10周年のSPコンテンツ!
9
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
甲状腺結節取扱い診療ガイドライン〈2013〉 日本甲状腺学会(編集)から『甲状腺結節性病変の疫学』p8~ pic.twitter.com/lj5cRckLmH
拡大
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】①甲状腺結節の発見率は、触診では男性0.64%,女性1.64%.超音波検査では男性16.63%,女性28.14%であり,超音波検査での発見率は触診の約20倍である。→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→また,甲状腺癌の発見率は,触診では男性0.08%,女性0.18%,超音波検査では男性0.26%,女性0.66%であり、超音波検査での発見率は触診の約3.5倍である。→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→なお,結節における甲状腺癌の頻度は,触診で発見されたものでは男性14.41%,女性11.34%.超音波検査で発見されたものでは男性1.90%,女性3.18%である.(EL3)→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】②甲状腺は,ラテント癌(剖検時にはじめて発見される癌)が高頻度でみられる臓器である.ラテント癌の多くは結節径5㎜以下である.(EL3)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】③わが国の甲状腺癌罹患率はほぼ一定で,死亡率は低下傾向にある.一方,欧米における甲状腺癌罹患率は上昇している.(EL3)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】④触診及び超音波によるスクリーニングにおいて発見される甲状腺結節と甲状腺癌の頻度は,男性に比較して女性のほうが高い.甲状腺罹患率も女性のほうが高いが,甲状腺癌死亡率とラテント癌発見率において男女差は少ない.→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→高齢者では,甲状腺結節及び甲状腺癌の頻度,甲状腺癌罹患率,ラテント癌の頻度いずれも若年者より高い傾向にある.(EL2)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】⑤家系内第一度近親者に甲状腺癌が2名以上認められる場合には,甲状腺癌の発症リスクが高い.甲状腺癌の家族歴がある場合には家族性非髄様癌性甲状腺癌,家族性大腸ポリポーシス,Cowden症候群などの家族性甲状腺癌の可能性を考慮する.(EL2)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】⑥甲状腺癌発症リスクを高めるものとして,19歳以下の若年者に対する放射線体外照射がある.診断・治療目的で投与される131Iによる甲状腺癌発症リスクの上昇は認められていないが,→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→チェルノブイリ原発事故により放出された放射性ヨウ素による甲状腺癌発症リスクの上昇が若年者で認められている.また,ヨウ素欠乏あるいは過剰は甲状腺結節の頻度及び甲状腺癌組織型の比率に影響を及ぼす可能性がある.(EL2)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【キーセンテンス】⑦日本人と欧米人では甲状腺結節の性質が必ずしも同一ではない.海外の結節に関するガイドラインや論文を読む際はその点に注意する必要がある.(EL3)@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
【解説】a.甲状腺結節,甲状腺癌の発見率と頻度 1)甲状腺結節の発見率… 触診による甲状腺結節の発見率は,わが国においては0.78〜1.87%(男性0.33〜0.83%,女性0.96〜4.16%)と報告(引用文献は10,000名以上を対象者としたものに限定). →
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→一方,超音波検査によるスクリーニングでは,甲状腺結節の発見率は6.9〜31.6%(男性4.4〜18.5%,女性9.2〜31.6%)と報告(引用文献は1,000名以上を対象者とした報告に限定).触診より高い頻度を示している.→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→甲状腺結節の頻度には性差が存在するため,性別頻度が示されている論文に限定し,検討対象となった対象者数と有所見者数の総和を求め,触診及び超音波検査による甲状腺結節の発見頻度を求めた結果(表1),触診による発見頻度は男性0.64%,女性1.64%であり,→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→超音波検査による頻度は男性16.63%,女性28.14%であった.超音波検査と触診の発見率の比は,男性約26倍,女性約17倍であった.→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→海外の報告においても,触診による甲状腺結節の頻度は0.47〜6.9%と報告(引用文献は2,000名以上を対象者とした報告に限定).→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→また,超音波検査によるスクリーニングにおいても10.3〜34.7%と報告(引用文献は1,000名以上を対象者とした報告に限定).→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→一方,比較的少数の集団において,触診あるいは超音波検査にて非常に高い頻度を示す論文もある(触診にて21%,超音波検査にて67%,68%). → @kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→1,000名以上を対象者とした論文の集計を行った結果(表1),触診による甲状腺結節の頻度は男性0.76%,女性3.10%,超音波検査では男性20.08%,女性26.73%となり,わが国の結果とほぼ同様であった.@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
2)甲状腺癌の発見率…触診による甲状腺癌の発見率は,わが国の報告によると0.08〜0.23%(男性0.05〜0.13%,女性0.14〜0.36%)であり(引用文献は10,000名以上を対象者とした報告に限定).→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→これらの報告を上記のごとく集計を行うと,男性0.08%,女性0.18%と算出された(表1).→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→一方,超音波検査による検討では,甲状腺癌は0.1〜1.5%(男性0.12〜0.53%,女性0.15〜1.5%)であり(引用文献は1,000名以上を対象者とした報告に限定),これらの報告を集計すると,男性0.26%,女性0.66%と算出された(表1).→@kanna07409
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409
→以上の結果から触診によるスクリーニングの3.5倍であることが示唆された.一方,海外の報告では,触診あるいは超音波検査による甲状腺癌の発見率を示している報告はほとんどなく,比較は困難であった.@kanna07409
残りを読む(61)

コメント

mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014年8月15日
まとめを更新しました。
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014年8月16日
まとめを更新しました。
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014年8月18日
▼主要論文 Occult papillary carcinoma of the thyroid. A "normal" finding in Finland. A systematic autopsy study. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2408737
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014年8月18日
▼主要論文 Radiation dose-response relationships for thyroid nodules and autoimmune thyroid diseases in Hiroshima and Nagasaki atomic bomb survivors 55-58 years after radiation exposure. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16507802
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014年8月18日
▼主要論文 A Cohort Study of Thyroid Cancer and Other Thyroid Diseases After the Chornobyl Accident: Thyroid Cancer in Ukraine Detected During First Screening  http://jnci.oxfordjournals.org/content/98/13/897.full
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする