極論・暴論の「痛快な」出版物と、それが生む「憎悪」について 山崎雅弘

表題に関連するツイートをまとめてみました。「売れるから」という理由で、極論・暴論特有の攻撃的な「痛快さ」を売りにする出版物を次々と刊行する「業者」は、読者をどこに導くのか。それらの出版物は、業者の一時的な利益と引き換えに、社会に何を生み出すのか。
政治 ヘイト 愛国 出版 日本 山崎雅弘 自虐 安倍 反日 ネトウヨ
93
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
差別や偏見の中にどっぷり浸っていると、それが差別や偏見であることすら自覚できなくなる。そうした世界史の数々の事例は、当然日本とも無関係じゃない。差別や偏見に迎合する日本の書店や一部の出版業界は、戦後の約70年でも異常な状況だし、礼節を重んじるという日本の伝統的な美徳とも相反する。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
安田浩一「今、ネットで何が力を持っているのか。力強く、勢いのある言葉だ。『人権を守りましょう』と言っても誰も耳を傾けないが、『人権なんて無視してしまえ』と言えば、客がつく。それを指をくわえて見ていていいのか」「以前、日本、中国、韓国、台湾のメディアが集まったシンポジウムで、
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)中・韓のメディアは権力と、台湾は資本と闘っているという話が出た。日本はどうか。弾圧を受けていないのに、書けないし、書かない。社会や空気を勝手に忖度している。その遠慮が紙面に出ている。メディアは何におびえているのか」(神奈川新聞)bit.ly/1pqfYzK
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
東京滞在中、ヘイト本/雑誌の出版社や書店の姿勢が話題になることも何度かあった。「目先の利益」の「目先」のスパンがどんどん短くなっていること、「自社」がそれに追随することで「全体の構図」や「大きな流れ」にどんな影響を及ぼすかという点に全然関心を払っていないこと等で、懸念を共有した。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
ヘイト本/雑誌と出版社や書店の関係も、原発と電力会社や関連業界(地元の旅館やタクシーなども含む)の関係も、「目先の利益」だけに関心を奪われ、そこに潜む災難発生のリスクを恣意的に過小評価するか、最初からリスクを考えずに目を逸らしている。冒すに値するリスクかどうか、という評価が無い。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「他社もその流れに乗って利益を上げているから」という「目先の利益」に釣られて、出版社や書店が追従し、社会が容認すれば、やがてその流れが「過半数の主流」となり、全体の基準が「そこ」に移行する。そして、より強い刺激を求める客の要望に応えて内容がエスカレートし、誰にも止められなくなる。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
もう一つ、ネットの一般化で「群集心理」の効果が変質しているのでは、という話も興味深かった。匿名・覆面アカウントで書き込まれる暴言や罵倒は、物理的には孤立した状況(一人)であっても、心理的には「群衆」の中に紛れているかのような気分でなされる。「群衆」の中でしか言えないことも書ける。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
最初は「群集心理」で匿名・覆面アカウントだけが書いていたような言説でも、物理的な書き込みの量が増えて「一定の流れ」を形成し始めると、やがて実名で堂々とそれを書く人間も出てくる。ネット上の「ヴァーチャルな群衆」が次第に「実体としての群衆」を形成して、暴言や罵倒で他者を威圧していく。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
国民の右傾化等とよく言われるが、最近この国で増えているのは「右傾的な人間」ではなく「自分の傲慢さに無自覚な人間」だと思う。政府の中枢にその種の人間が集まり、傲慢な態度を全く隠そうともしないので、それを見て、心の中に隠していた自分の傲慢さを堂々と、安心して表に出す人が増加している。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「愛国」や「日本の誇り」といった自賛の概念は、こうした「傲慢さ」を粉飾する材料として非常に安価(実質タダ)で、子供の知性でも使える粘土のような「可塑性」も備えている。傲慢な人間の思考には「反省」という発想やその価値の理解がなく、その行為の表面だけを見て「自虐」の一言で切り捨てる。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
外国への差別意識や異文化蔑視の感情は「自国/自民族が一番優れている」という優越感の裏返しでもあり、後者を煽れば煽るほど、前者の感情も増大する。国ごとの文化の違いを相対的に認識できず、「日本が一番優れている」という優劣で語る本や雑誌記事が氾濫する現状は、危ない種を蒔いていると思う。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
『ヒトラー 権力掌握への道 前編』、ナチ党は最初あまり国民の関心を惹かない弱小勢力だった。そこでヒトラーがとった方策は、ドイツ国民に「憎悪」を植え付け、それを煽るという手法。アーリア民族の優越性というフィクションの裏返しとしてユダヤ人等への「憎悪」で国民を煽り、支持者を獲得した。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
書店に行くと「大東亜戦争は負けるはずのない戦争だった」「解放戦争としては成功だった」等、極論や暴論特有の「痛快さ」を売りにする本や雑誌が増えている。戦争を知る世代が減り、当事者の苦悩や厳しい現実から目を逸らすことへの抵抗が薄れている。 pic.twitter.com/dChqq0Vjl9
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
極論や暴論特有の「痛快さ」を好む読者に迎合して、一部の出版社はそれを煽る本や雑誌を次々と出版し、自社の売り上げを増大させる。一部書店もそれに追従する。その売り上げ増加の「代償」が、国をどんな方向へ動かすかは、このグラフが物語っている。 pic.twitter.com/FzkJ7A4q8h
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
こちらは神田神保町の某店で買った『写真週報』3冊。太平洋戦争当時、日本政府が国内向けの宣伝に活用した写真雑誌で、いずれも1943年(昭和18年)の刊行。「これらが日本の腕の一本一本の筋金となって」等、結構無防備に「本音」を書いている。 pic.twitter.com/vqkAP4wofh
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「大東亜戦争二年目、南方各占領地の建設は着々行われ、日本色もようやく濃くなってきました。現地におけるラジオ体操の普及も日本色の一つです」こうした政府媒体でしか実情を知る術のなかった当時の国民は、南方統治は全て順調だと信じ込んでいた。 pic.twitter.com/U8L3mL3vwp
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
1943年(昭和18年)2月に刊行された『写真週報』の特集は「昭南生まれて一年」。シンガポールの歴史をどう調べても、日本軍の侵攻と事実上の併合、「昭南島」への改名を正当化できる材料は無いが、「生まれた」という言い方で概念操作している。 pic.twitter.com/4jn2E1LUIA
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
植民地シンガポールを宗主国英国から「軍事力で奪った」のではなく、昭南という新しい場所が「生まれた」という「形式」にすれば、侵略という「実質」から目を背けられる。よく知られているように、日本軍はシンガポールで大勢の中国系市民を虐殺したが、そのような事実は当然、国民には知らされない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「『アイウエオ、カキクケコ』おぼつかない発音ながら真剣に日本語を勉強する現地人の瞳の中に、盟主日本に対する限りない感謝と任せきった信頼を汲みとることができるだろう」 被占領下の住民の悲哀は「感謝と信頼」という言葉に置き換えられている。 pic.twitter.com/tWxh28CUiz
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「大東亜戦争は植民地の解放戦争だった」と主張する人は、その「結論」に合わない事実、例えばシンガポールの中国系市民虐殺や同地の「昭南島」への一方的改名、蘭印や英領マラヤの永続的併合方針、仏のベトナム植民地統治への協力などには一切触れない。togetter.com/li/521489
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
日本政府がポツダム宣言の受諾を決定した1945年8月14日から69年目の同日、産経新聞に掲載された全面広告。一宗教団体指導者が、著名な人物の「霊に語らせる」という形式をとりつつ、実質は己の政治的主張を腹話術で語らせるシリーズの最新刊。 pic.twitter.com/BfMsH0q0bu
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)この宗教団体指導者が執筆の対象とする著名な人物の中には存命の人もいるが、ほとんどは故人で、内容に反論する機会が無い。己の政治的主張を著名な人物「の霊」に語らせる「形式」に惑わされて、著名な人物の人格権毀損や恣意的な思想・意志の歪曲という実質の犯罪的側面が見過ごされている。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)本の内容に驚きは無いが、こんな架空の文言で恣意的に歴史を語る政治宣伝本を「上智大学名誉教授が推薦」というのは、改めてすごいと思う。「日本会議」代表委員加瀬氏の「じつに痛快だ」という言葉が、この種の本が売れる理由を物語っている。 pic.twitter.com/y2x5Mkoko2
