集団的自衛権行使容認閣議決定は憲法違反

集団的自衛権行使は認められないとの従来の政府見解は憲法慣習として憲法9条にすり込まれている。これを政府が勝手に変えてしまうことはできない。どうしても変えたいなら憲法改正手続をとるしかない。
9
深草 徹 @tofuka01

政府の憲法解釈が永年実践され定着すると、「憲法慣習」として憲法典と一体化し憲法規範となる。憲法9条の下で集団的自衛権は認められないとの政府の解釈は54年に採用されて70年、国民多数の支持を得て定着。「憲法慣習」として9条と一体化した憲法規範だ。政府が勝手に変更することはできない。

2014-07-14 23:15:28
深草 徹 @tofuka01

集団的自衛権は、憲法9条の下では認められないとの政府の憲法解釈は、54年6月3日、衆議院外務委員会において、当時、外務省条約局長であった下田武三氏の答弁で明確に打ち出されている。下田氏は、以下のように述べている。実に貴重な答弁であるから、全文フォローしてみることとする。 (続く)

2014-07-14 23:24:09
深草 徹 @tofuka01

下田答弁① 平和条約でも、日本国の集団的、個別的の固有の自衛権というものは認められておるわけでございますが、しかし日本国憲法からの観点から申しますと、憲法が否認していないと解すべきものは、既存の国際法上一般に認められた固有の自衛権、つまり自分の国が攻撃された場合の自衛権である・・

2014-07-14 23:29:53
深草 徹 @tofuka01

下田答弁② 集団的自衛権、これは換言すれば、共同防衛または相互安全保障条約、あるいは同盟条約ということでありまして、つまり自分の国が攻撃されもしないのに、他の締約国が攻撃された場合に、あたかも自分の国が攻撃されたと同様にみなして、自衛の名において行動すること・・・  (続く)

2014-07-14 23:35:31
深草 徹 @tofuka01

下田答弁③ そういう特別な権利を生ますための条約を、日本の現憲法下で締結されるかどうかということは、先ほどお答え申し上げたようにできないのでありますから、結局憲法で認められた範囲というものは、日本自身に対する攻撃あるいは急迫した攻撃の危険がない以上は自衛権の名において発動し得ない

2014-07-14 23:40:22
深草 徹 @tofuka01

54年6月3日、70年も前の下田武三氏の答弁は簡明そのもの。既存の国際法上の自衛権とは、自国が攻撃された場合に、これに対抗する権利である。憲法9条の下で認められるのはその意味での自衛権である。他国への攻撃を対象とする集団的自衛権は認められない。国際法の常識を踏まえた答弁だ。

2014-07-14 23:50:49
深草 徹 @tofuka01

ついでに安倍氏の祖父、岸信介氏の答弁も見てみよう。60年3月31日参議院予算委員会での答弁である。岸氏は、集団的自衛権を認める答弁をしていたと右派ジャーナリズムが取り上げ、安保法制懇報告書も一部引用してミスリードしている。 これも全文フォローしてみよう。趣旨ははっきりしている。

2014-07-15 00:06:16
深草 徹 @tofuka01

岸信介氏答弁① 日本の自衛、いわゆる他から侵略された場合にこれを排除する、憲法において持っている自衛権ということ、及びその自衛の裏づけに必要な実力を持つという憲法9条の関係は、これは日本の個別的自衛権について言うていると思います。

2014-07-15 00:07:29
深草 徹 @tofuka01

岸答弁② しかし集団的自衛権という内容が最も典型的なものは、他国に行ってこれを守るということでございますけれども、それに尽きるものではないとわれわれは考えておるのであります。

2014-07-15 00:10:04
深草 徹 @tofuka01

岸答弁③ そういう意味において一切の集団的自衛権を持たない、こう憲法上持たないということは私は言い過ぎだと、かように考えております。しかしながら、その問題になる他国に行って日本が防衛するということは、これは持てない。

2014-07-15 00:10:43
深草 徹 @tofuka01

岸答弁④ しかし、他国に基地を貸して、そして自国のそれと協同して自国を守るというようなことは、当然従来集団的自衛権として解釈されている点でございまして、そういうものはもちろん日本として持っている、こう思っております。

2014-07-15 00:13:00
深草 徹 @tofuka01

岸は、集団的自衛権という用語の定義、意味を確定しかね、安保条約を集団的自衛権の範疇でとらえるなら、そのようなものは憲法上禁止されていないと述べているのである。他国への武力攻撃を排除するための武力行使という、今使われている意味の集団的自衛権は認められないとはっきりさせている。

2014-07-15 00:17:23

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2014年7月15日
ただし、「講師容認解釈は憲法違反」とする話も論拠は政府の憲法解釈から始まっていると言う二律背反。
9
ruiken @ruiken_poker 2014年7月15日
外務省条約局長の答弁も政府の発言であり、今回の閣議決定は今までの政府方針を変更することなのだから憲法違反にはならない。解釈変更なんてものは今までずっと行われてきたのだから。 裁判所が違憲と判断してから初めて違憲になる。それまでは自主規制みたいなもの。
5
夢乃 @iamdreamers 2014年7月15日
日本国憲法下で認められる自衛権の範囲をどこまでと考えているか、っていうのを、政治家の言葉でなく聞いてみたい。まとめ主さんに ってわけじゃなく、すべての人に。私はこう考えてる。→http://togetter.com/li/690290
4
言葉使い @tennteke 2014年7月15日
憲法なんて国民一人一人の問題なんだから、八百屋のおじちゃん魚屋のおばちゃんでも解るように解説しろよ、という人がいた。
6
s.j. @uo_kawa 2014年7月15日
ということは、集団的自衛権の行使が憲法違反ではないし、既に行使しているとして問題ないわけですね。問題は今回の三要件についてだけと。→
2
s.j. @uo_kawa 2014年7月15日
→でも、岸信介は「いわゆる海外に派兵することができるかどうかという点は、これは明らかにできない」と言っていますが、現在の自衛隊は海外に出て行っていますので問題ないですよね。
2
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2014年7月15日
日本という国そのものより日本国憲法の方が大事だという人のテンプレートだね。
8
ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2014年7月16日
日本国憲法の原文に立ち戻るなら、日本に個別的自衛権は許されているか、自衛隊は戦力にあたるか否かという点まで疑問になる。峻別不能説、自衛と侵略は峻別不能であるため第九条一項により自衛力と自衛行動自体を放棄しているという説もあるんだ。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
当たり前だ。国家はすぐに暴走をして、国民の人権を蹂躙し、戦争を始める。それを防ぐために憲法はある。ナチスドイツがワイマール憲法を捻じ曲げて第二次世界大戦を起したように、馬鹿な安倍が勝手に日中軍事衝突をしようとしている。malchan1224 日本という国そのものより日本国憲法の方が大事
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
【「ハァ!?なにその反則技」若手弁護士300人が「集団的自衛権」閣議決定に抗議声明】http://www.bengo4.com/topics/1735/ ↑安倍カルト信者のくだらんツイートなんかより重要なので、転載する。連投失礼。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
解釈改憲?ハァ!?なにその反則技。私たちは立憲主義も民主主義も手放すつもりはありませんよ声明:1.政府が憲法の読み方を変えた、なんてありえないっつーの! 集団的自衛権の行使は、イコール「他国間の戦争への参戦」。「戦争放棄」「戦力不保持」を宣言する憲法9条を、どう逆立ちして読んだところで、他国間の戦争に参加してもいい、なんて読めるわけがない。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
2.そこにあるのは情念だけ(民主主義が、お嫌いなのね)  現政権に、ナチスを真似ようって言ったり、抗議行動をテロと言ったり、「民意」への敵意(おそれ?)があるからこそ、物言う国民を逮捕して民意そのものを育たなくする特定秘密保護法を作って、さらに自分を縛っているはずの憲法をめちゃくちゃに読み替えちゃっているような気がします。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
3.早く立ち上がらなきゃ。まだ、閣議決定だけだから。  今、悔し涙を流している皆さん。決して、「これですべて終わった」なんて思わないで下さい。閣議決定されたって、まだ何も具体的に法律が変わったわけではなく、まだ全然、戦争できる国にはなっていません。閣議決定に基づいた具体的な法律の作成をくい止めればいいのです。くい止めながら、来たる選挙できちんと意思表示すればいいのです☆彡
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
4.めんどくさいヤツであり続ける決意 幾万人からなる怒りの輪が首相官邸を囲む様子を見れば分かるとおり、私たち国民は、そんなにアホじゃありません。でも、なぜ政権の暴走を止められなかったのか、悔やむ時間は、もうありません。あなたとあなたの大切な人、自分より大事な子ども達のために、「めんどくさいヤツ」であり続けて下さい。私たち「明日の自由を守る若手弁護士の会」は、解釈改憲という禁じ手を絶対に許しません。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
以上。それに比べてお前らネトウヨはころっ洗脳されて、安倍や麻生の言うこと、やることを絶賛してるな?全然「めんどくさくない白痴」だな。脳はついてるのか?脳まで手術されたのかね?
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
【ネトウヨがオウム信者のように安倍に従順な理由】http://togetter.com/li/600927 【ネトウヨを洗脳してつくったのは、安倍・麻生ら「つくる会」勢力である。】
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
