2014年7月28日

2014年7月25−27日に福島県立医大で開催された 福島県立医大ーIAEA国際学術会議について

27
4nwanelson @4nwanelson

WELCOME 福島県庁 原子力損害対策 総室 地域交通官・地域課長等会議会場 県北 消化器癌化学療法セミナー2014 これで混んでるのか…あと競馬と教職員試験とIAEAか pic.twitter.com/59dPNmDaRq

2014-07-24 23:32:14
拡大
4nwanelson @4nwanelson

あい変わらず高い 医大8号館前は0.28マイクロ FMU-IAEA International Academic Conference(国際学術会議) 日程:7月25日(金)〜27日(日) 場所:福島医大 8号館 N301 pic.twitter.com/qJpo3I0PkT

2014-07-26 17:08:10
拡大
4nwanelson @4nwanelson

▶︎広大 神谷研二 谷川攻一▶︎元放影研・放医研 佐々木康人 鈴木元▶︎長崎大 山下俊一 大津留晶 高村昇▶︎福医大 丹羽太貫 大戸斉 鈴木眞一 安村誠司 ▶︎東大 藤垣裕子 ほか FMU-IAEA 国際学術会議 pic.twitter.com/nJBxLwIodw

2014-07-26 18:20:27
拡大
4nwanelson @4nwanelson

眞一先生はこちらだったのか↓ 「きみが外科医になる日」セミナー 日時:7月26日(土)17:00〜19:00 会場:ホテル辰巳屋 pic.twitter.com/kNX8Yr9VAY

2014-07-26 18:21:25
拡大
4nwanelson @4nwanelson

大津留さんに「外に出しちゃダメだよ、IAEAの許可とってないんだから」と釘をさされる…ゆえに今朝の民友、民報にも掲載されていないのね…

2014-07-26 18:31:49
4nwanelson @4nwanelson

しょうがないから少し測ってからかえろう 福島医大敷地内0.57uSv pic.twitter.com/2WSZxc5Pew

2014-07-26 18:43:50
拡大
4nwanelson @4nwanelson

ここはほんとに病院なのだろうか? もう驚かないと決めてるのだけどやはり毎回おどろく 福島医大敷地内 0.516uSv pic.twitter.com/gMfiNCpnEA

2014-07-26 18:48:21
拡大
4nwanelson @4nwanelson

やっと除染してるのか?(O_o)すごいな医大 pic.twitter.com/22dAWBlw3M

2014-07-26 18:51:37
拡大
4nwanelson @4nwanelson

山下氏「暑いなか来てくれたと?」私「急遽開催知ったんです」山「知らせいってないと?」誰が私に知らせてくれるのか(-_-)先生が知らせて下さい(-_-) 会議後マイクロでレセプションに向かう山下俊一氏 FMU-IAEA 国際学術会議 pic.twitter.com/YNbj6yfr0A

2014-07-26 20:07:47
拡大
4nwanelson @4nwanelson

山下氏に逃げられる。高村は終日満面の笑みで高笑い。ホテルのロビーで被災者生活支援チームの官僚が居丈高に座っている。約束された彼らの満たされた日々。なんの解決にもならない。だからといってやめはしない。 福島医大前 0.47uSv pic.twitter.com/R6klrW2ExG

2014-07-27 18:51:54
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

ところで、福島医大でのIAEA学術会議って、以前はライブ公式配信が一般公開されてなかったっけ?今年は、会議の告知からしてえらく秘密っぽいですけど。公式配信もなしってこと?

2014-07-27 23:35:07
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

IAEA学術会議が一般大衆向けに広報も配信もされてないのは、もしかして、「人の健康の分野における協力に関する福島県立医科大学と国際原子力機関との間の実施取り決め」の中での、「秘密協定」の一部ってこと? no-border.co.jp/archives/5779/

2014-07-27 23:53:53
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

2014年7月25−27日に福島医大で開催された福島県立医大ーIAEA国際学術会議。去年は、大々的に告知され、公式配信もあり、見守り隊英語サイトにはアーカイブもある。 fmu.ac.jp/radiationhealt… しかし今年は、検索しても福島医大のサイトに情報なし。

2014-07-28 05:16:11
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

会議開催のお知らせは、「科学技術社会論学会ニュースブログサイト」で見つかった。どうやら、メール?からの転載のようである。 blog.jssts.jp/2014/07/iaea.h… 福島県立医大ーIAEA国際学術会議プログラム dl.dropboxusercontent.com/u/1302360/FMU-…

2014-07-28 05:20:14
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

この参加者も、ぎりぎりまで開催をご存じなかったようだ。twitter.com/4nwanelson/sta… そして、 ”大津留さんに「外に出しちゃダメだよ、IAEAの許可とってないんだから」と釘をさされる” と。地元新聞にも掲載なし。twitter.com/4nwanelson/sta…

2014-07-28 05:28:19
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

開催のお知らせによると、登録するには「ご所属(大学名、研究所名など)、役職等」を記入しなければいけなかったようだ。仮に開催を知ったとしても、これでは一般の参加者には敷居が高くないだろうか? blog.jssts.jp/2014/07/iaea.h…

2014-07-28 05:30:52
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

IAEAに許可されていないから外に出せない、というのは、会議の内容だろうと思うけど、平成24年12月に締結された、「人の健康の分野における協力に関する福島県立医科大学と国際原子力機関との間の実施取決め」覚書の中に興味深い文章がある。 pref.fukushima.lg.jp/sec/16035d/fuk…

2014-07-28 05:36:17
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

「両当事者は、他方の当事者によって秘密として指定された情報の秘密性を確保する」 pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attac… これに当てはまるのだろうか?

2014-07-28 05:36:48
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

プログラムを見ると、この福島医大ーIAEA国際学術会議のトピックは、「放射線と健康と住民:多角的視点による福島の震災復興」とある。 dl.dropboxusercontent.com/u/1302360/FMU-…

2014-07-28 05:40:59
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

開催のお知らせには、「今回の国際学術会議は、放射線災害医学教育を考える上で、特に放射線災害後のメンタルヘルス、長期低線量被ばくと健康問題に関する科学リスクコミュニケーション、そして科学と技術の進歩とその結果がもたらす社会影響に焦点を当て、集中的に議論いたします。」とある。

2014-07-28 05:41:46
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

これは、住民の方々におおいに関係があるのではないだろうか?専門家らがどのような議論をし、どのような知見が提示されるのかは、当事者である住民の方々に知る権利はないのだろうか?

2014-07-28 05:43:41
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

「シンポジウム1:科学的リスクコミュニケーションと科学技術社会論」の講演の一部。 坪倉正治氏「低線量被ばくに関するリスクコミュニケーション~放射線に関する講演会を通して~」 神谷研二氏「福島原発事故でのリスクコミュニケーションの経験と科学者の役割」

2014-07-28 05:49:53
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

「シンポジウム2:科学と技術における公衆とのコミュニケーション」の講演の一部 佐々木康人氏「放射線災害での適切な科学情報伝達への取り組み―福島原発事故後の個人的経験に基づく提言―」 鈴木元氏「受容可能な被曝線量に関する認知ギャップの解消に向けて」 (認知ギャップ・・・)

2014-07-28 05:51:31
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

鈴木眞一氏は、「福島第一原発事故後3年を経過した甲状腺超音波検査の結果と将来の展望」というタイトルで講演。 まさか1巡目の未公開最終結果を、そこでご発表になったんじゃございませんよね?

2014-07-28 05:53:16
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

「シンポジウム5:社会問題と科学技術社会論」の講演の一部。 高村昇氏「福島第一原子力発電所事故後におけるクライシス・コミュニケーションの経験」 諸発言はすべてクライシス・コミュニケーションで正当化、ということでございますね?

2014-07-28 05:55:44
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?