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「著者が己の政治的主張に偽の正当性を付与するために、著名な人物の知名度を利用する」という詐欺的あるいは歴史捏造的な実質を見ずに「著名な人物『の霊』が著者だけに独占的に語る真実」という「形式」を許容し、この種の出版物を野放しにしている現状は、憎悪を煽る本の隆盛と併せて異様だと思う。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
本屋の店頭では「歴史解説本/雑誌」と「歴史解説の体裁をとった政治宣伝本/雑誌」の二種が区別されることなく入り交じって売られているが、両者を見分ける方法はいくつかある。前者は事実を提示して読者に結論を委ねるが、後者は国や民族単位で人間を敵と味方に分け、味方を礼賛し敵への憎悪を煽る。
残りを読む(15)

コメント

Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年8月18日
著作権法などで出版社が優遇されているのは「文化の発展」のためであって。金儲けのために"優遇を悪用"する態度を取るなら優遇なんざとっぱらわれてしまえばいいし、出版社なんざ潰れてしまえばいい
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年8月18日
いろいろな理由をつけて「金になる」ことを大前提にしてきた結果がどうなったか。半世紀たってしまったら忘れ去れるらしい。まぁ集団的自衛権が閣議決定する国だし
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2014年8月18日
つまり、相手の言論は全て封殺がお好みですかそうですか。
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2014年8月18日
外国への差別意識や異文化蔑視の感情は「自国/自民族が一番優れている」という優越感の裏返しでもあり、後者を煽れば煽るほど、前者の感情も増大する。国ごとの文化の違いを相対的に認識できず、「日本が一番優れている」という優劣で語る本や雑誌記事が氾濫する現状は、危ない種を蒔いていると思う。 これを韓国から突き付けられた現状が今の嫌韓出版の源流だというのは絶対理解しようとしないんだろうな
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年8月18日
戦争モノのゲームイラストや書籍書いてる割には現状分析ができてないな。そもそも「日本=悪」という極論・暴論の書籍/雑誌が溢れ、かつそれが売れていた件については目をつぶるのだろうか。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月18日
このまとめの発想は最終的に「正しくない内容の出版物は規制するべき」というところに辿り着く危険性を秘めていると思います。戦前の言論弾圧は、極初期はエログロ雑誌規制から始まったそうです。
1= (ジン):中だるみ気味 @DTdanshaku_19zo 2014年8月19日
yoshikun2009 「ジャパン・バッシング」ですね。日米の貿易摩擦が原因だとか。今の「嫌中・嫌韓」現象も、何の根拠も無いデマとして触れまわっている訳ではなく、環境汚染や経済格差など、実際の国内事情が絡んで拡大を見せているのだと思います。
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年8月19日
DTdanshaku_19zo 海外の貿易摩擦関連以外にも冷戦期に日本国内で「いかに日本が悪い国か」的な本が売れていた時期があったんですよ。朝日や岩波が羽振り良かった頃ですね。
ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 2014年8月19日
ドイツがナチスを生み出したのは ドイツ国内に自虐を 外国に媚びを 押し付け続けてたWW1後の左翼勢力だが
セザキ @sezaki 2014年8月19日
確かに暴論本もあるんだろうけど(大月書店の発行本とか)、十把一絡げに暴論本と言われてもなあ。まずは対象書籍名を列挙するか、一冊に絞って何を暴論とするのかを示してもらわないと、何と戦ってるのかすらわからない。海外と比較して日本の優れた部分を紹介する本なら読んだことあるけど、暴論本(と思われる本)を読んだことのない身としては、いい部分をいいと言って何が悪いの?としか。
謎の男 パーマン @nonenoname01 2014年8月19日
かつて「日本は悪の国、悪い国」と極論暴論を叫んで本を売ってきた人に「ずっと言い続けて来た」というならともかくねぇ…その行為で生み出された「国民からの憎悪」と向き合って下さい。
写楽斎 @shyarakusai 2014年8月19日
