無断転載された二次創作者のあるべき態度とは

二次創作者の不寛容に疑問を呈していたテラヤマアニ氏が、二次創作者がどうあるべきか考えた話。 個人的には、出所を明示しない著作物の利用は、「転載」とは呼べないと考えています。
著作権法 二次創作 無断転載 著作権
Tuba56 57879view 12コメント
40
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 三上友宏 @designtomohiro 2014-08-05 02:26:52
    @kowagariさん発言でずっと心にあったモヤモヤが晴れました。二次創作者であることを棚上げせず、まず前提として認識することが大事ですね。
  • DIE @DaiNagao 2014-08-05 10:29:30
    落とし所としては腑に落ちる内容だったかなと思います。関連して、色々危惧すべき問題があると言う点でも有意義なまとめだったかと。
  • ねぼ @nebonebo7 2014-08-05 13:16:28
    20年ぐらい前までのBBSの時代であれば小規模なクローズネットワークが点在する状況だったので元クローズから別クローズへの移動を禁止宣言する事には意味があったけどインターネットは全部初めから繋がっちゃってるからねぇ。
  • qquppa @qquppa 2014-08-06 17:38:20
    「作者を偽らない」とか言ったところで、もしも台湾のTシャツ業者が権利者としてディズニーと例の怒り新党な二次創作者の名前を例のパクリTシャツに併記していたりしたら、怒り新党な二次創作者な人の顔は猛烈に蒼ざめていただろうなとw 結局のところ、「自分にとって都合のいい不特定多数の人にのみ見せて、褒めてもらって、手柄として認めてほしいけど、それ以外の人に拡散されたくない」といった一昔前の無断リンク禁止サイトの身勝手な態度と根は同じような。
  • 柚木 @yzk_real 2014-08-07 04:09:01
    最後の話に沿って無断転載をOKにすると、自分がファン作品として描いたものを自分の知らないところで「この絵は関節バキバキでパースも狂ってるわ!ないわ〜」とか言われるのを許容しなきゃいけなくなるのか……。発狂しそう(笑)
  • 犬哭啾啾 @wankokushushu 2014-08-07 08:15:25
    2次側は一次のお目こぼしで見逃されてるとこを3次に利用され2次が騒ぐと1次が全部面倒を見なきゃいけなくなると
  • Shantak-bird @Shantak_bird 2014-08-07 08:28:25
    「皆が幸せになるwin-winの関係構築を模索しようよ!」と言う理想論と「創作活動に対するロイヤリティが貰えるなら兎も角、無断使用は許せない自己利益の追求はやめないよ!」と言う身勝手な現実論ってことですよね?自己正当化を言い出す人には何言っても無駄
  • 斉藤 @saitou0091 2014-08-08 03:06:21
    他人のものを自分のものと言い張るアホに怒ってたら急に的外れな一般化を始めた人が現れたので頑張って説得したら間違いに気づいてくれたって話じゃないかな?
  • まに @n_m_u_r 2014-08-10 16:18:47
    よくわからん。一次創作者だろうが二次創作者だろうが「無断転載や無断加工を嫌だという権利がある」。ただそれだけの話なのに、なぜ寛容に、だとか他人が一律のガイドラインを決める必要があるんだろう。自分にとって不利益でいやだと思うなら声をあげていいし、むしろ利益がある、もしくはどうでもいいと思うなら放っておいてもいい。原則的には、ただそれだけのことなんじゃないのか。
  • まに @n_m_u_r 2014-08-10 16:24:23
    同人市場の肥大、という側面から見たときに、どこかで版権(一次創作者)側と二次創作分野はガイドラインを決めていく必要がある、とは思っている。それはそれでそう思うんだけど、それは同人を取り巻く経済市場と「ファンアート」という建前の乖離から来る問題であって、法的な問題からではない。それを無理やり法的問題からくるものとして解釈しようとするから無理のある議論になるんじゃないのかなあ
  • まはら@作文開始 @lalalu_0620 2014-08-10 20:16:16
    「自分はこれでいいと思うのになぜこのひとはそう思えないんだろう」って、宗教みたいで気味悪いなあ。
  • 酷道探検隊@酔いどれアークス @tocch 2014-08-13 11:48:29
    n+1次創作するときは元の方を尊重しましょうねってだけの話がどうしてこうもこじれるのかってのを考えると面白いな。

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー