメディアンです!
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:49:12
    P13 …と思ったら、さっそくページ間違い発覚。前ページのP12はエピグラフでした。石原慎太郎の著書『新・堕落論』と幸祐先生の自著から。もし坂口安吾の『堕落論』から引くなら「半年のうちに世相は変わった」くらいか。安吾の『堕落論』は、きっぱりと天皇陛下と皇室を否定している。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:52:38
    P12続き 安吾の『堕落論』の天皇批判を読んでもなお、安吾の『堕落論』が魅力的なのはなぜか。保守原理主義に従えば安吾は国賊である。いっぽう安吾の文章はいつ読んでも面白い。私たちは作家の文章に「ここは良し」「ここは駄目」という、まっすぐの線を引けない。そのうねりくねりが文学だ。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:55:15
    P12さらに続き 安吾は天皇のいない日本を夢想した。誰にも頼らない世界を夢想していたからだ。そのくせ本人はカレーを100皿頼むとき奥さんを大声で呼び、編集者に無理矢理喰わせた。こういう面白すぎる人物がいなければ、文学は発展しなかった…と考えるのは早計だろうか。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 01:59:58
    P12さらにさらに続き 坂口安吾の文章は総じて皇室に敬意がない。それを批判の根拠とするには、あまりにも安吾の文章は面白すぎる。この態度はユーモアに屈服しているのかもしれないが、ユーモアのない日本礼賛もまた退屈極まりない。思想が違えども認める包容力が、誰にも必要なのではないか。
  • Z旗新聞社 @zshinbun 2014-07-13 02:09:24
    P12続き 安吾の話。安吾は天皇制も武士道も神道も否定していた。菊と刀と靖国を否定した。それでいて日本人というものを模索していた。その試みを愚かと見るには、あまりにも功績が大きすぎる。安吾のおかげで丸裸になった日本は、ゆっくり次世代に継承されていった。まだ私のようなファンがいる。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「お笑い」に関連するカテゴリー