古今東西の歴史家、て…敗戦後、米国に迎合し、戦前を真っ黒に塗りつぶして歴史を「切断」してしまった大きな「責任」を全く自覚せず、ただ、自分たちの立場を擁護するのみの「保身」を、そんなものにすり替えてはならない。「つくる会」あたりをターゲットにしているあたりでもう、特定の意図丸出しで、それだから批判されるし、本が売れないのだ。いい加減批判的精神を取り戻し、自分たちのやっていること、してきたことを見なおしてもらいたいものだ。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2014年8月19日
「日本は悪の国、悪い国」本なんてろくに見たことねえんだけどな。特にカジュアルな雑誌、ムック類ではついぞ見たことがない。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2014年8月19日
TVでも昔に較べて「海外で評価されている日本!」みたいな日本を持ち上げる番組が増えてて気持ち悪いけど、日本人が自信を無くしてるのと、TV局も金が無くて安くて人気のある番組製作を求めた結果なんだろうな。金が無いってのは、本当につらいね。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年8月19日
セルフまとめにロクなモノはないの歴史がまた1ページ(自戒を込めて)。つか、前段で昨今のネット・出版事情を問題にしておきながら、中段で戦中の出版物を持ち出してくる辺りの整合性のなさがパねえ。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年8月19日
とりあえず、このまとめ主が原爆投下を正当化しているアメリカ人を批判しているのかどうか知りたいな。してないならとんだ手落ちだよね。ちくわさんは各々の立ち位置が違えば認識が変わる事を理解しているので、原爆投下を正当化するアメリカ人を否定する気も批判する気も全くねーですが。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2014年8月19日
「いろいろな理由をつけて「金になる」ことを大前提にしてきた結果がどうなったか」←金になることに日本より真摯なアメリカは戦争に勝ったね。いまだにヒッピー文化引きずってるなら、どっかにコロニーでも作って、そこに住んだら?今なら限界集落とかあるから、イケるんじゃない?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年8月19日
珍説 「著作権法などで出版社が優遇されている」 
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年8月19日
jaikel 冷戦期にはいかに戦前の日本政府が悪どいか、戦後もいかに悪どいことをし続けているか、ということを延々と書いた雑誌や書籍が多数あったんですよ。家永教科書裁判もこの時期ですね。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2014年8月19日
yoshikun2009 いや、冷戦期は大学生でしたが書店めぐりしてても特にそんなものは見たことないですよ。「丸」や軍事研究は読んでましたがね。
吉岡たかを @takawoy 2014年8月19日
著作権法などで出版社が優遇されている→これを言うなら著作権法ではなく委託販売と再販制度では?
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2014年8月19日
jaikel 左派の雑誌や論者が描いた本では日本の悪者視が当然だったんですよ。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2014年8月19日
yoshikun2009 その左派の雑誌ってなんなんです?せいぜい岩波の「世界」ぐらいしか思いつきませんが。日本悪玉論とか、何か伝聞の印象だけで論じてませんか?少なくともかつて書店の平台に「日本悪玉論」が列んでいた時代なんてありませんが。
neologcutter @neologcut_er 2014年8月19日
まあ #朝日新聞 をはじめとした(自称)左派が信頼されなくなってきただけだと思うんですけどね。他人が悪い、世の中が悪い、それで何が変わるのかと。
謎の男 パーマン @nonenoname01 2014年8月20日
「日本は悪の国、悪い国」なんて公然と言いませんね。「帝国主義は悪である」と言った後「日本は帝国主義国家である」と言うぐらいで。
謎の男 パーマン @nonenoname01 2014年8月20日
イメージ的表現と表記しなかった点については謝罪します。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月20日
そもそも「営利企業」が「目先の利益にだけ関心をもつ」ことをどのような論拠で攻めるのか、という点が難しい。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月20日
出版物が政治的に一色に染まる事も危険だが、出版業界が何らかの形で自主規制を始める状況もまた危険だ。「売れる本を売る」ことを批判するときは相当慎重になる必要がある。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月20日
あと劣悪な書籍を判定する方法として「バカ」「洗脳」等の表現を多用すると書かれているが、その判定法は意図しない方向に刺さるため筋が悪い批判になっている。
森下 泰典【テロと差別に反対】 @a1675ka 2014年8月20日
q9q9q9q914 で関東大震災の時の朝鮮人虐殺が再発すれば君は責任を持てるのだろうか
森下 泰典【テロと差別に反対】 @a1675ka 2014年8月20日
q9q9q9q914 テキサス親父「そんな女と“行為”をする場合は、紙袋をかぶせなきゃならないなっていうジョークを、実際に『慰安婦像』を使ってやるってんだぜ」http://lite-ra.com/2014/08/post-342.htmlというのは「表現の自由」どころか「ルワンダのラジオ」の領域に入る
1= (ジン):中だるみ気味 @DTdanshaku_19zo 2014年8月21日
jaikel ウォルフレンの「ジャパン・プロブレム」という論文や、ファローズの「日本封じ込め」論が、ジャパン・バッシングの代表格です。まあ、その後に、石原慎太郎らが『「No」と言える日本』という書籍やらを出したので、ジャパン・バッシングだけが過熱したとは言えませんが。
1= (ジン):中だるみ気味 @DTdanshaku_19zo 2014年8月21日
とはいえ、外交上の問題があると、自ずと双方の国々が互いの粗探しと国威発揚をしようとするもの。それだけは間違いのない事実ですね。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2014年8月21日
DTdanshaku_19zo それはまあアメリカに対して「なんだとこの野郎」というために訳出されたようなもんじゃないですかね。バブル経済や貿易摩擦華やかなりし頃ですし(世界中でいろいろ買い漁って、今の中国のように見られていたのかも)実際そんな扱いだったと思いますが。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月21日
a1675ka a1675ka 私が問題視している事柄は「本を焼く者は、やがて人間も焼くようになる」という方向です。どのような基準を持って規制するかに慎重にならなければならない、ということです。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月21日
a1675ka a1675ka あと関東大震災時の朝鮮人虐殺事件は流言や新聞の誤報がきっかけであるため、書籍出版にまつわる例として不適切ではないかと愚考します。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月21日
まとめ内容が正しいとして「そういう本が売れる」現状に対して何をするべきかを考えないと。「そんな本を買う奴らは傲慢な馬鹿だ」と言明することが現状の解決につながるのか?私は繋がらないと考える。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月21日
[c1579662]新聞とデマの問題、と書籍の問題、は同一視しないほうがよいと思うのですよ。そして書籍内容が劣悪であることを、どのような規準で、誰が判別するかが問題だと思うのです。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月21日
あと企業は究明的には営利目的でしか行動しないはずであり、それらに「目先の利益」て動くことを禁じられるかという点が難しい。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年8月22日
叩いたところで、それで誰かの洗脳を解くことができたのかな? できなかったくせに勝ち誇った気でいるだけじゃないのかな? 誰の賞賛も賛同も得ずに言うセリフじゃないな。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年8月22日
自分の差別や叩きは正当だ、という理屈を使い続けたのがネトウヨ。あなたも然り。そんなんじゃ、いつまでたっても説得なんかできないよな。理屈で説得できないのであれば、強硬手段もある。といってもネットだから、スパムやブロックなどの手段が精一杯なところ。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月22日
[c1580028] 糾弾したりネトウヨを叩き続けた結果、状況は改善していないと思うのですよ。むしろ自民党が強大な権力を得て、書籍も反韓国・反中国が増えている。手段の変更が必要だと提案します。
1= (ジン):中だるみ気味 @DTdanshaku_19zo 2014年8月22日
jaikel その「ジャパン・バッシング」の言説がブルームなどアメリカ国内の学者によって批判された経緯もあるのですが・・・。
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月22日
[c1580028] しかも「ネット上で叩き出版物を止める力」はいわゆる「ネトウヨ」側が得意としている手法です。「ネトウヨ」的な人の抗議を付託して出版が困難になる事例があります。同じ土台で戦い、いままで負けている(結果が現在の出版動向です)以上、戦略を見直す必要があるのでは?
クニノサギリ @q9q9q9q914 2014年8月22日
あと一貫した立場として、私は安倍政権に不信感を持っていることもあり、行政による書籍規制には賛成できません。まず真っ先に「安倍さん、日本を沈めるの?」とか帯に書いてある批判本から消えていきますよ、きっと。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年8月22日
[c1580357] 駆逐(スパム認定)されてもしぶといね。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年8月22日
叩けばいなくなると思ってるのか? 否。他の話題に移っただけ。
rey_n @rey_n2 2014年8月22日
山崎さんのまとめは全部スルーした方がいいっすよ。一個人の見解=正しいとは限らないのは当然なので、思考思想性格が違う人間のまとめにコメしてもそこで議論しても…山崎さんはスルーするだけだから意味ないと思いますね。戦史/現代紛争史研究家なんて注目されてナンボな職種なんで、このまとめはある意味手軽なチラシみたいな、寄稿するために自分の見解をまとめた自分のメモ帳みたいな…。コメが伸びているのをたまにチェックして山崎さんはニヤニヤしてんだろうな…
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年8月23日
[c1580937] あなたはネトウヨを軽視しているのか、国を危険に晒す存在としているのかどっちなんだよ。その言い方自体は前者っぽいが、だったらむやみに叩く意味もないだろうが。後者で考えるから叩いてるんだろうけどね。あ、あなたのいう世界普遍基準が「自称」であることは知ってるから。あなたの意見は公の場では通用しないよ。「自分の差別はいい差別」なんて人は。
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2014年8月23日
[c1578711] どうも次の大震災で朝鮮人虐殺を待ち望んでいるかのような言説はどうなんだ?およそ9条の理念に反しないか? 一番現実的に懸念されるのは、検視では震災による被災死なのに虐殺死とプロパガンダで捩じ曲げられて一方的に利用され断罪される事。まるで福島関連のデマッターのように、これは右も左も一緒。
U.P.S @meat_please39 2014年8月23日
人権、平等、弱者を守る、サヨクの皆さんがこういう美しい理念を口では唱えつつも、本気で守ろうとしてこなかった、むしろ蹂躙すらしていた実態に、失望し裏切られたことで、サヨクの皆さんの主張が、嫌悪され憎悪され、侮蔑されてるんです。左翼ではなくサヨクと言う言葉が使われてる意味を、サヨクの皆さんはもっと真剣に考えるべきでは?
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2014年8月23日
まとめ人が痛快だと感じる書籍が売れなくなってるだけ。そうなった要因の大半は日本の外側にあるので、日本の中であれこれ言っても殆ど意味がない
U.P.S @meat_please39 2014年8月23日
せめて、どうして今の現状になったのかという分析ぐらいは、まともにできなきゃ、現状に対してこうあるべきと批判したところで、誰も聞く耳なんか持たないし、現状の解決策も提示できるわけがないです。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2014年8月24日
安倍の批判者ってこんなのばっかりだよな
西大立目 @relark 2014年10月23日
とにかく「全部サヨクが悪い」とだけ言ってれば論破という便利な理屈。
名前 @name_of_xxxx 2014年10月23日
素直にヘイト本でマスかいてますって言えよ。
ピート@夏への扉 @susanoo 2014年10月24日
保守派を擁護する人たち、言い訳はいいから、もっと真実を見てくれ。日中戦争や太平洋は単なる侵略の歴史だったという事実を認めるところからしか再出発はできない。
ピート@夏への扉 @susanoo 2014年10月24日
過去の日本の侵略戦争を「解放戦争」だと誤魔化すことは、将来隣国から同じような詭弁で侵略を受けてもなんも反論できない下地を作ることになる。「侵略はどんな言い訳をもってしても侵略でしかない」という共通認識を世界に広めないと日本の安全保障は成り立たなくなる。
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2015年3月24日
「日本、悪くないもん!」、「そうだ!そうだ!」との盛上がりに反比例して、諸各国がじりじり後ずさりしていく現状。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする