Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

子どもへの暴力は社会的に黙殺されてきたという話

まとめました。
164
内田良/部活動・教職を持続可能に! #学校カエル #学校リスク @RyoUchida_RIRIS

世の中,「不審者」ばかりにアンテナを張っているけれど,家庭という閉ざされた扉のなかで何が起きているのか… 殺人検挙事案のうち,加害者が実父母・養父母である者の割合は年々増加中(黒いグラフ)。なお,不審者等「面識なし」は11.7% pic.twitter.com/PZVWmYYbaY

2014-07-19 16:04:26
拡大
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

「殺人や傷害致死は家族・親族間で最も多く発生している」という記事は15年くらい前に書いた。

2014-07-19 20:50:46
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

家族は本来は安全なものだけれど、一部にきわめて危険な家族がある。ほとんどの人は安全な家族しか知らないので、危険な家族に子どもを委ねることの恐ろしさに気づかない。子どもを保護しても、「最後は家族のもとに戻すのが一番」としか考えない。その固定観念のせいで死んだ子は少なくない。

2014-07-19 21:00:04
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

前にも書いたけど、20年くらい前までは、子どもを殺した親に対する判決はほとんどが執行猶予付き。風呂のコンクリの床に幼児をたたきつけて死なせた例でもそうだった。「子を失ったことですでに罰を受けている」という判決文も堂々と書かれていた。この10年間ほどでやっと変わってきた。

2014-07-19 21:11:09
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

【修正】約20年前、子どもへの暴力の記事を書きたいと提案したとき、ある上司は「よくある話だ」と言い、別の上司は「特殊過ぎる例だ」と言った。言うことは正反対だが結論は同じ「記事にするのは難しい」。つまり黙殺。今はこんなことはない。20年ほどかけて社会のコンセンサスが成立してきた。

2014-07-19 21:32:50
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

それでも理解してくれる上司がいて、児童虐待を生き延びた人たちを描く連載が実現したら、全国から500を超す投書がきた。多くの手紙に「誰に話しても『親が子どもにそんなことをするはずがない』と信じてもらえなかった」と書いてあった。社会全体が、子どもへの暴力を黙殺していた。

2014-07-19 21:39:46
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

90年代後半から記事データベースが実用化され、殺人や傷害致死に占める子殺しの割合を調べまくった。そのとき目の当たりにしたのが、ほとんどの子殺しが地方版ベタの扱いだったこと。子(未成年)が親を殺す事件の多くは全国版だったのに。ここでも子どもへの暴力に対する社会的黙殺を思い知った。

2014-07-19 21:56:24
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

弱い者への暴力は宿痾のようになくならない。胸が潰れるような虐待事件は今もしばしば起きている。けれど、いま全国トップ級で報道されるような虐待死事件も、20年前は地方版の片隅に載る程度で、判決も執行猶予つきだった。社会から無視されていた。遅々としつつも、社会は前進していると思いたい。

2014-07-19 22:07:17
丹治吉順 a.k.a.朝P, Tanji Yoshinobu @tanji_y

社会がある瞬間に突然変わるなんてことはまずなくて、多くのことは時間をかけて、本当に少しずつ変わっていく。変わる最初のきっかけは、それまで無視・黙殺していた問題の存在に気づくこと。

2014-07-19 22:26:49

コメント

TAKAKO★マッドネス @takakomadness21 2014年7月21日
日本と言う国は割かし暴力に対して甘い気がしますね。特に昔は。
19
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年7月21日
純粋に接する機会が多く、長いから事件に繋がることが多い、という要因もあるのだろうけども、「子供は親に属するものである」という日本文化もおそらくは要因のひとつだろう。もちろん、他にも要因となるものはたくさんあるから、あまりひとつにフォーカスしすぎてもいけないが。
2
ゲソスーパーフレア @Gesoten10 2014年7月21日
少子高齢化で単に子供の希少価値が増しただけでマスコミは関係ないね。
2
みのかさご @asako_kawamata 2014年7月21日
私の場合は単に怒鳴られたり暴力を振るわれたりしていただけで大怪我をしたのではないから、外部(警察や区の相談機関)に助けを求めに行っても反応があまり良くないんですよね。
4
PICTOMANCER @pictomancer 2014年7月21日
「毒親」みたいな、現象に名前がつくことで少しずつ公にはなってるとは思う。
3
未確認反社会姫谷 @himeyan 2014年7月21日
子供に限らず家庭の囲いの内での上から下への暴力は軽く見られてます。昔から。
13
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年7月21日
客観的に見て体力差があるわけで、未成年の子殺しは原則死刑でも軽いくらいです。
0
闇のうんこ食べ隊 @nonsensecodon 2014年7月21日
母親による子殺しは心神喪失で不起訴になるから、いつの間にか話題にならなくなる(記事から消える)って日垣隆が書いてたと思うけど、実際のところどうなのかな
0
みずの とんび @lunatic_tonbi 2014年7月21日
かつては「法は家庭に入らず」などという言葉がございまして…
0
かえでこ @KaedekoSakura 2014年7月21日
例えば最近起きた岡山の事件は、異質で異常な犯罪とされ、犯人の属性が強調されるだろう。「罪を憎んで人を憎まず」なんて皆忘れて、属性丸ごと人を見るようになる。けれど、「毒親」の属性は、事件を起こすまでは「家庭を持ち子を成した普通の人」、つまり自分たちと同じであるわけで、「属性」を攻撃できない。結果、異常者の犯罪にせざるを得ないから、普遍的な問題として語れなくなる。
8
九銀@半bot @kuginnya 2014年7月21日
「しつけ」「親だって辛い」「お前も子供を持てば分かる」等の言葉で正当化しようとする人も多くて嫌になる
21
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2014年7月21日
親権、の名の元に色々流されて来たからな…
3
悟浄 @syagojo 2014年7月21日
昭和のテレビドラマじゃ「自分の子供を親がどうしようが勝手だろ」という登場人物は当たり前にでてたもんだ。
1
I-zy @digitaleazy 2014年7月21日
これ家庭の中が聖域化してて、アンタッチャブルなことに加え、子供を家庭以外の部分で育てるセーフティが弱すぎるんだよなー。じゃぁ実際児相が来て虐待が認められました…ってなっても、その子をまた家に戻そうとする力が働くでしょ。
18
I-zy @digitaleazy 2014年7月21日
ストーキングしてるやつがあなたを一番愛してるんだから一緒になっちゃいなさいレベルの話ですよ。
12
こんたん @kontan8823 2014年7月21日
児童虐待の統計を取り始める前は、日本の家庭内での児童の事故死率は先進国でも突出して多かった。おそらく虐待死だったのを、ろくに捜査もせず事故死として処理したからだろうと言われている。
20
たさか(隣人部員) @ktasaka 2014年7月21日
生命倫理の本で読んだけど、子どもの命を大事にっていう傾向は、先進国でほとんど同時に、少子化傾向が見られる時期から始まっているらしいんで、実は日本だけの問題じゃないんだよね。
0
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年7月21日
各種の人権団体が近年まで放置していたことに憤りを覚える。子供には人権がないとでも言いたかったのだろうか?
1
よーぐる @Seto_yasu1987 2014年7月21日
時々ニュースになる痛ましい事件には、胸を締め付けられる思いになります。
0
石部統久 @mototchen 2014年7月22日
本当にみたくはないデータです。子供の犯罪被害データーベース 親による虐待・子殺し http://kodomo.s58.xrea.com/oya.htm
3
旭日旗 @FuckncoolJapan 2014年7月22日
昔の家庭内暴力って 子供が親に… が多いけどね。。。
0
旭日旗 @FuckncoolJapan 2014年7月22日
今まで子供は常に迫害されてきた…みたいな表現は辞めた方が良い どっちもどっちだし 一方の問題だけをことさら取り上げたら もう一方は助長するだけだ
0
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2014年7月22日
精神的虐待って目に見えないから余計ひどい。この世には子供もっちゃいけない人間も居るって事、どうしてわかんないのかな。
0
neologcutter @neologcuter 2014年7月22日
躾けという名の体罰や嫁姑問題は未だに絶えないよね。それどころかある種の人々にとってはワイドショーで消費されるネタでしかない…
5
black.king @northern_shower 2014年7月22日
かつて尊属殺の加重規定があったことと比べると、この処理の甘さは残念ですね。被害者の権利論が高まっている昨今も、いかんせん遺族が加害者なのでなかなか声が上がってこない。 虐待を受けてた人っていうと個人的に井上ひさし氏を思い浮かべるんだが、彼も結局虐待側に回っちゃうんだよなあ。
0
人形使い @doll_player 2014年7月23日
精神的虐待、芹沢俊介いうところの存在論的子殺しの恐ろしさは、殺されても死体が出ないから発覚しないこと、殺されている本人が殺されていることに気づかないことにある
4
人形使い @doll_player 2014年7月23日
家庭というカーテンで隠されて周囲から見えない「聖域」でどれだけの子供がなぶり殺されていることか。
4
人形使い @doll_player 2014年7月23日
家庭・親は安全、家庭・親は正しいという集団幻覚から目覚めない限り子殺しはなくならない
4
人形使い @doll_player 2014年7月23日
そして大人になってから「自分は親に殺されていた!」と気づいてももう遅い。殺された自分は戻っては来ないし、何より周囲はそれを理解できない、理解しない。お約束の「人のせいにするな」の正論でまた殺される
10
みかん上級大尉 @Mr_Mikan00 2014年7月26日
尊属殺人は重罪になってた時代があって、子供はないがしろという
1
バラ肉 @888_mochi 2014年7月29日
通り魔は「まともな家庭で育ったまともな子供」つまりは自分の子供が被害にあうからヒステリックに糾弾するけど「まともじゃない家庭で育ったまともじゃない子供」なんてのは死のうがどうしようが、もっといえば社会に出てまともな自分やまともな自分の子供と関わる前に死んでくれたほうがいいという程度の認識の人は、自覚のあるなしはともかくかなり多いと感じる。とにかく他人の家庭なんてどうでもいいんだよね
2
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年7月30日
未だに母親が子供を放置して餓死させても同情が集まる国ですよ、日本は→http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100801
1
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2014年8月11日
卑属に対する殺人・傷害なんかは、元々は今ほど目くじら立てられるようなことじゃなかったしある程度あって当たり前のことだったからじゃないの?
0
アンジェ @oleE6nlaIIhZkrf 2016年5月31日
こんばんわ。お邪魔させて頂きありがとうございます…私の時代の人達と子供の頃を思い出し、お話しさせて頂きますと…それ程、悪いこともしていないのに、親に叩かれたり、つねられたり、言うこと効かなかったら、お祖父ちゃんに!竹の長い物差しを持つて学校迄おいかけられた…などと言う回想を良く聴きます…今では虐待、ハラスメント行為に当たりますが…その昔は、今の様に、そんなに悪い行為は無かった気がいたします…親が怖かったので、わるいことはできませんでした…個人的にはあんな、こんな、そんな?感じでした…で、どうか?
0