2014年8月12日

古鷹青葉を見守る衣笠さんbot #30

更新三十回目のまとめです。 艦爆と艦攻の連携攻撃をしのいだ第六戦隊。そして、反撃。
2
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

私は意を決して高角砲と機銃の仰角を水平線近くまで下げた。上空の烈風隊に頼るわけにはいかないのなら、全方位から押し包むように接近してくる敵の艦攻は、私たちで何とかするしかない。旗艦の青葉、輪形陣右の私、左の加古、殿の古鷹ねーさんでそれぞれの方角の艦攻を撃ち落とす!

2014-08-11 23:01:12
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

みるみるうちに魚雷を抱えた敵の艦攻が低空で接近してくる!艦攻は魚雷を投下するコースをぶれさせないために一直線に突っ込んでくる。そのコースの見極めさえできれば撃ち落とすのは難しくない。けれど、一度魚雷を撃たせてしまえばこちらはそれを必死に避けるしかない。私が唾を飲み込んだその時!

2014-08-11 23:07:18
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

バシュ!ヒュバッ! 敵機を睨んでいた私の顔のすぐ横を、風切り音を立ててボウガンの矢がかすめた!思わず輪形陣の内側を振り向く。見ればボウガンを横に振りぬいたような姿勢の大鳳の姿が目に入った。なにするのよ、危ないじゃない。そう抗議しようとした瞬間、背後でいくつもの爆音が上がった。

2014-08-11 23:13:12
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

忙しなくもう一度敵機の方向に目を向けると、三機の艦攻が爆炎を上げながら海面に激突していた。そしてそれとすれ違うように海面近くから上昇していく烈風も三機!大鳳が構えたボウガンを振り抜き、それぞれの艦攻に照準が合った瞬間に引き金を引いた。そして全方位に烈風を放ったのだ!

2014-08-11 23:21:29
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

烈風はことごとく敵艦攻をすれ違いざまに撃墜、上昇!大鳳が空になったカートリッジを船体状の艤装の隙間から差し込むと、逆側から次のカートリッジが飛び出す!大鳳はそれを右手に握ったボウガンで直接受け止め装填、油断なくその頭を巡らせ、撃ち漏らした残りの艦攻に向かって引き金を引く!

2014-08-11 23:27:51
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

バシュバシュ!バシュ! 右に撃ち、左に撃ち、さらに振り返って斜め後方に撃つ!激しく狙いを変えながらの射撃にも関わらず、大鳳の針路はほとんど揺らいでいない。そして、いずれの矢も艦攻をしとめ損なうことはない!神業のようなその腕前に見惚れていると、視界の隅に古鷹ねーさんが映った。

2014-08-11 23:33:30
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

その動きに不審なものを感じて振り向くと、古鷹ねーさんは速度を落として輪形陣から外れようとしていた。機関に被弾したのかと案じて目を凝らすけれど、古鷹ねーさんの足周りに損傷はない。むしろその方がまだよかった。古鷹ねーさんは、後方から迫る艦攻の囮になろうと速度を落としているのだ!

2014-08-11 23:39:34
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

古鷹ねーさんが後方に目を向けながら艦攻が魚雷を投下するタイミングを見計らっている。投弾されたと同時に舵を切って回避し、大鳳の負担を少しでも減らそうとしているのだろう。最初の一機が魚雷を投下する。古鷹ねーさんが転舵する。けれどそれを読んでいたかのように新たな針路に残りの艦攻が迫る!

2014-08-11 23:44:54
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

まずい、転舵直後でバランスが崩れているところで魚雷を固め撃ちされたら、いくら古鷹ねーさんでも避けきれない! 「古鷹ねーさんッ!」 思わず叫びを上げる。と同時に大鳳が動いた!ボウガンを肩に担ぐように肘を折り、その肘を左手で支える。前を向いたままボウガンだけを後ろに向け、矢を放つ!

2014-08-11 23:50:19
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

ズガン!ドドオ! 爆音とともに今まさに魚雷を投下しようとしていた艦攻が海面に激突する!古鷹ねーさんが信じられないものを見たと言わんばかりに目を見開く。 「すっげえ。大鳳やるじゃん!」 加古が歓声を上げる。 「当然です。私が鍛え上げたのですから」 加賀さんが上空を見上げながら言う。

2014-08-11 23:56:34
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

上空からは敵の艦爆が迫る。艦攻との連携は失敗したものの、せめて一矢報いようと爆撃を敢行するつもりのようだ。けれど上空には無傷の烈風隊が……いない!?慌てて空を見渡すけれど、さっきまで上空で直掩に当たっていたはずの烈風が一機たりとも見つからない。けれど加賀さんには慌てた様子もない。

2014-08-12 00:01:51
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

左手に弓を提げたまま、加賀さんがゆっくりと右手を上げる。そして、おもむろにその手を振り下ろす! ズドン!ドガッ!ドガァン! その直後、太陽の中から烈風が次々とダイブし、敵艦爆隊に襲い掛かった!敵機の死角を突き、敵艦爆隊の中を突っ切ると同時に容赦なく機銃弾を叩き込む!

2014-08-12 00:09:47
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

上空で太陽に隠れながら機を待っていた烈風たちが敵機よりはるか高速で格闘戦に入る。なすすべもなく敵機が撃墜されていくが加賀さんはそれには目も向けずに艦載機の発進準備に入っていた。残るは空母ヲ級と戦艦ル級。効果的なのは艦攻による雷撃だけれど前哨戦では加賀さんは艦載機に爆装させていた。

2014-08-12 00:20:01
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

爆装から雷装に兵装転換していてはこの機を逃すかもしれない。それを心配しながら発艦を見守っていると、加賀さんが「心配はいらないわ」と言うようにちらっとこちらを見た。そして、きりきりと音を立てながら弓をいっぱいまで引き絞り、艦載機を空に放つ!空に舞うは、傑作と呼ばれた艦攻爆、流星改!

2014-08-12 00:27:08

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?