【「集団的自衛権」と「憲法」の関係は? 27歳の弁護士がわかりやす~く解説】http://www.bengo4.com/topics/1774/ 転載する。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
安倍内閣の解釈に対して、反対を表明している憲法学者が多数います。その反対のポイントはどこにあるのでしょうか? 「反対のポイントは、3つあります。1つ目は、そもそも『集団的自衛権の行使を認める必要はない』という主張です。日本が他国の戦争に巻き込まれることになる、政府が集団的自衛権の行使が必要だと主張する場面は非現実的だ、これまでの個別的自衛権の行使でも十分対応できる、と指摘されています。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
2つ目は、『集団的自衛権の行使は憲法9条の解釈の限界を超えている』という主張です。憲法9条が許しているのは、日本の自衛のために実力行使をすることだけだ。日本が攻撃されていないのに、他国のために実力行使ができるという集団的自衛権の行使は、解釈上認められないと指摘しています。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
3つ目は、『閣議決定による解釈改憲ではなく、憲法改正によるべきである』という主張です。憲法は、政府を縛るために国民に与えられたもの。そのため、縛られる側の政府が勝手に憲法解釈を変更することはできない。変更するならば、憲法改正手続により、各議院の総議員の3分の2以上の賛成と国民投票による承認という難しい“入学テスト”をクリアするべきである、というわけです。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
ところが、第2次安倍内閣は、この難しい入学テストを避け続けました。まず、憲法改正に必要な総議員の賛成を3分の2以上から過半数に引き下げることで、入学テストを簡単にしようとしましたが、公明党の賛成を得られずに断念しました。
0
asumama_fun @asumama_fun 2014年7月16日
次いで、閣議決定による解釈改憲により入学テストから逃げようとしたのですが、今度は『集団的自衛権の行使は違憲』との立場を変えなかった憲法解釈の“先生”である内閣法制局に反対されました。そこで、当時の内閣法制局長官である山本庸幸氏を退任させ、集団的自衛権の行使に積極的な小松一郎氏を抜擢したのです。この人事は、『内閣法制局長官は内閣法制局の職員から任命する』という暗黙の了解を破ったため、“禁じ手”と評価されています。その結果、ようやく閣議決定による解釈改憲を実現させたのです。
0
いくた♥️なお @ikutana 2014年7月16日
日本国憲法の前文には「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」と書いてあるんだよな
2
いくた♥️なお @ikutana 2014年7月16日
「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しよう」とという目的のために国際強調の元に行動するのは憲法の思想と矛盾はしていない。
2
ビール屋 @00asada 2014年7月16日
【「 #いや夫 」をご存じない方向け注意書き】ここを今荒らしている @asumama_fun は、togetter利用停止処分を受けている本アカ「@iyao1」(通称「 #いや夫 」)の13個目のサブアカです。利用停止処分者のまとめ作成はそれ自体が利用規約違反です。彼は、togetterから利用停止を受けるたびに新サブアカを作成しtogetterに侵入し続けているアラシですので会話は成立しません。速やかに、togetter運営またはTwitterに通報してください。
1
ビール屋 @00asada 2014年7月16日
【今確認されている「 #いや夫 」アカウント】「iyao1(本アカ)、imajin93、zisyurosen93、buntensyou1、paaruhan、9moG、huyuurara、maprin7、maaotituke1、kangaeru110、wanpa911、katukeibar、endeU15n、asumama_fun 」の合計14個です。彼について詳細をお知りになりたい方は各アカウントで検索してみてください。(今は「maprin7」が本アカ代わりです。)
1
Mizuta Fumitaka @Humi_TW 2014年7月16日
憲法の解釈変更は許されない…なるほど、「憲法を改正し、大国としての責任を果たせる真っ当な軍事力を持て」と云う事ですね、解ります(^^)
1
べれお @GregoryWagiro 2014年7月16日
この「憲法解釈は定着したら外せない」という考え方は実は凶悪で、まだ議論されてない憲法解釈なら例え酷い物であっても定着したら外せなくなるという実績を産みかねない。時代と共に言葉の意味が変わっていく事は当たり前なので、その時代に適応した解釈をしていかないといけない。曖昧で悪いけれど、他国を滅ぼしかねない存在が生まれたとしても「陸海空軍その他の戦力」として扱わないと解釈されたら国はその保持を禁じれない、など。
2
七八式襲撃機 @Type78Attacker 2014年7月16日
解釈が憲法に書かれていないなら憲法違反にはならない。解釈を政府が変えるのが嫌であれば、解釈の幅がない(ほかに解釈の使用がない)文章に書き換える必要がある。
0
neologcutter @neologcuter 2014年7月17日
ていうか #集団的自衛権 反対論者が今頃になって「自衛隊員の命が~」と言い始めるから、みんな大してついていかないんじゃ…
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2014年7月17日
「必要最低限の自衛行為」が変わってきただけでしょ?終戦直後の「最低限文化的な生活」と21世紀の「最低限文化的な生活」が違うのと同じ。
0