10周年のSPコンテンツ!
139
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ①】今夜は長男一家が遊びに来たので、ローストビーフを作りました。どこかのHPで見かけた製法でオリジナルではありませんが、ご家庭で手軽にローストビーフを作りたい方にはオススメです。
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ②】お肉はいつも、牛もも肉の塊を使います。今日は茨城県産黒毛和種。A5ですが、100g当たり398円とお得。A4のもも肉も同額だったので、A5を選びました。ロースでないと、規格の価格差あらわれ肉いのかな。 pic.twitter.com/fQIMYCaj61
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ③】もも肉に塩胡椒をたっぷりかけて、お肉に擦り付けて行きます、スリスリ。約650gの塊だったのですが、二つに割れてしまいました。二つに肉塊として、作業を続けます。 pic.twitter.com/rSuHFWjpn7
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ④】フライパンで、肉塊の表面を焦げ目が強くつくくらいに焼きます。ジュージュー。私は、オリーブオイルを使いますが、サラダ油でもOK。フォークでひっくり返し返しながら、根気よくジュージューと。 pic.twitter.com/V3uJhVua7T
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ⑤】表面をきつめに焼いたお肉をアルミフォイルで包み、ジッパー付きのプラスチックバッグに収納。できるだけ、空気を抜いておきます。バッグのまま、保温にした電気炊飯器に入れて熱湯を注ぎます。 pic.twitter.com/9Ghb9plP4m
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ⑥】そのままでは、ローストビーフを入れたバッグがプカプカ浮いてしまうので、落し蓋(写真でステンレス製)を入れて重石となるサムシングを入れて、電気炊飯器のふたをしまず。 pic.twitter.com/hYjmFfHPt3
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ⑦】100g当たり10分程度、電気炊飯器を保温にしたまま、おきます。この辺の時間は経験値で勝負。出来上がったローストビーフが冷めたら冷蔵庫で冷やして出来上がり。 pic.twitter.com/n1IhDD9MTo
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフ⑧】お皿に盛りつけます。北海道の山わさびがあれば文句ないところですが、ないので、今夜は、ワサビ醤油でいただきました。我ながら「良くできました」→「ゴールデンスランバー」のノリで。 pic.twitter.com/SCnxkvFFbD
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ①】今度は、この美味しいお肉のルーツを探ってみましょう。日本の肉用牛は「総背番号制」を取り入れており、1頭毎に10桁の「個体識別番号」がついてます。これが何と、私たちがスーパーなどで購入する牛肉のパックひとつひとつにも、付いているんですよ。
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ②】今日、購入した牛肉のパックにも「個体識別番号」は付いてます。「1362205577」でした。 pic.twitter.com/9PbNQ6zbPt
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ③】この「個体識別番号」は家畜改良センターが管理しているので、センターのHPから、この牛の生年月日、生まれた農家、子牛として売られた家畜市場、子牛を買って肥育した農家、ドナドナと屠畜された屠畜場、屠畜月日、計算すれば屠畜月齢などがわかります。
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ④】この牛は、平成24年1月20日に栃木県那須烏山市の小池さん宅で生まれ、8月1日に矢板家畜市場で子牛として売られ(1件を経て)茨城県の明野ファームが肥育した上で、26年6月22日に下妻地方食肉組合に出荷され23日に屠畜された黒毛和種の去勢牛でした。
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ⑤】整理すると、この牛は栃木県生まれの去勢牛で、子牛として矢板家畜市場で売られた後、茨城県で肥育され、約29ヶ月齢で屠畜されたことが分かり、この辺の経緯は、家畜改良センターのHPで次のように示されます。 pic.twitter.com/VL9BpzxUaN
拡大
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ⑥】この牛のお母さん牛の個体識別番号は「1000041734」なっています。で、このお母さん牛を検索すると、栃木県宇都宮市の菱沼牧場さんで平成14年7月29日に生まれ、8月11日には、この牛が生まれた那須烏山市の小池牧場に移動していることが分かります。
原田 英男 @hideoharada
【簡単ローストビーフのおまけ⑦】この牛のお母さん牛がわずか13日間で、移動していることから、このお母さん牛は、酪農家で受精卵移植で生まれた雌牛で、家畜市場を経由しない農家間の取引で、酪農家から肉用牛繁殖農家に売られたものと思われます。 pic.twitter.com/uh70VdjPTx
拡大

コメント

熊野風。 @nobody2knows 2014年7月27日
ローストビーフの作り方と同時に日本の牛肉の勉強になりました。
tomo @tomo_091519 2014年7月27日
真空調理法の家庭版ですが、 冷ます過程は、一気にし無いと腐敗為る可能性が高いです。 65度の消毒温度に成ったら、一気に20度以下にして、パーシャル保存へ。 この時期は当日の消費で無い限り、菌の培養好適温度帯の通過時間は極めて短くが原則です。
ゴイスー @goisup 2014年7月27日
肉の流通トレースも勉強になった
AKEMA, Tamio @involving_layer 2014年7月27日
アルミ箔で巻くのはなぜでしょう?それはともかく、チャック付きポリ袋に入れて空気を抜く時には水(お湯)に沈めて水圧を利用するとわりとうまくいきます。真空断熱調理器を使うと電源も不要ですね。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年7月27日
hosokibo(@zuchiead3)はあちこちのコメ欄でマルチしているスパムアカウントなので、ブロック推奨。
kartis56 @kartis56 2014年7月27日
何か書いたけどやめた
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする