恥を知るには、悲しみを知らないといけない。

恥を知るには、悲しみを知らないといけない。 悲しみを知らない奴や、恨みをわからない奴が、その悲しみを生み、恨みを生む。 少しでも恥を知るならば、その行動やデザインには配慮という思考が組み込まれる。
心理
2
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
now2chblog.blog55.fc2.com/blog-entry-150… 何故、国籍を取らない?それは工作員だからだ、そういう輩で集まって反日して美味い汁を啜ろうと集るからだ。 そんな輩に、わたすもんはない! 感謝もせず、ただただ集ろうとする、ごみ虫共に!!!
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
例えば、テレビ局で大部屋で共演者がたくさん集まるそこに一人ひとりが荷物を置く、そこで誰かの財布がなくなる、そしてその部屋にはずっと3人の共演者がいた場合、その3人に誰がやったのか?と犯人探しをするのか、 そういう嫌な思い、悲しい思いを生む状況や環境を作る事に対して、
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
あなたはどう思うだろうか? 一人ひとりが貴重品を持てば、そういう環境、状況は生まれないのに馬鹿だなぁと思うだろうが、 そういう環境や状況ってのは、悲しみを生まないような『デザイン』ともいえる。 それを許容する人々、つまりお互いに『良い』を保とうとする人の間でしか成立しない。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
now2chblog.blog55.fc2.com/blog-entry-150… … こいつらはどうだろう?反日で工作して、今現在の日本人に忌み嫌われている。こいつらの子孫もその恨みが向けられている。なぜ悲しみや憎しみを生む『デザイン(=反日)』を採用したのか、お互いに『良い』を向ければ、こんな事はなかったのでは
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
ないだろうか、 これは自明的な結果ともいえる。 お互いに『良い』を追及せず、悪辣なデザイン(=反日)を求めた結果ともいえる。 そしてそういうデザインを推し進めてきた同族を野放しにしてきた結果ともいえる。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
なぜ、悪意を野放しにするのか、 なぜ、同族というだけで、生かそうとするのか? かつての日本は武家において、その天下にあった時代、
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
チカラを求める戦国時代があった、その戦いはお互いの『義』をチカラをもって証明するものだ。それはつまり、親が、息子自らが思う義で違えば、刺し違える覚悟があった事と言える。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
人間の関係において、親子が仲良くというのは、一つの『良い』でしかない。未来を想う視点があれば、離れればならない関係、刺し違えばならない関係もありえる。そこで悲しみを引取り、未来へ繋ぐという選択も、我々日本人の史実ではいくつも拾える。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
そういう視点は結局、恨みに対してどういう姿勢を持つか、による。イスラムなどはお互いに『良い』なるものはなく、恨みはいつか返せという、かつての時代の人々が選んだ、生き抜く為の選択の結果を、今の時代に求めるわけだ。そういう状況や時代、価値観を認めず、その悪意だけを今の時代に運ぶのだ。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
かつての時代から来る悪意は今の人々に、謝罪を強要し、優位に立とうとする材料を提供する、しかしその優位に立とうとするそれ自体がすでに、お互いの『良い』を保とうとするその意識がない。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
これからわかる事は、常に敵意に満ちた視点で行動する者は居て、そういう人間と、お互いの『良い』を保とうと、追求しようとする人々との明らかなチカラ関係が出てくるのです。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
自明的な恨みに対する人類の流れ-慰霊の日を経て- - Togetterまとめ togetter.com/li/684831 @togetter_jpさんから 日本がこれから世界に訴えていく事は、上記のリンクにある恨みに対する姿勢と、その悪意を次の世代に運ぼうとする人間との綱引き
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
を理解してもらうのです。 そして次の世代へ悪意を運ぼうとする人間(中国、北朝鮮、ロシア、イスラム原理組織ハマスなどなど)にチカラを与えてはならないという事です。 そのチカラの引っ張り合いでは、どこまでも過激になりやすくなる事実を知らせるのです。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
目には目を歯には歯を、には時間的視点は盛り込まれていません。 そのことわざが使われていた、あの時代の時間的視点のまま、我々の時代の価値観に当てはめて生きて本当に『良い』のか、 中東の馬鹿どもにもそれを伝えていくことこそ、これからの時代になっていきます。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする