Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「能 弱法師/かげろうための」Twitterレビューまとめ

無隣館若手自主企画vol.3濵中企画「能弱法師/かげろうための」(2014/8/10-12)Twitterでの感想まとめです。
0
平林正男 @m_hirarin

いわき久之浜への想いを込めた『かげろうための』『能 弱法師』アトリエ春風舎。映像や音声のファイルと俳優の身体をコラボした「かげろうための」。〈文明〉に束縛された身体を象徴しているかのような「弱法師」。ともに今後再演の予定があるとのこと。発展途上に立ち会った公演初日でした。

2014-08-10 19:45:30
ロバ @donkeys__ears

東大芸術ゼミのときからのお知り合いはましゅんさんこと濱中峻の舞台 『能 弱法師/かげろうための』 を見てきた。自分にとって考えるところ、驚き、感動その他もろもろが大きくて、途中から身を乗り出して観劇。

2014-08-10 15:21:56
ロバ @donkeys__ears

濵中峻の作品「かげろうための」は、福島県いわき市久之浜という場所でのインタビューを、演者がヘッドフォンでききつつ「語りなおす」という、書いてしまえばシンプルな舞台。

2014-08-10 15:24:58
ロバ @donkeys__ears

しかし、最初の数分見たとたん、すぐに「これは文化人類学『そのもの』だ」と感じる。ルーシュの映像人類学、あるいはアクト・オブ・キリング。この作品が恵比寿映像祭の映像人類学作品の中で、あるいは文化人類学会で上演されても全く違和感がないだろうと思う。

2014-08-10 15:27:51
ロバ @donkeys__ears

映像作品が抱えるある種の問題にも、この舞台は答えを出している。映像がいつでも「客観化」されてしまう。観客の視点になるのに対し、口伝えの語りかけは主観的な場所へ連れて行かれるように感じる。

2014-08-10 15:30:35
ロバ @donkeys__ears

演者の身体・声を通して、表象されてるものを「鑑賞」しているのか「体験」してるのかの境界がぎりぎりまで近づいてぼやけてくる。自分がフィーッルドワークし、参与観察している場所が目の前に。

2014-08-10 15:32:15
ロバ @donkeys__ears

映像や音声を記録し、あるいは文章に「翻訳」し、という表現方法に比べて、この形式は最も「口伝え」の伝統に近い。というかその行為そのもののように思える。語られた言葉を語りなおす(レプリゼンテーション)

2014-08-10 15:37:47
ロバ @donkeys__ears

文化人類学には、以前から「レプリゼンテーション問題」というのがある。「表象」と「代表」の二つの意味で、特に「人類学者=表現者が、果たして異なる文化の代表として語ることが出来るのか?」という点がポスト・コロニアル理論とも密接にかかわりつつ議論されてきた。

2014-08-10 15:39:44
ロバ @donkeys__ears

その「代表」の問題に対して、映像人類学や「アクト・オブ・キリング」は新しく鋭い方法を提案してきたと思うのだけど、今日の舞台もそうした回答の一つだったと思う。文化人類学としてみて、嫉妬するような表現方法だった。

2014-08-10 15:47:21
ロバ @donkeys__ears

そんなわけで、明後日までやっているそうなので、文化人類学、映像人類学、アクト・オブ・キリング、ドキュメンタリー、交渉文芸、辺りの言葉に引っかかる人はぜひ!

2014-08-10 15:49:03
ロバ @donkeys__ears

「能 弱法師」というのと二本立てだったのだけど、こちらの感想は別の誰かにおまかせしよ……

2014-08-10 15:51:55
植竹 明彦 @auetaque

無隣館若手自主企画vol.3 濵中企画『能弱法師/かげろうための』福島県いわき市久之浜での演劇の上演をめざし活動を展開していくそうです。蜂巣演出『能 弱法師』には親切な解説書付き。ふつうの観客ならわかるかと思うけれど、私は無しだったら抽象舞踊を観ているような感覚のままだったかな。

2014-08-11 04:48:08
植竹 明彦 @auetaque

濵中演出『かげろうための』は現地映像を漁師や船大工の方々のことばと重ねて俳優が伝えるカタチ。実状を報道や記録映像とも違う演劇を使い包んで提示していた。曇り空の風景が多く、すっきりしない気分と同調する。大漁旗が印象に残る。伝わるものの可能性を感じる内容だった。

2014-08-11 12:34:10
Asaka @asagohan_mae

無隣館濱中企画「かげろうのための」鑑賞。芝居でもドキュメンタリーでもなく、でも久之浜の今はぐっと伝わってくる。色鮮やかな大漁旗で飾られた新しい船に、日々の営みから前に進もうとする地元の方々の強さ、明るさ、そして虚しさや困難…12月のフルバージョンが楽しみ。

2014-08-11 10:08:28
H.Matsuo @keychildren

やっぱり春風舎は不思議な空間やのう

2014-08-10 17:56:14
Makiko Ochi @maki_co

昨日の無隣館若手自主企画の濱中企画、久之浜ワークインプログレスは濱中峻作品と蜂巣もも作品の二本立て。ともに20分強の小品。濱中作品のほうは、観客がいわき市の人になった場合、反転してどう見えるのかが気になる。遠くの人に届けたい意志と、俳優の使い方については、わかる。(続

2014-08-11 12:18:01
Makiko Ochi @maki_co

承前)蜂巣作品のほうは、能 弱法師。俳優はひとり。彼女の演出には明確にユーモアがあって私はそれが大好きです。どこで上演しても揺るがない強度があるけど、課題があるとしたらこの空気を複数人で少し長い時間維持するために必要な網のようなものを見つける必要があるかもしれない。

2014-08-11 12:20:38
長谷川 剛 @inazusa

無隣館若手自主企画終わり。アトリエ春風舎にて。2作品の上演だがどちらも作品のクォリティとして大変低い。お金をとるものではない。以上。

2014-08-11 20:08:56
篠﨑友 @hogeisya

無隣館若手自主企画vol.3濵中企画『能 弱法師/かげろうための』を目撃。濱中君は優男だが魂はゴリゴリゴリしてるももちゃんはモテていたので挨拶できずうららには感情移入が甚だしいので何も言えず彼らは仲間だがライバルではないライバルになれなかったことをとても哀しく感じた。嗚呼、合掌。

2014-08-11 21:06:53
大池容子 @ike_usagistripe

無隣館若手自主企画vol.3濵中企画『能 弱法師/かげろうための』を観てきました。

2014-08-11 20:50:16
矢野靖人 Yasuhito Yano @YasuhitoYANO

無隣館若手自主企画vol.3 濵中企画『能 弱法師/かげろうための』観劇。俳優というものの捉え方、あるいは俳優や、人が演じるという行為に関しての演出家のそれは思想といっても良いのだけど、それが、やっぱりいろいろあるんだなあと。作・演出の兼任でないからこそ、見えて来る地平がある。

2014-08-12 16:16:33
矢野靖人 Yasuhito Yano @YasuhitoYANO

ワークインプログレスということだったし『弱法師』については自分も演出しているので、と(っても三島由紀夫の近代能楽集の方だけど、)いろいろと思ったところを演出の蜂巣さんと、あとドラマトゥルクとして参加していた中村みなみちゃんにかなり勝手に一方的に喋り倒して来てしまったのはちと反省。

2014-08-12 16:47:11
矢野靖人 Yasuhito Yano @YasuhitoYANO

もっと人の話をじっくりと、ちゃんと相手の呼吸を待って、きちんと聞けるようになりたい。せっかちなのは父親譲りか…

2014-08-12 16:48:16
佐々木敦 @sasakiatsushi

アトリエ春風舎にて無隣館若手自主企画、濱中峻『かげろうための』と蜂巣もも演出『能 弱法師』。二本立てで上演時間50分。濱中作品は映像、インタビュー、ヘッドホンをした三人の役者。村川拓也や濱口竜介の試みを思い出した。15分の短編で、本公演も予定されているというが、どうなるんだろう?

2014-08-12 17:05:37
佐々木敦 @sasakiatsushi

方法とその達成という意味では完成度は高いし、基本的な作品の視座には共感するけれど、このまま長編に拡張するのはちょっとむつかしいのではないか。濱中さんは『シチュエーションズ』を読んでくれただろうか。

2014-08-12 17:10:52
残りを読む(5)

コメント

濱中企画 @paoh_info 2014年8月12日
本日もおかげさまで無事終演いたしました。残すは明日2ステージのみです。当日券もございますので、よろしくお願い致します。またTwitterでのまとめを更新しました。こちらもよろしければご覧になってみてください。
0
濱中企画 @paoh_info 2014年8月14日
まとめを更新しました。Twitterでのレビューありがとうございました!
0