「ガザ向け砲弾にメッセージを書くイスラエルの子供」写真は2006年対レバノン紛争時のものだった

まとめました。
71

節子、それガザやない、レバノンや

E-WA/いーわ @ewa4618

pic.twitter.com/Q4C3IRpa9I この写真、2006年には「レバノン向け砲弾」として流布されていた写真だが、今回「ガザ向け〜」として再流布されている。「ミサイル」としているツイートもあるがどう見ても砲弾でしょこれは。

2014-07-16 11:21:52
拡大
E-WA/いーわ @ewa4618

例の「砲弾にメッセージを書く少女」の写真、確認できるうちで最も古いのは独シュピーゲル誌の2006年の記事(PDF)magazin.spiegel.de/EpubDelivery/s… pic.twitter.com/g0rbdahlPN

2014-07-16 23:24:32
拡大
E-WA/いーわ @ewa4618

例の「砲弾にメッセージを書く子供」の写真、どうやら出元はAFPで、おそらく別カットがこれ。2006年7月。書かれているのはレバノンのヒズボラのリーダー、ナスラッラーに宛てたものとのこと theage.com.au/news/world/shi… pic.twitter.com/kMQ6Hj1ycS

2014-07-17 15:56:05
拡大
E-WA/いーわ @ewa4618

子供が砲弾にメッセージを書くという行為自体が狂気の沙汰ではあるけれども、メッセージの宛先がガザの一般市民ではなく、レバノンのヒズボラ(イスラエルにとってはテロリスト団体)のリーダーであった、となると、ほんの少々ではあるが心証が変わってくるのではないかと思うんだが

2014-07-17 16:06:35
E-WA/いーわ @ewa4618

独Spiegel Onlineで件の写真を発見。2006年7月。キャプションはやはり「南レバノンへ撃たれる砲弾」となっている。 pic.twitter.com/aD1pX7VK8p

2014-07-17 16:21:32
拡大

英Guardian誌の関係者証言記事が見つかる

E-WA/いーわ @ewa4618

やっと掘り返せた [link] Lies, damn lies - and war pictures from Guardian Unlimited: News blog : web.archive.org/web/2006080507…

2014-07-17 16:30:29
E-WA/いーわ @ewa4618

件の「砲弾にメッセージを書く子供」の関係者に取材した記事(2006年、英Gurdian)がWayback Machineに残っていたので、今読んでいるところ

2014-07-17 16:33:53
ツイートの時系列が前後しますが、これもほぼ同内容
E-WA/いーわ @ewa4618

例の「砲弾にメッセージを書く子供」写真に関する証言記事。[link] Israeli Children Signing Missiles - The COMPLETE Story - Democratic Underground : democraticunderground.com/discuss/duboar…

2014-07-21 13:19:24
リンク t.co Israeli Children Signing Missiles - The COMPLETE Story - Democratic Underground Israeli Children Signing Missiles - The COMPLETE Story
E-WA/いーわ @ewa4618

ウルトラ要約; - あの子供たちはイスラエル北部とレバノンの国境にあるキリヤット・シュモナ出身 - レバノンのロケット弾攻撃のため5日間も地下シェルターに閉じこもっていた - 砲弾にヒズボラのリーダーであるナスラッラーに宛てたメッセージを書き始めたのは彼女たちの親

2014-07-17 16:42:39
E-WA/いーわ @ewa4618

承前) - その後親が子供たちにマーカーを手渡した、つまり書かせたのは親。 - 恐らく当の子供たちはこの砲弾がレバノン側にもたらすであろう被害について理解していなかったと思われる。イスラエル国内ではレバノン側の被害は報道されていなかった。

2014-07-17 16:46:26
E-WA/いーわ @ewa4618

承前) - その後この写真はブログ等で「イスラエルの子供達はミルクではなく憎悪で育てられている」等のコメントと共に広められたため、論争の的になった。

2014-07-17 16:53:35

ここからは私見です

E-WA/いーわ @ewa4618

出元がAP通信もしくはAFP(フランス通信社)となっているので、おそらくはイスラエル軍に同行した報道記者が撮影したもので、プロパガンダ目的ではないのでしょう RT @EnglishNomad: 戦意高揚プロパガンダにしては、国際的には逆効果だし、意図のよくわからん写真だ。

2014-07-17 16:55:02
E-WA/いーわ @ewa4618

撮影者はSebastian Scheiner/APとなっていますね。 pic.twitter.com/SIG9yq9s78

2014-07-17 16:56:13
拡大
E-WA/いーわ @ewa4618

つまり、あの写真を見て「イスラエルでは子供達全員に敵国に対する憎悪を植え付けるような教育をしている!」などと断じるのは早計にすぎるということです。あれはレバノンのロケット攻撃に晒されていた人達で、親が砲弾にメッセージを書いたのでその場のノリで子供も真似した、という感じなのでは。

2014-07-17 17:16:19
E-WA/いーわ @ewa4618

ただ、そこへたまたまイスラエル軍に同行していたAP通信の報道記者がいて、インパクトのある絵だということで写真を撮った。初出時のコメントも「砲弾にメッセージを書く子供」程度の説明でしかない。ところがあまりのインパクトのためか、写真とそのイメージだけが一人歩きしてしまった。

2014-07-17 17:17:58
E-WA/いーわ @ewa4618

そして再度ここは強調しておくけど、あの写真はあくまで「2006年の対レバノン紛争の際に撮影された写真」なのであって、今回のガザ紛争と紐づけるようなツイートは虚偽とみなしていいかと。

2014-07-17 17:21:56

コメント

Mizuta Fumitaka @Humi_TW 2014年7月21日
自らの主張を喧伝するためには、どのような素材であっても引用可能であると考えている自称ジャーナリストは世の東西を問わずに存在するのだなと…
4
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2014年7月21日
攻撃先がレバノンであろうとガザであろうと、こうした行為が見られるのは不幸だが、引用者が「大差ない」と開き直ることが認められる訳ではないよね。
18
はよ @hayohater 2014年7月21日
こういうのを取り違えてムキー!ウキー!しちゃうぐらいパレスチナに関心がないっつーことがまたしても明らかに。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2014年7月21日
また逆に、そういう写真が出回ってたからと言って都市爆撃や地上軍での侵攻が正当化されるわけでもないってのも気をつけておかないと
4
ケイ @qquq3gf9k 2014年7月21日
こういう情報戦が行われてる以上は一方的にパレスチナ=被害者でイスラエル=加害者という形で報道されていくのもどうかと思うのよね。
13
とっち.opanpon @totty2nd 2014年7月21日
こういう第三者に対する印象操作が果敢に行われてる事自体が今現在、戦争が行われているという事を実感する一つの証左だよね。まあ、今回の件は部外者による勘違いリレーの結果だけど。
2
おてつ @guruado 2014年7月21日
こういう形で「有名な」写真は出来上がっていくんだな。見る側がそんであって欲しい物語を引っ付けていくんだな。そして現実とかけ離れていくと。
8
トビウオ師匠 @city_swimmer 2014年7月21日
嘘や推測バラまいて真実かどうかなんて些細な問題だ!って言うあるある
7
neologcutter @neologcuter 2014年7月21日
戦争時だから、こういう誹謗合戦が行われるのは当たり前だと思ってないとダメだね。
2
こんたん @kontan8823 2014年7月21日
無能な味方は、最大の敵というやつだな。まあ、パレスチナ人の少年を生きたまま焼き殺したり、ポップコーン片手にガザ爆撃の様子を丘の上から見て拍手したりと、報復の連鎖でイスラエル国民の人心荒廃が進んでいることは確かなんだけどね。
3
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2014年7月22日
主義主張のためならどんな捏造でも許される、って考える莫迦は世界中にいる こまったもんです 
5
u1ρ ⛅ @u1p 2014年7月22日
これもまたネットが既存報道を圧倒した結果起きてきた事案かな? しかしまぁこれに騙されたりとか、小保方論文を審査した連中を嗤えないね。
1